一人で考えてはいけない!転職で書類選考に通りやすい職務経歴書の書き方

「はじめて職務経歴書を作成するので書き方に困っている」

「1社目の期間が短く、書くことが履歴書と同じになってしまう」

「自信がないので、職務経歴書を添削して欲しい」

このような悩みはありませんか?

 

新卒と違い、親身になってくれる大学の就職担当者はいないので、不安になるのもムリはないです。

この記事では、職務経歴書を書いた経験が少ない人へ向けて、職務経歴書の書き方の基礎をお伝えします。

 

私は採用担当も経験しているので、内容の信憑性は高いと思います。

この記事を読めば、書類選考で通りやすい職務経歴書を作れるようになりますよ。

 

具体的な職務経歴書の書き方

職務経歴書とはその名の通り、職務の経歴を表す資料です。

しかし、そう言われても具体的に何を書けばいいかわかりませんよね

まずは、具体的に書く内容を説明していきます

 

基本的な職務経歴書に書く項目

基本的に書く項目は次の内容です。

  • タイトル
  • 名前
  • 日付
    日付を入れないまま出す人は多いです。最新の物であると証明するために日付を入れましょう。
  • 職務経歴の要約
    詳細を書く資料ですが、すべてを読めない採用担当者もいます。
    応募がたくさん来ている会社は、要約のポイントだけで「この人いけそうだね」とOKにするケースもよくあります。

次に、職務経歴の細かい内容を書きましょう。

職務経歴の詳細

①会社の概要
②仕事内容
③そのほか仕事に生かせる知識
④退職理由・転職理由は職務経歴書に不要

 

①会社の概要

働いた会社の概要を書いてください。

  • 事業内容
  • 規模感
  • 資本金
  • 従業員

これらを簡単に書けばOKです。

どんな会社で働いたのかを想像できた方が、相手としても応募者に

  • どんな能力があるのか
  • どんな力を身につけているのか

把握しやすくなります。

 

また、今働いている会社と近しい物があれば、相手も仕事のお願いがしやすくなるのです。

 

たとえば、1000人規模の会社に所属し、大企業へ営業に行っていた人であれば

「最初からこの仕事をお願いしても萎縮なくこなせそうだな」

などと想像を働かせることが可能になります。

 

②仕事内容

次に書くべきは仕事内容です。

仕事内容に関しては、営業でどんなお客さんを担当していたのかを見られます。

 

どんな仕事の提案をしているのか、どんな仕事内容なのかも書きましょう。
営業といっても、

  • 新規開拓なのか
  • ルートセールスなのか
  • テレアポなのか
  • 飛び込みなのか
  • どんな商談をしていたのか
  • 金額は?

そういったものを伝えれば、あなたの積んだ経験をわかってもらえます。

 

マネージャーのポジションで応募したなら、

  • マネージメント経験があるのか
  • 何人見ていたのか

そういったことがわかれば、「この人ならすぐにいけるな」と判断ができます。

 

職務経歴書を見てくれた人が、「この人にはこんな仕事をお願いできそうだな」と思わせる情報をまとめましょう

営業の場合 お客さんを引っ張ってきて欲しいと期待されている

応募者が営業志望の場合、採用側は、過去担当したお客様を引っ張ってきてくれないか?と、そんな目線も実は持っています。

引っ張ってくる来ないは別としても、どんなお客さんとコミュニケーションをとってきたのかがわかれば、
・即戦力となるのか
・教育が必要なのか?
そういったことも採用側には見えてきます。

 

③そのほか仕事に生かせる知識

そのほかに、これまでの経験や学んできたことを踏まえた上で、仕事に生かせる知識を記載しましょう

たとえば、資格や簡単な自己PRなどがよいでしょう。

 

④退職理由・転職理由は職務経歴書に不要

多くの人が疑問に思うことがあります。

それは「退職理由や転職理由は、職務経歴書に書く必要があるか?」です。

 

わざわざネガティブな情報を記載して突っ込まれる情報を書く必要はありません

しかし、自分のどうしようもないことが理由の場合は、あえて書いておき、突っ込まれる準備をしておくという方法もあります。

 

たとえば、男女関係のもつれで退職しなければならなかった場合は、先に理由を書いておき、同じ失敗は2度としないと言いやすい状況にしておくのもよいでしょう。

最終的には、読み手がその資料を見たときどう思うか、その目線で記載内容を判断しましょう。

1社向けに書いたら、同じ職務経歴書をベースにブラッシュアップを重ねて、相手に合わせて変えるのがよいでしょう。

 

職務経歴書と履歴書は分けて考えよう

実際に書いてみると、職務経歴書と履歴書が似てしまうこともあるはずです。

とくに、第2新卒で1社目を1年未満で辞めた場合は、仕事内容を詳しく書くのが難しいかもしれません。

職務経歴書と履歴書を同時にだすケースは多いですが、目的が違うと理解しましょう

 

履歴書は条件面のチェック

履歴書は能力があるかないかではなく、条件面の確認をするための資料と考えましょう。

履歴書には、

  • 個人名
  • 連絡先
  • 住所
  • 学歴
  • 会社の在籍期間
  • これまでの経験
  • 志望動機
  • 希望年収

などが書かれている物です。

 

たとえば通勤距離。通勤できる範囲に住んでいますか?

このように、学歴や働いてきた会社など、会社と親和性があるかどうかの確認が目的です。

 

希望給与の隔たりがないか。そういった違和感や、条件面のミスマッチが現時点で発生していないかのチェックをしています。

手書きや写真で印象が変わってくるので気をつけましょう。

 

職務経歴書は経験のチェック

職務経歴書は、経験をチェックされる資料です。

たとえば、

  • どんな経験を積んできて
  • 採用する側の会社にとってメリットや価値があるのか
  • 仕事に意欲やモチベーションがそもそもあるのか
  • 能力を発揮して貢献してくれる人材なのかどうか

を書類段階で見極めています。

営業と同じであると考えよう

営業職志望の方は、営業と同じだと考えましょう。

プレゼン資料や提出資料と同じ、その資料を通して、あなたを買いたいと思ってもらえるのか?
を考えてください。

この資料に書いてある内容の人だったら、お金を払ってでもうちで活躍して欲しい、そう思ってもらえる資料になっているかどうかを考えましょう。

 

 

やってはいけない3つのこと

ありがちな、職務経歴書の失敗を説明します。

やってはいけない3つのこと

①自慢話をしない
②内容説明しない
③経歴の羅列にしない

 

①自慢話をしない

自慢話を書いてはいけません

自慢されても「ふーん」でおわってしまうからです。

 

職務経歴書で伝えなければならないことは、

「私は御社で活躍するだけの経験や能力がある」

です。

それをイメージしてもらうことが大事。

 

「営業トップになりました。」と言っても「それで何?」になってしまいます。

自慢話ばかりされても、「協調性ないのかな?」と思われてしまう可能性が高いです。

相手側の会社の目線で考えてください。

 

たとえば、体育会系の会社であれば、チームワークよりも成果報酬の割合が高く、自慢するぐらいの性格の人を求めているかもしれません。

しかし、チームワークを求めるような会社だと協調性がないと思われてしまいます。

この資料を読む相手に合った内容を書きましょう。

 

▼自慢話は面接でもしがちな失敗です。面接に進んだ方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

50人中3人しかできていない!営業職の中途採用面接で聞かれる質問5選

 

②内容説明しない

単なる内容説明になると、相手は読む気を失います

「こういう仕事をしました。おわり。」

ではなくて、

  • この仕事を通してどういう経験を積んだのか
  • 結果を出したのか
  • 工夫をしたのか

を伝えなければ、その資料を読む価値がないです。

貴社で私は活躍できると、相手にイメージさせる情報を伝えましょう

 

③経歴の羅列にしない

経歴の羅列にならないように注意しましょう。

それは履歴書で事足りているからです。

繰り返しになりますが、採用側にあなたが活躍できると思わせる情報を記載しましょう。

 

書類選考に通るためのポイント

書類選考に通るためのポイントを説明します。

 

①テンプレートを使用する

テンプレートを使用しましょう

0から作ることは避けた方が無難です。

 

なぜなら、採用担当の方は、何度も同じような資料を見ているからです。

「フォーマット違うな」
「必要な項目書いていないな」

など、敏感になっています。

 

テンプレートは「職務経歴書 書き方」で検索すればでてきます

書く項目や書式に気を使うより、項目を埋めていくことに力を注ぎましょう。

 

②自分だけで作らない

書き慣れていない物を0から自分だけで作るのはムリがあります

 

たとえば、弊社のような転職エージェントを使い、添削をしてもらってください。

添削をしてもらえば、「この会社に対してはこう書けばいいんだ」などが、見えてくると思います。

職務経歴書を自分だけで作るのは限界があります

一人で作ると妥協した書類になりがちです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

職務経歴書や履歴書は面接と違い、事前に準備ができます。

さらに、他者に添削をお願いすることも可能です。

 

今回の記事の内容を参考に、ぜひ今できるベストの書類を作ってくださいね。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

書類作成の際に、見返してみてくださいね。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。

 

LINEやコメントで転職に関する質問も受け付けています。

書類選考がうまくいかず悩んだ場合にもお気軽にご相談してくださいね。応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。

他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです