男性だからといって身だしなみをおろそかにしていると、失敗します。
しかし、意外と教わらない男性の身だしなみのチェックポイント。
当たり前と思っていたら実は違った、ということはありませんか。
身だしなみで営業成果は変わります。ここで基本をしっかりと押さえておいてください。

そこで、一般社団法人日本ビジュアル支援協会でも活躍されている坂井さんにお話を伺って来ました。

営業インタビュー登場人物


株式会社なつコーポレーション 坂井ナオミ

一般社団法人日本ビジュアル支援協会の講師として、大学やハローワーク、就職支援企業などで、年間100回以上の講演を行う。リクルート社と共同で、就活生向けのマナーDVDも作成する。就活イベントでも開催する講座は大人気。
近年は、メイクセラピストとフォトグラファーとしての専門知識を個人向けにお伝えするプライベートレッスンも行っている。その人の「持ち味」を活かした見せ方や、なりたい自分像を一緒に明確化する支援を広げている。

▼一般社団法人日本ビジュアル支援協会
https://visualcommittee.jimdo.com/

▼渋谷フォトスタジオなつ
http://www.natsu.co.jp/indexp.htm

営業勉強会/営業代行代表 笹田裕嗣

20社以上の営業をやっている営業人間。大学生の頃から営業職につき、7年間ひたすら営業職。新卒から1,000人以上の会社でトップになったり、全然売れない+クレーム山積みのうつ直前の極限状態を経験したりと、営業の酸いも甘いも経験。現在は、企業の営業マン・営業部長の代行や営業勉強会、ITスタートアップの役員を務めている

男性の身だしなみを考える5つのポイント

身だしなみの男性編ですね。分かりやすいところで行くと、まずはネクタイです。男性は、大きく言うと、首から上と首から下という考え方です。外見は、トータルで全身ですが、首から上の顔と髪型、あと首から下のスーツの着こなしです。

是非お教えください!

男性の身だしなみポイント1~襟元~

ほとんどの男性が出来ていないのが、まずは襟元です。ネックサイズがきちんと分かっているか、ネクタイがしっかりと結べているか確認します。ボタンダウンで比較的ドレスシャツだと、まだこの時期ぐらいであればノーネクタイでもOKな時代になってきていますが、とはいえ、金融の皆さまは夏でも商談だとネクタイです。

だから、やはり、ネクタイもその方ひとつです。自分の体系にワイドカラーが似合うのか、レギュラーカラーが良いのか、あとは色ですよね。ネクタイも、色だけでかなり雰囲気が変わります。ネクタイの色で、エネルギッシュや信頼関係や若さやパワフルという見方が出来ます。結び方も、私たちがオススメしているのは一番綺麗に結べるウィザーノットです。

男性の身だしなみポイント2~シャツ~

シャツも大切です。白いシャツが一番清潔感があります。アイロンがかかっていて、サイズも合っているものが、一番誰でも清潔感を身につけることができます。シャツは出来るだけ多く持っていたほうが良いし、クリーニングにも出した方が良いです。

男性の身だしなみポイント3~スーツ~

スーツですが、まだボタンを全部止めている方もいますよね。

あるもの全部しめなければいけないと思っている人ですね。

高校の制服では全部止めますので、その名残ですかね。日本人は着物文化なので、洋服に関する文化は遅くて、スーツの着こなしが分かっていないです。

私たちが写真を撮って、お客様に喜ばれるのが、お義父さんのネクタイを直したり、ポケットチーフの入れ方を教えたりすることです。女性も男性のスーツを知らないので、奥様も下まで止めなさいと言うのですが、スーツは下のボタンを止めないものなんですとお伝えすると、そうなんだって。写真の最終的なオーダーにもなるので、ポケットのフラップが両方きちんとそろっているか、パンツプレスのラインが綺麗に出ているかを見逃せない側ですので。

残ってしまいますもんね。

だから、営業は立ち話ではないでしょうから、商談する人は机や椅子があると思うので、見られるのはせいぜいバストアップより上ですよね。一番気にかけてほしいのは襟回りです。シャツのサイズやネクタイ。そして、最後は後ろを向くでしょうから、きちんとパンツのプレスにしわがないように心がけてほしいですね。

後は、お手入れしてほしいです。傷んでくるのと、形が崩れてしまいます。だから、ものはなるべく入れないでほしいです。ポケットパンパンみたいな。逃げどころがないけどみたいな。

あれは、何を入れているんですかね。

何でしょうか。けど、本当に物を入れないでください。もちろん、出かけるときに簡単で楽なのですが、汚くなるし、擦れるので傷みます。皆が皆ジャケット1に対してパンツ2本持っていれば良いのですが、ないはずですので。着るのが、上より下の方が圧倒的に多いので、ものはなるべく入れないでほしいです。

男性の身だしなみポイント4~指先~

指先ですね。別にネイルサロンに行かなくても良いですが、小指だけ伸ばす人とかいますよね。私もこの間気づいてしまったんです。仕事で割と長いお付き合いのおじさまの小指だけ長くて。

あれは何なんですかね。笑

指先も結構出ますからね。物を書いたり、名刺交換するときに出ますので。女性は、ネイルアートが出来る時代になったので、自分でやらなくても出来ますが、男性でも、長さを意識してほしいです。笹田さんは指先綺麗ですもんね。

細かいことを言うようですが、細部まで気が利くということは、イコール仕事を俯瞰して細かいことを見ることができるということなので。

ありがとうございます。

男性の身だしなみポイント5~顔~

あとは、顔ですね。まずは、髭。大学生は、口周りは剃れる人も多いんです。それでも、ちゃんとできているのは7割ぐらいです。3割ぐらいは、3日に1回剃っていますとか、夜に剃りましたとか。これで身だしなみを整えているといいきれますか?本来、髭は朝に剃るものです。髭が生えてきているか否か問わず、朝に剃ります。髭が濃い人は、昼も剃れば良いと思っています。

それと、剃りきれていないのは、ここよりここなんです。もみあげは耳のちょうど穴から下ですが、あと、剃り残しているのはここらへんです。ここは他人の方が見えやすいんです。自分では、合わせ鏡でもしない限り横顔は見えないので、盲点な所が清潔感を欠いてしまっています。

旦那が、今朝耳の穴の近くを剃っていて、耳毛が生えているといっていました。以前、抜いてと言われたりして。旦那の方がずっと器用なのですが、男性は髭の剃り方が大切です。あとは、肌質にもよりますが、肌荒れしている人っていますか。

本当にたまにです。

20代は、ちょうどまだまだ油がある時期です。21歳ぐらいが油のピークで、ここから減っていくので、あとは体質的なことですから仕方がないです。ただやはり、洗いすぎてかさついてにきびが出来ている人もいるし、洗わない人はいないと思いますが、油っぽく見える方もいます。ある程度ティッシュやハンカチで押さえた方が良いと思います。

髪型は、写真で見せたほうが分かるかもしれないので、もし良かったら、最終的なビフォーアフターを写真を通してご覧いただいたほうが良い気がします。

4ポイントにまとめています。

まず、1番目は、前髪は眉毛よりも上。2番目は、こめかみを出す。こめかみを隠すと、ホストみたいになります。あと、ここが狭いと、顔が暗く見えるんです。ホストのお兄さんは、その昔M字づくりしたときがあって、その人たちはあけるんです。

完全にかぶっていて、おでこは開いているんです。おでこを出してと言うとここはあげるけど、ここは隠すんです。小顔になりたいって女の子のように、一生懸命ここを残そうとする人がいて、大学生に言われたときには、いいじゃんって言いますが。最近は、にこにこと、いいじゃんって言うようにしています。

こめかみが大事なんですね。

3番目は、もみあげの部分です。これが伸びすぎてはいけません。

4番目は、襟足です。通常のカジュアル着は、せいぜいポロシャツやTシャツで、通常のワイシャツやジャケットよりも襟の高さがないので、襟足が伸びたかわからないんです。特に、学生はそうです。なので、襟足はなるべく短く切りましょう。一番清潔感をつくるのが、襟足とこめかみです。

写真のときに髪は切れませんが、清潔感を作るときに、ここを全部後ろにします。髪の毛を短めに作るという努力をすると、なんとかなります。今頃、「ツーブロック駄目ですか?」という学生もいますが、私は案外良いと思っていて、関口メンディーさんみたいなのだけはやめてねと言います。

確かに、それがなかったらここも出ますね。

あまり上が重いと駄目ですが、ここが短くてここの邪魔をしないのであれば、私がツーブロックは悪くないと思います。メンディーさんみたいでなければ大丈夫です。上の色と短さですね。

〜男性顔、身だしなみチェックポイント

  1. 前髪は眉毛よりも上
  2. こめかみを出す
  3. もみあげは短く
  4. 襟足はなるべく短く

男性身だしなみのBefore/After

みだしなみは信頼を決める大事な要素

前回のインタビューでもお伺いさせていただきましたが、身だしなみは相手の信頼を決める非常に大切な要素です。

男性はいじれる部分が少ないですが、逆に少ない部分をしっかりと整えることで、相手の印象が変わるのです。今回のポイントを是非、自分自身に置き換えてチェックしてみてください。

身だしなみ関連記事はこちら

人気記事はこちら

ササダヒロシのプロフィール

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです