ささパンダ
 ささだです。営業をしながら新規事業をするのは、時間も手間もかけきれないですよね。では、その限られた時間で何をすべきか、考えてきましょう!

営業をしていると沢山の人と接する機会も増えて、様々な刺激をもらいますよね。営業勉強会に参加しているメンバーの中でも「将来独立したい」「自分でビジネスをやってみたい」というメンバーも多いです。

本日は、起業志望の営業勉強会参加者の相談に乗ったので、その内容を一部ご紹介します。

本日の参加者〜新規事業編〜

会社員として営業職として、新規営業など幅広く活躍中。キャリアの目標は、会社を卒業して自分自身のビジネスを起こしたいと考え中。現在、色々と動き出したところで、アイデアを模索中!


実は、起業したいんです、私。

ほお!なるほど。予想以上に大きい話で来たなと思って。

ふふふ、すみません。それで、だから営業ももちろん今仕事でやってるから、営業の数字ももちろん完全成果主義にもなるし、成果も上げたいっていうのはあるんですけど。一方で起業もしたいっていうのがあったから、事業コースみたいな、あれが出た時に、よっしゃって思って。

なるほど。とんでもないです。なるほど。これってちなみに、今どのぐらいまでアイディア進んでる感じですか?

今はまだスタートしたばっかりで。実は、去年の秋に起業セミナーに出席してみたんですよ。でも、ちょっと敷居が高すぎると思ったんですよね。銀行からお金を借りるの有りきな話の起業家セミナーなんですよ。それはリスクが高すぎて私はやりたくないので、できれば最初は友達とかのボランティアからでも良いと思っていて、そういう形でやりたい。

なるほど。

まだ自分の、さっき説明したアイディアがもっとブラッシュアップしないといけないと思うんですね。もっと自分のオリジナル、これが最高だなっていう所までプランを練ってから、具体化していく。メニューをいくつか作って、実際売りに行って、お客さんの反応あれば売れるもの、反応なければ売れないものだから、メニューをとりあえず、準備はできてないけどもこういうのやりますみたいなの見せて、反応が良いところからちょっとずつ手を付けていこうかなと思ってます。

新規事業の立ち上げでまずやるべきはゴールを決めること

なるほど。そうですね。たぶん銀行の融資とかなくても全然できると思うんですけど、どこまで持っていきたいかにもよると思うんですよ。大きくしたいだと、結局ガソリンがないと進まないじゃないですか。

規模が大きくなるとそうですよね。

そうですね、例えばこれだけで生活していきますと。これはもう来年にはこれだけで生活するようにしますだと、結局ガソリンってお金か時間だと思っていて。お金投資した分で、かける時間を短縮させていく、だから銀行から融資してお金持って一気に行きましょうっていうのが、お金で時間を買うっていう事。お金かけないでやるってなると、やっぱり時間はかかると思うんですよ。

確かに。

同じレベル感で。例えばですけど、月の売り上げを100万にしましょうって言った時に、とりあえず手元に1000万ありましたと。ってなったら、たぶんやれる事また選択肢増えるじゃないですか。例えば最初から人雇ってサポートメンバー作るとか、経験者入れてきてとかやれる事があるんで。確かにその分お金借りたりとか資金調達したりするとリスク伴うので、まあリスクを取るかみたいな所にはなりますけど。けど今はお金借りるとかは一旦置いといて良いと思うので。まだ辞めないですよね?

今の会社は全然辞める気ないです、まだ。

じゃあ例えばですけど、月の売り上げがしばらくゼロでもいいですと。半年たったら月に10万はそこで稼ぎたいですと。であれば、時間はかかるじゃないですか。例えば100万まで行くだったら、1年とか2年とかかかっちゃうかもしれないですけど。けどリスクはなく、かつ自分のやりたいもの、それだけで逆に食べていくってなると、自分のやりたいものの手前で売り上げ上げるもの作んなきゃいけなくなっちゃうので。

確かに。

なので、そこの優先順位というか、どこまでまず持っていきたいかっていうのを考えなきゃダメで。私はこのサービス作って大富豪になりますとかだったら、しかもいつまでにみたいな所をちゃんと決めて、そこから逆算したらお金借りなきゃダメってなるかもしれないですし。10年後にこのマーケットで、これだけのシェアを持ってって考えるのであれば、直近1年間は市場調査含めてボランティアとか、知り合いに声かけるとかみたいな事で時間かけても良いと思うので。

なるほどですね。

結局どこまで行きたいかと、いつまでっていうのが決まると、そこから逆算して必要な動きっていうのはほぼほぼ決まってきて、このタイミングでどこまでやってないとダメかって答え出るので。

なるほどですね。どうかなあ。2年後とか。

一旦いいんですよ、別に誰が言ってる事でもなく、自分がやりたい事なんで、自分のペースで考えた時にこれぐらいがいいかなあって所が、計画が後から立ってくればいいので。一旦2年って決めたらじゃあいつまでに何しようっていう所はゆっくり決めて行けばいいんですけど。新規事業のコースのメンバーにやってもらおうと思ってるのは、基本的にはセミナーと、名刺交換と、ブログ書くみたいな所で、全部やりましょうって話なんですよ。

作る前に売れば、新規事業は失敗はしない

結局、新規事業立ち上げる時に一番失敗するのが、自分の頭で考える事なんですよね。基本的にさっきの太田さんのおっしゃってた、作って売る。作って売るだと、作って提案してお客さんの声聞いてもう1回作り直してってなるケースが多いんで。順番で行くと、先に作ってから売るだと、作ったものがダメになっちゃうケースあるんで。

そうですよね、だからそれだけ無駄ですよね。

そうです。なので、最初から売れるものだけ作ればいい。それで、売れるか売れないかは、人が買うか買わないかなので。買ってくれそうな人に話を聞く。あなた欲しいもの作るのでお金下さい、で良いんですよ、基本的には

ああ、なるほど。

その後ですけど、一人いればいっぱいいるはずなんですよ。

買ってくれそうな人に話を聞いて、その人がこういうものが欲しいっていうようなものを作る?

そうです、そうです。作るとか、サービスじゃなかったらやってあげるとか。

買ってくれそうな人に話を聞いて、欲しいものをサービスにして、で何でしたっけ?すみません。

けど一旦そこだけです。まずそこまでやりきって、あとはそれが出来れば、もうそれがサービスですよね。なので、他の人に広めていくだけなんで。

あ、そっかそっか。1人いたら、その後ろに何人もいるみたいな?

いっぱいいるはずです。さっきの話と繋がるんですけど、どこまで持っていきたいかっていう所が、例えば月50万だったら、10万のサービス作ったら5人に売って終わりじゃないですか。

確かに

今世の中にあるものを組み合わせると、たぶんやりたいサービスのプロトタイプというかお試し版、は意外と簡単にできるかも。とにかくお客様に鳴ってくれそうな人にやってみたいですって言われたら、ちなみにいくらだったらやってくれますか?と聞いてみる。そんな試し方をしつつですね。で、まあ骨子が固まってとか、ある程度お客さん色々答えを教えてくれるんで。

そうですね。お客さんに聞いた方が早いですよね?これいくらぐらいまで出せるのかとか。そうですね、はい、確かに。

その方が多分早いです。本当に規模感でいけば、自分がそれで食べていく部分だけでOKっていう感じのサービスとして考えるのであれば、そんなに逆にお客さん要らないんですよね。200人に向けて作るサービスと、20人に向けて作るサービスと、全然違うので。20人だと多分自分で頑張れば出来ちゃうじゃないですか。1人で出来ちゃう。1人の気合と根性でたぶん回せちゃうんですよ。

なるほど。

けど200人を気合と根性で回すと、たぶん死んじゃうんで。

そうですね。

仕組みが必要になるみたいな感じですね。サロンも今同じようなこと考えてて、今の20人以下ぐらいだったら、私が気合い入れてもっと話しましょうよみたいな事皆に言い続ければ、サロンとしての形態は成り立つんですけど。これをじゃあ100人にしますとか1000人にしますって考えた時に、私の話を聞きたい人だけが増えちゃうと、結局まわんなくなっちゃうんで。なので、メンバー間のコミュニケーション増やすとか、他の専門家連れてきて話してもらう機会作るとか、みたいな事を仕組みとして作ろうっていうのが今の動きなんですよね。

なのでこれも、どこまで持っていきたいかっていう所からサービスの中身って変わってくるので。太田さんが関わる人と直接触れ合って導いてあげたいとか、目指す方向に連れてってあげたい、であれば、個別のコミュニケーション取れる規模感でやった方が良いんですよ。じゃなくて、世の中にもっとインパクト残したいとか、こういうものがあるんだっていうのをもっと知って欲しいとか、売り上げでいったら何千万っていう規模を目指すのであれば、逆に今度は仕組化をしていかなきゃいけないので。

その辺はぼんやりしてました。

新規事業のスタートは、まずはヒアリングから

けど、今はぼんやりしてて良いと思います。お客さんの声まだ聞いてないんで、逆にぼんやりしてた方が良いと思います。変に決まっちゃってると、こうするっていってお客さん置いてけぼりでサービスが出来上がって失敗するっていうのは、よくあるので。

そっか。でも今B to Bの仕事してるんですね。で、これってたぶんB to Cになるんですよ。だからB to Bの営業の仕方だと分かるんですけど、B o Cだとアプローチの仕方とか…B to Bだとリストが簡単に入手できるけど、B to Cだとどうやるんだろうなあとかっていうのは、分からないですね。

B to Cも最初のお客さんでいくと、知り合いに当たっていくだけなんで、お客さんのヒアリングは。なので友達の友達で、こういう事やってそうな子いない?と友達に聞いて、話を聞ければ、一旦10人に話聞ければある程度の方向性見えるはずなんですよ。最初はそれでOKで、その後なんですよね、営業が始まるのは。売込みが始まるのはその後なんで。

じゃあこの10人はマーケティングですか?

そうですね、イメージそんな感じです。マーケティングのリサーチみたいな所。けど最初10人やって、誰も幸せにできないサービスだったら、たぶん売れないというか見込みが薄くなっちゃうと思うので。もちろんその時に、ターゲットがずれてましたみたいな可能性はあるんで。お母さんに売ってたけど、実はおじいちゃんおばあちゃんに売った方が、孫にお金使ってるから売れるみたいなのは可能性としてはあるじゃないですか。

なので会う人を変えてみるとか。サービスの見せ方伝え方変えてみるとか、コアになってるバリューを変えてみるとかっていうのを10人で検証して、人を変えるのか、サービスを変えるのかっていうのでブラッシュアップをして、目処が立ったら近しい人を集める施策を立てればいい訳なので。例えばですけど、じゃあママさん向けのイベント開いてみるとか。

ああ10人の中で、例えば1人にヒットしたら、その1人に近い人たちのコミュニティというか、人たちを集める?

そうです。集めたりとか、既にそういう所に顔出してみるとか、facebook広告出してみる。facebook広告だったらある程度属性絞れるんで、広告出してみるとか。

なるほど。

たぶん太田さん考えてるよりも、結構簡単にはできると思う。どこまで持ってくかっていう所ではあるんですけど、一旦スモールビジネスでプロトタイプを作ってくみたいな所であれば、たぶん行けると思います。

行けますか?ふふふ

一番スモールビジネスで失敗するパターンは情熱が切れちゃう事なんで。なので、先にテストしたりとかお客さんの声聞いた方が良いんですよ。結局サービス作るとお客さんが決まっちゃうじゃないですか。お客さん決まるって事は会う人が決まるって事なんで、その人とずっと関わっていたいと思えるかどうかみたいな所が、太田さんのさっきの話だと、こういう風にしてあげたいとかこういう風な市場作りたいって所なので。私いいもの作ったけど全然ママさんに響かないし、ママさんにこんな事言っても伝わらないからやる気がなくなるみたいな事、まあまあ起こる。

確かにありそうです。そうですね、やばい、もう今既に挫けそうになってる。

新規事業の見込み客はお客様を細かく分解する

けど、これは聞いてみれば良いんですね。まずは。もちろんやっぱりママさん合わないなみたいな所も出てくるかもしれないんで。けどママさんって言っても括りが広すぎるんで、例えばですけど、住所で区切ってみても良いですよね。横浜のママさんと、北区のママさんだったらたぶん全然違うんですよ。

あ、絶対違うと思います。確かに。

世帯年収で区切ってみるとか。

ああ、それ面白いですね。

これが結局、会う人変えるっていう発想です。

埼玉のママさんと目黒区のママさんじゃ違いますもんね、絶対。

とかもあるし、アパート住んでる人と高級マンション住んでる人とかでも全然違うと思うんで。

確かに。そっかそっか。

なので、答えはやっぱりお客さんが持ってるじゃないですか。お金払ってくれるのお客さんなんで。なので、その人たちに沢山聞くだけです。

価格帯?何でしょう、だいたい高いものと安いものと中間と作って、で中間を売るみたいな、っていうのがセミナーの時に聞いたんですけど、それも結局

それ今はまだ要らないですね。結局いくらぐらい使えるのかっていうのが分かってないので。お金って何かに使ってる訳じゃないですか。何か買ってるか貯金してるかで、その使ってるもしくは貯金してるお金を、太田さんがこれから提案しようとしてるサービスに変えるっていう訳なんで。なので、そこの幅がどれぐらいかっていう所が決まらないと、多分プラン出しても分かんないですね。なので、私がヒアリングいくとすれば、さっき言った通りで、今教育にいくらぐらい使ってますか?っていうのをまず聞いた方が良いのと。後は実際にこんなのあったら、いくらぐらいだったらやってもいいなと思いますか?って聞けばいいんで。

そっかそっか。

別に言われた通りにする必要はないんですよ。いや安い方が良いんで1000円ぐらいだったらやりますって言われても、教育で、例えば5万毎月使ってるのであれば、それ1000円じゃなくて、結局その教育の中身もまた聞かなきゃダメなんで、その教育が、例えば水泳をやってますみたいな場合、何で水泳やってるんですか?って聞いたら、体力付けさせたいのもあるけど精神力鍛えたいんですって言ってくるのであれば、それもしかしたら水泳じゃなくて異文化交流していけば、色んな考え方が学べて精神力じゃない部分で色んな世界を知ることによって、落ち着いた気持ちになるとか人の事を心配・優しくする気持ちが身に付くって全然あると思うので、もう水泳やられていて少しそういった部分もお考えであれば、こっちもやってみれば面白いかもしれないですよっていうような事、全然言えるんですよ。

ただ水泳とかサッカーとかで聞いちゃうと、あ、体動かしたいんですね、じゃあそのお金は無理ですねってなっちゃうんですけど。サッカーさせてる理由がちゃんと分かれば、チームの協調性を今のうちから身に付けさせたいだったら、だったら世界の人たちと絡んでもらうとか、コミュニケーションの機会作るとか、自分の意見を違う言葉で発信するっていう機会を作った方が、お母さんが今後お子さんに身に付けさせたい力とか考え方って付ける事出来ると思うので、1回やってみませんかと。今回お試しなので、例えば13000円で良いですよとかって言っても良いじゃないですか。

聞いた事とやってみた事って、また感想変わってくると思うんで。まずは聞いて、こんな感じでやろうと思うんですけどどうですかって言って、お試しでやってもらう。やってもらった後にまた感想を貰って、一旦試しに作ったプロトタイプを改善する。その繰り返しでいったらサービスってすぐ出来ると思うんですよ。それを結局、目黒のお母さんはきっとこういう事に悩んでるはずだからこういう事やってあげようとか、恵比寿のお母さんたちはきっとセレブでこういう事にお金かけてるだろうから、この金額感なら行けるはずって感じで出しちゃうと、失敗するんですよ。

そっか、1人よがりですよね、その時点で。

そうなんです。想像を始めた時点でだいたい失敗しますね。

そうですよね。ああ、分かります、そうですよね。去年失敗してました。

他人の事分からないんで。

分からないですね。

だってうちの嫁の事すら自分分からないですもん。何で怒ってるの、今帰って来たばっかなのに、みたいな事って。

だいたい、これかなと思うのと違うんですよね。

フォローしたら余計火に油そそぐみたいな事とか起こるじゃないですか。なんで最初は難しく考えないで、色んな人というか、見込み客になりそうな人たちにヒアリングするって事が出来れば、一旦それで物事は進むはず。

分かりました。ありがとうございます。すごいやりたくなってきました、ヒアリング。

聞いた方が良いです、とにかく。ヒアリングして、違ったら変えれば良いんで。
サービスありきじゃなくて、お母さんたちの悩み聞いたらこういう風なことやってあげたくなっただったら、そっちに変えれば良いだけなんで。もう本当にそれだけです。答えを考えるんじゃなくて,答えを聞きに行くっていう事を繰り返して。答えやヒントはお客さんがいっぱいくれるんで。言葉にしなくても表情に出たりとか、雰囲気に出たりするんで。もう後はそれを繰り返すだけです。

ありがとうございます。具体的なやるべき手順というか、そういうのが見えてきたので、凄い有難いです。ありがとうございます。

とんでもないです。新規事業チームそれやるんで。

あ、やるんですか、新規事業チームで。あ、そっか、そういうの

そうです。インタビューしてこいっていう所から始まって、インタビューした結果お客さんこれだったら喜んでくれるだろうっていう所、一旦簡易なの作って、それをセミナーとか実際に提供してみる。で、例えば5人集まったら、まあ5人集めるぐらいで始めるんですけど、5人にやってこいって言って。で、5人の感想全部貰ってきてね。で、感想と、なって欲しい姿が合致してるかっていうのを擦りあわせて、ずれてたら直す、良かったら今度お金をつけて少し拡販してみるとか。

セミナーはどんな形でやるんですか?フェイストゥーフェイスなのか、オンラインなのかとか。

内容によりますね。オンラインでOKのサービスであればオンラインでやっちゃいますけど。けど、新規事業でやる場合だと、オンラインって結局顔が見えてるようで見えてない部分もあったりとか。

ああ分かんないです。

集中してるように見えて、集中してるよう見えちゃったりすると、それって良くなくて。ウンウンうなずいて聞いてるけど全然聞いてないだと意味がないんで。なので、出来たら空気感とか温度感をその場で知った方が良いですね。なので、最初はオフライン、リアルでやった方が理想は良いですね。距離的な問題もあるので一概に必ず会ってやりましょうとは言わないですけど、基本的には会った方が、空気と温度が分かるので、分かってやった方がいいですね。

ええー良いですね。凄い有難いです。私にとって。これ本当に起業したいと思ってる人には。

思ったんですよ。今まで営業の相談のりますよって言って相談のってたんですけど、わざわざこのサロンにお金払って営業の勉強しにくる人が、会社の売り上げ上げるためだけに来てるのかなって思った時に、いや自分で新しい事やりたいとか会社の売り上げ上げた上で違う事チャレンジしたいとか、もしくはもっと会社の営業良くしたいとか、結局今の営業に捉われてる人ってほとんどいないなって思った時に、私もそうだったんですけど、外で何かやった経験ってすごく生きるんですよね。

確かに。

それが例えば自分の独立に繋がるかもしれないですし、自分で稼いだりとか自分でサービス作ってみると、今の会社の取り組みの良し悪しとかも見えるんで。会社でできる事を外でもまた一生懸命やりましょうって、一時期は面白いと思うんですけど、だんだん飽きるなと思って。なので、会社の事はちゃんとやりましょうはもちろん前提でありつつも、自分が会社員としてじゃなくて、いちビジネスパーソンとして見た時に本当に成長してるのかなとか、もっとやれる事ないのかなっていう事に気づいてほしいなと思って、両方作ったんですよね。

結局セミナー開いたりとかメルマガ送ったりとかfacebookで投稿して読んで終わっちゃうと、結局成長してないので。なので、嫌でも手を動かさなきゃいけない環境を作って、そっちにバランスをして背中を押してあげる方が、俺についてこいっていうよりも絶対成長するんで。

確かに。自分でそのサービス作ってみると、商品の事とか、要は営業ってこの前仰ってたマーケティングと契約とあと

マーケとクロージング、まあセールスですね、マーケ、セールス、カスタマーサクセス。

そうですよね。それが自分で別の視点から分かってくるって事ですよね?

そうです。会社にいると答えを会社が持っちゃうんで、お客さんにならないんですよね。上司になっちゃうので。なので、本当に世の中に良い事やってるのかどうかっていうのが、上司が良いって言ってるから大丈夫っていう世界じゃなくて、自分でサービス作ってみると、改めて、あ、これは本当に世の中の役に立ってるなとか、このままじゃダメだなとか、色々気付くことが沢山あるんですよね。何かに気付く時ってその事象を単体で気付くことってあんまりなくて、比較なんですよね。

人間基本比較で生きてるんで、過去との比較とか、他人との比較とかで、良い悪いが全然決まるので。なので、その比較材料ちゃんと作んないと、今のままでいいよねみたいな所の答えが全部私になっちゃうんですよ。上司が丸って言ってるから丸になるとか、このサロンに参加してても、笹田が良いって言ってたからやりましたとか、笹田がこれやれって言ったからやる、だと、考えてるようで考えてなくなっちゃうんですね。

確かに。もっとサロンを使って、私もがんばりますね!

是非、やっちゃってください!

頑張ります!!

営業をしながら新規事業をしたいと思ったら

営業をするためには、ヒアリングや提案、マーケティングなど様々なスキルや実践が求められます。営業での経験は、新規事業の立ち上げにも当然役に立ちます。まず最初にやるべきことは、見込み客への徹底したヒアリングです。営業をしながら、新規事業をしたいのであれば、ヒアリング力・インタビュー力を磨きつつ、見込み客に会ったら、徹底的に相手のことを聞いてみましょう!

▼営業勉強会についてはこちら!
DMMオンラインサロン_営業職専門オンラインサロン〜営業勉強会〜
https://lounge.dmm.com/detail/343/

人気記事はこちら

ササダヒロシのプロフィール

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです