まず1件、受注をいただくために
営業マンが自分の商材に対して
心掛けるべきポイントを考えてきました。

 

商材の捉え方は
主観と客観の2つの側面で
商材を見つめることです。

簡単に言えば

「私がこう思う」
「お客様はこう思う」

という2つの視点で考えることが大切です。

そして、この2つの視点も詳しく見てきたのが
今までの記事です。順を追って見ていきます。

 

営業マンが成果を
出すためのコツは好き嫌い

まず考えるべきスタートは

あなた自身が
あなたの商材を好きになること

でした。

そして、SWOT分析を使いながら
考えるポイントをお伝えしました。

営業で売れない悩みを抱える人は
まずはここから始めよう

SWOT分析の中で
まずはS(強み)について考えます。

ここは主観で自分がどう思うかが
始まりでは大切です。

売れないと営業で悩む前に、
あなた自分の商材を
ちゃんとわかっていますか?

できることを考えた後は
「できないこと」にも
目を向けることが大切です。

営業で売れないとき、
超現実目線で考えることも大切です

また主観で自分の商材を見てきたら
次にやるべきは
現実目線で考えることが大切。

気持ちが高ぶっているときは
前向きに自分は思えても
結局答えはお客様が持っています。

そことずれてしまってはダメなのです。

自分だけを見ていても、
営業の売れない悩みは解決されません。

また、自分の中だけで考えていても
結局はお客様は他を選んでしまいます。

どんなにあなたが丁寧に
営業をしていても
お客様は他のライバル会社を見ています。

だからこそ、あなたも競合を見て
自分の商材を見つめることが
大切なのです。

売れない営業マンは、
なぜこの商材なのか仕組みを
トークできないのです

売れない営業マンは
自分の商材をしっかりと
理解していないことが
多々あります。

自分の商材を理解することは
お客様に提供する価値を
しっかりと伝えるためです。

 

売れないという悩みを解決するために
まずは真剣に、改めて

先入観なく
自分の商材と向き合うこと

これがとても大切なことなのです。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓