こんにちは。笹田(@sasada_36)です。

今日のテーマは謝罪について。と、その前に、こんな記事を発見しました。

抜粋:なんかおかしくないか?「謝罪代行会社」大繁盛!本人に代わって謝って一件落着 | JCASTテレビウォッチ

今の時代、謝罪を他人が代行するという、変なことが起きています。これでは、やっぱりダメなんです。社内の人間関係を変えたい、よくしたいと思うなら、ここに発注をかける前に、下の記事を読んでください。

職場の人間関係は謝罪できるかで大きく変わる

職場の人間関係が上手くいかない時には?【瞳子先生の人生相談】第44回 ANGIE

このブログを読んで、確かに!と思ったんです。ここで書かれているのは、謝罪についてです。仕事のミスで上司に怒られたことはありますか?その時、あなたの態度はいかがでしょう?間違いを認め、謝罪できていますか?偉そうに言っている私ですが、謝罪下手なんです。入社1年目、上司から「お前ってほんと謝らないよな」とまで言われたことがあるぐらいです。私は職場のお局上司になかなか謝罪をしなかったのです。

自分の非を認める勇気を持とう

何故当時謝れなかったか。今だから思うことですが、謝って非を認めるのが怖かったんだと思います。なので、「俺悪くないし」とか「それは仕方なくね」とか、思っていた自分がいたんです。しかし、自分も当時の自分を振り返って思いますが、生意気です…笑 こういう部下と一緒に働きたいか、協力したいかと言えば、悩んでしまいますよね。私は嫌です!笑 こうやって、ちょっとしたことでも謝れないと、人間関係に歪みが生まれるのです。

また、謝罪ができない人はさっきの私もそうですが、自分ごとにできないのです。なので、いつも人のせい、環境のせい、と自分で自分の成長を止めてしまいます。どうですか?謝罪をしなくて良いことは何もないんです。百害あって一利なし、とは正にこのこと。強いて言えば、チンケなプライドが守られるぐらいでしょう。

謝るだけではダメ!同じ間違いをしないようにしていますか?

謝れるようになっただけでは、職場の人間関係は変わりません。私の部下で、とにかく謝ってくる、口癖が「すいません」の部下がいました(笑)こいつはなかなかのくせ者で、謝りはするけど同じミスを繰り返すんです。お分かりですよね。謝罪できれば、万事がOKではないのです。むしろ、謝罪した後のあなたの態度・動きが大切なのです。

あやまりは誤りを正してはじめて謝り

人間、誰しもミスはします。しかし、そこから自分がどう動くかこそが大切なんです。謝れていない人は、まずは間違いを認め謝罪するところから。謝っているけど、口だけになっている人は、謝罪した後の自分の動きから。今どっちも出来ているという人は、常に誰にでもできているかというところからやっていきましょう!そうすれば。職場の人間関係は大きく変わるはずです。

まとめ

まずは間違いをちゃんと認め、謝罪しましょう!そして、同じミスをしないようにする、当たり前をちゃんとやりましょう!

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓