【転職活動に必須の知識】採用合否に直結するリファレンスチェックとは?

「転職活動中にリファレンスチェックって言葉を聞きましたが、どんな意味ですか?」
「志望企業から、リファレンスチェックを実施すると言われて困っております」
「SNSで好き放題投稿すると、採用に影響を与えると聞きましたが本当ですか?」

このような疑問はありませんか?
あまり聞き慣れない言葉なので、知らないのもムリはありません。

この記事では、転職活動中の方へ、「リファレンスチェックとは何か」について説明します。
この記事を読めば、「リファレンスチェックを恐れる必要はない」とわかるでしょう。

転職エージェントとして、多数の企業と付き合いがあり、採用経験もある私が、記載します。

①リファレンスチェックとは

企業は採用者を、どのように見極めているのでしょうか?
表向きは、書類選考・テスト・面接で決定しているように思えます。

しかし、実は裏であなたのことを調査しているのです。
この調査をリファレンスチェックと呼びます

主に、前職での評判や仕事ぶりなどをチェックします。
アメリカではやっていない会社の方が少ない、と言われるそうです。

②リファレンスチェックの目的

ミスマッチをなくす

リファレンスチェックの目的はミスマッチをなくすことです。
ミスマッチとは、早期退職や活躍できないというリスクを指します。

企業は活躍を期待して採用するので、事前に活躍しそうにない人を落としたいのです。
なぜなら、人を一人採用するのは何千万、何億の投資になるからです。

働きぶりだけでなく、性格もチェックしておくことで、
あらかじめ合いそうな上司の下に配属させたり、
向いている部署がどこか考えたりすることも可能です。

応募者のよい所・悪い所を客観的に把握するため、不採用の理由として使うだけでなく、採用後のプランを考えるのにも役立ちます

なぜミスマッチが起こるのか

採用時のミスマッチはなぜ起こるのでしょうか?
それは、応募者は自分のことを魅力的に伝えるからです。

ネガティブなことを伝えて採用されることはないため、これは避けられません。
たとえば、面接時に
「私は勇気がないので、飛び込み営業はできないと思います」
と伝えた人を営業職で採用したいとは思わないでしょう。

他の理由として、面接や書類面談だけではわからないことも挙げられます。
短時間の面談や、書類だけで、応募者のすべてを理解することはできないからです。

②リファレンスチェックの手段・方法

前職やSNSを確認します

リファレンスチェックはどのように行われるのでしょうか?
採用予定者の知り合いや会社に問い合わせをして聞いたり、SNSで言動をチェックしたりしま

しかし、これは非常に手間暇がかかるため、最近ではウェブツールが登場しています。

これらのツールは応募者の承諾を得た上で、前職の関係者へ連絡を行うそうです。
そのため、リファレンスチェックを認めない場合は、面接をうけられない場合もあります

ツールの存在を知らずに、突然リファレンスチェックの承諾について聞かれるとびっくりするので、頭に入れておきましょう。

また、リファレンスチェックは内定後に行われることもあるそうです。

ありがたく思おう

自分の過去が知られてしまうことを、怖く感じるのは自然です。

しかし、必要以上に怖がる必要はありません
なぜなら、ミスマッチで入社することは、お互いにとって不幸だからです。

たとえば、細かいことを気にしない人が、神経質な上司と働いても、性格が合わないと予想できます。

働く側にとっても、居心地のよくない会社にわざわざ入る理由はありません。
ミスマッチを防ぐために行っているので、調査ありがとう」と感謝するくらいでちょうどよいでしょう。

③リファレンスチェック対策

面接対策と同様に、リファレンスチェックにどんな対策があるか考えてみましょう。

清く正しく頑張ろう

対策は「清く正しくがんばろう」に尽きます
普段の振る舞いや仕事ぶりをチェックされるため、面接のように対策ができないからです。

書類選考なら添削してもらったり、面接なら練習したりできますが、やりようがありません。
そのため、今の仕事をコツコツがんばるに尽きます。

今頑張れば次の仕事につながる

リファレンスチェックのために頑張るのではなく、次の仕事のためにがんばりましょう。
これが転職時にも活きてきます。

コツコツと積み重ねた頑張りは経験になり、自分の成長へとつながるからです。

また、前職の関係者に採用担当がヒアリングをすることもあるため、
今の頑張りが、リファレンスチェックの評価を上げることにもつながってきます

「あいつ嫌いだから、リファレンスチェックの時に悪口言おう」
と言っていた人に私は会ったことがあります。

なので、今つながっている人脈を大事にしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
リファレンスチェックの対策はできませんが、今の会社でのがんばりが反映されます。

「将来の転職に影響するから、今の仕事もがんばろう」
とモチベーションの一つになれば素晴らしいですね。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

面接で小さい嘘をついてしまい、
リファレンスチェックが不安になって困ったなどの場合にも、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです