【他者を理解する力】チャンスをもらえない人の共通点

今回のテーマは「チャンスがもらえない人の共通点」です。チャンスが、機会がもらえないと悩んでいるあなたにぜひお伝えしたい内容です。

本当にチャンスがないなら会社は衰退している

社員から見て「チャンスがもらえない」というのは上司や会社が「チャンスを与えていない」ということですが、部下にチャンスを与えたくない上司など本来いないはずです。なぜなら、部下にチャンスや機会を与えていかなければ会社が衰退してしまうからです。会社や事業が成長しているなら、チャンスは常に増えていないとおかしいんです。チャンスが増えていないとすれば、すなわち社員においても違ったことや変化が起きていないということで、会社は衰退しています。まず前提として、自分がチャンスをもらえる条件が頭に入っているでしょうか。

業績が向上しているとか、新規事業にチャレンジしているとか、評価制度が変わっているとか、会社が伸びていく条件が整っていれば「自分にチャンスが来ないのはおかしい」という理屈が成り立ちます。会社が成長していないにも関わらず、自分にチャンスが巡って来ないと言うなら「当り前」です。

チャンスがもらえるのは「感謝できる人」

今回の内容は、会社も事業も伸びていて組織も変化しているにも関わらず、「なぜ私だけチャンスがもらえないのだろう」と悩んでいる人に向けてのものです。チャンスがもらえない人には共通して、ある力が不足しています。

よくある話ですが、感謝できる人・できない人、ここがチャンスをもらえるかどうかに大きく影響してきます。「ありがとう」が言えない、伝えられない人は、恥ずかしくて言えないのでなく「ありがとう」を言う機会すら見逃しているか、もしくは、まあまあ感謝はしているのだけれど「ありがとう」を言うほどではない、勝手にお礼を言う必要はないと捉えてしまっている場合が多いと言えます。

チャンスに恵まれている人、成果を出している人は、何事においても感謝しています。そういった人はもともと謙虚な性格であるとか、いろいろな要因が重なっているとは思いますが、詰まるところ感謝できる人です。

もっとも、会社も事業も伸びているにも関わらずチャンスがもらえていない人は、会社の成長曲線に合わせた自身の成長曲線が止まっているか、求められている水準値、期待値に届いていない可能性があります。だからチャンスが渡せない。これを頭に入れておかないと、自分が今何をするべきなのかを確実に見誤ります。

「感謝できない人」に足りないものは何か

背景やプロセスを「見積もる力」

なぜ感謝ができないのか?感謝できない人は、他人の行動にかかる工数や見積りを立てることが全然できないと言えます。感謝とは、いろいろなことを見通したときに初めて起こる感情だからです。たとえば、あなたが家に「ただいま」と帰ったらご飯が出てきた。ご飯が出てくるのは、家族の誰かがその時間に合わせてご飯を準備してくれたからです。あなたのことを考えてくれる人がいたから、今そこに食事ができる状況、環境が整っているわけです。

感謝ができない人のほとんどは、自分はそれをやってもらって当り前という考えで、他人がその行動を取るに至った背景、プロセスを想像できません。会社の人事評価でプロセスを評価する・しないという指標はありますが、それと個人が感謝する・しないは別の理屈です。コミュニケーションを取るにあたって他人の行動のプロセスを理解できないのは大きな問題です。これができない人は感謝もできないし、そのような人にチャンスが巡って来ないのは必然と言えるでしょう。

「ありがとう」を言えないのは、未来と過去を見積る力が弱いということです。言い換えると「してくれたこと」のプロセスを勝手に過小評価しているということです。「自分だったらもっと質の高い仕事ができるから」などと言う人もいますが、だったら自分でやればいいのです。

ベンチャーやスタートアップでも規模が大きくなれば、大企業でもないのに大企業病のような人が出てきます。「他の会社はこうなのに当社はこんなこともしてくれない」などと言い始めます。これも「見積りが甘い」と言えます。「そう言うなら、自分が置かれている環境下で十分なパフォーマンスを発揮しているのか」と問われて「自分はこれだけやっています」と言っても、そういう人は自分の評価しか言えません。会社における評価が自分に降りてきていることが考えられないのは「見積る力が弱い」のです。

チャンスに恵まれている人を指して「あいつはいつも媚びを売っているからチャンスが来るんだ」と考えるのではなく、「その人は誰かが自分のためにしてくれた行動のプロセス、工数の見積りを理解して感謝できている、だからチャンスが増えている」と考えるべきです。

未来につなげる「見通す力」

感謝できる人というのは他人の行動を見通せて、してくれたことを未来につなげることができる人です。そういった人にチャンスが巡ってくるのです。

「これをやってもらえたからこういうことができる」「これをやってもらったおかげで他のことに時間を使うことができる」と考えてみてください。帰宅してご飯を出してもらえた。今まで自分でご飯を作っていたときは30分かかっていたのに、帰ったらすぐご飯が出てくる。ということは、自分の時間が30分浮いたわけで、それによって早く風呂に入れて早く寝れて明日元気よく仕事に行ける。これを「なんとありがたい!」と思ったら未来を見通せています。ダメな人には目の前のご飯しか見えません。出してもらっておきながら、味付けがどうとか文句まで言うかもしれません。感謝というのは考えられなければできないのです。感謝できない人にチャンスが巡って来ないのは必然です。

「感謝できない人」は「お願い」もできない

結局、視野を自分の範囲から広げることができない人にはチャンスが回ってこないし、出世できないのも当り前です。大きなことをやろうと思えば思うほど人を巻き込んでいかなければなりません。しかし、感謝できない人は自分にしてくれたことに対する評価が低く、そのことがもたらす未来を見通すこともできないので、他人に依頼ができません。仕事というものは「お願い」の連続です。「お願い」の幅が大きくなればなるほど仕事のチャンスも広がっていきます。

たとえば、自分のお店を出そうと思ったときに自己資金だけでまかなえる人は多くありません。ですから銀行に融資を受けるなど、各所に「しっかり稼いで返しますから」と頭を下げなければなりません。これは究極の「お願い」です。「お願い」が大きくなればなるほど大きなことができるようになります。

たまにベンチャーやスタートアップが何億円調達したというニュースを見かけますが、それを悲観的にとらえる人もいます。VCや株主に投資してもらったら「返さなければいけない」からです。それを負担に思うかどうかは人の好みです。自分がいつまでに何を成し遂げたいのかを考えて投資を受ける判断をしたのなら、応分の義務を背負う覚悟は必要でしょう。こうして、影響力の輪を広げていけたことを感じないといけないのです。

他者への感謝は仕事の基本

未来と過去を見積ることができない人は、感謝ができないし、人を巻き込むこともできないし、「お願い」もできないから大きなことをゼロから作っていくことも当然できません。このようなことが理解できていないから、今のポジションに甘んじているのです。理解できた人は一歩進んでいくし、理解できない人はずっと今のままでしょう。これが仕事の本質だと思います。

「ありがとう」が言えるか言えないかは、恥ずかしい・恥ずかしくないという問題ではありません。必ず「言いなさい」という話です。今この時点で何をするかは大事ですが、この時点でするべきことができる環境や状況を作ってくれた先人たちへの感謝と、それを元手にして自分はこれから何を作っていくのかという見積りと見通し、これらの力がなかったらチャンスは広がって行きません。これが、今回お伝えしたかったことです。

 

▼他者への感謝の大切さを理解したら、次に移すべき行動はこちら
【チャンスをつかむための9箇条】新人営業時代に知っておきたかったこと

▼時々振り返りたい、豊かなキャリアを送るためのビジネスマンの基本
【正しい結果を得るには】人生の結果=考え方×熱意×能力

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加