転職回数が多い人に読んで欲しい!職務経歴書の書き方

「転職回数が多い場合、職務経歴書に理由を書いた方がいいでしょうか」
「転職回数の多い人は、履歴書や職務経歴書をどう書いてますか」
「転職回数が多いので、時系列よりスキルごとに経歴をまとめた方がいいですか」

このような疑問はありませんか?
転職回数の多さはマイナスイメージがあるので、職務経歴書の書き方に神経を使いますよね。

この記事では、転職回数が多い方へ「職務経歴書の書き方」について説明します。
この記事を読めば「一貫性を説明できることが大事」とわかるでしょう。

転職エージェントとして働き、「人事から求められる人材は何か」ヒアリングできる立場にある私が、記載します。

職務経歴書の書き方

転職回数の多い人が、職務経歴書に書くべき4つの要素について説明します。

職務経歴書に書くべき4つの要素

①身につけたスキル
②一貫性
③一貫性を示す実績
④退職理由を記載

書くべき要素①身につけたスキル

何を持っているのかではなく、何ができるのかを伝えましょう

「英検2級を持っています」と言われるより、
「外国人相手に英語で営業・交渉ができます」と言われた方が、相手もイメージしやすいです。

自動車免許を持っていても運転できない人はたくさんいます。

職務経歴書の内容は面接でも聞かれる内容です。
自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

書くべき要素②一貫性

転職で一貫して磨いたことを説明しましょう
一貫性がないとブレブレの転職という印象を与えます。

たとえば、次のように伝えます。

「エンジニアに、土木作業員、販売員と経験してきました。
その中で交渉力を磨いてきました。

エンジニアではお客さんとの納期の交渉、
土木作業員では職人さんとの作業範囲の調整、
販売員ではお客さんと値段交渉などです。

さまざまな立場における人とのコミュニケーションにより、
お互いがwinwinの場所を探る力が身につきました。」

書くべき要素③一貫性を示す実績

レベルアップしたことを示す

仕事でだした結果を具体的に示す必要があります
企業は実績をだしているか、チェックしているからです。

理想としては「業務のレベル観が上がった」と示すことです。

  • プレイヤーとしてやっていたのがマネージャーになりました
  • 数千万単位の案件から、数億円単位の案件に携われるようになりました

このように、レベルアップしたことを相手に伝えましょう。

スキル毎に職務経歴書を作る

スキル毎に職務経歴書を準備するのも、一貫性を示しやすいです。
「相手の会社が求めているスキルをもっている」
と伝えられれば、即戦力だと思ってもらえるからです。

わかりやすい例で言えば、エンジニアなら

  • プログラム言語Cだけで関連する職務経歴書を一つ作る
  • プログラム言語Javaだけで関連する職務経歴書を一つ作る

といったイメージです。

時系列毎に書くと、さまざまなスキルが一つの職務経歴書に混在して、理解しづらくなるでしょう。

書くべき要素④退職理由を記載

退職理由をこちらから伝えましょう

書く理由として、退職理由がわかれば、採用担当の納得感につながります

やむを得ない退職理由であれば
「それであれば仕方がない」
という気持ちになりやすいでしょう。

もちろん、愚痴のような、言い訳だけの退職理由であれば書かない方がよいです。
自分の退職理由をポジティブに捉え直す、よいきっかけでもあります。

資料を見て自分に会ってみたいなと、
採用担当にポジティブな気持ちを与えられるか、確認してみてください。

退職理由をポジティブに言い換える方法が思いつかない場合は、こちらの記事をご覧ください。

転職回数を武器にする方法

転職回数の多さはネガティブに捉えられがちですが、ポジティブに職務経歴書に書く方法を説明します。

転職した結果スキルが上がったと伝える

転職回数が多いことは悪ではありません。

中途採用は即戦力を採用したいのです。
なので、スキル持ちを採用したいのです。

そのため、「転職した結果、スキルアップしました」と言えれば武器になります
「これだけのスキルをもっている人なら採用したい」という気持ちが強くなれば、採用につながります。

異業種・異職種でも共通点を磨いたと伝える

転職回数が多くなったとしても、スキルに対して一貫性がもてているのか、大事にして欲しいです。

異業種や異職種への転職を重ねてしまっている場合、正直厳しくなります。
しかし、「共通点を磨いてきました」と言えればカバーできます。

たとえば、アパレルの店員から、心理カウンセラーを経て、営業に転職したい場合、次のように考えてみましょう。

「人と話すことが鍛えられた職業でした。
買いたい人を後押す心理、悩んでいる人を励ます心理を学びました。

コミュニケーション能力をさまざまな角度から勉強できたため、
営業職においても人を説得する際に活かせます。」

転職回数は多いと不利?

転職回数の多さは、そもそも不利なのでしょうか?
基本的な疑問を深掘りしていきます。

転職回数の多さは不利

転職回数の多さは不利です
弊社は転職エージェントなので、企業から条件を聞きます。

「どういう条件で採用されますか?どういう人をお求めですか?」

と聞いた際に実際に、

「転職回数○回以上の人は採用しません」と言われるケースがあります

転職回数を気にするのは会社に定着して欲しいから

企業が採用する理由は2つあります。

①結果を出して欲しい

しかし、ただ仕事をしてほしいのであれば業務委託でよいはずです。
そこで、次の理由があります。

②会社に定着してほしい

ある程度の期間働いてもらって、その中で組織や事業を伸ばす人の採用がしたいのです。
そのため、すぐ転職しそうにない転職回数の少ない人が好まれます。

大手企業ほど不利

この傾向は大手企業ほど多いです。
なぜなら、育成プログラムがしっかりしているので、「最初の3ヶ月間まったく営業しません」というケースもおこりうるからです。

お金を払って教えていく期間があるので、教育期間に辞められてしまうと、採用コストが無意味になってしまいます。

転職回数の目安

転職回数で問題にならない回数の目安をお伝えします。

  • 20代は2回まで
  • 30代は3回まで
  • 40代は4回まで

このように年齢の10の位が参考回数になります。
大企業であれば、この基準からさらにマイナス1した値で考えてください。

在籍期間も大事

採用企業は「在籍期間」も気にします

たとえば、3社に転職した場合でも、在籍期間で印象が変わります。

  • 最初の会社に10年いました
  • 2社目を3ヶ月で転職
  • 3社目も3ヶ月で転職

という場合、転職回数は3回で少ないですが
「うちの会社もすぐに辞めてしまうのではないか?」
と不安要素になります。

企業側は

  • 早期退職は怖い
  • ムダ金は避けたい

と考えているので、不安要素のある人材を避けたがる傾向にあるのです。

まとめ

いかがでしょうか?

職務経歴書に一貫性をもたせ、成長したことを記載することで「転職回数の不利を有利に変えられる」とお伝えしました。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでもあなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

職務経歴書の書き方で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

記事を読んでくれたあなたにプレゼントがあります!

営業マンとして成長する最も効果的な方法は
「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに
素晴らしい営業マンがいなかったり
他社の営業マンの良いところを
学んだりできないので
営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが、営業としてもっと成果を出したければ

●実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
●今の営業の現場を知る
●営業マン同士で情報交換をする

自分だけやろうとすれば
成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで
2倍も3倍も成果を早く出すことができます。
成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを
持っていただいたあなたに
大学の頃から営業を始め
今では、営業代行として独立し
100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ
最短3日間で受注を獲得した人
売上目標が未達がなくなった人等など
多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。


下の登録フォームに
「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し
受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが
受講いただいた方には合わせて
ノウハウ&事例集を
無料プレゼントさせていただきます。
   

【営業ノウハウ集】たった1週間で
常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法
メールアドレスを登録ください
LINEでチェックしたい方はこちらから!

友だち追加

↓↓過去の講座受講者からの感想はこちらです