【第二新卒向け】若手特化の転職エージェントを利用する4つのメリット

「転職を考えてますが、転職エージェントを利用すべきか迷っています」
「大手転職エージェントを利用すべきか、若手特化型を利用すべきか悩んでいます」
「特化型の転職エージェントは人脈が狭そうですが、利用するメリットはありますか?」

このような悩みや疑問はありませんか?
特化型といわれると小さい会社をイメージしてしまい、不安になる気持ちありますよね。

この記事では、どの転職エージェントを利用すべきか悩んでいる人へ、「若手特化型転職エージェントを利用する4つのメリット」について説明します。

最後まで読めば、「特化型にしかない強みがある」とわかるでしょう。
転職ハックという、営業職に特化した転職エージェントを運営している私が記載します。

若手特化の転職エージェントを利用する4つのメリット

若手に特化している転職エージェントを利用するメリットは次の4つです。

若手特化の転職エージェントを利用する4つのメリット

①若者の気持ちをわかってくれる
②求人情報が深い
③コンサルタントの専門性が高い
④企業とのパイプが深い

今から詳細をお伝えしていきますが、前提として「絶対ではない」点にご注意ください。

なぜなら、転職エージェントは数多くあります。
記事執筆時点で調査したところ、全国で33,066件ありました。

情報源:厚生労働省職業安定局人材サービス総合サイト「職業紹介事業 許可・届出事業所の検索」

これだけあれば、本業として活動している会社もあれば、他の仕事もあり、そのつながりやツテを使って片手間でやっている会社もあります。

そのため、今からお伝えするメリットが当てはまらないこともあるので、「傾向がある」程度に捉え、大まかにどの転職エージェントを利用するかの指針として利用するのがよいでしょう。

【参考】転職エージェントは増加している

転職エージェントは増加傾向にあり、実際に以前記事を執筆した2021年8月に同サイトで検索したところ、28,513件でした。
本記事執筆時点(2022年4月)で、33,066件ですので、1年も経たずに4,553件も増えています。

▼参考記事
【第二新卒の転職】転職エージェントとは何か!?基礎から解説!

メリット①若者の気持ちをわかってくれる

1つ目のメリットは若手(第二新卒や二十代)の気持ちをわかってくれやすい点です。

というのも、若手特化の転職エージェントは若手の人と日々コミュニケーションを取っているからです。
対象のお客様が若手なので、当然でしょう。

人間の悩みの種類はそれほど多くありません。
転職においても皆が不安に感じるポイントや求めていることは、似通っています。

たとえば、

  • 転職すると年収は落ちてしまうのか
  • ベンチャー企業に挑戦するのは無謀か

などです。

日々若手とコミュニケーションをとるエージェントなら、そういった気持ちを考慮に入れた上で話を聞いてもらえる可能性は高いでしょう。

大手のエージェントよりも若手求職者に寄り添った形で、話を聞いてくれる確率は高いといえます。

メリット②求人情報が深い

2つ目のメリットは求人情報が深いことです。

若手特化型転職エージェントなので、若手向けの求人があります。
ですが悪くいうと、若手向けの求人しかありません。

そのため、深く求人元の企業とコミュニケーションを取っている可能性は高いです。

  • いままで何人をこの企業に送り込み
  • その結果残れたのか
  • 辞めてしまったのか
  • 求人元の企業が本当に求職者に求めている点は何なのか

などといった情報が蓄積しやすいでしょう。
大手の転職エージェントであれば、様々な企業を扱うので情報が分散してしまいます。

蓄積されたデータや経験から

ササパンダ転職エージェント
この企業はあなたに向いている
ササパンダ転職エージェント
あなたの経験では難しい

と的確なアドバイスをもらいやすくなったり、ミスマッチの起きづらい求人を提案してもらえたりする可能性が高いです。

メリット③コンサルタントの専門性が高い

そして3つ目のメリットはコンサルタントの専門性や知識量が深い点です。

採用につなげたいので各企業に適した人材を紹介しなければなりません

すぐに辞められてしまっては、

  • 転職エージェント自身の評判が落ちてしまったり
  • 求人元の企業から適正な報酬を受け取れなかったり

するからです。

これについては、転職エージェントのビジネスモデルについて把握していると理解しやすくなります。

▼「理屈がわからないと行動できない」という人は下記の記事を読めば、転職エージェントがなぜ各企業に適した人材を紹介するのか理解できます。

なので求人先の職種の特性や、若手がどのように考え行動するのかなどを専門的に知っているのです。

このような専門的知識を持っていると、相談する際に頼りになりますし、コンサルタントからの提案も鋭いものになります。

TVのニュース番組でウクライナ問題について、少し物知りな芸能人として呼ばれたコメンテーターにコメントをもらうのと、ウクライナ情勢に詳しい大学で研究している人のコメントをもらうのでは、重みが違ってきます。

専門の方がよいと考える理由は、それと同じです。

メリット④企業とのパイプが深い

信頼できる企業を紹介してもらいやすい

4つ目のメリットとして、企業とのパイプが深い可能性が挙げられます。
特化しているため、関わっている企業の数が大手より少ないからです。

100人の友達を持っている人は、そのすべてと深い付き合いをするのは難しいです。
しかし、10人しか友達がいなければ、10人すべてと頻繁に連絡をとりあったり、深い関係になるのは簡単でしょう。

同様に特化していることで、付き合いのある企業と深い関係になりやすいのです。

深い関係の企業を多く扱っているため、信頼できる企業を紹介してもらいやすいと考えられます。

期待値が高いため深い関係になりやすい

またその分野の専門家を謳っているので、企業からの期待値も高くなります

求人元の要望をかなえやすくするためには、一社一社との関係を深くしなければなりません。
細かいニーズに答えられてこその専門家だからです。

たとえば、楽譜専門の本屋なのに、「シューベルトは需要がないから取り寄せになります」と言っていたら「それなら専門店じゃなくても、家の近くの本屋で取り寄せお願いした方が便利だな」と思われてしまいます。

そのようにならないように、特化型だからこそお客さんの求めている人材を常にヒアリングし、提供しやすくなるように深い関係を保つ必要があるのです。

まとめ

いかがでしょうか?
あくまで可能性の話ですが、傾向としては存在します。

転職エージェント選びの指針に利用していただき、今回の考え方であたりをつけた後に、実際に転職エージェントを利用してみて判断するのがよいでしょう。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけていただければと思います。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

転職で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
転職しなくてももちろんOKです!
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加