必要とされる営業マンになりたい人に読んで欲しい!転職市場価値を上げる4つのポイント

「いずれリストラがあると考えて自分の市場価値を高められる環境に身を置きたい」

「転職市場で価値のある人間になるにはどうすればよいのか?」

「転職前に次の転職を考えて不安になってしまう」

「短期で転職を繰り返しているので、次の転職に備えて市場価値を上げておきたい」

このようなことありませんか?

 

今の時代、2・3年で転職するのはよくあることなので、その気持ちわかります。

この記事では、自分の市場価値を上げたい人向けに、転職する際に気をつけるべき4つのポイントを記載しました。

大学から営業をはじめ、営業支援会社まで起業している私が、営業マンとして市場価値を高める観点からお伝えします。

転職市場価値を上げる4つのポイント

ポイント①分業している職場を避ける
ポイント②研修期間の長い職場を避ける
ポイント③離職率が高い会社にもメリットがある
ポイント④社内評価と市場価値がずれていないか

 

市場価値とは?

ここでは「転職する際に社会から必要とされる度合い」と定義して進めてまいります。

次の2つが満たされる場合、価値が高いと考えられます。

①ニーズがあること
世の中に求められていなければ価値があがりません。

②他の人にはできないこと
多くの人ができることであれば、評価はされません。

つまり、他の人にできないことができ、世の中が求めている人材ほど市場価値が高いのです。

 

ポイント①分業している職場を避ける

分業している職場は市場価値を上げにくいので避けた方が無難です。

なぜなら、得られる経験値が減ってしまうからです。

 

たとえば、営業においても分業化が進んでいます。

インサイドセールス、フィールドセールスと分けたり、問い合わせの対応から新規のアポ取り、などと分けたりしています。

 

スペシャリストでは必要とされる場面が限られてしまう

分業は、営業の一部分野においてスペシャリストになれるので、何が問題なのか?と思うかもしれません。

しかし、一部のみできるスキルでは、他者に助けてもらわないとその人の価値が生まれないため市場価値は上がりません。

 

たとえば、あなたがインサイドセールスのみできるとしても、見込み客を集めてくれる人が必要です。

つまり、スペシャリストでは、営業として担当できる幅が狭くなってしまいます。

「見込み客を自分で集める職場では働きたくありません」では採用したいと思われないでしょう。

 

加えて、あなたが自信を持って転職をするためには多くの経験が必要ですし、その経験が市場価値として評価されるポイントでもあります。

分業している職場であっても、

  • 将来別の業務を担当できるのか?
  • どのくらいのサイクルで移動があるのか

など自分の可能性を広げられる転職先かどうか見据えて選んでください。

インサイドセールス・フィールドセールスとは?

マーケティングで見込み客を集めるのがマーケティング担当、

マーケティング担当が集めてきたお客様に対して、ヒアリングをするのがインサイドセールスです。

インサイドセールスが見極めた有力なお客様に対して、直接会話などを通じてアポイントをこなすのがフィールドセールスです。

最後に、受注をいただいたあとに積極的に支援していくカスタマーサクセスがいます。

 

全体を経験して初めて見える物もある

一点に集中すれば、価値が上がると考える人もいるでしょう。

たとえば、プロ野球であれば、どのポジションでも守備ができる人より、ピッチャーしかできないが160キロの剛速球を投げれる人をドラフト1位で指名しているじゃないか?と。

 

しかし、本当にそうでしょうか

 

たしかに、技術系の職業では器用貧乏よりも、一つのことにずば抜けている人を評価することが多いです。

プログラミング言語でC言語しかできないが、10年の経験がある人はC言語をつかったプログラミング開発案件では重宝されます。

しかし、C言語が新しい言語に変わる可能性もありますし、何より自分で選べる職場の選択肢が非常に限られてしまいます

 

また、一部の経験のみで本当にその仕事に対する専門性が育つのか?という疑問もあります。

なぜなら、すべてを経験し、はじめて見える視点もあるからです。

C言語もJavaもCOBOLも知っているから、お客様に提案するときに「C言語が最適です」と言えるようになります。

 

同様に、営業であれば、

インサイドセールス担当者が、マーケティングの経験を持っていれば、マーケティング担当とうまく連携できます。

「一つのスペシャリストになればよい」と考えていると転職時の選択肢も狭まるため注意が必要です。

 

将来を考えたとき、すべてに関われるのか、意見や発言ができるのかをぜひ見ていただきたいです。

 

ポイント②研修期間の長い職場を避ける

研修期間が長い職場は、社員を大事にしていると思いませんか?

しかし、市場価値を向上する観点から考えると、長すぎる研修は好ましくありません

なぜなら、世の中の変化が早いので、研修で学んだことが使えない知識になってしまうからです。

 

知識やスキルには賞味期限があります

たとえば、リストを使った集客一つとっても流行り廃りは存在します。

それまでステップメールで集客できていた物がLINEに切り替わりました。

LINEとメールでは特性が違い、LINEで毎日送ると通知の多さに嫌がられてしまう傾向があり、メールと違った対応を求められます。

 

このように、必ず知識やスキルには賞味期限が存在するのです。

LINEもいつかは廃れる可能性があります。

 

そこで先を見据えた準備が大事です。

早く現場にでたり、実際の仕事に触れたりすることが大事です。

 

ポイント③離職率が高い会社にもメリットがある

離職率が高い会社は好ましい会社とは思われていませんが、市場価値を上げるには有利に働く点もあります

それは役職についている上司もいなくなる可能性が高いことです。

逆に言えば、離職率の低い会社では、役職がなかなか空かずに、昇進することが難しいでしょう。

 

転職時に、自分の役職の有無により、面接官の評価は変わります。

そのため、役職につけない会社で働いていると、市場価値として評価されるポイントを一つ失ってしまいます

部長という肩書きがついているだけでも「部長ってすごいですね」となるのは簡単に想像できるでしょう。

 

視座を上げるための場所として、肩書きにつける職場かどうかは、一度見極めるべきでしょう。

 

ポイント④社内評価と市場価値がずれていないか

会社で出世ロードを歩んだ後、会社がなくなっても、自分の存在意義や市場価値が残るのか考えましょう。

なぜなら、社内で高評価の人材でも、市場価値としては低い場合があるからです。

 

たとえば、昔ながらの会社では残業の多い人ほど、社内評価が高い場合もあります。

また、上司との仲のよさ、付き合いのよさが重要な時もあるでしょう。

しかし、転職する際に「残業が多いため高評価でした」と言っても、長時間労働を避ける傾向にある昨今、短時間で効率よく達成する人が評価される傾向にあります。

 

逆にベンチャー企業では「定時で帰ります!」より、「終わるまで頑張ります」の方が評価されます。

起業当初は忙しく、勤務時間にこだわらずになんでもやって欲しい時が多いからです。

 

このように、社会一般の評価するポイントと、社内での評価ポイントにずれがあると、いざ転職する際に市場価値は低くなる可能性があります。

その会社に骨を埋めるのか、市場価値を上げていきたいのか考えていかないと5年後10年後損をしてしまいます。

 

まとめ

いかがでしょうか?

会社の求めるとおりに働いても市場価値が高まらないと感じていただけたかと思います。

自分の狙いと会社の狙いが一致する職場を見つけられるように活動していきましょう。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。

LINEやコメントで転職に関する質問も受け付けています。

営業マンの方で転職したい場合はお気軽にご相談してくださいね。応援しています!

 

▼YouTubeでも発信しています。

他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです