隠れブラック企業を見極める3つの方法

転職先を探していて、ブラック企業かホワイト企業か入社前に見極めたいと思っていませんか?

その気持ち、私もブラック企業で働いていたのでわかります。

 

  • 面接時に聞いていた内容と実際が違って後悔したこと
  • 給料は高いけど、入ってみたら社員を使い捨てるような企業で転職したくなったこと

あるのではないでしょうか。

 

本記事ではそんな方へ向けて、ブラック企業の見極め方を説明しました。

1社目をブラック企業で働いた私が、その経験から就職四季報や求人情報だけではわからない情報をお伝えします。

 

3つに絞ってますので、サラッと読めますよ。

隠れブラック企業を見極めるための方法は次の3つです。

隠れブラック企業は次の要素が当てはまる

①市場価値より年収が高い
②30代の社員の割合が少ない
③各種制度が利用できない

当てはまれば隠れブラック企業の可能性が高いです。

それでは1つずつ説明していきます。

 

見極め①市場価値より年収が高い

一般的な同業他社と比べて、最初から年収が高く雇われる場合、社員を使い捨てる会社の可能性があります。

 

給料が高い理由

最初から給料が高い理由は優秀な人を集めたいからです。

もちろん、それは普通のことですが、逆に考えるとあまり育てる意識がないと捉えられます。

 

では、教育の必要がない優秀な人にとってはホワイト企業といえるのでしょうか?

そんなことはありません。

会社として、社員を使い捨ての駒と捉えている可能性が高いためです。

 

以前、私は人事担当者に

「どうすれば採用がうまくいくか」

と相談した際に次のような恐ろしい話を聞きました

 

ブラック企業人事の本音

その人事担当者は

「割り切って採用すべきだ。」
2〜4年で辞める前提の採用をし、その期間に多く働いてもらえればよい」

と答えました。

ブラック企業では人事担当者も考え方がブラックなのです。

 

はたして、短期間で消耗品として働いてもらえればよいと考えている企業が、ホワイト企業であるとあなたは思えるでしょうか

市場価値より高い金額を支払うことにはそれなりの理由があるのです。

 

見極め②30代の社員の割合が少ない

社員数が多い割に、30代社員の比率が少ない会社はブラック企業の可能性が高いと考えます。

 

単純な離職率ではわからないブラック企業ならではの事情が垣間見られるからです。

 

新卒社員の離職率がわかる

30代社員の比率が少ない会社は、新卒社員の離職率が高いとわかります。

新卒入社が辞める場合の年齢は、25〜28歳のケースが多いからです。

そのため、35〜40歳の方が長く残っていてその手前の年代が残りません。

 

たとえば、次のような極端な例も存在します。

https://twitter.com/millintau/status/1218465648478576640

新卒定着率が0%の会社です。

 

しかし、入社した社員数が元々少なければ、離職率の数字も上がりやすいので、

30代の社員の比率を見る方がより参考になるでしょう。

 

新卒は自分の向いている仕事もわからないことが多く、元々辞めやすい時期と言えます。

 

30代が少ない理由は会社にもある

しかし、それ以外にも30歳手前の年代が少ない会社にはなんらかの辞める理由があります。

とくに大量採用している場合は要注意です。

 

もし、「見極め①市場価値より年収が高い」で述べたような、

年収が最初から高い会社で大量採用をしており、30代が少ない場合、とくに注意しましょう。

 

というのも、年収が最初から高い会社は早めに部下を持たせて、マネジメントを経験させていることが多いからです。

部下を早めに持たせているにもかかわらず、早めに辞めてしまうのにはよほどの事があると考えるべきでしょう。

 

見極め③各種制度が利用できない

有給休暇などの各種制度が利用できない会社は隠れブラック企業の可能性があります。

制度があることと、利用できることは一緒ではありません

求人票や会社のデータでは、実際に使用できる雰囲気かどうかまではわかりません

 

たとえば、私の昔いた会社で有給をとるのは大変でした。

1回有給をとる度に、

  1. 上司に有給をとってよいか確認
  2. 有休取得前日に部署全体に確認
  3. 休み明けにお土産を渡す

という手順を踏まなければいけませんでした。

これでは、有給をとるのに大変な気をつかってしまいます。

 

育児休暇や有給休暇など制度がまともに使えない会社をホワイト企業とは言いません

できれば、実際にその会社で働いている人に話を聞いてみるのが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

転職先を探しているときに、次の場所で幸せになれるか不安になることは当然です。

当てはまれば「絶対にブラック企業だ」という訳では当然ありませんが、見ておいて損はないポイントです。

 

今回の記事の内容を一枚の画像にまとめたので、入社前に必ず、下記3つのポイントを確認してみてくださいね。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。

営業マンの方で転職したい場合はお気軽にご相談してくださいね。応援しています!

 

▼YouTubeでも発信させていただいてます。

他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです