おはようございます。笹田(@sasada_36)です。

今日はちょっと営業というよりも、仕事の取り組み方について書こうと思います。

できる・結果が出せる営業マンの姿勢で大事なキーワードは自責

自責の対義語は他積。他人のせいにしていては、結果を出すことができないということです。自責の考え方を癖づけることで何ができるのか、これを今日はまとめたいと思います。

自分のせいにできる営業マンは成長できる

自責にで考えられる営業マンにできることは、改善です。他人のせい、環境のせいにする営業マンにできないのが、変えることです。

皆さんはこの言葉を聞いたことがありませんか?

他人と過去は、変えられない。自分と未来は、変えられる

カナダの心理学者エリック・バーン博士の言葉です。自責の営業マンは自分の変えられる範囲にフォーカスしていることがわかります。しかし、他責の営業マンは変えられないところにばかり、問題や意識を置いてしまい、結局愚痴を言って終わってしまうのです。

自分のせいにできない営業マンはチームを阻害させる

書いたように、自責にできない営業マンは変えることができない範囲でいつも四苦八苦しています。四苦八苦していればいいですが、他人のせいにしてスッキリしているタチの悪い人がいるのも事実。しかし、これだけは言えます。

犯人探しをしても何も変わらない 

犯人がわかったところで、何も変わりません。個人の属性によるものであっても、相手を責めていては、相手は萎縮するだけで下手をしたら、さらに結果が出なくなる可能性があります。そんなときこそ、今やるべきことにフォーカスして、解決策を探すのです。

他人のせいにばかりする営業マンは疎外される

いつもいつも全部あなたのせいにしてくる上司や同僚と一緒に仕事をしたいと思いますか?私は嫌です!笑 けど、そういうことなんです。他責ばかりにしていると、チーム全体の成績を阻害するだけでなく、メンバー内からも阻害されるようになってしまうのです。

こうなれば、当然結果を個人でもチームでも出せるわけがありません。

他責の営業マンは結果が出せない

ここまで見てきたように、自責と他責で全然違うことがわかっていただけたと思います。

自責→改善できる・チーム内で推進できる・コミュニケーションが取れる
他責→改善しない・チーム内で愚痴が出る・コミュニティから省かれる

どっちが結果が出せるか、一目瞭然だと思います。やるべきことは、まずは自分の非をちゃんと認めて、自分にできることをしっかりとやっていくだけです。今すぐできる1アクションを1つずつやっていきましょう!!

人気記事はこちら

ササダヒロシのプロフィール

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです