営業代行のささだです。

営業をしていると
お願いする機会は多々あります。

そこでお願いの仕方やフレーズを
場面や事例を踏まえて
お伝えしたいと思います。

お願いします

会話する中でお願いをするときの
常套句がこれです。

基本的にお願いす際
最も使われているお願いフレーズです。

ただ、メールや手紙など
文章で多くする際は
不適切なケースが多いです。

メールや手紙などで
距離が近い人や少し軽いカタチで
お願いするときには

「お願いします!」
「お願いします」

という使い方もあります。

お願いいたします

「いたします」は丁寧語です。

「お願いします」の丁寧な言い回しなので
メールや手紙などで使うことが
多いお願いの文面です。

ご対応のほど、よろしくお願いいたします。
引き続き、何卒よろしくお願いいたします。

という使い方が一般的です。

お願い申し上げます

メールや手紙などで
お願いいたします、と同等に使われている
お願いフレーズです。

「いたします」と「申し上げます」の違いを
しっかりと理解しておきましょう。

「申し上げます」は謙譲語です。

つまり、「いたします」「申し上げます」の
違いは、へりくだっているか否か
ということです。

お願い申し上げます、を
使う相手上司やお客様ということです。

ただ、メールを送る際
お願いいたします、が連続で続いてします
ということはないでしょうか。

例えば、こんな感じ。

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

貴社とは是非、今後とも深いお付き合いをさせて
いただきたいと強く思っております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

このようにお願いするフレーズが続く際
私は「お願いいたします」と「お願い申し上げます」
を両方使うようにしています。

理由は、同じ文章の締めの言葉が続くと
読みづらくなるからです。

お願いできますでしょうか

お願いの最後の文が疑問形であることから
お分かりの通り
お願いすることが確定しておらず
相手方に確認を取るお願いの方法です。

お願いできますと幸いです

こちらも確定していないケースですが
疑問ではなく、こちら側の思いを伝え
相手方にお願いをしているパターンです。

こちらの都合でお願いをしている場合
この文面が有効です。

例えば、期日の指定や督促などは
この文を使うことが多々あります。

お願いする内容が決まっているパターン

ご教示ください

何かを教えてほしい時の
お願いの文章です。

「お教えください」
「お知恵は拝借したいのですが」
なども、教えてもらう時のメッセージです。

 

◯◯お待ちしております

何か相手に対応をお願いしている際
こちら側は相手にやってもらうことを
待っている状態であることを伝え
相手方にやってもらうことを
暗に促す文面です。

例:ご返信、お待ちしております。

◯◯いただけないでしょうか

何かをして欲しい時に伝える文章です。

お願いします、をこの文の
後につけることもあります。

例:ご一報いただけないでしょうか。
ご確認の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

お願いしますの前に言葉をつける

何卒

お願いします、の前に
何卒をつけてお願いした経験がある方も
多いのではないでしょうか。

そもそもの意味は下記です。

1 相手に強く願う気持ちを表す。どうぞ。どうか。
2 手段を尽くそうとする意志を表す。なんとかして。ぜひとも。

引用:goo辞書

大変恐縮ですが

最近はとりあえず、この言葉をつけている
営業マンをたまに目にします。

意味はこちらです。

相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと

引用:goo辞書

申し訳ない気持ちがないのであれば
こういった文言を体裁だけつけるのは
辞めましょう。

お忙しいところ恐縮ですが

何に対して恐縮しているのかが
決まっているのであれば
その理由を明記するべきです。

ここでは相手が忙しい状況にあることが
わかっている状況です。

その際に依頼をする文言です。

また相手の忙しさだけでなく
お願いしている内容の大変さや重要さ
かかる時間なども考慮できると
より良いですね。

不躾なお願いで恐縮ですが

これは、突然のお願いであったり
用件のみのお願いであったりした時の
お願いの文面です。

お願いする際のコツ

お願いするときの言葉を
ここでまとめてきました。

ただ、本当に大切なことは

お願い=相手の時間を奪う

ということをどれだけ理解した上で
相手にお願いしているのか
ということです。

とりあえずお願いしよう
みたいな気持ちで
表面で綺麗な言葉を並べても
いつかはバレます。

どんな言葉を使うにしても
気持ちを込めてお願いするようにしましょう。

それだけ、相手もあなたからの
お願いを快く引き受けてくれるか否か
大きく変わってくるはずです。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「7日でできる営業メソッド習得講座

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短2週間で受注を獲得した営業マンが多数生まれた
メソッドです。
下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

   
7日でできる営業メソッド習得講座
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓


The following two tabs change content below.

笹田 裕嗣

ITスタートアップのCOO務めながら、複数社の営業マネージャーも行う営業大好き人間。学生の頃から営業を始め、1,000人以上いる会社でトップ成績を出したり、一方で社内ベンチャーの立ち上げ時は、半年売上0のどん底も経験。現在、完全成果報酬の営業代行や営業の組織化支援などを行い、企業の営業改革をしています。