【大企業出身者必見】ベンチャー企業へ転職が不安な人へ伝えたい3つの真実

「大企業からベンチャー企業への転職にあたって心構えがあれば教えてください」
「ベンチャー企業に入るメリット・デメリットって何ですか?」
「ベンチャー企業での転職に関する失敗例を聞きたいです」

このような疑問はありませんか?
大企業からベンチャー企業へ転職するには、不安がたくさんありますよね。

この記事では、大企業からベンチャー企業へ転職を考えている方へ、「実際にベンチャー企業へ入ってショックを受けたこと3つ」を説明します。

この記事を読めば、「ベンチャー企業で働くには覚悟が必要」とわかるでしょう。
大企業から社内ベンチャー、メガベンチャー、フリーランスでベンチャー企業の業務委託も経験した私が記載します。

ベンチャー企業へ入ってショックを受けたこと

①仕事の進め方の違い
②年収の低さ
③営業が難しくなる

ショックを受けたこと①仕事の進め方の違い

メイン業務に集中できない

ベンチャー企業で働きたいと思う人の多くが、転職理由として自由に仕事ができる「裁量権」があるからと答えます
しかし、すべて自由にやらなければならないことの大変さを理解していますか?

私は最初、派遣の営業をやっていました。
ベンチャー企業では労務計算など、自分でやらなければならないことがたくさんあります。

本当にすべて自分でやらなければならないと、営業だけしている場合ではないのです。

  • 請求書を送る
  • 見積書を送る
  • 労務計算
  • 時給計算
  • スタッフに各種連絡

などもしなければならないのです。

 

大企業なら分業ができるため、

  • 事務担当
  • 経理担当
  • バックヤード
  • 労務管理担当
  • スタッフコーディネーター

などの方の助けにより、メイン業務に集中できるのです。

自分のミスが会社を危機にさらす

裁量権が大きすぎることの弊害として、決定をチェックしてくれる人がいません

そのため、自分の判断ミスが会社の命運に大きく関わる危険性があります
なぜなら、自分の意思決定ですべてが進むからです。

大企業は意思決定に関わる人が多いので、相談しなければならなかったり、了解をとらなければいけなかったりします。
時間がかかり裁量権は少ないですが、他者があなたの決定を確認してくれます。

しかし、ベンチャー企業では、
「お前勝手に決めといて」
と言われるくらいの裁量権があるのです。

ショックを受けたこと②年収の低さ

生活水準を落とす覚悟はありますか

生活水準を落とす覚悟はありますか?
ベンチャー企業では年収が下がります

年収が半分になっても、裁量権や、やりがいをもとめてベンチャー企業に入る人は多いです。

転職前の年収が800万円の、ベンチャー企業志望の人が採用募集を見てやってきました。
当時スタートアップを私は経営していました。
聞くと

応募者:「年収がいくら落ちても構いません」
と言うので

私:「月10万円の業務委託費でいいですか?」
と尋ねると

応募者:「大丈夫です。他で稼ぎも作るので」
と返事が。

しかし、実際にやってみたところ、年収の少なさに彼は愕然とします
通帳を見ると「こんな少ないのか」と不安になります。

生活水準を落とさなければならないので、それもストレスです

周りの了解をとろう

年収が下がっても大丈夫か、周りの了解も取りましょう
家族がいる場合は、自分だけでは決められない問題だからです。

自分で頑張ればなんとかなると思っている人は、あらためるべきです。
フリーランスで働く分には、自分の頑張りが稼ぎになります。

しかし、ベンチャー企業の場合は自分の頑張りだけでは、報酬に繋がりません
頑張りをサービスに置き換え、そのサービスが成果をだして報酬になります。

たとえば、フリーランスは代行業として、ライターであれば記事を書くと報酬がもらえます。
しかし、ベンチャー企業では、求人サイトを運営していれば、

  1. 提携先を見つけ
  2. 求人サイトを作り登録してもらい
  3. お客様が求人サイトを利用して

はじめて報酬になるのです。

当時私がスタートアップでやっていた会社は役員報酬をもらっていました。
3年間の内、役員報酬の未払いは2年間でした

稼ぎがないので、ほぼもらっていませんでした。
資金調達もせず、自己資本だけでやっていたためです。

本当にそれでも耐える覚悟はありますか?

ショックを受けたこと③営業が難しくなる

大企業や会社のネームバリューがなくなると、営業が難しくなります
なぜなら、会社の付き合いで会ってくれていたからです。

「独立したので、ご挨拶させてください」といったとき、会ってくれない人はたくさんいました。
私と付き合っていたのではなくて、会社と付き合っていたのだと、あらためて感じました。

あなたのやっていることは、自分でなければいけない仕事か考えてください
それがないまま独立しても、相手は会ってくれない確率が高いです。

それでも会ってくれる人が本当の人脈です。
自分の市場価値がわかります。

まとめ

いかがでしょうか?

ベンチャー企業では自由の代わりに、仕事がやりづらくなり、収入も下がるとお伝えしました。
それでも本当にやりたいのか、一度よく考えてみましょう。

ベンチャー企業に向いている人については、下記の記事でも特集しました。
参考にしてください。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

ベンチャー企業へ転職したい場合にも、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです