営業メールの使い方を間違えるとトラブルが起こる営業の悩み
売れないを解決する
営業勉強会のささだです。

お客様からメールの返信がない
お願いしていたことを
やってもらえない

そんな悩みを抱える営業マンは
多いと思います。

 

私も派遣営業をしていた頃
メールが原因でトラブルになったことが
多々あります。

 

今回は、そこで私が学んだ
2つの教訓をご紹介します。

 

お客様がメールを見てくれると信じない

日常の友人や知人との
メールやLINE、Facebookの
やり取りだと

基本的にはちゃんと返事が返ってくる
もしくは、SNSだと既読になって
確認したか否かがわかる

ことが普通になっていませんか?

 

プライベートのやり取りだと
1日にそんなに多くのやり取りは
ないかと思います。

そのため、確認や返信の抜け漏れは
少ないのです。

 

しかし、仕事ではどうでしょうか。
当時、私は1日に100件以上
メールが来ていました。

もちろん、抜け漏れがないように
気をつけるのですが
中には緊急の対応などがあり
既読してしまい、その後忘れてしまう
ということもありました。

 

仕事だと、メールを確認するタイミングで
他の仕事や問い合わせが入り
忘れてしまうケースもあるということです。

 

お客様がちゃんとわかってくれると信じない

メールを送り、お客様から
確認しました、と返信が来て
これで大丈夫
と思って安心していませんか?

メールは相手がいつでも
見れる便利なツールである反面

リアルタイムで認識をすり合わせることには
不適切なツールです。

 

つまり、認識がまだ
すり合わせられていないものや
相談が必要なことについては
メールだけでは危険なのです。

 

お互いの解釈が異なり
最後の最後で
トラブルになる、ということも
私も経験しています。

 

対策はメールだけで終わらせらないこと

じゃあ、メールが使えないかというと
決してそうではありません。

1回のメールだけに頼るから
いけないのです。

 

私も電話や訪問だと
他のことを言われたり
クレームをもらったりするかも
と、憂鬱な時もありました。

 

しかし、そんなネガティブな気持ちから
お客様を避けていると
後々もっと面倒なことが起きます。

 

わかりづらい点等があるなら
電話や訪問で補足する

レスポンスがない時には
リマインド(確認)のメールをする

 

ちょっとした些細なことで
営業マンの評価も成果も変わりますよ。

ちなみに、これは
社内営業でも全く同じです。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓