営業勉強会のささだです。

昨日、たまたま流れていた衝撃のニュース。

1回の営業のサボり時間70.5分
これ、平均なので、もっとサボっている人が
いるということですよね。

休憩、昼寝、ゲーム、遊び、ビール、、

ホント、営業マンの皆さん
ちゃんと仕事してくださいよ!

って、あ、あれ??

私も営業でサボったことありました。。

はい、ここで謝罪させていただきます。
私もそのような経験がございました。

私は東京での営業が中心で
電車移動だったので
車での昼寝とかはないです。
日中のビールとかもないです。

じゃあ、何をしてサボっていたのか。

副業していましたね。
今思い出すと。

申し訳ございませんでした

当たり前ですが、サボりはダメです。

今自分で経営していると
1時間1分の重みを感じます。

時間を無駄にすると
1円も入ってきませんからね。

時は経つけど、収入は増えない
ということが、独立すると
普通に起こるのです。当たり前ですが。

そんな今から振り返ると
サラリーマン時代がどれだけ
恵まれていたのかがわかります。

毎月自動で口座にお金が入るのは当たり前ではない

じゃあ、なんでサボってしまうのか。
これは”安心感”が生む弊害だと思います。

会社勤めだと、月末とか20日とか25日とか
決まった日に、決まった額が
口座に入ってきます。
頑張っても頑張らなくてもです。

そう考えてしまうと
頑張らなくても良いかな、と
思ってしまうのも、理解はできます。
(というか、私経験者ですから。。)

しかし、これは当たり前ではないのです。

明日、会社が倒産したら
路頭に迷うことになります。

来月当然、給料が払えない
と会社に言われるかもしれません。
そうなったら、どうしますか?

そうなっても大丈夫なように
自分にスキルと経験を
しっかりと積んでいかなければならないのです。

そう入っても営業は大変。サボりたくもなる。。

10

営業は大変な仕事です。

自社・自分が持っているソリューションと
相手の要望をすりあわせ、期待値と予算を合わせ
契約書に判を押してもらい
さらにしっかりと納品を行う
時にはフォローやトラブルも生まれます。

契約が大きくなったり、多くなれば
当然トラブルの数も質も重くなります。

なので、ずっと続けていれば
サボりたくなる気持ちもわかります。

ただ、営業がサボりたくなる気持ちが
生まれるタイミングはある程度
共通しているように思います。

飽きてくる

商材や会社、やっていること
理由は人それぞれですが
飽きてくると、やる気がなくなり
どんどんサボりたい欲が高まります。

トラブルが続く

頑張っているのに、問題が頻発すれば
疲弊してしまうのは当たり前です。

トラブルを抱え込んでしまうと
やはりサボりたい気持ちが強くなります。

結果が出ない

頑張れど頑張れど、成果が出ない時
営業マンにとって
これほど辛いことはありません。

上司に怒られ続ける

上司に怒られてばかりでも
モチベーションは
どんどん下がっていきます。

反発心につながれば
時に逆効果になることもあるのです。

上司が嫌いになる

上司のことが嫌いになると
「なんであの人のために
頑張らなきゃいけないんだ」
という気持ちに陥ることも。。

商材・サービスへの不信感

この商品で本当にお客様は喜んでくれるのか
疑心暗鬼になると、なかなか営業の一歩が
踏み出せなくなるものです。

会社への不信感

「この会社大丈夫なの?」と
一度思ってしまうと、転職準備を
就業中に始めてしまうかたもチラホラ。

プライベート問題

サボりたくなるのは、社内だけの問題とは
限りません。プライベートで何かあったときも
このような気持ちになるようです。

営業マンのサボり方

実際にサボっている営業マンは
どこで、何をしているのでしょうか。

サボる場所

営業車

車で移動している営業マンは
しばらく車を止めて
エアコンをきかし、時間を潰している
というパターンです。

実際、私が以前担当していた
東京の東陽町の川沿いは
営業車がずらっと並んで
みんな寝ているという風景を
よく見ました。笑

喫茶店・カフェ

これもよくあるパターン。

カフェでPCも開かず
ずっと携帯を眺めている人を
見たことはありませんか?

多分サボっています。笑

自宅

私の先輩では以前
家に帰るという猛者がいました。

これは意外とバレにくいらしいです。

漫画喫茶

サボりと相性が良いのが
個室とのアドバイスを
昔もらったことがあります。笑

公園

季節が落ち着いている時期であれば
公園もたまに見かけます。

夏や冬は厳しいですね。

トイレ

インターンで働いていた会社では
トイレから全然出てこない
先輩がいました。

インターン卒業後、何をしていたのか
聞いてみると、携帯デームをしていたとのこと。。

図書館

意外と快適な場所が図書館。

本も揃っていて、居心地も
良いですからね。。

その他

他にも、「カプセルホテル」「サウナ」
「映画館」「ボーリング場」「風俗店」など
サボり癖のある人は色々な場所を知っていました。

サボって何をしているのか?

睡眠

営業車などで多いのが
寝ているという人たちです。

スマートフォン・携帯

携帯ゲームをやっていたり
友達とメールやLINEをしていたり
ぱっと見、仕事をしているようにも
見えてしまうのが、怖いところです。

漫画

漫画喫茶に行く人もいるように
漫画を読んでいるという人も
一定数いるようです。

コンビニで立ち読みというパターンもあります。

遊びに行く

ここまでするなら
有給休暇を取っていけば良いのに
と思いますが
遊びに行って、夕方帰社する人もいました。

副業

このパターンは最近多いです。

副業に精を出している人も
結構増えてきています。

その他

パチコンに行ったり、映画を見ていたり
優雅に過ごしている人が多いのも
色々と聞いてみると、本当に驚くような
サボり方をしている人はたくさんいました。

サボりたい営業マンは、あなただけではないけど。。

肯定はしません。
というより、立場上できません。笑

ただ、営業マンがサボりたくなるのは
あなただけではないということです。

偉そうに言って言える私も
過去にそのような時期があったので
わかります。(お察しかもしれませんが。笑)

実際、Googleの検索で
「営業 サボり」では
毎月1,900回検索されています。

そして、1回サボり癖がつくと
それが普通になってしまう
非常に中毒性の高いものが
営業のサボりなのです。

外回りの営業は基本一人です。
誰の目にも止まりません。
外で何をしているか、わからないからです。

ただ、ここで私がサボらないようにと
お説教をしたいのではありません。
今更お説教しても、説得力はないでしょう。。

ただ、言いたいことは1つあります。

営業のサボりの言い訳ほど、不毛なものはない

サボりたい気持ちはわかります。
ただ、サボるためにも結果を出しましょう。

サボって結果が出なかった時の言い訳ほど
上司にとっても、あなたにとっても
不毛なやり取りはありません。

営業は結果を出せば、全てが許される職種
と言うと大げさですが、どうしても
数字で評価されてしまう仕事です。

これは良い面もあれば、悪い面もあります。
しかし、プラスに捉えれば
結果を出せば、そこまで追求されずに
自由に動けることが出来る、ということです。

自由を得るために、営業はまずは結果
今日もコツコツ頑張っていきましょう!

サボり癖を直したいと思う人へ

営業でサボってしまうとき
その時はたいていの場合が
自分の予定が暇な時です。

予定に余裕があるから
サボってしまうのです。
(サボれるようにするために
予定を組んでいる方もいますが。笑)

サボり癖を直したいと思っている人は
気合いや根性で直せないことも
多いものです。

そのために、アポイントや予定を
入れてしまいましょう。

そうすれば、サボっている場合じゃなくなるので。笑
とはいえ、ある程度余裕を持って
営業をしたいという人は
下記の営業のコツを読んでみてください。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓