こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

前の記事(お役所とか事例とか前例とかばっかり求めるけど、これって営業とかでも同じだよね)の続きです。前回、営業するときに事例を使う理由は”安心感を与えること”と書きました。乱暴な言い方ですが、魅力があって、それがちゃんと手に入るという安心感、それさえ示せれば良いということです。

できる営業マンはみんなやっているパクリ

じゃあ、これをどう示していくのか、が問題なわけです。

そんなとき、私は

『パクリの掛け算』を行います。

例えば、美味しいハンバーグを売るとしましょう!お客さんもそこそこ、感想はいつも5つ星!なので、お客さんからの声を事例でチラシに載せました。

「本当に美味しい」
「肉汁が溢れてきました。またいきたいです!!」

とかとか、これって事実ですし、良いんです。これがあるかないかで、多分お客さんの入りも違うはずです。けど、何かが足りない。そう、他と同じことが言えてしまうんです。差別化って言葉がありますが、他と違っていることを示さないといけないんです。

だからこそ、私はパクリの掛け算をするんです。

超有名レストランと同じ野菜を使っていることと有名料理人のレシピと同じとかでやっていると仮定しましょう。

そんなときに、

あの有名レストランで使われている野菜と同じものを使っています

×

あのシェフお墨付きのレシピで作っています

どうですか?なんか差別化されていませんか?

自分のところの事例は一切言わなくても、他で話題になっていたり、事例ができているものを一部借りて掛け算しちゃうと、自分のとこの事例っぽくなるんです。繰り返しですが、魅力と確率の高さを伝えたいのでそれが実証できるものを使って示していけば良いんです。それが、自分のところのものだけでなくても、掛け合わせることでそれが自分のオリジナルになりますから。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓