プッシュ型セールスの代表的2つの種類とその特徴

「営業を始めたばかりで営業の種類や特性が分かっていない」
「プッシュ型セールスって言葉をよく聞くけど、いまいち意味が理解できていない」

営業をやっていて”分からないことがたくさんある”ってやっぱり辛いですよね?

そこで今回はこれまで200以上の商材を営業し、10年間で10,000商談を重ね、営業代行で独立した私がどうやったら営業トークが上手くなるのかを経験を交えてお伝えしたいと思います。

是非プッシュ型セールスとは何かを理解して、自信を持って営業ができるようになってください!

そもそもプッシュ型セールスとは

プッシュ型セールスとは営業起点がこちら側、つまり営業が動いて初めてスタートする営業手法のことです。

ますプッシュ型セールスとは反対の顧客側が起点でスタートする営業手法としてはプル型セールスがあります

プッシュ型セールスはプル型セールスとは違い特別商品に対して興味のない相手と話すことになります。なので比較的難易度の高い営業手法です。

プッシュ型セールスの代表的な2つの種類

プッシュ型セールスの代表的なものは以下2つです。

  • テレアポ
  • 飛び込み

すでに聞いたことがあるという方も多いと思いますが、テレアポと飛び込み、これら2つのメリットやデメリットまではっきりと説明することができますか?

違いを知ったうえでメリットを生かしたり、デメリットを補ったりする工夫が大切です。

ということで、1つずつ考えていきましょう。

プッシュ型セールスの代表的な2つの種類①テレアポ

プッシュ型セールスの代表的なものの1つとしてテレアポがあります。

テレアポというのは皆さんもご存じの通り、リストなどを使って上から下へ順に電話をかけていく営業手法のことです。

テレアポのメリットとしては以下3つのようなものがあります。

  • 時間・コストを削減できる
  • アプローチ数を多く稼げる
  • 検証改善のスピードが速い

テレアポのデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 相手の顔が見えない

1つずつ更に詳しく考えていきましょう。

テレアポのメリット①時間・コストを削減できる

テレアポは相手の会社に直接出向くことなく、全て電話で営業を行います。

そのため飛び込みなどのその他の営業方法に比べて、短い時間で多くの相手を話をすることができます。また移動する手間が省けるのに加えて交通費なども削減できることます。

なので非常に費用対効果が高くコスパのいい営業手法です。

テレアポのメリット②アプローチ数を多く稼げる

1つ目のメリットと似ていますが、テレアポは他のアプローチ数を多く稼ぐことができます。

理由も先程と被りますが会社に直接出向かずに、電話で話すためです。オンライン商談などもそうですが、移動する手間を省くことでとても大きなメリットを得ることができます。

テレアポのメリット③検証改善のスピードが速い

テレアポは検証改善を高速で回すをことができます。

なぜならアプローチ数を圧倒的に多く稼ぐことができるからです。なので営業で検証改善をしていく癖をつけたいという新人営業の方にはピッタリです。

テレアポのデメリット 相手の顔が見えない

ここまでテレアポのメリットばかりを話しました。しかし一方でデメリットもあります。

テレアポのデメリットは相手の顔が見えないことです。顔が見えないことで、相手は本音をはなしにくくなってしまったり時には、嘘をついてしまうこともあります。

テレアポには多くのメリットがありますがこうしたデメリットもあるということを覚えておきましょう。

 

▼テレアポの実践的なコツが知りたい方はこちらから!

テレアポをやる人が今すぐやるべき10個のコツ | 成果報酬型営業代行のささだ (hiroshi-sasada.com)

プッシュ型セールスの代表的な2つの種類②飛び込み

プッシュ型セールスの代表的なものとして飛び込み営業があります。

飛び込みというのは皆さんもご存じの通り、アポなしでいきなり相手の会社に出向いて話をするという営業手法です。

飛び込みのメリットとしては以下3つのようなものがあります。

  • 多くの情報を得ることができる
  • 熱量や気持ちを伝えやすい
  • 顧客理解しやすい

飛び込みのデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • コスパが悪い

1つずつ更に詳しく考えていきましょう。

飛び込みのメリット①多くの情報を得ることができる

飛び込み営業は、テレアポなどの対面ではない営業手法に比べて多くの情報を得ることができます。相手のオフィスや家に出向くためです。

具体的には法人営業でオフィスに出向いた際は、壁の掲示板の行事予定表などオフィスの中のあらゆるものにアンテナを張っておけばそこから提案のチャンスを見つけることができます。

また個人営業で家に出向いた際は、相手の車、玄関の靴、インテリアなどの情報からこういった相手なのではないかと仮説を立てることができます。

飛び込み営業をする際はこのようなメリットを最大限に生かすことを意識しましょう。

飛び込みのメリット②熱量や気持ちを伝えやすい

飛び込みは営業は、テレアポなどの対面ではない営業手法に比べて熱量や気持ちを伝えやすいです。なぜなら対面だと五感を使って相手に伝えつことができるからです。

例えばテレアポなら声しか使うことができません。しかしテレアポだと声以外に、身振り手振りや表情などより多くの表現を使って相手に熱量を伝えることができます。

そういった熱量を伝えやすい点が飛び込み営業の良いところです。

飛び込みのメリット③顧客理解しやすい

飛び込み営業はテレアポに比べて顧客理解をしやすいです。

テレアポだと顔が見えないので、相手が本音で話してくれることは少ないです。嘘をつかれることさえあります。しかし飛び込み営業は対面なのでそういった心配が少なくなります。

その結果、顧客理解が進みやすくなります。

飛び込みのデメリット コスパが悪い

飛び込み営業は1件1件移動して、実際にその会社や個人へ訪問しないといけません。なのでオンラインや電話でできる営業に比べてコスパがとても悪いです。

コスパが悪いというのは、飛び込み営業の大きなデメリットです。新人営業の方も、経営者や上司の視点を持つという意味でとても大切なので覚えておきましょう。

▼飛び込み営業について、さらに知りたい新人営業の方はこちらから!

初めての飛び込み営業にチャレンジするあなたに伝えたい10のこと | 成果報酬型営業代行のささだ (hiroshi-sasada.com)

まとめ

新人の営業の方は始めてのことや覚えることが多く、悩むことや辞めたいと思うこともあるかと思います。

しかし、今回説明したプッシュ型セールスの意味をちゃんと理解できただけでも大きな進歩です。一歩ずつでいいんです。これから一緒にがんばっていきましょう。

最後に、今回の記事の内容を一枚の画像にまとめました。
ここに書かれているものは、全て重要なので、印刷などをして何度も読んでください。

そして自分に落とし込んで、次回の提案を成功させてくださいね!応援してます!

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです