こんにちは。笹田(@sasada_36)です。
えー、恥ずかしながら私、実は…メモ魔 なんです。なんか良さそう、みたいな文房具はすぐに欲しくなっちゃいますし。。なんか良さそう、見たいなメモの取り方とか文房具の使い方とか、色々やってみるんです。。ということで、今日はそこで学んだメモの取り方についての話。

まず、メモについて基本の心構え。

メモの取り方のコツ云々の前に、大前提は好きに書くこと!

メモはあくまで自分用です。プレゼン資料でもなければ、テスト用紙でもありません。メモはあくまで自分のためのもの。だからこそ、自由に使ってOKなのです。その前提を忘れないでくださいね。

その上で、メモの目的をしっかりと自分の中で把握しておくことが、メモを最大限に活用するコツです。では、その目的にはどんなものがあるのかをこれから書いていきたいと思います。

メモは忘れないようにするためのものである

まず、メモって何語がわかってますか?memoradumが大元なわけですよ。覚え書きとか、備忘録とか、そんな意味なんですよ。 これが大事!!このための超重要なポイントが、見た目とか書き方とかそんなことを気にしてないで、とにかく書くことが大切なわけです。

 

笹田のメモ

写真 2

私のメモ書きですが、字も汚いですし(汗)、多分誰見てもこれって 何のことってなるはずなんです。ただ、ここでお伝えしたいのが、誰のためのメモかってことです。誰が忘れないようにするためのメモですか?繰り返しですが、私のためのものです!!つまり、他の人にわかりやすくするとか、見やすくするとか一切に気にしないで良いんです。自分がわかれば良いんです。

ただ、抜け漏れとか出てきてしまうので、そのときの裏技としてフレームワークを使うんです。
▼フレームワークの使い方はこちらに書いています(^^)
私の頭、見せます。フレームワークを使ったら、整理されて抜け漏れが減った私の話

先にフレームワークを書いておいて、そこをちゃんと埋めるようにすれば一気に抜け漏れがチェックできてしまうわけです。

メモを使って、頭を整理する

先ほど、メモはとにかく書けと言いました。なぜなら、その1つの目的として「忘れないようにするため」だからです。けど、忘れないようにしました。ちゃんと覚えてました。って、それだけでは意味がないですよね?覚えたこと・メモしたことを使って、どうするかが大切なわけです。つまり、メモには「備忘録」としての役割とさらに「頭の整理」という役割も持っているんです。頭の整理とは具体的に言うと、

他人に伝えられる状態になっているか

これがポイントです。メモを見て、それを見ながら整理して話せる人もいますが情報が多いときって、書きまくった内容ちゃんと整理しないと話せないですよね? 例えば、A4ノート10ページ分くらいメモしたら、自分が見れば思い出せると思うんですが、他の人が見ても一切わかりません。つまり、書きまくったメモをアウトプットできるようにすれば良いんです。アウトプットの方法は色々ありますし、その場その時によって変わってきます。スピーチするときもあれば、プレゼンするときもあれば、レポートを書くこともあれば、ブログを書くこともあれば、学校とかならテストをすることもあると思います。

じゃあ、このときどうするか、メモの一番上に

「誰に」
「何を」
「◯◯するため」

を決めておくんです。

例えば、

「上司に昨日の営業結果を報告するため」
「私のブログの読者にメモの取り方を伝えるため」
「クライアントA社に自社の商材のメリットを伝えるため」

とか、こんな感じ。これをすると、整理が一気に進むんです。整理とは「乱れたものを整える」という意味なので整えるためにもその目的を決めておくんです。

けど、ここで大事なことは、忘れないようにするためと頭の整理をごっちゃにしないことです。ごっちゃでやってしまうと、書く必要があるのかどうかを考えながらメモしてしまい、本当に頭を使うべきところに頭が使えなかったり、聞き逃してしまったりするからです。

そして、メモをする上で実は忘れがちなんですが大事なポイントが、最後の3つ目!!

メモをしている自分で自分をアピールする

私は1年目、先輩から「お前話聞いてんの?」って、見た目ヤクザのようなめっちゃ怖い先輩から言われたことがあります。子どもの頃から 「人の話は目を見て聞く」って教わったので、めちゃくちゃ怖い先輩の話を真剣に直立不動で聞いていたんですよ。私は良かれと思って、全力で聞いていたんですが、先輩に言われたのが、その一言!!衝撃でしたね(笑)何がダメだったかというと、話を聞いているなら、忘れないようにするだろ!!的な意味合いだったわけです。それが『メモを取れ』ってことなんです。

そこから、相手の話は必ずメモを取るようにしています。そしたら、その後めっちゃ怖い先輩からはもちろん、誰からも話聞いてんの?的なことは一切言われなくなりました。それどころか、笹田くんはちゃんと話を聞いてくれる、とまで言っていただけるんです。

メモの取り方のコツ まとめ

つまり、メモを取っていると、話している相手から見たらちゃんと話聞いているな、的なイメージを持ってくれる!自分の備忘録ができて、しかもちゃんと話を聞いているアピールもできる!!私もそうですが、やっぱり相手がちゃんと話を聞いてくれてるな、的な感じがちゃんと伝われば、相手も話してくれるんです♪

メモの取り方は人それぞれ、千差万別で良いんです!!

大事にすべきポイント
「備忘録」「頭の整理」「アピール」
ということさえわかっていればOKです!!

▼メモ関連の記事はこちら!
俺絶対できるし!!これが言えるメモが作れれば最強というたった1つのコツ

出世、昇進、起業に転職。何をするにしても必要な味方を作る社内営業5つの基本

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「7日でできる営業メソッド習得講座

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短2週間で受注を獲得した営業マンが多数生まれた
メソッドです。
下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

   
7日でできる営業メソッド習得講座
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓


The following two tabs change content below.

笹田 裕嗣

ITスタートアップのCOO務めながら、複数社の営業マネージャーも行う営業大好き人間。学生の頃から営業を始め、1,000人以上いる会社でトップ成績を出したり、一方で社内ベンチャーの立ち上げ時は、半年売上0のどん底も経験。現在、完全成果報酬の営業代行や営業の組織化支援などを行い、企業の営業改革をしています。