営業のやる気をアップさせる、営業のやりがい4選

「自分が何のために営業をしているのか分からない」
「このまま営業を続けていていいのかと、漠然とした不安を抱えることがある」

営業をやっていて”やりがいが見つけられない”ってやっぱり辛いですよね?

そこで今回はこれまで200以上の商材を営業し、10年間で10,000商談を重ね、営業代行で独立した私が”営業のやりがいにはどのようなものがあるか”について経験を交えてお伝えしたいと思います。

この記事を読んでいただけたら

  •  何のために営業を頑張るのかが見えてくる
  • 漠然とした不安を感じるのではなく、どう解決すればいいのかが分かるようになる

営業のやりがいにはどんなものがあるのかを知って、営業へのモチベーションをさらに上げてください!

営業のやりがい

営業のやりがいの主なものとしては以下4点のようなものがあります

  • 貢献実感
  • ビジョン・ミッションの達成
  • 信頼・人脈が増える
  • インセンティブ獲得

具体的にはどういうことなのでしょうか?1つずつ考えていきましょう。

営業のやりがい①貢献実感

誰かの役に立っているという貢献実感を得ることで営業をやっていて良かったと感じることができます。

お客様や会社から「ありがとう」などの声を直接貰うことができるので、誰かの役に立っていると直説的に実感することができます。

営業という仕事を通して悩んだり苦しんだりしても、「ありがとう」という一言で頑張っていける営業はたくさんいるのではないでしょうか。

営業のやりがい②ビジョン・ミッションの達成

ビジョンやミッションを達成することで営業をやっていて良かったと感じることができます。

具体的には、営業を通して自分の作りたい世界を少しずつ実現したり、広めたい商材を知ってもらったりすることができます。自分の想像していた世界を少しずつ実現していく過程はやりがいそのものなのではないでしょうか。

ただ、作りたい世界を作ったり、広めたい商材を知ってもらったりということを実現するためには、まず自分が商材のことが好きでなければなりません。

だからこそ、商材があまり好きではない人は商材を好きになる努力や、環境を変える工夫をしましょう。

▼商材がどうしても好きになれないと思った方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

転職を考えている人必見!まずはやるべき3つのアクション+1

営業のやりがい③信頼・人脈が増える

信頼や人脈が増えることで営業をやっていて良かったと感じることができます。

営業をしていると、ただ知り合いの数が増えるのではなく助けてくれる人、頼れる人、相談できる人の数が増えます

営業という毎日たくさんの人に会う職業だからこそ、日々大変に思うこともあるかもしれませんが、上で述べたような信頼や人脈を手に入れるチャンスが増えると捉えると営業っていいなと思えてきませんか?

営業のやりがい④インセンティブ獲得

インセンティブを獲得することによって営業をやっていて良かったと感じることができます。

たとえば、成果を出せばお金というインセンティブが貰うことができそれがやりがいに繋がります。またお金を貰えるだけではなく頑張っただけ、成長したり市場価値が高まったりします

成長や市場価値という要素についても、それらを生かして将来的にお金をさらに稼げると考えるとインセンティブと捉えることができます。

これらをやりがいと捉えると、毎日の営業を意味を持って行えるようになります。

▼モチベーションを上げるための具体的方法が知りたい方は、こちらから!

営業のモチベーションを上げる2つの考え方と15のコツ

まとめ

今回の記事で紹介した営業のやりがい4選の中から自分にも当てはまりそうだというものは見つかりましたか?

やりがいを見つけることができれば、日々の営業への取り組み方も変わり、自分が何のために営業をしているのか分からないと悩むことは確実に減るでしょう。

是非、この記事でお伝えさせていただいたことを自分に落とし込んで、明日からの営業活動をよりよりものにしてくださいね!応援してます!

今回解説した、営業のやりがい4選を一枚の画像にまとめました。
人は学んだ内容を1時間で56%、2日で72%忘れます。

以下の画像を印刷するなどして持ち歩き忘れそうなときは再度見返してみてくださいね!