話が分かりやすい人になるための7つのコツ

「話が難しくて何を言っているのかよく分からない」このように言われてしまうケースは意外と存在します。そんななか、ほんとにレベルの高いビジネスパーソンは難しい話を相手のレベルに合わせてわかりやすく伝えることを実践しています。

難しい話を相手に受け入れてもらうコツ。今回はこのポイントに沿って解説していきます。

話が分かりやすい人になるためのコツ①相手の言葉で話す

新しく勉強した言葉を積極的に使う。若手の営業にありがちな言葉ですが、自分が勉強したからといって相手も理解できるとは限りません。

相手が普段日常で使っている言葉で会話をしなければ、相手は動いてくれないのです。聞く耳すらもってもらえないでしょう。

「わざわざ」営業の話を聞く。ほかに時間を使えるにもかかわらず、営業に会うからには何かしらの役に立つ情報がないとお客様が話を聞くメリットはありません。

しかし、その前に相手が話を聞いてくれる状態を作ることが必要です。

話が上手い営業は、記憶に残りやすい言葉を選び話しています。必要以上に専門用語などの難しい言葉を並べ立てると、分かりにくく伝わりにくくなることを知っているからです。

記憶に残りやすい言葉。それは、相手が聞きなれている言葉です。この手法はとても有効なので、意識してみてください。

コツ①相手の言葉で話す

相手が話を聞いてくれる状態を作るためには、相手が聞きやすい言葉で話すのが一番です。相手が分かる言葉で話すことを意識しましょう。

話が分かりやすい人になるためのコツ②先に結論を伝えている

意外とできてない人が多い印象です。結論ファーストを意識することが重要です。むしろ結論だけでもいいくらいです。(笑)

結論を最初に話しましょう。質問にはまず回答しましょう。

就職活動の指南書を読むと、多くのものには「まず結論から話しましょう」と書いてあります。なぜか。ほとんどの人ができていないからです。

自分が結論から話せているのか、定期的に振り返ることが肝要です。

コツ②先に結論を伝える

まず結論から話すこと。そうすることにより、話の着地点を相手に理解してもらうことが容易になります。

話が分かりやすい人になるためのコツ③伝える情報の数を示している

例えば、

「結論は○○です。理由は3つあります。」

このように情報の数を示すことが3つ目のコツです。

「いつこの話が終わるんだろう」と相手にとって終わりが見えない会話はストレスになります。

この状況はマラソンに例えることができます。10㎞などとゴールが分かっているからそこに向けて頑張ることができるのではないでしょうか。

相手にストレスを与えることのないように、しっかりと情報の数を伝えるようにしましょう。

コツ③伝える情報の数を示す

いつ終わるか分からない話は相手にストレスを与えてしまいます。先に何についてどのくらい話すのか、明示することは相手の話を聞くモチベーションを維持できるため、有効な手段です。

話が分かりやすい人になるためのコツ④伝える情報をできる限り削っている

多くの営業は、情報を沢山伝えればいいと考えがちです。しかし、インターネットの普及した情報過多の時代において、情報が多すぎると相手は判断ができなくなります。

その事態を引き起こさないために、「今必要な情報はこれです」と営業側で余分な情報を削ることが重要です。

「情報が足りないんじゃないか」そう思ったとしても大丈夫です。もし、お客様がほかにも情報が必要だと思ったら質問をしてくれます。そこで質問に対して回答をしていくことで、お客様が本当に必要な情報だけを伝えることができます。

コツ④伝える情報をできる限り削っている

情報が多すぎると相手は何を根拠に判断すればいいか混乱してしまう可能性があります。情報の取捨選択は営業側で行いましょう。足りない部分はお客様からの質問によって補うことが出来ます。

話が分かりやすい人になるためのコツ⑤一文を短くする

「~ので、~ので、~ので」

文章が永遠に読点でつづく営業がいます。意外と多いです。文章はしっかりと句点で区切りましょう。

もしピンとこない方がいましたら、自分が普段話している言葉を文字に書き起こしてみることをお勧めします。そうすることで、自分が普段どのような話し方をしているのか客観視することができます。是非セルフチェックしてみてください。

コツ⑤一文を短く

文が長いと、主語や述語がつかみづらくなってしまい話が難解に感じられます。一文は短くしましょう。

話が分かりやすい人になるためのコツ⑥5W1Hを意識して具体的に伝える

難しい話を分かりやすくするには具体的に話すことが大きなポイントです。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どうやって(How)

この情報を具体的に伝えることで、相手は脳内でイメージしやすくなります。

相手が想像しやすい情報を伝える。この意識がとても重要だと言えます。

コツ⑥5W1Hを意識して具体的に伝える

5W1Hは、聞いた話をイメージしやすくするための材料です。相手に具体的に伝えるために、これらの材料を駆使しましょう。

▼5W1Hの営業における詳しい活用法についてはこちらで解説しています。

営業資料や営業トークで必ず伝えなければならない5W1H

 

話が分かりやすい人になるためのコツ⑦相手の反応に合わせて話し方、内容を変えている

これは話す練習をしている人ほど陥りやすいものになります。

最後のポイントは、自分の話す型に固執しないということです。会話をするときの主役は決して営業ではありません。話の聞き手、つまりお客様です。

コミュニケーションは話を聞いてくれる人がいて初めて成立します。この意識がないとわかりやすい話は生まれません。

聞き上手は話し上手という言葉がありますが、まさしくその通りです。話すことに必死になりすぎてしまい、相手の反応を見ることが出来ていない人は、相手との会話のキャッチボールが出来ていないということができるでしょう。そうなってしまうと、お客様は営業の話を自分に当てはめることができず、どこか他人事という意識を持ってしまうことにつながります。

相手のことを常に意識することが重要という点、念頭に置いていただければと思います。

コツ⑦相手の反応に合わせて話し方や内容を変える

会話の主役はお客様です。お客様の反応によって、こちら側が合わせて対応していくことが必要です。

▼話し方についてはこちらでも解説しています。

今すぐ営業トーク改善!興味と好意を持ってもらえる話し方

 

話が分かりやすい人になるためのコツまとめ

今回の内容を1枚の画像にまとめるとこのようになります。

難しい話を分かりやすくするのに難しいスキルは必要ありません。ただ、これらのことを知らず知らずのうちにおろそかにしてしまっているケースが多くあります。

営業において、

「この人ともう話したくない」

と思われてしまうなら、完全に八方塞がりな状態です。音信不通になってしまった、相手が電話に出てくれない。こうなってしまった原因は「話し方」にあるかもしれません。

是非定期的にセルフチェックしていただければ幸いです。

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加