売れない悩みは営業マンの会話にほとんど原因があります

営業の悩み
売れないを解決する
営業勉強会のささだです。

営業マンの仕事は
”話すこと”と言っても
過言ではないほど
お客様と話すことが
求められます。

 

しかし、この”話す”という
当たり前のことが
営業マンによって
大きな違いがあります。

 

売れない営業マンほど
自身がスピーカーになって
とにかく話まくります。

つまり、音を出すだけ・話すだけで
お客様のことを
見ていない・考えていないのです。

 

これは営業に慣れていないと
尚更起こりやすくなります。

 

沈黙が怖い

ちょっとでもシーンとすると
ヤバイ、と焦って
まくし立てるように
話してしまうのです。

 

しかし、お客様は
会社で頑張って稼いだお金を
あなたに使うか否か

もっと生々しいところだと
この提案が本当に役に立つのか

上司に話した時に
納得してもらえるのか
(怒られないか)

を”考えて聞いています。

 

そんな考えながら悩みながら
聞いているお客様に
一方的に話しても
逆効果です。

 

よく言われることですが

営業マンは
会話をしなければいけません。

 

メリハリなく
一方的に話していては
3流営業マンです。

 

自分が話すことではなく
お客様が何を
感じるか、感じているかを
常に意識して会話をしましょう。

 

この積み重ねが
お客様との関係性を
より良いものにしてくれます。