営業勉強会の笹田です。

営業打ち合わせだったり、電話だったり、社内の報告だったり、営業マンはどうしても話すこと・伝えることから避けることはできません。営業をしていて、どんなに面白い話ができても、結局は伝わらなければ意味がありません。営業の前提は面白い話や感動する話よりも、まずは伝わる話し方が大切なのです。

そこで今日は「伝わる話し方」について考えていきたいと思います。

伝わる話し方を身につけるためには「何を」と「何の」を意識する

まず、結論からお伝えしましょう!!伝わる話し方に激変させるために、

「何を聞かれているのか」「何の話をしてるのか」

これだけは意識してください。

「今何の話をしているんだっけ?」と思う人は、この2つを意識して話ができていないことが多いです。色々な話をしてしまって、話が散らかってしまうのです。こうならないための対策は、結論から伝える癖をつけることです。

質問されたら、その答えをまずは答える。何かを伝えたいと思い話すときは、「最初に結論から話すと」という一言から話を始めることです。結論から話すことで、「何を聞かれているのか」「何の話をしているのか」脱線することが減らすことが出来ます。

 

話が長く伝わらない話し方の人は物語調で話す

今、学生と話をしていても、本当に話が長いんですよ。なぜなら、話が『物語』で話すからです。これも、結論から話していないがために、このようなカタチになってしまうのです。

ちょっと例を出しながら、考えていきます。

いきなりですが、質問です。桃太郎は何をしましたか?

桃太郎は、川をドンブラコと流れる桃の中から生まれました。その流れていた桃をおじいちゃん・おばあちゃんに拾い、そこから生まれました。そして、成長した桃太郎はサル・キジ・イヌを仲間に鬼が島へ。最後、鬼を倒して、見事おじいちゃん・おばぁちゃんの基に帰っていきました。

これ間違ってると思う人、挙手!!

はい!って手を挙げてくれた人、考えすぎです(笑)合ってます!!けど、論理的に話すということであれば×です!!論理的な話し方とは、道筋をちゃんと立てて話せることです。大切なことは道筋をどこから立てるかです。道筋とは通っていく道です。、道には初めと終わりがありますよね。

伝わる話し方は、相手が何を聞いているか、という終わりから考えられている

伝わる話し方をしたい人は、終わりからちゃんと考えて、話をしてほしいんです。その終わりとは、『相手が何を聞いているか』

さっきの例に戻します。さっき、私が聞きたかったこと覚えてますか?それは桃太郎は何をしましたか?

そうです、これです。そして、”私が聞いた”のはこれだけです。桃から生まれようが、川を流れてようが、イヌが仲間だろうが、ライオンが仲間だろうがはかま着てようが、洋服だろうが、女好きだろうが、男好きだろうが、どうでもいいんです。

つまり、聞いたことにちゃんと答えましょう!!ってだけなんですよ。

伝わる話し方をするための3つのコツ

①難しい言葉を使わない

相手のレベルにあわせて話をすることは非常に重要。難しい言葉ばかりつかって、専門家ぶるのは、自分は気分が良くても、相手からしたら不快でしかないので、気をつけましょう。営業の場では、小学生でも分かる言葉を使う、ということを私は意識しています。

②例えを使って話をする

話が伝わらない最大の理由は、相手の言っていることがイメージを持てないからです。そこでうまく活用したいのが、例え話。相手がイメージが持てるよう、共通の興味があるものなどを使うと良いですね。

③数字を使って、具体的に話をする

曖昧な話し方は、後々のトラブルにもなる要因です。明確に、かつ具体的に話をすることが大切です。ポイントは、数字を使って話すこと。

<数字を使った話し方の例>
NG例:早めにご連絡します
正解例:3日後にご連絡します

NG例:できるだけ安くします
正解例:10%お安く出来ます

曖昧にすると、相手と認識がズレてしまう可能性があるので、数字を使って、共通の認識を作りましょう。

④共通の言葉・相手の言葉で話をする

①とも重なりますが、自分が使っている言葉ではなく、相手が使っている言葉で話すことが基本です。例えば、方言で話をされても、伝わらないことってありますよね。私の祖父は長崎なのですが、方言がゴリゴリなので、たまに何を言っているかわかりません。笑 これでは、伝わる話し方になるわけがありません。相手の言葉で話をしましょう。

⑤考えながら話さない

考えながら話をしてまうと、会話のテンポが悪くなります。会話とは言葉のキャッチボールです。テンポも大切なのです。伝わりやすさの前に、聞きやすさも大切です。結局聞き取れなければ、伝わることはないので。そのために、しっかりと聞き取りやすい話し方も意識しましょう。

⑥「えー」とか「あー」とか言わない

これもテンポを悪くするパターンです。話が間延びしていくと、結局何の話をしているかを聞き手が忘れてしまいます。

⑦ジェスチャーを沿えて話す

話を聞く、ということは、耳だけで聞いているわけではありません。5感には、聴覚だけでなく視覚もあります。どう見えるかによって、相手の聞く気持ちや理解のしやすさもかわってくるのです。

⑧口癖に気をつける

話の聞き手が一度口癖が気になってしまうと、話の本題よりも口癖が気になってしまうことが多々あります。こうなってしまうと、話は全く耳に入ってきません。自分の口癖は何か、是非周りの人に聞いてみてください。

<よくある口癖>
・〜〜ので
・なるほど
・そうなんですね
・だと思います 等など

⑨身だしなみを整える

ジェスチャーのところで話をしましたが、話は耳だけでは聞いていません。身だしなみが整っていないと、相手はそちらに目がいってしまいます。話を集中して聞いてもらえる状況を作るためにも、みだしなみを整えることは大切です。

⑩相手に状況を聞いてから話をする

話を聞きたくない相手とは、自分のペースで話をしてくる人です。話をする人は主役ではありません。聞き手のために話しているのであれば、聞き手が主役です。だからこそ、相手の状況をちゃんと理解する姿勢を持ちましょう。

伝わる話し方を身に着けたらければ、客観的に自分を見てみる

あなたは自分の話し方の癖が何かをご存知ですか?私は営業ロープレをビデオに撮ったり、昔は胸にレコーダー入れて帰りの電車で聞いたりしてました。自分の声ってこんなんなんかいって、涙を流しながら…笑

自分の話し方を客観的に見ることで、自分の口癖や動きの癖、声のトーン、話すスピードなどを全て客観的に見ることができます。定期的に振り返ることで、自分の話し方を改善することが容易になります。また、周りからどう見えてみるかを聞いてみることもオススメです。

 

コミュニケーションの主体は、自分ではない

コミュニケーションは、自分が主役ではありません。話を聞いてくれる相手が主役であることを忘れてはいけません。最後は、思いやりの気持ちを持っているかどうかが、分かれ目なのです。この気持ちがあれば自分の話し方や話す内容は変わります。方法論ではなく、まずは思いやりの気持ちを持つことが、伝わる話し方のコツ、ということを是非覚えておいてくださいね。

端的に話すコツはこちら

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを学んだり
できないので、営業マンとしての
成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長できることもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
50以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

を是非受講してみてください。

実際に営業の個人コンサルティングでも伝え
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講をしてください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を無料プレゼントさせていただきます。

  
【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓