営業代行のささだです。

我が家には、色々と考えてなかなか決められない
女性がいます。はい、うちの嫁です。笑

私は良くも悪くも、決めて動いてしまうのですが
うちの嫁は色々と相手のことを考えたり
心配事があると、一旦悩んでしまったりするんです。

実は、つい先日もちょっとした悩みを抱えていました。
その悩みとは、抽選で当たった2枚のライブチケット
誰と行くか?という問題です。

あいにく私は仕事と重なってしまったので
一緒に行けなかったのですが
その後の相手探しは難航を極めていました。

「○○ちゃんに声を掛けてみる」
「○○はどうだろう?」
「やっぱり1人でいこうかな」

毎日にライブの話になるたびに
結論が変わっていたので
私はクロージングに掛かりました。笑

ただ、普通にクロージングをしても失敗します。
(というより、失敗しました。)

クロージングの失敗3パターン

クロージングを失敗するときは
たいてい自分の都合になっています。

今回、最初の私がそうでした。

クロージングの失敗例1:ただ急かす

「結局どうするの?」と問い詰めても
本人は悩んでいるので、答えはでません。

むしろ、「今考えてるの!」と怒られる始末。
関係が悪化するだけで
良いことは何もありませんでした。

クロージングの失敗例2:とりあえず答えを示す

本人の意見を聞かずに
「○○ちゃんといけばいいじゃん」
と、私の考えを伝えてみました。

悩んでいる相手に、これは逆効果でした。

相手が考えていないアイデアならまだしも
すでに考えていることを言っても
「そんなのわかってる!」で終わります。

クロージングの失敗例3:放っておく

私も色々と言うのが疲れたので
しばらくその議題は放置しておきました。

ただ、飛行機や宿の手配もあるので心配になって
どうなったかを聞いてみると
「まだ何も決まっていない。。。」
という返答。

ほったらかしもダメなようです。

なかなか決められない人には、ほったらかしも
回答を迫ることも、有効な1手ではなく
クロージング出来ないことがわかりました。

では、どうやってクロージングまで持って行ったのか
続いて成功事例をご紹介したいと思います。

クロージングをうまく進めたければ、環境を整えよ

クロージングは、直訳すると「締めくくり」です。
つまり、締めくくれるように
その場をうまく作っていかなければならないのです。

クロージングの成功事例1:外堀を埋める

そろそろ決めて欲しい、と思っていた私は
決める以外の作業を巻き取りました。

つまり、家事を私がやったのです。笑

やるべきことはやっておいたから
存分に考えて、「さぁ、答えを出してくれ!」
という状態にしたのです。

クロージングの成功事例2:選択肢を与える

結論を出すことは嫌がられますが
選択肢を複数出すことは
嫁も喜んでくれました。

「高校の友達はどうだろう?」
「弟はどうかな?」
「おかあちゃんには声かけてないよ」

という感じで、1つに勝手に答えを絞るのではなく
選べるようにしてあげることが大切です。

クロージングで大切なことは
相手が選べる環境にしてあげることではないかと
この辺で感じ始めました。

クロージングの成功事例3:理由をつける

ちゃんと提案した内容には
理由をつけることも大切です。

理由になっていなくても良いのです。
理由をいうことが大切です。

「1人だと心配だから」
「宿も埋まってきちゃうし」
「飛行機は大丈夫かな」

という感じです。

クロージングでは、理由をつけないと
押し付けがましく聞こえてしまうんです。

クロージングの成功事例4:理由付きの期日

「今日までに決めるって言ったじゃん」
この言葉を発して、ちゃんと決めてくれたことは
私の経験上、1回もありません。

この言葉を発すると

・言い訳をする
・すねる
・とりあえず謝られる

の3パターンしかありません。

クロージングにはつながらないのです。

クロージングの成功事例5:話を聞いてあげる

今、相手が何を考えているのか
何に悩んでいるのか

これらをちゃんと聞いてあげましょう。

話してスッキリすることがあります。
それで決まることもあるのです。

我が家も話をただ聞いていたら
最後は勝ってに答えが出ていました。

クロージングのまとめ

クロージングをする上で、相手が選べない理由を
ちゃんと理解することが大切です。

そして、相手が選べない理由は
3つだと今回学びました。

・選択肢が多くて選べない
・選択肢がなくて選べない
・根拠(=納得感)がなくて、決めきれない

クロージングをしたければ、この3つの理由を
ちゃんと潰してあげることが大切です。

これって営業も同じですよね。
クロージングしたければ、このポイントを
実践してください。

この記事を嫁が見ないことを願って。

 

▼取りこぼしをなくす、クロージングのタイミングを
知りたい方はこちらもどうぞ!

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓