スキルがなくても大丈夫|第二新卒の転職可能な業界とは◯◯だ

「第二新卒で転職できる業界はありますか?」
「第二新卒を企業はなぜ雇おうと思うのでしょうか?」
「第二新卒も新卒と同じように行動すればよいですか?」

このような悩みや疑問はありませんか?
スキルや経験のない業界に、早期退職した第二新卒が行けるのか不安になりますよね。
この記事では、第二新卒で転職を考える人へ、「第二新卒で転職可能な業界」について説明します。

最後まで読めば、「未経験でも大丈夫である」とわかるでしょう。
営業に特化した転職エージェントを運営し、転職経験豊富な私が記載します。

第二新卒とは

新卒で入社後3年以内に退職、転職する人を第二新卒と呼んでいます。

第二新卒はどんな業界にもいける

第二新卒が転職可能な業界は、すべての業界です。
というのも、第二新卒の受け入れは業界により差があるわけではないからです。

会社として第二新卒を受け入れている方針があるのかが基準になります。
リクナビ、マイナビなどの新卒の求人媒体をみていただくと、全業種網羅されているのがわかるでしょう。

たとえば、Indeedで第二新卒の求人で検索をかけました。
表示された物から順に記載すると、「漫画の編集者」「子ども支援のNPO職員」「マーケティング会社の総合職」「大学職員」と多種にわたっております。

もちろん、技術の研究員、作曲家などのような、事前に知識を必要とする仕事は難しいです。
しかし、会社の中で育ててもらえる仕事の範疇であれば新卒と同じ選択肢をもっています。

▼「どの業界でも入れる」と希望を感じる一方、自由すぎて不安という人もいるかもしれません。
こちらの記事を読めば、未経験でも始めやすい職種がはっきりしてきます。
ぜひご覧ください。

第二新卒を受け入れる2つの理由

なぜこれらの会社は第二新卒を受け入れてくれるのでしょうか?
新卒採用では不十分な理由があるのでしょうか?

多くの新卒採用を行っている会社は、第二新卒も採用しています。

第二新卒を採用する大きい理由は、

  1. 新卒で若手を採用しきれなかった
  2. 数や質が新卒では不足してしまった

です。

このような事情のある会社が第二新卒の採用を行っています。

転職理由はしっかり準備しよう

新卒の不足分を採用しているからといって、第二新卒の転職活動を、新卒と同じ気持ちで受けてはいけません

面接では「なぜ早期退職したのか」「なぜあらためて転職しようと思ったのか」を必ず聞かれます
その際に、新卒の就職活動と同じレベル感で対応すると必ず落ちるからです。

同じレベル感とは、「わからないのだから会社が教えてくれる」「会社説明会などがあって親切に対応してくれる」などの感覚です。

同じレベル感の人を採用するのであれば、新卒を採用した方が若いし、他に染まっていないので組織に馴染みやすいと考えられてしまいます。
採用担当は、第二新卒を雇うのであれば、自分でしっかり考えられる人を雇いたいのです。

なので、一度働いてみた結果「その業界・会社・職種で働くべきでなかった」と思った理由を、しっかり準備しておいていただきたいと思います。

しっかりとした意見をもっていれば、採用担当も
「単純に仕事が嫌いで辞めたのではないのだな。自分で考えた結果の行動なのだな。」
と思うからです。

たとえば、

  • やれることに全力を尽くしたが、前の業界では上げられる給料に限界が見えてしまった。
    取り扱う金額の多い不動産業界の営業として活動したい。
  • 残業が多すぎてきつかった。
    減らすために仕事を効率化し、上司に提案などもしたが、効率化した分だけ別の仕事で埋められてしまいメンタルが休まらなかった。
    努力を量でなく結果で評価してくれる会社へ転職したい。

など、自分の努力をした上でどうにもならないことを変えたくて転職した、などと伝えるのもよいでしょう。

▼とはいうものの、すぐにはよい転職理由が思いつかないと思います。
そこで、転職理由を考える際に迷わず考えられるようになる記事も用意しました。ご覧ください。

また、転職理由だけではなく、退職理由も同様に必ず聞かれます。
こちらの記事を読んで準備しましょう。

第二新卒で業界を変える、チャレンジするのは悪いことではありません
「働いてみたら違った」は当然起こるからです。

「第二新卒だから何もわかりません」という心構えではなく、自分の意見や考えをしっかりもって面接に臨みましょう。

第二新卒にスキルや経験は不要

第二新卒はスキルや経験を求められているわけではありません。
基本的に求められていることは、素直に新卒同様に頑張ってくれることです。

ただし、完全に0からの開始では困ります

  • ビジネスマナー
  • 業界の理解
  • 社会人としてのあり方
  • 振る舞い方

こういったことは面接官に見られていると認識しましょう。

逆に言うと、これらの点をできますと言えることが、新卒よりも有利に立てる点です。
しっかり伝えてアピールしましょう。

▼第二新卒が未経験でも問題ない理由について、詳細はこちらの記事で述べています。
「今の会社は辞めたいけど、スキルや経験のなさが悩みなんです」という人はぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか?
第二新卒はスキルや経験がなくても、どの業界にも転職可能です。

記事の内容を参考に、やりたい業界に挑戦してくださいね。
今回の内容を一枚の画像にまとめました。

私の記事が少しでも、あなたの転職の役に立つことを願っています。
LINEやコメントで、転職に関する質問も受け付けています。

第二新卒の転職で困ったことがあった場合には、お気軽に相談してくださいね。
転職しなくてももちろんOKです!
応援しています!

▼YouTubeでも発信しています。
他にも有益な情報発信を続けておりますので、見てくださいね。

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加