転職者に必須の知識!円満退職するための6つのポイント

「転職先から内定をもらったので、退職したい。」

「以前退職時に円満退職できなかった。今度は円満に退職したい。」

「よい求人募集をみつけたので応募したいが、事前に退職時にもめない方法を知りたい。」

「退職後は2度と会わないから強引に辞めても問題ないですよね?」

このような疑問はありませんか?

 

「嫌なら辞めて次の会社へ行けばよい」と思っていても、そう簡単に辞められれば苦労はしないですよね。

この記事では、転職のために退職をしたい人向けに、損をしない退職のポイントを記載しました。

円満退職できなかった経験をもつ私が、その反省点を踏まえお伝えします。

 

円満退職するために守る6つのポイント

退職は悪いことではありません。

しかし、円満退職をしないと損をします。

そこで、円満退職するために守る6つのポイントを説明します。

円満退職するために守る6つのポイント

ポイント①退職理由をポジティブに伝える
ポイント②早めに伝える
ポイント③しっかり引き継ぐ
ポイント④最後までやりきる
ポイント⑤感謝を伝える
ポイント⑥悪評・悪い口コミを発信しない

 

ポイント①退職理由をポジティブに伝える

退職理由はポジティブにしましょう。

「やりたいことがみつかったので転職します」

など前向きがよいでしょう。

なぜなら「今の会社が嫌いなのでやめます」と言われて、快く送り出してくれる人はいないからです。

 

加えて、ネガティブなことを伝えても

「その点を改善するから残ってくれ」
「もっと改善するように自分でがんばるべきだ」

と言われてしまいます。

 

ポイント②早めに伝える

可能な限り早めに退職の意思を伝えましょう

なぜなら、会社に準備期間を与える必要があるからです。

辞めた人の損失をカバーするために準備しなければならないので、突然辞められたら困ります。

 

たとえば、

「明日から会社に来ません」

と会社に伝えたとしましょう。

 

しかし、明日担当のスタッフがいなくなり会社は困ってしまいます。

そのため、ある程度の期間が必要です。

仕事の種類によっては、3ヶ月、半年など、区切りがよくなるまで必要な仕事もあります。

 

事前にどのタイミングなら問題なく退職できそうか探りを入れておくことも必要ですね。

 

ポイント③しっかり引き継ぐ

仕事の引き継ぎはしっかり行う必要があります

私の嫁は、マニュアルを家に帰って作っていたくらい、丁寧に引き継いでいました。

なぜなら、後々問題になることがあるからです。

 

あなたにしかわからない仕事が、うまく引き継げておらず、退職後に頻繁に電話がかかってきたらあなたも気分が悪いでしょう。

 

ポイント④最後までやりきる

辞める最後の時まで、全力で仕事をしましょう

お給料は、最後の日の分まで含まれているからです。

加えて、「何かあったときに声をかけようかな」と思われる自分でいてほしいからです。

 

辞めてしまう仕事に対していい加減に取り組む人に、仕事を依頼したくなりません。

 

ポイント⑤感謝を伝える

やってもらったことにはしっかり感謝を伝えましょう

研修をしてもらったり、お給料をもらったり、辞める会社にも恩は必ずあるはずです。

 

送別会で感謝を伝えたり、最終日の辞める直前に関係者にメールを送るなど感謝を伝える手段はあります。

 

ポイント⑥悪評・悪い口コミを発信しない

退職後に会社の悪口を言うのはやめましょう

その先のチャンスを失う可能性があります

 

たとえば、SNSで会社名を挙げて悪かったところを投稿する人がいます。

公開範囲を友達限定にしていても、どう人がつながっているかわかりません。

退職後もよい関係でいたいのであれば、不要な発言は控えましょう。

 

円満退職がよい理由

円満退職がよい理由はなぜでしょうか?

それは、自分の悪評が流れるからです。

 

世の中狭く、悪評が業界で流れると、仕事がやりづらくなります

特に、転職して独立する場合に自分の評判は大事です。

独立当初は、辞めた会社から仕事を分けてもらうケースも多々あるからです。

 

実際、私は円満に辞められず、仕事をもらえなかった経験があります。

社会人4年目の時、新卒で入った会社において、出入り禁止になりました。

退職後、当時の先輩たちに声をかけてもらいました。

「うちの仕事を手伝ってくれ」

と言われ、打ち合わせをさせてもらったこともあります。

しかし、上司の上司が

「辞めたやつに仕事を与えるな」

と指示を出したため、実現しませんでした。

 

会社目線の退職

従業員の退職には、コストがかかったり、リスクがあったりします。

会社目線で従業員の退職時に何が起きているか理解することで、より円満退職しやすくなるでしょう。

 

会社の損失

従業員に退職されるとお金が必要になります

  • あなたを採用したときに支払った採用コスト
  • 環境や教育に費やしたお金

が無駄になります。

 

通常、企業はコスト回収を、長期的に考えて採用しているためです。

例外として、短期的に回収する前提で、採用計画を進めているブラック企業もあります。

 

▼ブラック企業について、詳しく知りたい方はこちらから!

隠れブラック企業を見極める3つの方法

また、新たなスタッフを雇う必要があるため、採用コストが必要です。

あなたが辞めなければ、会社は新しい人を採用しなくてすんだかもしれないのです。

 

会社のリスク

従業員に退職されるとリスクも存在します。

 

リスク①他メンバーへ悪影響がでる

他の社員に影響するリスクです。

一人が辞めると、他の社員も「辞めようかな」と思う他、モチベーションが下がってしまいます。

 

▼転職面接時にも同様の悪影響を懸念されます。面接に備えてこちらもご覧ください!

早期退職・転職回数の多い人必見!面接で伝えるべき志望理由の作り方

 

リスク②技術やスキルの流出

2つ目は技術やスキルの流出リスクです。

会社で得たスキルをライバル会社でそのまま使われることがあります

会社によっては、「退職後3年は同業種で働かないこと」など、契約書や誓約書などを書かされることもあります。

基本的に、人間には職業選択の自由があり、ライバル会社で働いても問題はないです。

しかし、事前に約束を交わしていないか確認する必要があります

 

まとめ

いかがでしょうか?

円満に退職しないと、損をすることがおわかりいただけたかと思います。

今回の記事の内容を一枚の画像にまとめました。

退職する際に、見直してくださいね。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。

LINEやコメントで転職に関する質問も受け付けています。

退職を考えている場合もお気軽にご相談してくださいね。応援しています!

 

▼YouTubeでも発信しています。

他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです