ウレルのささだです。

営業をしていて、売れない時期
こんなことを思ったことはないでしょうか?

「営業のやり方がわからない」
「営業の仕方がわからない」

営業を長年やっていても
売れないと、自分の営業方法を
疑ってしまいがちです。

営業方法は人それぞれで成果はありません。
あえて、成果を言えば、売れていることです。

とはいえ、営業でこれだけは外せない
というポイントがあります。

そのポイントをご紹介します。

営業のやり方・仕方で悩んだらやるべき3つのコツ

営業のやり方を自分で考えない

営業のやり方がわからないのに
自分でオリジナルで考えるのは無理です。

ではどうするべきか?

その方法は単純です。

先輩や上司の真似から始めてください。
真似る人は社内で1番売れている人です。

担当上司が売れていなかったら
担当上司の真似はしないでくださいね。
売れない営業を真似ても売れません。

売れている営業には
売れている理由があります。

また、これまで自分が入社する前に
様々な検証や実験をしてくれているはずです。
だからこそ、先人の経験・知恵を使って
まずは自分の営業の型を作りましょう。

オリジナリティが出てくるのはその後で十分です。

営業のやり方で悩む前に、商品を好きになろう

売れない営業マンの特徴は
自分の商材を信じていない
好きじゃない、ということが多いです。

好きじゃないものを頑張って進めるのは
気持ち的にハードルが高いものです。

まずは商品を好きになること
好きになれる努力をすることです。

営業のやり方のコツは後出しジャンケン

営業は話すのがうまくなければならない
という偏見を持たれがちです。

うまく話すこと=良い営業
ではありません。

良い営業は、お客様の期待に応えることです。

期待に応えるためには
お客様の期待を知ること
その期待に応えられることを
しっかりと伝えることが求められます。

順番を間違えると、どんなにうまく話せても
お客様と期待にズレがあれば
お客様には響かないのです。

私は昔、営業は一生懸命話すことと
勘違いしていたので
入室・着座後、一生懸命説明していました。

一定数は受注になるのが
同じぐらいお客様には
2回目の提案をさせてもらえませんでした。

これは、お客様の期待に応えられないと
勝手に判断させてしまったのです。

営業は後出しジャンケンです。
お客様の期待を聞いて
それに応えられることを示すのです。

営業のやり方・仕方がわからない人を惑わせる5つの嘘

営業のやり方や仕方がわからない人を
惑わせてしまう情報が
色々なところで流れています。

ただこれらは
あった方が良いものではあります。

しかし、マストでなければいけないものではない
ということを是非理解してください。

営業のうまいやり方=切り返しは嘘

営業は口ケンカが上手い人
ああ言えばこういう人など
口が達者な人が売れるわけではありません。

私は母から口から生まれた子と
よく言われたものですが
営業時、決してお客様を
言い負かそうとはしていません。

感情が先走って
言い負かそうとすると
お客様はどんどん離れていきました。

勉強不足・知識不足では営業が出来ないは嘘

営業をするからといって
商品のことを全てわかっていないと
営業ができない人がいます。

しかし、全てをわかってから
営業をしようとすると
営業は永遠にできません。

営業時にわからないことがあっても
良いのです。わからないときは
しっかりと謝って、持ち帰りましょう。

営業トークは面白さが求められるは嘘

営業トークが面白さで決まるなら
お笑い芸人は皆、トップ営業マンです。

正直、私も面白いことを
ペラペラ言えるタイプではないです。
けど、受注・成果は出せます。

それは、お客様の期待に応える方法が
面白さ以外で満たしているからです。

とにかく数をこなせば上手くなるは嘘

確かに営業は確率論です。

しかし、数だけを追い求めて
アポ数や商談数の数だけは
とにかく多い営業が私の同僚でいました。

ただこの子は全然売れませんでした。

理由はただただ数をこなすだけだったので
そこから改善したり、検証したりという
営業で1番大事なことをしなかったからです。

数をこなすのは大事です。
しかし、そこに検証・改善がなければ
営業成績は伸びません。

目標が高ければ成果が出せるは嘘

私も経験がありますが
営業は目標が高ければ
成果が出る、というのは嘘です。

あまりにも実現性が低い目標は
やる気を奪います。

さらに、その無理な目標で
追いつめられると
より一層やる気をなくします。

私がそうでした。

大切なことは「できるイメージ」です。
簡単に達成できる目標ではダメですが
適切な営業のやり方を考えるのであれば
目標の立て方も吟味しましょう。

営業のやり方・仕方で悩んだ時の対策まとめ

営業のやり方・仕方がわからない時
1番やってはいけないのは
自分1人で悩み、考えることです。

とにかく成果を最速最短で出すには
成果を出している人の真似を
徹底的にすることと商品を好きになることです。

そして、できる限り後出しジャンケンで
お客様に提案をすることを意識してみてください。

またもしできるのであれば
自分が担当しているお客様に
「どんな営業が好きか」
「どんな営業だったら話を聞きたいと思うか」
是非ヒアリングしてみてください。

営業の答えはお客様が持っています。
その答えをきくチャンスを
営業は持っているので
是非活用してください。

とりあえず、困ったら真似る
これだけは覚えておいてくださいね。

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです