営業で「とりあえず資料送付」と言われたときのトーク術

テレアポをしていると、「とりあえず資料送って」と言われるケースは多々あります。

これは、インターネットの普及により営業資料を無料で手に入れることができる場が増えたことにより、起こるようになってきたことです。

正直この言葉は現在においてあまりポジティブな意味は含まれていません。そこで今回は、この言葉を言われたときにどのように向き合えばよいのか解説していきます。

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき①お客様の気持ちを考える

まず最初の向き合い方として、お客様の気持ちを考えることを意識してみましょう。なぜ「とりあえず資料を送っておいて」とお客様は言っているのでしょうか。

ここで注目してほしいのが、「とりあえず」という単語です。つまり、意味も目的もないのです。この場合、ただ電話を切りたいだけというケースも多々あります。

冒頭でもお伝えしましたが、今はインターネットで資料を簡単に手に入れられる時代です。商品の情報は比較サイトや口コミサイトなどでも把握することができます。つまり、ある程度の情報は営業に聞かなくても分かってしまうのです。その状況も相まって、営業から話を聞くと強く売り込まれてしまう、面倒だし時間も作らなければいけないからあまり関わりたくないとの思いがお客様側では働きます。

「とりあえず資料を見て、必要があればこちらから連絡します」と言われてしまうこと、きっと経験あるのではないでしょうか。

この言葉には、暗に「もう連絡してこないでほしい」という本音が隠されていることを意識していただきたく思います。

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき①お客様の気持ちを考えるトが入ります。

「とりあえず」という言葉には、暗に「もう連絡してこないでほしい」という本音が隠されています。お客様がなぜその言葉を発しているのか、考えることが必要です。

▼その他の断りの文言を言われたときの対策はこちらで解説しています。
テレアポの切り返し攻略!よくあるお断り理由とその切り返し8選をご紹介! 

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき②営業がやってはいけないこと

この言葉を言われたときに、営業がやってはいけないことがあります。

「そこをなんとかお願いします」と、ごり押しでアポに持ち込もうとすることです。

「30分時間とれないなら15分、15分もダメなら5分でいいので、お願いします」といった風にアポイントをとることに集中してしまうと、お客様の気持ちを一切汲むことができていないので、お客様との関係構築をはかることは難しいでしょう。

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき②営業がやってはいけないこと

ごり押しはNGです。ごり押したところで、お客様からの印象は悪くなり、アポイントの先の段階へ進むことは難しくなってしまいます。

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき③営業が意識すべきこと

このような状況において営業が意識しなければならないのは、お客様の言葉をちゃんと受け入れることです。

ごり押しするということは、相手の言葉を聞いていない状況をさします。

営業がやりたいことを自分の都合でお客様に押し付けてしまっているだけなので、お客様からすると迷惑だと感じてしまう要因となりかねないのです。

「とりあえず資料を送ってほしい」この言葉は、お断りの文言ではありません。資料を見る、この言葉を素直に受け入れることが、会話を進展させるために重要です。

では具体的にどんなトークが必要なのか、4つのポイントに分けて解説していきます。

とりあえず資料送付:使える営業トーク①ご興味持っていただき感謝します

「資料を見る」これは本来ポジティブな意味の言葉のはずです。

そのため、まず資料を見てくれることに感謝の意を示すことが重要です。「とりあえず資料」この言葉をお断りトークと思い込んでしまうと、感謝の言葉はなかなか出てきません。そのため、いきなり切り返そう、反論しようという形になってしまいがちです。

そうならないように、まず相手の言葉を受け入れ、感謝の思いを伝えることから意識しましょう。

「とりあえず資料送付」使える営業トーク①ご興味持っていただき感謝します

まず相手の言葉を受け入れ、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう、いきなり切り返そうとするのは得策ではありません。

とりあえず資料送付:使える営業トーク②資料は是非送らせていただきます

相手にしっかり感謝と理解を伝えたあと、実行の意を伝えることが2つ目のステップです。

ここでなんとかアポに持っていこうとしすぎると、「じゃあ結構です」と言われる原因にもなります。

「資料を送って」と相手から提案を受けているので、その言葉を受け止め、承諾の言葉を伝えましょう。

「とりあえず資料送付」使える営業トーク②資料は是非送らせていただきます

相手から受けた提案は、まず承諾しましょう。ここでアポに持っていこうとしすぎると、断られる原因にもなってしまいます。

とりあえず資料送付:使える営業トーク③是非お話させてください

テレアポにおいて論理的にトークを進めようとしすぎるのはあまりおすすめしません。テレアポの性質上、いきなりかかってきた電話でお客様は論理的に考えることが難しいからです。感情的に「営業の電話だから早く切電したい」と思う気持ちが強いはずです。

そのためこの状態でできる最善策は、もう一度気持ちをしっかり伝えることです。あなたに会ってお話がしたいという思いを伝えましょう。

また、「資料だけでは伝えきれないので」「御社の課題を解決できるようなご提案をさせていただきたいので」といった理由を後から伝えることも重要です。そのあとに日程を提示してみましょう。

ここで一番意識していただきたいのは、相手とちゃんと会話をするということです。決して自分の都合を押し付けてはいけません。相手との会話のキャッチボールをすることで、お客様は「この人は自分の話を聞いてくれる人だな」と思ってくれるようになります。

テレアポは商談の擬似体験であるといっても過言ではありません。

テレアポの段階で強くごり押しをしてしまうと、商談の際にも強く売りつけられるのではないかと思われてしまいます。

自分の話を聞かず、ひたすら商品のメリットやサービス内容を説明してくる。断ると、また手法を変えて連絡が山のように来る。検討しますというと後追いの架電がまた山のようにくる。

このように思った相手と、果たして会いたいと感じるでしょうか。

テレアポにおいても商談においても「この人ちゃんと会話をしてくれる人だな」と思われることが、関係構築のうえで必須事項です。

「とりあえず資料送付」使える営業トーク③是非お話させてください

もう一度しっかり気持ちを伝えることが、その場でできる最善策です。ごり押すのではなく、会話をすることを心がけましょう。

営業でとりあえず資料送付してと言われたとき④具体的なトークまとめ

「とりあえず資料をください」と言われたときに行うべきポイントをまとめると、

これらになります。

切り返しトークというのは、決して相手を論破することではありません。

相手と会話のキャッチボールをしながら、最終的な落としどころを見つけることがテレアポにおいて大切なことです。

お客様とのトークや今後の営業活動の参考になれば幸いです。

▼資料送付後の対処法についてはこちらでも解説しています!
「資料送って」と言われたテレアポ、あなただったらどう対応しますか?  

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。
(5) テレアポでも、提案をしましょう。無理やりの会話はNGです。 – YouTube

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加