営業お断り「今は無理」を乗り越える方法

よく営業をしていると言われる言葉の代表がこの言葉ではないでしょうか?

今は無理です

相手も忙しかったり、さまざまな理由があるのはわかります。ただ、これを言われると営業として、どうしたものか悩みますよね。
私もよく言われたことがありますし、よくご相談をいただくテーマの一つでもあります。

ただ、世の中の営業の方の中にはこの言葉を言われた途端、
アポが取れずに終わってしまう方や、無理矢理話してせっかくの機会を損失してしまう方が
いらっしゃいます。

今回はこれまで200以上の商材を営業し、10年間で10,000商談を重ね、
営業代行で独立した私が経験を交えてこの場合の対応についてお伝えしたいと思います。

テレアポで「今は無理」という理由には2つある

こちらの記事でも以前お伝えしましたが、基本的にはお客様はめんどくさい・メリットを感じない
というのが営業を受ける側としての本音です。

その上で、お客様が今は無理と言われるのには次の2つのパターンがあります。

テレアポ「今は無理」のお客様の本音
  1. 今は無理=話す意思がない
  2. 今は無理=営業に警戒している

それぞれのパターンに対してどのように対応していくのかをお伝えしますが、
まずどちらも大切なのは、今忙しい中お電話してしまったということに対して、
誠意を込めて謝罪をすることが大切です。

「今は無理」パターン1:今は無理=話す意思がない

「今は無理」ということを言葉として、今後も話す意思がないということを伝えているお客様がいらっしゃいます。

先程もお伝えしましたが、”今”かけてしまったということに対して謝罪をすることが大切です。
その上でさらにすぐに切りますという旨を伝えた上で、
改めてお電話したいのでいつなら都合がいいか?を確認しましょう!

その上で、お客様が次に話を聞くべきメリットを端的にお伝えすることが大切です。
例えばこのような感じです。

トークの例

「お忙しい中お電話してしまい本当に申し訳ございません。
〜〜の件でお伝えしたいことがありますので、改めてお電話したいのですが、
来週の月曜日や火曜日でご都合よさそうなお時間ございますか?」

ここで「〜〜の件」としてメリットをお伝えすることが大事ですが、
実はここにもポイントがあります。
とにかく大事なのは理由をしっかりとつけることです。

メリットの例1:サービスではなく、課題を伝えよう!

よくこういう話を伝えると、〜〜の件として、自社のサービスのご紹介の件で〜などと
話をしてしまう方がいらっしゃいます。

元々営業の話を聞く気がない人に対して、このようなメッセージを出してしまうと
完全に逆効果です。

相手にとって美味しい話であるということを伝えるべきです!
相手が気になっている課題や聞くべきメリットがあるなということを伝えるようにしましょう!

メリットの例2:他みんな知ってる情報ということ

お客様がお話を聞きたい、聞いておくべきと思うのは、
メリットだけではありません。

業界で他の方も知っているという事実に対して、
自分も知っておかないと・・・
という感情は人なら持つと思います。

だからこそお話を是非させてください!ということを端的にお伝えしましょう!

「今は無理」パターン2:今は無理=営業を警戒している

もう一つのお断り「今は無理」のケースとして、営業というものを警戒した上で、
忙しいというお断り文句を言っているというパターンがあります。

もちろんこの場合も、今電話してしまったということは謝罪をしましょう!
その上で、長くなることを警戒しているので、長くならないことを伝え、
端的に要件を伝えていくことが重要です。

例えばこのような感じです。

トークの例

「お忙しい中お電話してしまい本当に申し訳ございません。
〜〜の件で一点だけお伺いさせてください!」

時間を奪われることに警戒されているということなので、
実際に短く終わらせつつ伝えたいことを伝えることを意識しましょう!

まとめ:「今は無理」だからこそ次に繋げる会話をしましょう!

営業も人と人とのコミュニケーションです。
警戒されていればせっかくのいい話もお断りされます。

丁寧に今のお客様の状況を受け入れ、その上でコミュニケーションを取るようにすると、
無理なくお話を聞いてくれるようになります。

また、都合の良いお時間がわかれば自然とお話を聞いてもらえるようになるでしょう。
是非今回のお話を参考に営業を頑張ってください!

今回の内容はもう少し具体的にYoutubeでもお伝えしています。
復習も兼ねて是非ご覧ください!

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです