営業代行のささだです。

営業代行業を始めて、1年が経ちました。
これまで30社以上のパートナーと
ご一緒させていただきました。

お問い合わせ自体は、全体で50件
近くはいただいているのですが
全てを引き受けさせて
いただいたわけではないのです。

その理由は3つあります。
今日は、私が営業代行を引受させていただく際
大事にしていることをご紹介いたします。

商材に興味を持てるか否か

1つ目のポイントが、これです。
興味を持てるかどうかを
まずは重要視しています。

「この商材をもっと世の中に広めたい」
と思えるかどうか、です。

私はサラリーマンを5年やりました。
部署の異動等もあり、正直に言えば
自分が売りたくない商材を
売っていたこともあります。

ただ、このような状態で営業を続けても
決して良い成果が出ることはありませんでした。
むしろ、体調を崩しました。

だからこそ、今大事にしているのは
商材について、色々伺って
興味が持てるかどうか
これを大事にしています。

売れるイメージが持てるか否か

2つ目のポイントはこれです。

私は営業代行を成果報酬で行っているので
非常に大事な点です。
結局売れなければ、私の売上も立たないので
売れるイメージを持てるかを考えています。

営業代行を行うということは
パートナーの商材を借りて
困っている人の課題を解決する、ということです。

商材が魅力的ということと合わせて
自分の営業手法やリストと
親和性があるかを考えなければなりません。

私は元々、人材・広告系の営業を中心に
営業をやってきているので
このような業種は
非常にアプローチがしやすいです。

営業代行をするのであれば
自分の得意分野を
ちゃんと理解しておくことが大切だと
考えています。

パートナーとコミュニケーションが取れるか否か

最後がパートナーとのコミュニケーションです。

意外と疎かにしがちですが
非常に大切です。

パートナーの方で、とにかく売ってこい
という方とのやり取りは
非常に厳しいものです。

商材のブラッシュアップや
営業からのフィードバックや相談が
できないお客様とは
うまくいったことがありません。

商材について、最も詳しいのは
パートナーです。
そのパートナーと良い関係が築けなければ
営業代行はうまくいきません。

幸い、私が今やり取りさせていただいている
パートナー企業様は非常に好意的で
私が営業をしやすいようにツールや商材を
ブラッシュアップし、共有いただいています。

また、会う頻度も大切です。
報告や相談をしあえる関係を作ることで
営業が非常にスムーズに行くのです。

まとめ

私は営業のプロとして
営業代行事業を行っていますが
なんでもかんでも売れるわけではありません。

売りたくないものは売りません。
お客様の役に立たないものや
費用対効果が見合わないものも売りません。
営業力でごまかして売ることもしません。

お客様が欲しているものをしっかりと届ける
このことを念頭において、営業代行をしています。

皆が幸せになれるよう
営業をこれからも頑張ります!
その他、営業代行について
私の考えをまとめた記事はこちら

 

無料で1ヶ月で受注を取る! 営業コンテンツ公開中!

様々な会社で営業をしていて、実際に起こったトラブルや成功事例を惜しみなく公開している無料メルマガ。期間限定で、私が現在7社の営業で成功した『読むだけで身につく1ヶ月で受注を取る営業講座』も無料でお配りしています。詳しくはこちらをクリックしてください。


The following two tabs change content below.

笹田 裕嗣

ITスタートアップのCOO務めながら、複数社の営業マネージャーも行う営業大好き人間。学生の頃から営業を始め、1,000人以上いる会社でトップ成績を出したり、一方で社内ベンチャーの立ち上げ時は、半年売上0のどん底も経験。現在、完全成果報酬の営業代行や営業の組織化支援などを行い、企業の営業改革をしています。