アイコンタクトを使いこなす3つの要素

今からできる営業のコツ、今日のテーマは「相手の目を見て話す」です。

一言で言えば「アイコンタクト」。アイコンタクトが上手くできない人の悩みは

  • どこをみたら良いかわからない
  • 見つめすぎている気がする
  • よく怖いと言われる

などがあります。ただアイコンタクトは自分の印象形成においては非常に大事な要素です。そのポイントを今日はお伝えします。

アイコンタクトの3要素

相手の目を見て話す、子供の頃から言われることですが、3つの要素を意識して話をしてみください。心理学の調査でも笑顔でアイコンタクトがある人は、好意的な印象をもたれるという結果が出ています。ポジティブな印象はその後の商談のしやすさ、提案の受け入れやすさを引き上げるので、是非意識してください!

見つめる方向性

目を見つめすぎない。両目と鼻を結ぶ三角形あたりをぼうっと見る

見つめる時間

1分間のうち30秒前後。つまり、半分は相手の目を見るが、逆に半分は見ない

見つめる強さ

睨まない。笑顔が大事

今日のワンポイントアドバイス

相手の眉間あたりを会話の半分ぐらい笑顔で見る

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

メルマガ登録

*必須項目

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加