【採用率がグンと良くなる】第二新卒の転職面接で求められる○○とは?唯一の大事なポイント

「第二新卒として転職を考えているが、面接で何をアピールしてよいかわかりません」
「第二新卒に企業が期待していることは一体なんですか?」
「第二新卒ですが、自分が必要とされているか考えると不安になってしまいます」

このような悩みや疑問はありませんか?
第二新卒は早期退職者なので、「何を言っても説得力が薄いかも」と考えると不安になる気持ちわかります。
この記事では、第二新卒の人へ「面接で求められている唯一のポイント」について説明します。

最後まで読めば、「面接でどのように受け答えるべきなのか、自分で考えられるようになる」でしょう。
転職エージェントを運営し、自社でも面接官を務め、第二新卒の採用経験もある私が記載します。

第二新卒に求められるのは素直さ

弊社営業ハックでも、第二新卒を採用しています。
営業ハックの採用方針で、第二新卒に求めていることは素直さだけです。

実は、営業ハックだけではなく、他の企業でも同じ事を求めている傾向にあります
なぜなら、第二新卒にはスキルや経験を求めていないからです。

第二新卒は早期退職をしているため、社会人経験の少なさゆえ、スキルがないことは最初からわかっています。
また、昨今のコロナ禍の事情などで出社も難しくなっており、若い人が短時間で成長するのは難しいと捉えているからです。

そこで、スキルの代わりに求めていることが素直さです。
素直さを判断基準にしている理由を3つ、説明します。

素直さを求める理由3つ

①伸びしろ採用だから
②努力してくれるか見極めたいから
③自社の新卒や若手と合うかどうか見極めたいから

素直さを求める理由①伸びしろ採用だから

伸びしろがあるか「素直さ」から推測できるからです。
自社で長く成長し、成果に繋げてくれるのかを見ています。

30代の中途採用をする場合、既に価値観もできあがり、吸収力もあまりないので伸びしろには期待できません。
しかしまだ20代、新卒と3年前後しか違わなければ、成長し長く働いてくれることを期待できるでしょう。

最初から優秀な人材の確保は難しいですが、育てることは可能です。
企業は育てられる余地があるのかを見ています
素直な人は、アドバイスを受け入れやすく、成長しやすいと考えられているのです。

素直さを求める理由②努力してくれるか見極めたいから

「素直な人は成長のために努力してくれるだろう」と考えられています。
なぜなら、素直な人は言ったことを実行してくれるからです。

そこで、その人がこれまでしてきた努力の成果を「前の会社での成長具合」を聞き判断します。

前の会社で何も身につけていないようであれば、今回も身につけられないだろうと考えているのです。

具体的には、

  • 社会人としての考え方をもっているか
  • 最低限のビジネスマナー

を見ています。

社会人としての考え方

仕事とは社会に貢献してお金をもらうことです。

社会人の考え方とは、「何かをしてもらえる」と期待し、顧客のような立場で転職活動をしていないかを見ています。
学生時代の「受け身」から社会人への「貢献する」マインドセットへ変化できているかは、1つのチェック項目です。

1つの例として、「質問が何かありますか?」と面接官に言われたときに、

「御社の研修はどのような制度になっていますか?」
「研修を受ければ必ずできるようになりますか?」

と教えてもらうばかりの姿勢が垣間見える質問は、ほどほどにしておくのが無難でしょう。
もちろん、自分の働く会社ですので気になる部分をきちんと質問することは、悪いことではありません。

「聞き方」や「なぜ確認したいのか質問の意図を説明する」など、「積極的に成長したい意欲があるからこその質問である」と思われるように工夫するとよいでしょう。

最低限のビジネスマナー

最低限のビジネスマナーとして、名刺交換や、働く上での基礎知識、社会人としての話し方などができているかを見ています。
例えば

  • メールを送るときにTOを宛先にする
  • CCを関係者にコピーして送る
  • 電話にでるときに「お世話になっています」という

など、
基本中の基本の所ができていないと「前の会社で何をやっていたの?」と思われても仕方ありません。

これらの具体例であげた項目は、面接では直接確認できない項目です。
そのため、

  • 面接日調整のメールでのやりとりや
  • 面接会場ですれ違った人との応答

などといった、面接外の時間もチェックされていると考え、振る舞いに気をつけましょう。

素直さを求める理由③自社の新卒や若手と合うかどうか見極めたいから

人間関係が円滑に進むかどうか、具体的には自社の新卒や若手と合うかどうか、上司と合うかどうかの相性を見ています

相性なので、働いてみないとわかりませんし、面接官がどう捉えるかはわからないのですが、
基本的に合うか合わないかの判断ポイントとして、素直かどうかが大事な点になっています

  • 学ぶ姿勢があるのか
  • 教えてもらったときに感謝する姿勢があるのか
  • 行動力があるのか

が「素直である」人には備わっているだろうと考えるからです。

素直さとは言葉を受け入れ行動に変換できる能力

面接官に「この人は素直だなと思ってもらえる行動」はどんな行動でしょうか?
それは、否定されたときに相手の言葉に逆説で答えないことです。

応募者「いや、ちがうんです・・・。ただですね・・・。でもですね・・・。」

相手の言葉を受け入れずに否定する言葉を何度も返すと
この人は人の言葉を受け入れない人だと思われてしまいます

聞く姿勢を持っていない人だと捉えられてしまうのです。

相手の言葉を一度受け入れよう

第二新卒の面接ではアドバイスをもらう場面が多くみられます。

アドバイスをもらったときに否定をしてしまうと会話が成立しません。
自分の意見を主張したい場合でも、一度相手の言葉を受け入れるようにしましょう

反論したい場合でも

  • 「たしかにそうですね。」
  • 「そういった面もありますね。」
  • 「それは思いつきませんでした。その上でなんですが・・・」

などの表現を使うのもよいでしょう。

当事者意識の欠如は他責思考と思われてしまう

また、当事者意識がかけている話し方をしてしまうと、他責思考の人間と思われてしまいます

例えば

求職者「本当はお客様にもっと注意事項を説明すべきだと思うのですが、
前の職場では、どうせ言っても上司に受け入れてもらえないので言わないようにしていました。
責任を最終的に負うのは上司なので。」

などと言うのは得策ではありません。
たとえ人間関係のバランスをとるための行動だとしても、面接官への伝え方には気を配る必要があるでしょう

他責思考とは

他責思考とは責任が自分以外にあると思う思考パターンを意味します。
失敗を世の中のせい、上司のせいにする考え方です。

例えば、
・営業職でコロナのせいで訪問営業ができなく、売上げが下がってしまった
・インターネットでの集客を、上司が認めてくれなくて成果がでなかった
などといった具合です。

自分に原因があると考える自責思考の人間の方が、成果をあげやすいと考えられています
そのため、他責思考の人間を採用するのは避けられてしまうのです。

その当時自分にできたことを考えて、次の行動に繋げていく姿勢が大切です。

素直さとは、言葉を受け入れた上で、それを行動に変換できる能力を指します。
そのため、自分の悪い点をみつけ、改善に移す行動力があるかどうかも問われていると意識してください。

▼自責思考、他責思考についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
面接官のみならず、多くの人に好かれやすくなる思考について記載していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか?

社会人は自分の意見を持って行動することが大事です。
しかし、こと第二新卒の採用では「素直さ」が重視されています。

自分には成長する余地があると上手くアピールして、望み通りの転職を成功させましょう。
今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

第二新卒の転職で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
転職しなくてももちろんOKです!
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加