こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

やりたいことを実現するためにってことの話。なんとな〜くやっていても、なんとな〜くの結果しか得られません。なので、ちゃんと得たいモノを得ましょうよ!!そのために、まずは言葉をぼやかさずに、ちゃんと明確に持ちましょう!ちなみに、その言葉の違い、みなさんわかってますか?

目的・目標・夢・ビジョンは当たり前ですが、意味が違う

目的とは、

 実現しようとしてめざす事柄行動のねらい。めあて。「当初の―を達成する」「―にかなう」「旅行の―」
 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。

目的は、行動の”狙い”というのがわかりやすいですね。”理由”とも置き換えられます。

目標とは、

 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。「島を―にして東へ進む」
 射撃攻撃などの対象。まと。「砲撃の―になる」
 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準

この目標という言葉は、”水準”や”目印”と置き換えられます。行きたい場所に行き着くための目印やそこまでの水準ですね。

夢とは、

 睡眠中に、あたかも現実経験であるかのように感じる一連観念心像視覚像として現れることが多いが、聴覚味覚触覚運動感覚を伴うこともある。「怖い―を見る」「正(まさ)―」
 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが―だ」「少年のころの―がかなう」
 現実からはなれた空想や楽しい考え。「成功すれば億万長者も―ではない」「―多い少女
 心の迷い。「彼は母の死で―からさめた」
 はかないこと。たよりにならないこと。「―の世の中」「人生は―だ」

ここで考える夢は2や3ですね。けど、言葉のニュアンスとして、ポジティブな側面・ネガティブな側面の両面があります。

ビジョンとは、

 将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力。「リーダーに―がない」「―を掲げる」
 視覚視力。また、視覚による映像

ビジョンは、”構想”や”見通す力”です。

引用:コトバンク

改めて違いを見てみると、日本語のすごいところ!ちゃんと意味が違うんです。

整理をすると、

できるかできないか、わからないけど実現したいこと
ビジョン実現させたい、実現させなければいけないこと
目的行動のやる理由・狙い
目標やった行動の水準・目印

ここでポイントは、曖昧なできるかできないかわかんない『夢』でモヤモヤさせずに絶対実現させる『ビジョン』を持って、1個1個の行動をビジョンから逆算した『目的』に落とし込んで目的を実現させるための水準『目標』を立てて行動するんです!!

ここでのポイントは、

”行動すること”

どんなに良い言葉を並べても、結局はやらないと意味がないですからね!!

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓