営業における「検討します」への向き合い方!

営業をしていると、提案した際に「検討させていただきます」「一度持ち帰らせていただきます」と言われることは多いです。

この言葉を言われたときに、失注フラグだと思って決断を迫ってしまうケース、多いのではないでしょうか。

ただ、なぜ相手は「検討します」と言っているのでしょうか?

その背景や理由をちゃんととらえておかないと、正しい提案をすることはできません。今回の記事では、「検討します」この言葉の向き合い方について詳しく説明していきます。

営業における「検討します」の言葉の真意は?

「検討します」この言葉はどういう意味なのか改めて考えてみましょう。この言葉には、『今は答えを出せません』という思いが込められています。〇でも×でもなく、保留の状態なのです。

そこで営業が意識しなければならないことは、今答えがだせない状況・その理由についてしっかり向き合う、ということです。

「検討します」今答えを出すことができない理由

即決できない理由は5つに細分化することができます。1つずつ見ていきましょう。

「検討します」答えを出せない理由 ①判断に自信がない

  •  承諾するとお金がかかってしまう
  •  断ると選択肢を減らしてしまう

決定することが怖いと考えていることが1つ目のポイントです。つまり、決断・判断がまだ自分の中でできる状況ではないと思われているということを指します。

その理由は様々です。お客様に対して情報が足りていないケース、例えば競合他社との比較を進めたいと考えている場合もあります。

いずれにせよ、答えをだせる状態を相手に提供していないタイミングでクロージングに入ると、保留の状態を作ることとなります。なぜ決め切ることができないのか、その要因を相手にしっかり確認しておくことが必要です。

相手にとって他に必要な情報がないか、また伝えきれていない部分がないか確認しおさえておきましょう。

「検討します」答えを出せない理由 ②判断への周りからの理解・共感がない

  •  上司からOKをもらえなさそう
  •  メンバーからの反発がありそう

お客様自身は提案に対して前向きに考えているものの、周囲の環境を気にして動き出すことができないというのが2つ目のポイントです。

会社において、仕事は上司や部下との関係性があって初めてまわっていきます。つまり、周囲からの理解を得ることができなければ、やるという決断はなかなかできません。

そのため、目の前の担当者が納得してくれているのであれば、「皆様にご納得いただけるように作戦を考えましょう」等といったコミュニケーションをとることが大事になってきます。 

「検討します」答えを出せない理由 ③営業への配慮

「ここで断るとかわいそうだな」という営業への気を遣った思いから、一旦保留にするものの、内心断ると既に決めているというのが3つ目のポイントです。ここではお客様との関係性が深く関わってきます。

「必要ないのであればはっきりいって頂きたいです、それを踏まえたうえで更に良い提案を考えたいと思いますので」

といったような、ちゃんとNOを言える環境を作っておくことが必要です。保留の状態では次の提案ができず、関係を前に進めることが出来なくなってしまいます。

保留の案件が沢山あり見込み客だから良いというのではなく、〇か×かもらう意識をしっかり持ち続けていくことが重要です。

「検討します」答えを出せない理由 ④そもそもまだ考えていない

  •  とりあえず資料だけもらえれば
  •  会いたいっていうからアポの時間とりました

最初から買うつもりはないというケースが4つ目のポイントです。このケースではクロージングを迫らず、いつなら必要なタイミングなのか、成果をいつまでに獲得したいのかという欲しい成果の獲得時期からコミュニケーションを取っていくことを念頭に置くべきです。

必要ないタイミングで提案をしても受けてくれる場合はほとんどありません。例えば、洗濯機を買ったばかりの人に「この洗濯機おすすめですよ」といったところで誰も買ってくれませんよね。このように、相手のタイミングを捉えておくことが重要となります。

「検討します」答えを出せない理由 ⑤忘れていた

これはその場でのコミュニケーションではなく一旦決断が保留になった後にあり得るものです。

  • そもそも提案があったことを忘れていた

これが5つ目のポイントです。原因はこまめな連絡を怠っていたことにあります。

ここでおさえておくべきことは、密に、考えるきっかけを与えるコミュニケーションをとるということです。

ただ注意してほしいことがあります。

それは、「検討状況いかがですか」と決断を促すコミュニケーションはNGだということです。

「ご検討に際して必要な情報はありますか」「ご検討に関して相談したいことがあれば言ってください」と、一緒に考えているスタンスを崩さないようにしてください。

営業における「検討します」への向き合い方 まとめ

基本的に「検討します」は決断の先延ばしです。そのため決断を先延ばした理由を理解し、検討期間の間にどういったコミュニケーションをはかるのかによって成果が変わってきます。その中で大事なことは、

 

お客様は成果を獲得したい時期はいつなのか?

 

ここを起点とし、スケジュールを逆算してそれに合わせたコミュニケーションをとる、ということです。

商品を買ったあと、お客様が求めている成果がその先にあるはずです。その成果をゴールに掲げることで、お客様から信頼される営業に近づいていくことができます。

今後の営業戦略の参考にしていただければ幸いです。

 

YouTubeでも発信しています

 

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです