こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

今日はダメ上司について書きましょうかね。私は幸い上司には恵まれているんですよ。特に社会人1年目のときの2人の上司には今でも頭上がらないですもん!営業で1番になります!とことあるごとに言い続け、そこで万全のバックアップをしていただきました!!自分らが普通に営業すれば、すごい成績出せるのに…

あのときにYさんOさんいなかったら、今の自分はないですね。と上司の思い出話は置いといて、このときに上司の何が良かったか?偉そうに書かせていただくと、

一切「主体的に動け」って、

言わないなんですよ。まぁ、最近は言われてるんですけど(笑)

ダメ上司ほど、主体的に働くことを強要してくる

で、この言葉自体は決して悪いことではないと思うんですけど、主体的に動きたくなくて動かない人は誰もいないんです。嫌々仕事をやらされたいんです、って人います?いないでしょ!!けど、そんな気持ちになれないから困っているわけで…

てか、そもそも主体的って何?
主体的とは、自分の意志・判断に基づいて行動するさまのことです。これ、社会人基礎力でも12の能力のうちの1つになってます。しかも、一番大事な項目としてあがっているんです。要は主体性は大事なのは、自他共に満場一致で大切なんですよ。

 

けど、持てないから悩むわけで(あっ、これ2回言ってますねww)

ダメ上司を脱するためには「理由付け」がポイント

そこで上司に必要なのは

「やる理由をもたせること」

これが上司の仕事なんですよ。って、思うんです。

その理由は、個人に対してでも、会社に対してでも、なんでもいいと思うんです。

○○やれば、成長できる とか
○○やれば、壮大なビジョンが拓かれる とか
○○やれば、彼女ができる とかww

やる理由は何でもいいんですよ。ようは、やったことに対しての未来を描かせられるか、そしてその未来を欲しいって思わせることが大切なんです。それもなく主体的にやれよ、って辛すぎます。もちろん、これは自分でもやらなきゃいけないんですよ。

ダメ上司に依存しないで自分で理由付けをする癖をつけよう!

上司が未来を教えてくれないからとかじゃなくて、そもそも自分で考えないといけません。それが最近私が言っている「現職の出口を決める」ことでもあるんです。けど、自分で考えることを待ってくれることもなく、仕事はしないといけないのでだから、上司はそのやる理由を考えさせなきゃね、って思うわけです。「上司だから」とか「会社の方針だから」とかで人は動かねぇよ、って話です。

とまぁ色々言いましたが、上司の方は是非後輩・部下に伝えるときに意識してくださいな。現在、後輩・部下の方、上司は基本変わらないんで、自分を変えましょ(笑) そっちのほうが早いし、楽しいです。

無料で1ヶ月で受注を取る! 営業コンテンツ公開中!

様々な会社で営業をしていて、実際に起こったトラブルや成功事例を惜しみなく公開している無料メルマガ。期間限定で、私が現在7社の営業で成功した『読むだけで身につく1ヶ月で受注を取る営業講座』も無料でお配りしています。詳しくはこちらをクリックしてください。


The following two tabs change content below.

笹田 裕嗣

ITスタートアップのCOO務めながら、複数社の営業マネージャーも行う営業大好き人間。学生の頃から営業を始め、1,000人以上いる会社でトップ成績を出したり、一方で社内ベンチャーの立ち上げ時は、半年売上0のどん底も経験。現在、完全成果報酬の営業代行や営業の組織化支援などを行い、企業の営業改革をしています。