こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

メモの書き方の続きです。
▼前回記事はこれ!
てめぇ話聞いてんのか?とかもう言われない!悩まない!メモの取り方3つのコツ

前回記事では、「とにかく書け」と言いました。その上でメモの3つの役割は「備忘録」「頭の整理」「アピール」と話しました。なので、このメモは「何のために書いているのか」という視点だけは持つべきです。

そして、今回のテーマ、フレームワークはどう使うのか。メモの役割を理解した上で、私が活用しているのが、テンプレートを作ってしまうんです。これが フレームワーク というやつです。

フレームワークは型にこだわるのではなく、目的に応じて使い分け、頭を整理していくツールとして使う

 

フレームワークというと、SWOTとかPDCAとか急にアルファベットやカタカナが多くなって、取っ付きにくくなるのですが、思考の枠組みなので、これっていう形にこだわり続ける必要は別にないんです。じゃあ、どんなフレームワークがあるかって話なんですが、ここからは私のノートに書いてあったものをご紹介します。

とにかくアイデアを出す

◆16マス/9マス法

写真 13

 

これは私が行き詰まったときに、とにかくアイデアを出すメモです。マスがあると人間、埋めたくなるようで、時間を決めて埋めます。とにかく埋めます。写真は16マスですが、9マスとかでも良いかと。

良い・悪いを整理したいとき

◆表分類

写真 1

 

何が良いとか悪いとか、比較するときには、やっぱり王道。表で分類。なんだかんだ、ここに行き着くのは私だけでしょうか?笑

◆SWOT分析

写真 6

ビジネスフレームワークのこれまた王道。強みと弱み・機会と脅威を分類して、自社のポジショニングを考えましょう。

考えを深堀りをしたいとき

◆フィッシュボーン分析写真 4

汚くて恐縮です。。。まぁ、魚の骨なんでね。いいでしょ(笑)分類分けして、さらに細かく各々を見ていくときとかに使ってます。

◆矢印

写真 7 写真 11

 

写真 5 写真 2

私はよく、1つのものを書いたら、とにかく矢印を引っ張るか2つの事象を書き出して結びつけたりをやってます。関連や時系列もわかりやすくなるので、ぐちゃぐちゃメモでも、矢印は必ずいますね。

営業報告やプレゼンがあるとき

写真 9

事前に話す内容を整理する際に使っています。上が結論、下の縦が理由。川のなんとか、っていう本に書いてあって、たまに使っています。話す内容を結論と3つの理由にまとめて、報告する際に活用。自分の頭の整理と併せてですね。

まぁ、色々挙げてきたわけなんですが、何が言いたいかというと、

フレームワークで整理する、使いこなすコツは、形にばっかこだわってないで、気楽に書こうよ

フレームワークを使う、そのフォーマットに埋めることが目的になってしまう人がいます。しかし、大事なことは出したい答え、ヒント、きっかけを出すことです。 それが出せれば、メモの取り方に正解なんかないですし、自分が書きたいように書けば良いんです。

写真

 

これは私の落書き。。。笑
嫁が絵本作家なので、習います。。。

とにかく、目的を持って、自分が使いやすいものとか新しいものどんどん作っていきましょう。目的を忘れなければ、メモも大活躍してくれます。逆にメモがうまく使えない人は「備忘録」なのか「頭の整理」なのか「アピール」なのかを考えて、メモを取っていきましょう♪

▼メモについての記事はこちら!
俺絶対できるし!!これが言えるメモが作れれば最強というたった1つのコツ

無料で1ヶ月で受注を取る! 営業コンテンツ公開中!

様々な会社で営業をしていて、実際に起こったトラブルや成功事例を惜しみなく公開している無料メルマガ。期間限定で、私が現在7社の営業で成功した『読むだけで身につく1ヶ月で受注を取る営業講座』も無料でお配りしています。詳しくはこちらをクリックしてください。


The following two tabs change content below.

笹田 裕嗣

ITスタートアップのCOO務めながら、複数社の営業マネージャーも行う営業大好き人間。学生の頃から営業を始め、1,000人以上いる会社でトップ成績を出したり、一方で社内ベンチャーの立ち上げ時は、半年売上0のどん底も経験。現在、完全成果報酬の営業代行や営業の組織化支援などを行い、企業の営業改革をしています。