こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

先日、電車で携帯をいじっていたら、目に入ったのがこの1文

「理論と経験をバランスよく成長させよ」

これ、目からウロコでしたね。タイトルだけで。
▼ちなみにこの記事はこれです!
理論と経験をバランスよく成長させよ:プロギャンブラーに聞く仕事術(4)

自分を変える、そう思っている人は理論と経験の両方を積もう

最近、このバランスってすごい意識しています。頭でっかちで身動き取れないじゃ意味がないですし、動くだけ動いて何も残らないでも意味がないので。1流の人って、このバランスがすごいんですよ。イチローとかもすごい練習してますけど、ちゃんと理論がありますよね。プロの1流のスポーツ選手が本を出せるのものそこでしょう。(もちろん、出版会社の売上をあげたいところからの派生・偽装はあるかもですが…)

自分を変える理論とは、自分の言葉

じゃあ、その理論って何か?
これ難しく考えなくて良いんです。

自分の経験や学びを”自分の言葉”で語れることが大切なんです。

感覚でできることやなんとなくできるようになったことってないですか?箸の使い方とか、自転車の乗り方とか、日常でできていることも
これをいざ教えるってなると難しいんですよ。普段毎日使っていてもそうなんです。なので、大事なことは言葉にすること・形にすることなんです。今やっていることを言葉にする、それを是非意識してみてください。そして、そのアウトプットは是非他からフィードバックやリアクションがあるところをオススメしています!

自分を変える経験を積むには、とにかく興味を持ったら

経験はなんでもかんでも、やったら自分が変わるわけではありません。しかし、自分を変えることができるのはアクションを起こした人だけです。つまり、行動しなければ変われないのです。今立ち止まっている人は、いつもと違うことを1つ。やってみましょう。本当になんでも良いです。

いつも乗っている駅と違う駅から行ってみる。
ランチのメニューを変えてみる
ノートの取り方を変えてみる

なんでもよいのです。まずはアクションを取りましょう。そして、経験のところでも書いたように、その変えた経験をちゃんと自分の言葉に記しみてください。

自分を変えるために必要なことは考動

経験と理論、どっちかに偏っていないか。また、独りよがりで、自分だけのものになっていないか。独りよがり、自分のためと言えば聞こえは良いですが、結局誰の役に立ちません。考えながら行動する、考動を意識して、考えるを自分のためだけじゃなく外にも目を向けてやってください!

▼関連記事はこちら!
インプット・アウトプットからもう1段上の結果を出すためにすべきたった1つのコツ

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓