受注をもらって喜んでいる営業マンの悩みは尽きません

営業の悩み
売れないを解決する
営業勉強会のささだです。

営業をやっていて
受注はもらっているけど
成果が出ていない

矛盾しているようで
実はこういうケースが
多々あります。

 

これは
営業マンが本当に評価される
ポイントを理解していない人に
よく起こります。

 

受注とは申し込みを
いただくことです。

営業マンとして
受注がなければ
もちろん成果は出せません。

 

しかし、営業マンが
評価されるのは
受注ではなく売上です。

 

つまり、お客様から

入金をしてもらって初めて
本当の意味で
成果を出したと言えます。

 

私の同期の営業マンでも
受注をたくさんもらったと
自慢してくるやつがいました。

しかし、どんなにたくさん
受注をもらっても
その受注から納品、入金に
つなげなければ意味がないのです。

 

営業マンの中でも
受注、納品までは
一生懸命だけど
入金のことを考えない
営業マンがいます。

これでは本末転倒です。

 

売上をあげることが
営業マンの使命です。

 

それを実現するための
中間目標が受注なのです。

受注ありきではなく
売上ありき。

 

社内で評価されないな、と
悩みを抱える営業マンは
まずは自分の意識が
どこにあるかを考えてみてください。

 

 

繰り返しですが、
営業マンは売り上げが
求められていることを
忘れずに頑張りましょう!