【転職面接】面接官だけが知っている損するNGワード7選

「転職面接で緊張してしまいうまく通らないことが多い」
「面接での受け答えをシミュレーションしておりヒントが欲しい」
「面接官側はどのようなフレーズを嫌がるのか知りたい」

このような悩みや疑問はありませんか?
面接で落ちても、どこが悪かったと言ってくれる人はいないので、面接官側の本音が知りたいですよね。

この記事では、転職面接でお悩みの人へ、「面接で損をするNGワード7選」について説明します。

最後まで読めば、「普段からNGワードが口癖になっていないか意識するのが大事」とわかるでしょう。
弊社転職ハックで多くの人を面接官として見てきた私が、実用的なアドバイスを記載します。

面接で損するNGワード7選

採用する側の気持ちで見たときに、どんな気持ちで見ているのか。
それは、自社で長く活躍してくれるか否かです。

というのも、スキルやノウハウや実績は大事ですが、それは書類を見ればある程度予想が立てられるからです。

そのため、面接では次の3点を見ています。

  1. 印象
  2. 考え方
  3. 話し方

この3点を通して、ネガティブな印象を与える考え方、話し方をする人かどうかを見ています。

なぜならポジティブな人の方が、辛いことがあっても乗り越えるために頑張ってくれそう、長く働いてくれそうと思えるからです。
そこで、具体的にどのような言葉がネガティブなのか、面接でよく聞く7つを説明しました。

面接で損するNGワード7選

①たぶん
②一応
③とりあえず
④でも・ただ
⑤よろしければ
⑥なんとなく
⑦なんでもよい

NGワード①たぶん

「たぶん」は自信のなさを感じさせます
面接官からすると発言内容に対して、「きちんと教えて欲しい」「考えて答えて欲しい」という気持ちになるからです。

面接官「志望理由を聞かせてください。」

求職者「たぶん、御社で働くと自分のこれまで培ったスキルが活かせて、御社に貢献できると考えたからです。」

このような受け答えだった際に「多分?スキルが活かせるの?活かせないの?きちんと教えてよ」と思われても不思議ではないでしょう。

また、自信のないようにも面接官に思われます。
そうすると、
「この人に仕事をお願いしても大丈夫か?お願いしたくないなぁ。」
と思われてしまいます。

NGワード②一応

「一応」も「たぶん」と同じで使用しない方がよい言葉です。
前置きに使用したり、濁して表現したりする際に使う言葉ですが、
口癖になっている人がいるので注意しましょう。

  1. 自信のなさや
  2. 決断力のない印象

を与えます。

面接官「弊社は第一志望でしょうか?他に受けている会社はありますか?」

求職者「一応第一志望です。」

こう言われれば、「第一志望と言い切るのを避けたい何かがあるのかな?」と思われてしまいます。

NGワード③とりあえず

「とりあえず」は何も考えていない印象を与えます

面接官「なぜ弊社を志望されたのですか?」

求職者「とりあえず縁があって・・・」

このようなやりとりでは、何も考えていないと面接官に判断されても仕方がありません。

また、再現性のなさを感じさせてしまいます。

面接官「あなたの営業で成果を出している秘訣は何ですか?」

求職者「とりあえず訪問することです。」

このような受け答えでは、うまくいった理由が不明瞭なため、同じ成果は期待できなさそうだなと思われてしまいます。

もちろん、「はじめのきっかけはとりあえずだった」というエピソードを話したい時もあるでしょう。
その場合は、

「当時はとりあえずやってみてうまくいきました。
あらためて今振り返り分析してみると、○○が成果に結びついたのだと思います。」

このように、具体的に伝える意識をぜひ持ってください。

NGワード④でも・ただ

「でも」「ただ」は「相手が間違っている」印象を与える言葉です。
商談がうまくいかない状況で、お客様に対してどのようにコミュニケーションをとるのか、面接官は気にしています。

その時に、相手の言葉に被せるように「いや、違うんです」「でもですね」「ただですね」と多用すると、
「言い訳ばかりするやつだな」「こちらの言い分はきかないやつだな」という印象を与えます。

コミュニケーションの前提は、相手の言葉を受け入れることです。
「ご指摘ありがとうございます。一点だけ補足をさせていただくと、否定するような形になってしまうのですが・・・」

と前置きの言葉をきちんと伝えることで
円滑なコミュニケーションが取れるというアピールに繋がります。

面接官「あなたの営業テクニックを教えてください。」

求職者「私のスタイルは、とにかくお客様の所に訪問します。
商品を求めていない人はいくら説得しても買ってもらえないので、必要としている人に当たるまで、飛び込み営業しつづけます。」

面接官「それは、都会だからできたのではないですか?弊社は人口の少ない田舎なので厳しい・・・(割り込んで)」

求職者「でも住んでいる人はいるはずなので、できるはずです。」

このようなやりとりでは、相手に配慮せず主張しているようにしか聞こえませんね。
少なくとも、相手の言い分を受け入れるワンクッションは必要でしょう。

NGワード⑤よろしければ

「よろしければ」も消極的な印象を与えます
もちろん、謙虚な気持ちを示すことは大事で、相手によっては好印象に受け取られることもあるでしょう。

しかし、面接を受ける側が会社を選ぶ権利もありますが、会社も採用するか選ぶ権利があります。
「ぜひ御社で働きたいと思っています」ときちんとお願いをすることが大事だと私は考えています。

その理由は、積極性がある印象を与えるからです。
もちろん、相手から選ばれるような立場なら「よろしければ」でもOKです。

ですが、「入社したい!」という気持ちがあれば「ぜひよろしくお願いします。」を使ってみましょう。

NGワード⑥なんとなく

「なんとなく」は、コミュニケーション力が弱い印象を与えます。
ビジネスでは、具体的に伝える姿勢が大事だからです。

面接官「どうして弊社を志望したのですか?」

求職者「なんとなくよいと感じたからです。」

これでは何も伝わりません。
この「なんとなくよい」と感じたことを具体的に伝える姿勢が大事です。

商談をしているときも、お客様にオススメの理由を伝えるときに「なんとなく弊社の商品はすばらしいので買ってください」という営業マンはいません。

コミュニケーション力がありそうと思われるためには「なんとなく」は使用しないようにしましょう。

NGワード⑦なんでもよい

「なんでもよい」は計画性のなさを感じさせます
何も考えていないからなんでもよいのだな」という印象を与えるからです。

面接官「弊社で働いたら何がやりたいですか?」

求職者「なんでもよいです。ぜひやらせてください。」

積極的に見えるかもしれません。
しかし、自分で考える能力がある、計画性があることを面接ではアピールすべきです。

たとえば、「今日の夕飯は何がよい?」と聞かれて「なんでもよい」では、積極性のなさ、考えようという意思のなさを感じさせるでしょう。
「なんでもよい」と伝えると「考えない人なんだな」という印象を与えます。

まとめ

いかがでしょうか?
同じ内容を伝えるにしても、言い回し1つで大きく相手に与える印象は異なります。

今回の内容を参考に、トークマニュアルを自分で考えてから面接に挑んでみてくださいね。
今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

面接で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加