準備が未来を左右する!第二新卒の面接6つの流れと4つの注意点

「第二新卒として転職を考えているが、面接が久しぶりで不安です」
「第二新卒の面接と新卒の面接は、何か違いがありますか?」
「面接を受ける上でどんな準備をすればよいかわかりません」

このような悩みや疑問はありませんか?
新卒と同じように面接を受けて採用されるのだろうか?と不安な気持ちになるのもわかります。

この記事では、第二新卒で転職を考えている人へ、「一般的な面接の流れ」について説明します。
最後まで読めば、「面接の流れが把握でき、何を準備すべきかわかるようになる」でしょう。

転職エージェントを運営し、自社でも面接官を務め、第二新卒を二人採用している私が記載します。

面接の6つの流れ

  1. ①雑談や挨拶
  2. ②事実確認
  3. ③一般的な質問
  4. ④具体的な質問
  5. ⑤逆質問
  6. ⑥お礼

面接で採用されるために、第二新卒の転職では新卒と比べて、意識すべきポイントを変えなければなりません。
「学生 対 社会人」ではなく、「社会人 対 社会人」になるからです。

そのためには、どういった流れで進むのか頭に入れておいた方が、有利に働くでしょう。

今回は、一般的な面接の流れを説明します。

まずは面接をはじめる準備から説明しましょう。

面接前の準備

オンライン

昨今はオンライン面接も多くみられます。
オンラインの場合は、マイクが通じるか、カメラがきちんと見えるのかなど、接続確認を行います。

一般的にはzoomを使用することが多いはずです。
しかし、企業によってはまったく使用したことないアプリを利用することも考えられます。

使用法で慌てないように、友達と接続テストなどをしておくとよいでしょう。

対面

対面の場合は実際に入室し、

ササパンダ面接官
こちらどうぞ

と言われた後に着席しましょう。

流れ①雑談や挨拶

最初は簡単な雑談からはじまります。
基本的には、面接官から声をかけてもらうことが多いでしょう。

ササパンダ面接官
ここまで迷いませんでしたか?
求職者求職者
打ち合わせや時間の調整ありがとうございます。

こういった雑談をします。

流れ②事実確認

その後、事実確認として

  • 入ってきた人が間違っていないか
  • 履歴書
  • 職務経歴書

の内容を尋ねられるでしょう。

流れ③一般的な質問

次に、一般的な質問を行います。

  • 志望動機
  • これまでの経歴

といった、どこの面接でも聞かれる質問です。

流れ④具体的な質問

その後、具体的な説明としてこれまでのキャリアについて詳しく聞かれます。
求職者の考え方や、転職・退職の理由を深掘りする質問です。

たとえば、

ササパンダ面接官
志望理由が「さらに成長しやすい環境に移りたい」とのことですが、前の会社ではどうして成長できないと思われたのですか?

などといった深い質問をされるでしょう。

流れ⑤逆質問

そして、面接官がある程度聞きたいことを聞けた後、

ササパンダ面接官
ありがとうございました。こちらからお聞きしたいことはある程度聞けましたので、逆にこちらに対して何か質問はありますか?

と逆質問の時間になります。

流れ⑥お礼

逆質問の後は

ササパンダ面接官
今回はこちらで以上です。
結果については、あらためてご連絡いたします。

という形で終了する、この①から⑥の流れが一般的です。

面接で注意すべき4点

次の4点は、重要にもかかわらず案外見落としがちな点です。
しっかり意識して採用へ繋げましょう。

面接で注意すべき4点

①ビジネスマナーを意識しよう
②テンポ良く会話しよう
③回答は準備しておこう
④逆質問は必ずしよう

注意①ビジネスマナーを意識しよう

全体を通して意識していただきたいのはビジネスマナーです。
第二新卒の面接なので、社会人としての能力を見られています。

新卒と違い、基本的なビジネスマナーはできていて当然と思われるので、気を付けましょう。

たとえば、言葉遣いや身だしなみといったことです。
最初の挨拶、最後の挨拶でも気を抜いてはいけません。

注意②テンポ良く会話しよう

また、言葉のキャッチボールもテンポを早くしていく意識が大事です。
ダラダラ話したり、相手の質問に対して返事が遅かったりすると、面接で落ちやすくなってしまうためです。

実際に昔、「1分以内で自己紹介をお願いします。」と伝えて、5分程度話す人もいました。
緊張していると、自分でも思ってもいない行動をしてしまうものです。

相手の求めている物を伝えられる様に心がけましょう。

注意③回答は準備しておこう

面接で必ず聞かれる

  • 志望動機
  • これまでの経歴・キャリア
  • 退職理由

は事前に準備が可能です。

どのように答えるのがよいかシミュレーションをしておきましょう

また、具体的な質問として職務経歴書や履歴書に書いてある以上のことが質問されます。
自分に対して、どのような質問が飛んでくるのか、予測をしておくのがよいでしょう。

しかし、自分自身についてどんな質問が来るのか、自分で予測するのは難しいはずです。
転職エージェントと付き合いがある場合は、どのような質問が来そうか、転職エージェントに確認するのも1つの手でしょう。

エージェントに対して、

求職者求職者
採用者の立場に立ったとき、私に対してどういった不安や期待がありますか?

と質問し、回答の準備をしておくことで、面接での安心感が変わってきます。
ぜひ、取り組んでみてください。

求職者営業ハック
一人でできなければ、弊社も転職エージェントですので、プロの目線から正しい方向へむけてアドバイスができます。

注意④逆質問は必ずしよう

「逆質問」は必ず準備しておきましょう。
質問をしたかしていないかが、印象を大きく変えるからです。
実際に入社後、自分の時間を1日8時間仕事に対して使うと考えた場合、大きな決断になります。

自分の人生を預ける相手に対して質問がないのは、相手からすると

ササパンダ面接官
興味ないのかな?
本気じゃないのかな?

と思われてしまいます。

まとめ

いかがでしょうか?

面接は人を採用するのかしないのか、答えをだすものです。
そこから逆算し、自分は何を伝えるべきなのか、相手はどういうことを気にするのか、を整理した上で面接に臨みましょう。

ある程度予測をして臨めば、面接の成功確率は大幅に上がります。

今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

転職で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加