知らないと新卒の出世が遅くなる!?上司が部下に求めている3点

「上司の期待に応えて早く出世するにはどうすればいいですか?」
「上司目線を得られれば、仕事が楽になると思っているのですがどうすればいいかわかりません」
「最近上司が私に何を期待しているのかわからなくなってきました」

このような疑問はありませんか?
部下をもったことがないと、上司がどのように考えているか想像もつかないですよね。

この記事では、新卒で上司との関係に悩む方へ「上司があなたに求めていること」について説明します。

最後まで読むと、「上司の視点で仕事を進められるようになる方法」がわかるでしょう。
新卒からたった3年で社内ベンチャーを任された私が、上司の期待に応えるために行ったことを記載します。

上司は何を求めているのか

上司は大きく次の3点を求めています。

上司が部下に求めていること

①成果
②確実性
③チームへの貢献

求めていること①成果

上司は部下に、成果を求めます
成果をださせることが仕事だから。

上司は、個々人の目標達成ではなく、チームの目標達成を目指しています

たとえば、事業部の目標があれば、部下全員でそれを目指します。
三人のチームがあった場合、一人のみ優秀で二人の成果がなくとも、チーム目標は達成できるのです。

しかし、一人に依存している状態というのはよくありません。
その人がやめてしまったら、困るからです。

そのため、結果を出し続けられる仕組みや環境を作っていくことも求められるのです。

求めていること②確実性

上司は部下に確実性を求めます
チームとして成果が出せるように、全員に成長してほしいのです。

全員の実力があがれば、目標達成しやすくなります。
すなわち、安心したいのです。
なので、上司を安心させられるコミュニケーションが喜ばれます。

求めていること③チームへの貢献

上司は、チームへ貢献してくれる部下を求めます
というのも、チームとして成果を出したいからです。

具体的には、

  • 同じチームのメンバーで自分より成果を出せていない人に、やり方を教えて上げる
  • 自分のノルマを達成していても、他人の分も必要に応じてやってあげる

などです。

「上司に結果を出させるのが部下の仕事である」という目線をもつと、やるべきことが見えてきます。

部下が上司に積極的に行うべき11のこと

これら3点を満たすために、部下が具体的にできることはどのようなことでしょうか?
11個の具体的なアクションを紹介します。

部下が上司に積極的に行うべきこと

①報連相
②笑顔
③自分の意見を言う
④不満や不安を拾いあげる
⑤期限を守る
⑥提案をしましょう
⑦新しいことにチャレンジ
⑧自分の活動のフィードバック
⑨失敗する
⑩手を上げる
⑪改善策のアクションをする

積極的に行うこと①報連相

報告・連絡・相談の量を増やしましょう
上司と部下がうまくいかないほとんどの理由はコミュニケーション不足だから

部下から上司に

  • 声をかける
  • 相談する
  • 確認をする

これらが大事です。

上司にとっては間違いを正せる機会が増え、安心できます

積極的に行うこと②笑顔

できるだけ、ご機嫌でいましょう
上司から部下に声かけしやすい状況を作るのも、部下の仕事です。

声かけしやすい雰囲気を作れば、コミュニケーション不足が解消されます

積極的に行うこと③自分の意見を言う

自分の意見を言いましょう
管理職として働く上司は、現場の声がわかりません

お客さんと関わる時間が著しく減ってしまうためです。

  • もっとこうすればいい
  • この点がクレームになりやすい

こういった現場でしか聞けない生の声を、ぜひ上司に伝えて上げてください。

加えて、自分はこう思いました」という意見も伝えましょう
上司が次の施策を考えるヒントになるからです。

積極的に行うこと④不満や不安を拾いあげる

他のメンバーの不満や不安を拾いあげましょう
実際、弊社でもメンバーの声を集めてくれて、それを私に教えてくれるメンバーがいます。

同僚にしか言えないこともあるでしょう。
そういった意見を知れることは、上司にとってありがたい存在です。

積極的に行うこと⑤期限を守る

期限をしっかり守りましょう
上司はさまざまな所で調整をしています。

一人が期日を守らないと、全体の調整が手間なのです。
期限を守ることは、チームへの貢献と言えます。

積極的に行うこと⑥提案をしましょう

  • こうするべきでは?
  • こうした方がよいのでは?

改善点を伝えましょう

意見をどんどん欲しいと思っているのが上司だからです。
これもチームへの貢献意識が高い行動と言えます。

積極的に行うこと⑦新しいことにチャレンジ

新しいことに挑戦しましょう
仕事をしていると、目の前の作業をこなすだけで終わってしまいます。

「安定してよい」と考えることもできますが、新しいことに挑戦しないと廃れていってしまうという思いもあります。

上司としてはムリに、「新しいことをしなさい」とは言いづらいのです。
なので、部下から率先してチャレンジをしてくれると、嬉しく感じます。

加えて、チャレンジ結果のデータが集まってくると、新しい作戦も立てやすいです。

ちなみに、2013年の調査ですが、株式会社ビジネス・ブレークスルーの「上司の本音」に関する意識調査では、理想の部下像ベスト5にチャレンジ精神が入っています。

理想の部下像 ベスト5

内容 回答数
1 自分の意見を持っている 63
2 周囲との関係構築ができる 17
3 報告・相談が適切 14
4 素直 11
5 リーダーシップがある・後輩育成ができる 10
5 前向き・チャレンジ精神 10

引用:10月16日「ボスの日」に、感謝の気持ちで上司を支えよう!~「上司の本音」に関する意識調査~

積極的に行うこと⑧自分の活動のフィードバック

フィードバックを伝えましょう
日報や週報だったり、ミーティングで伝えたり、方法はさまざまです。

自分のやっていることの振り返りと、反省を伝えましょう。
報連相に加えて振り返りを伝えると、上司に安心感を与えられます

振り返りができると、次の施策を考えやすくなります。
考えるヒントを与えることも、部下の役割です。

積極的に行うこと⑨失敗する

失敗しましょう
失敗しなければ、よいか悪いかの判断がつきません。

新しい取り組みをするときは、やってみなければわからないことが大半です
失敗を次にどう活かせるのか、失敗したからこそ見えてくる物がたくさんあるのです。

積極的に行うこと⑩手を上げる

発言しましょう
ミーティングで、発言をしない部下が多いとよく聞きます。

発言しなければ、その場にいる意味はありません。
発言してくれる部下がいるだけでも、上司の気持ちは大きく変わります

チームに貢献する意識をもちましょう。

積極的に行うこと⑪改善策のアクションをする

考えた改善策で、実際に実行しましょう
改善策を考えるだけでは、成果がでません。

上司は言われたことを、ただこなして欲しいのではありません。
言われたことをやりきった上で、見えてきたことを教えて欲しいのです。

今、自分がやっていることを通して、どんな貢献ができるのか、という目線を持ち続けていただきたいです。

具体的にやっていたこと9点

ここからは、私が具体的にやっていたことを説明します。
新卒1年目に、上司の視座・視野を知りたくて、9個の取り組みをしました

具体的にやっていたこと

①飲み会は断らない
②MTGの議事録を取る
③上司の仕事をもらう
④○○をやりたいと言い続ける
⑤会社の決算資料や数字資料に目を通す
⑥社長に提案
⑦タバコを吸わなくても喫煙室についていく
⑧上司が見ている資料をコピー
⑨上司が参加したMTGの資料に目を通す

用語解説 視座・視野の違い

ここからは、視座・視野という言葉を頻繁に使うので説明します
視座と視野とはどのような意味なのでしょうか?
この違いを理解しないと上司の求めている物がわかりません

  • 視座はものを見る高さ
  • 視野は物をみる広さ(範囲)

のことです。
日常で、今自分がやっていることに対して視野を広く持ちなさいと言われませんか?

こんな例がわかりやすいでしょう。
営業でお客様と商談をした後、「もっと安くして欲しい」と言われたときに
「安くするためにはどうしよう」という思考では視野が狭いです。

なぜお客さんは安くしてくれといったのか、視野を広く考えられれば、提案できる幅が広がります。
同様に、自分の上司や部長の目線で物事を考えたときに、どういう判断をすればよいのか、どういう考え方を持てばいいのかそういったものが視座の高さです。

今、上司の求める物がわからないという人は、上司の目線にたって考えていないといえます。

やっていたこと①飲み会は断らない

いろいろな上司先輩と飲み会に行きました
上司の視座を獲得できるからです。

一社員にお偉いさんから指示は来ませんが、上司には来ます。

たとえば、私のいた新橋店の店長は、首都圏ブロックのリーダーもやっていたので、いろいろな情報が入ってきます。
どんな情報が入ってきて、どんなことを日々考えているのか、知るためには手っ取り早かったのが飲みに行くことでした。

飲みに行くことがよいのではなく、コミュニケーション量を増やすことが大切です。

やっていたこと②MTGの議事録を取る

ミーティングの議事録は私がとりました
私から、議事録をとらせてほしいと言いました。

というのも、議事録記載後に、上司に内容の確認に行きます。
その際に、「ここがわからなかった」と相談がしやすい状況を作りたかったのです。

やっていたこと③上司の仕事をもらう

私にできることありますか?
「手伝えることありますか?」

一日3回は言う目標にしていました。

「これやっといて」
「これもお願いできる?」
と言ってもらいやすくなります。

上司の仕事を取りに行くことで、

  • 今上司が何をやっているのか
  • 上司というポジションに立ったときに、どういったことが仕事になるのか

先に知れます。
すると、

「自分もこういう工夫をしよう」
「こういうことで困るから先に勉強しておこう」

そういったことが理解できました。

視座を上げるには、上司を疑似体験するのが手っ取り早かったのです。

やっていたこと④○○をやりたいと言い続ける

新規事業を立ち上げたい

新規事業を立ち上げたい、事業部長をやりたいと常に言い続けました
結果、社会人3年目の時に、そうなれました。

やりたいことやなりたいことの宣言をしておくと、上司は自分をそういう目線で見てくれます
上司は必要な情報をどんどん与えてくれます。

私の場合は新規事業でしたが、○○にはあなたがやりたいことを入れてください。

トップセールスになりたい

また、トップセールスになりたいとも常に言っていました。
すると、上司がリストをくれたり、名刺をくれたりいろいろな情報をくれました

結果として1番になれたのは、自分だけの力ではなくて、上司の救いの力がもらえたからなのです。

これをやった方がいいという意見や、アイデアが集まってくるのです。
上司がやってきた経験を自分にインストールしてくれます。

声をかけてもらう理由は、自ら発信して作っておくのです。

やっていたこと⑤会社の決算資料や数字資料に目を通す

上司の見る資料になるべく目を通しました
新人一年目の時は、資料の内容を理解していませんでした。

毎週月曜日に、お偉いさん達のミーティングがあり、その資料が会社内のグループフォルダに入っていて、のぞけました。

それを見ることで、司や先輩は何を前提にコミュニケーションを取っているのかわかるので、会話しやすいからです。

飲み会の時に上司が教えてくれたのは、あのときの資料なのだなと、知識が紐付いていきました。

上司はどんな会話をしているのか、そういったことを知っているだけでも、会話の質がどんどん変わっていくのです。

やっていたこと⑥社長に提案

社長に提案を行いました
いきなり社長に提案したら、上司に怒られたので、
上司に「社長にこんなこと提案したいのですが、よいですか?」と相談しました。

上司の上司に意見がもらえる環境を作ることで、自分の名前が売れ、視点が広がっていきました。
視座をあげる、視野を広げるために大事なことは、疑似体験することなのです。

疑似体験するには、フィードバックをもらいましょう

自分なりにやってみたことに対して、フィードバックがもらえると、視野も視座も広がります。

やっていたこと⑦タバコを吸わなくても喫煙室についていく

私はタバコを吸いませんが、上司が喫煙室に行く際についていきました
コミュニケーションの回数を増やしたかったのです。

フランクなコミュニケーションの方が、本音や愚痴がでやすいです。
愚痴が聞けると、

「これはやっちゃいけないんだな」
「あの人のこの仕事とりにいけば、自分にチャンスかも」
など

ポジティブな部分だけでなく、ネガティブな部分もわかるため、それを解決すれば、上司は喜んでくれます。

解決策を自分で見つけるヒントにもなりました。

やっていたこと⑧上司が見ている資料をコピー

上司が使う資料は、1枚余分にコピーして、私も見るようにしていました
上司が見ている情報に触れる努力をしていました。

上司の視座を身につけるためです。

やっていたこと⑨上司が参加したMTGの資料に目を通す

上司が参加したミーティングの資料に目を通しました
上司が何を考えているのかについて、自分が理解できるようになれば、上司と同じ視座で会話ができます。

視座があがれば、それだけ会話の質もあがります。
工夫をこらし、自分の視座を上げていったのが当時でした。

上司との目線の違い

上記の9つに限らず、自分が上司に貢献できることが何かを知るには、上司との目線の違いを理解しましょう

部下に求められていることは、目標・課せられた仕事を消化・達成することです。
つまり、自分のことをきちんとやることです。

上司の仕事は部下を使って成果を出させることです。
この違いが大きいのです。

会社から、「あなたに人を与えるから、一人ではできない大きな成果を出しなさいよ」と言われているのです。

上司は自分だけが結果を出すのではだめなので、求められていることが高い。
この視座の違いが見えてくれば、自分が上司に貢献できることが見え、あなたなりの貢献の仕方がみつかるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

部下の仕事は目の前の仕事に結果を出すことが大前提です。
その上で、上司を出世させることが部下の仕事なのです。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

 

私の記事が、少しでもあなたの役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

上司との関係に困り、転職を考えた場合には、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです