fbpx

成果報酬型営業代行のささだ

営業がいない、営業を育てている時間がない。お金を掛けられない。そんな悩みをお持ちなら、リスク0で売上UP!成果報酬型の営業代行に。

セールスアナリティクスチームメンバー募集

セールスアナリティクスチームメンバー募集

営業ハックのささだです。

今回、コールスタッフを募集いたします。

コールスタッフと聞くと、テレアポやコールセンターでひたすらに電話をかける仕事で世の中的には人気の低い職種です。過去に私も事務系・コールスタッフを中心にご紹介をする派遣会社で働いていたことがあるので、肌で感じております。特にアウトバウンドのコールはお断りやガチャ切りされることも多く、営業をしていてもストレスが多い仕事の1つです。

ただ今回、この営業での架電作業を変えるべく、スタッフの募集を行うことを決めました。

今回何をやるのか?

営業ハックでは今多くの会社・企業の営業代行・コンサルティングを実施させていただいております。

その中で1番多くご相談をいただくのが見込み客開拓・新規開拓営業です。

「新規の顧客が欲しい」

このご相談が圧倒的に多いと言うことです。私は過去にスタートアップの役員を務めていました。この時の経験からまずは既存のクライアント・お客様を大事にし、退会を防ぎ、長く使ってもらえるサービス作りの重要性・大切さを身に染みるほど学んできました。ただ一方で、既存顧客だけでビジネスが安泰かというと決してそうではなく、新規開拓も並行して行っていかなければいけません。

理由はどんなに良いプロダクトであったとしても、サービスであったとしても、世の中や市場の変化、お客様の考え方や方向性の転換などにより、成果を出し続けていたとしても利用停止になることがあるからです。またサービスを特定のお客様だけのものになっていると、サービスとしての成長も止まります。ただ既存顧客とのコミュニケーションやプロダクト開発は自社内でしかできません。

だからこそ、営業ハックのような営業代行会社や代理店が見込み客開拓・新規開拓を行い、縁作りのきっかけを生み出すことが求められるケースは非常に多いのです。

私はもう5年以上営業代行事業で独立してやってきました。この間、多くの失敗やお客様にご迷惑をおかけしたこともありました。ただ様々な経験を通して、今営業を代行する価値、もっといえば営業ハックとしてやっていきたい想いは

世の中の無駄をなくす

というミッションです。営業に特化した支援会社ですが、営業からできること、世の中を変えられることは非常に多いと思っています。さらに、日本で4番目に多い職種である営業・販売職は、日本の就業者13%を占めています。日本の営業が変われば、日本で働く人たちの1割を変えることに繋がります。さらに営業は人と話すことが役割の仕事のため、その影響はもっと大きいと考えています。

営業は仕事における無駄や情報格差が大きく、損をしている人・もったいない人が非常に多いです。そして、その営業の損・もったいなさはダイレクトに営業が担当しているお客様に影響をしてしまうわけです。最適な答えを知らない営業が最適な答えをまだ知らないお客様に営業をしてしまえば、それは結果として世の中・社会にとって不利益を生み出していることになります。

だからこそ、私がやりたいことは

営業は顧客と向き合うことに集中できる環境と仕組みを作る

ことで、この環境と仕組みがあれば、営業のストレスも現場のミスマッチもなくなると信じています。

そして今回の具体的なプロジェクトは

営業の実験を全て行い、全て公開する

と言うことを目指しています。

営業は仮説と検証の連続だ

この言葉は私がまだ20歳だった時、とある上場企業の営業マネージャーの方から就職活動の時にいただいた言葉です。

最終的にはこの会社に入社はしなかったのですが、今でも自分の中で大事にしている言葉の1つです。

私は10年以上営業をやってきて、様々な実験を重ねてきました。そして、その経験や体験、学びはYoutubeやTwitter、またこのブログなどでどんどん発信しています。しかし、ここ最近の想いはもっとたくさんの実験をしたい!という気持ちです。

今の私の会社は数人のパートナーの方とこじんまりとやっている営業支援会社です。まだまだ私も前線で営業をしています。まだまだ営業を止めるつもりは毛頭ありません。ただ、もっと細かい実験をしたり、その実験結果を多くの営業パーソンに届けたいと思った時、現在の営業ハックの体制ではマンパワー的に限界があります。

そこで今回、営業ハックとしてはまずは電話営業・テレアポ・テレマーケティング等の電話を活用したアプローチの実験を強化したいと考えています。

デジタル時代だからこそアナログ営業の先進を

これだけインターネットが普及し、ITツールも増えた昨今でも、まだまだ営業のメインアプローチ手法は「飛び込み営業」と「テレアポ」です。この結果は今度どんどん縮小していくことは間違いないと思ってます。

MAを難しい(使いこなせない)と感じる機能はなんですか?

画像引用:エムタメ!

一方で、ベンチャーやスタートアップなどプロダクトを作ったばかりの会社や広告に予算を割くことが難しい会社は、まだまだこういった営業手法に頼らざるを得ない状況は続くはずです。そして、こういった手法を用いることで現場の営業に負担がいくことは必至です。だからこそ、こういった現場で頑張っている営業のためにもうまくいった手法・うまくいかなかったことをどんどん公開していきたいと思っています。

デジタルの時代だからこそ、アナログの営業が生きることもあります。またそれを求めているお客様もいます。そういった人たちの出会いも作っていけたらと思っています。

営業ハックはセールスアナリティクスチームを作ります

長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。

色々とお伝えをしましたが、今回のご相談は「セールスアナリティクスチーム」のメンバー募集です。

ただまだまだ営業ハックは営業フリーランスだった私が法人化をしたというレベルの超零細企業です。なので、いきなり高待遇をお出しすることは難しいです。ただこれから仕込んでいるビジネスは4つあります。どれも営業を現場から変えるための取り組みなので、飽きることはないと思います。笑

私が持っている営業ノウハウは全てお伝えしていくので、是非お力を貸していただければと思っています。

募集内容

  • 仕事内容:コールスタッフ、およびコール業務に付随する入力作業
    • コール内容:リサーチ架電・テレアポ
    • 付随作業:Excel・専用ツールへの入力、架電結果報告(メール・チャットツール)
  • 勤務地:日本全国可能。完全在宅勤務。
  • 勤務時間:10:00~17:00(12:00~13:00を除く)のうち3時間
  • 勤務日:平日週2日以上 ※BtoB営業がメインとなるため、土日のみの勤務は今回不可となります。
  • 必要スキル、条件など:パソコン・ネット回線・電話回線(スマホ可)・必要最低限のパソコン操作
  • 雇用形態:業務委託
  • 契約期間:3ヶ月〜(双方合意の上で継続・延長予定)
  • 想定時給:時給1,000~2,500円(最初は全員1,000円からのスタートとなります)

4つの約束

テレアポ・アウトバウンドの営業電話はどうしても体育会系の印象が強く(私がいた会社もそうでした)、とにかくストレスフルな環境が多いです。ストレスを0にすることは難しいですが、できる限りストレスなく楽しく営業でき、成長できるように4つの約束をさせてください。

営業ハックの4つの約束
  1. 強引な売り込み・アポ取りはしません/させません
  2. 量で全てを解決するようなことはしません/させません
  3. 1人の営業として成長できる環境を整えます
  4. 結果は報酬に反映させます

強引な売り込み・アポ取りはしません/させません

営業やテレアポ、アウトバウンドコールが辛い理由は無理な売り込みをするからです。

無理な売り込みとは具体的に2つの要素があります。

  • 必要のない人に無理やりアプローチをする/続ける
  • 必要のない・価値の薄い商材を営業する

つまり、商材か営業先のどちらかに問題があると言うことです。私はこれまで50社100商材以上の営業をしてきました。この中で独立当初は怪しい商材、価値がわからない商材をお引き付けしたことも恥ずかしながらありました。ただ結果は惨敗。やはり売りたい、売れると思えるものでなければ、人は買ってくれないことを私は知っているので、今回のチームメンバーにもそんなことはさせません。

量で全てを解決するようなことはしません/させません

テレアポ・アウトバウンドはよくも悪くも量をこなせば、一定の成果は出ます。

しかし、断られ続ければ営業のモチベーションはなくなり、どんどん疲弊していくだけです。もちろん営業として一定のアプローチをしていただく必要はあります。しかし、とにかく数をかけまくって成果を出すようなアプローチは絶対にしません。

1人の営業として成長できる環境を整えます

今回の仕事内容・作業内容は「アウトバウンドコール」です。

ただ私は営業コンサルをさせていただく中で複数社テレアポ代行会社とコンタクトをとってきました。そこで感じたことは、ただ準備したスクリプトを話させるだけの営業会社が非常に多いと言うことです。

今回のコール・アウトバウンド業務はもちろんクライアントがいます。そのクライアントに成果をお届けすることは1つの目的ですが、もう1つ大事な意味合いとして営業結果を検証・改善することにあります。

この検証・改善プロセスに一緒に入っていただくことで、より営業として成長できます。と言うよりもしていただきます。

結果は報酬に反映させます

まずは時給制での勤務をお願いしています。

しかし、これはあくまでスタートラインです。結果が出たら出た分をしっかりと成果として還元させてください。

やっぱり営業なので稼げないと、と言う気持ちを私も持っているので。

こんな人と出会いたい!

思いつくままに書き出してみます。

  • テレアポ・営業経験者
  • テレアポ大好きな変わった人(笑)
  • 人と話すのが好き
  • 人の話を聞くのが好き
  • 電話をかけるのが好き
  • 短時間で稼ぎたい
  • 副業・兼業に興味がある
  • 営業スキルを身につけたい
  • 営業として成長したい
  • 本業で成果を出したい
  • 成長できる場が欲しい

ただ1つ約束をしてください。「成長したい」「稼ぎたい」どんな目的であっても大歓迎です。ただあくまでこれは仕事です。クライアントもいます。なので、責任感を持って取り組んでいただける方を募集したいと思います。

応募方法

まずは下記フォームに必要事項のご登録をお願いいたします。

こちらご登録いただきましたら、2営業日以内に笹田からメールにてご連絡させていただきます。

笹田連絡先:[email protected]
※2営業日以内に連絡がなかった際は、お手数ですが上記宛にご連絡ください。

その後、一度オンラインでの面談をさせていただき、採用可否をお伝えさせていただきます。

一緒に営業の世界を変えましょう!御応募お待ちしてます!

追伸:営業は楽しい

営業は楽しい

と声を大にして言っても、正直人それぞれだと思います。楽しいと思う人もいれば、楽しくない・辛いと思う人もいると思います。

ただ営業ハックでは「営業が楽しい・面白い」と思える環境を作ります。というより作らなければいけないと思っています。実は先ほどお伝えさせてもらった新規事業の1つに「営業部コンサル」があります。営業コンサルじゃありません。営業”部”のコンサルティングです。

セールスイネーブルメントという営業組織を強化・改善するための取り組みが徐々に日本でも広がってきています。個人に依存せず、組織として営業力を上げるという考え方が広がってきた今だからこそ、営業ハックでも組織としての営業力をあげたいと思っています。

また組織の成長はその組織に所属している個人の成長にも繋がると私は考えています。環境できる場・組織を作るので、ご参加お待ちしてます!

アポ100

きっかけは500コールでアポ0の相談でした

昨年からYoutubeチャンネルをスタートさせ、営業やテレアポのアドバイスを配信もらっているのですが、そこでこんな質問をいただきました。

保険代理店のテレアポの営業に就職した20歳の女です。 営業という仕事は初めてで、入社1ヶ月です。 今は資料送付の電話を一日500件、お客様にかけているのですが、なかなか送れず、一日一件も送れない場合が多いです。 しかし上司からの圧がすごくてきついです。アウト返し2回はしているのですが、なかなかお話を聞いて頂けません。 営業がしんどいです。

1日500コールですよ。個人向けで不在も多いということを加味しても、これだけ電話をかけて、アポや資料送付が0なのは、電話をかけている人の責任ではなく、組織としてテレアポ・営業戦略に問題があります、間違いなく。

実は私もテレアポでクビになった経験があります

私が人生で初めてテレアポをしたのは20歳の時。東京市ヶ谷にある人材会社で大学3年生の時に長期のインターンシップでした。実はこの前に飛び込み営業のインターンシップを4ヶ月やりきり(周りの子はほとんど1ヶ月でリタイヤ)、ちょっと自信をつけ始めたタイミングで挑戦しました。

ちょっと意識高い系の学生だった(笑)私は、テレアポ関連の本を読み漁り、めちゃくちゃアポを取ってやるぞと意気込んで臨みました。結果は3ヶ月契約だったにも関わらず、2ヶ月でクビという悲惨な結果です。理由は単純で2ヶ月間でアポが2件しか取れなかったからです。

この2ヶ月間で私は1万から2万コールはしたと思います。研修もなく、入社翌日から1人で電話をかけまくっていたので、とにかく架電数ばかりが増えるという状況でした。1万架電でアポ2件、アポ率驚異の0.02%です。2%じゃないですよ。0.02%です。クビになるのも当然ですが、もう少し助けて欲しかった。。笑

今でも市ヶ谷にいくと、当時のことを思い出します。今こうやって営業をしている自分、頑張ったなと褒めてあげたい。。ほんとよく辞めなかったなと。笑

テレアポには構造的に闇がある

テレアポはそもそも構造的に社員に無理をさせた方が安上がりになる方法になっています。

テレアポ代行、営業代行会社が行っているアポ代行サービスをご存知ですか?これは字の通り、テレアポを代わりに行ってくれる会社があるのですが、こういったサービスの単価は1アポ1~3万円が相場です。

例えば、社員を雇って、保険料など込み込みで一人当たりの人件費を40万円の場合。20営業日だと、1日当たりの2万円です。つまり、テレアポ代行会社にアポを取ってもらう単価と1日当たりの人件費がほぼ同額なのです。同じお金を払うのであれば、社員を雇って、ガンガン電話をかけさせた方が、アポ単価は安くなるし、他の仕事もお願いできてお得という仕組みがテレアポなのです。。。

相談をしてくれた20歳の女性の方も、きっとこういったマネジメントをしている会社に入ってしまったのだと思います。しかし、同じ状況の人は少なくありません。

テレアポの定義を変えればもっと成果は出せる

テレアポをなんと定義しますか?

電話(テレフォン)を使ったアポイント獲得業務でしょうか。ほとんどの人がこのように定義していると思います。

しかし、この定義がテレアポを頑張っている人を苦しめる元凶です。

ちょっと脱線しますが、最近知らない人から掛かってきた電話に出ますか?私は出ません。留守電が残っていなければ基本折り返しもしません。理由は営業電話ばかりで、たまに詐欺めいた電話もあるからです。知り合いで本当に必要な電話なら、LINEやFacebookメッセンジャーで連絡をしてくるはずなので、わざわざ電話に出る必要はないと思っているからです。

コミュニケーション手段が増えた昨今ではわざわざ電話で話さなくても良い環境が整ったと言えます。言い換えれば、電話でいきなり「初めまして」と言われても怒られる環境になっているわけです。

話を戻します。テレアポを電話を使ったアポイント獲得業務と定義してしまうと、電話をする内容を超短縮すると「初めまして。来週私に会ってください」という内容になります。どうですか?おかしいですよね。初めましての挨拶の電話で、来週時間くださいと不躾にお願いをしているわけですからね。アポイントが取れないのは当たり前で、その当たり前を許容して、ごく一部のアポイントをくれる人を見つける作業がテレアポということです。

ただ先ほどお話をした通り、1日1アポでも取れれば、アポ代行会社と比較をすればコスパが良いので、結局社員に電話をかけさせるというマネジメントが横行してしまうわけです。

私はテレアポの定義はこのように考えています。

電話を使ったマーケティング業務です。

もう一度言います。

電話マーケティング

です。

元々、テレマーケティングという言葉があります。テレアポは新規向けの電話アプローチですが、テレマーケティングは既存顧客に向けての提案や市場調査などを指していることが多いです。ただ私が考えている電話マーケティングは従来のテレアポやテレマーケティングとは違います。

マーケティングとは何か?Wikipediaではこのように書かれています。

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念

出典:マーケティング | Wikipedia

経営学者ピーター・ドラッカー氏「マーケティングの理想は、販売を不要にするものである。」と述べています。

”電話マーケティング”の理想は電話を使って販売を不要にすることです。

テレアポはマーケティングから逆行する動き

テレアポは販売をしなければならない営業手法です。なぜなら、相手が必要としていないタイミングで求めていない電話をかけ、なんとか会ってもらうことを”お願い”するアクションだからです。営業と顧客の関係において、買ってもらうことではなく会ってもらうことをお願いすることから始まります。

テレアポを求めている人はいない

これが長年営業をしてきて私がたどり着いたひとつの解です。テレアポは相手の印象から考えればマイナススタートとなっているということです。そして、この求められていないことを大量に行うがために、営業は電話をするたびにガチャ切りをされ、怒られ、涙するという結果になってしまうのです。

営業を効率化するために電話を活用する

コミュニケーション手段が無数にある昨今で、あえて電話を選ぶことでできることを実現させていくのが電話マーケティングです。私は電話営業(広義のテレアポ)を悪だとは思っていません。電話だからこそ話せる人もいる、電話だから深い話ができる人もいるからです。

そして、この電話マーケティングの極意をお伝えしていくのが”アポ100”です。

アポ100とは何か?

「アポ100」とは「テレアポ基本教材とマンツーマンコンサルティング」をセットにした、アポイント獲得100件を達成するまで相談無制限のコンサルティングメニューです。

結局アポを取るんかい!と怒らないでください。今、現場の営業が1番苦労しているのは新規の顧客獲得です。これは今も昔も変わりません。ただ昔よりも競合も情報もツールも多い昨今では難しくなっています。その中で今尚、テレアポが営業の主流になっていて、会社からも電話をかけることを強制されている人が非常に多いことを、Youtubeをアップしてテレアポ相談をテストで実施してきた中で感じています。

アポイント獲得の手段は増えましたが、現場ではまだまだテレアポをしなければいけないという人が非常に多い。そういった悩みを抱える人のための取り組みです。

私と一緒にアポイント獲得100件を達成する過程を通して、電話マーケティングの基本的な考え方から自社商材および自分にあったマーケティング戦略を確立し、いつでも必要な時に短時間でアポイントが取れるようになってください。

●見込み客・リード獲得が必要なときに

●短時間の電話アプローチでアポイントが取れるようになり

●テレアポや見込み客開拓で困らない営業になる

ことを目的としています。

短時間というのはどれぐらい短時間かというと最低1時間1アポが最低限の目標です。私の経験上、リストを事前に準備しても、相手のことをちょっと調べたり、過去の履歴をチャックしたりする時間を含めれば、1時間で25件前後が電話をかけられる件数の上限です。(1日500コールの場合、残業込みで1日10時間勤務としても1時間50コールなので、これはもうおかしなレベルです)

25件の架電で1アポがミニマム目標、つまりアポ率4%を目標と考えています。せめて1時間に1アポは取りたいですよね。私がテレアポをやっていた時はこれが1つの目安にしていました。1日フルで電話をかければ、8時間勤務で8アポ。これを週2回やって、1週間で新規16アポで、残りの週3日で既存の取引先と合わせて訪問していく流れでトップセールスになりました。

アポ率が2%の人が4%になれば、今の半分の時間でテレアポが終わるということです。同じ時間をかければ倍のアポイントが取れるようになります。

これが”アポ100”の目指す姿です。

アポ100はトークではなく、電話アプローチ根本を見直します

テレアポを見直す時、多くの人が取り組むことがトークスクリプトの見直し・修正です。トークスクリプトの改善はもちろん重要ですが、テレアポの8割が担当者と話せない不在もしくは受付ブロックです。トークスクリプトの改善が効果を発揮するのは基本的に担当者と話ができたときのため、アプローチ数のうち8割の改善ができていないことになります。

基本教材内の抗議でも丁寧にお伝えしていますが、電話マーケティングにおける最重要改善項目はトーク内容、つまり「何を話すか」ではないのです。

誰にどのタイミングで電話をするか

これが1番テレアポ、電話マーケティングを行うにあたって改善幅が大きく、即効性の高い改善アプローチです。

アポ100はこのようにトークの見直しではなく、そもそもの電話のタイミングや電話をかける前に印象や相手の持つイメージを良化したり、関係強化をすることで、電話をした時スムーズに会話ができ、結果自然とアポイントにつながる”仕組み”構築を実現します。

こんな方におすすめです

  • 今、新規顧客開拓手法をテレアポ中心に行なっているが、なかなかアポイントが取れない
  • 社内で営業ができる上司や先輩がいないため、自分1人で試行錯誤しながら取り組んでいる
  • アポ率2%以下。もっとアポ率を上げて、効率的に営業をしたいと思っている
  • 早くテレアポを卒業したいと思っている
  • 電話をかけることやテレアポ自体が苦手
  • 抜本的に営業のやり方を見直したい
  • テレアポや営業の相談をできる人がいない

こんな方にはおすすめしません

  • トークや運用を変えようとしているのに、やりづらいを理由に元のやり方にすぐ戻してしまう
  • 一定の行動量を確保できない(闇雲に量をかけろとは言いません。ただ1時間電話をするのであれば、10コールは最低限架電できない人は難しいです)

実際にこんな感想をもらっています

アポ率10%超えてます」
採用支援企業 27歳男性

「6~9月の営業目標は達成して、10~12月の目標も残り50万円まできました!」
(コンサルティング会社 26歳男性)

「今、テレアポ教えるようになってます笑」
(メーカー勤務 31歳女性)

「今、テレアポ以外のアポ取りの仕組みを作ってます。またちょっと相談に乗ってください!」
(Web会社 29歳女性)

「同期のインターンの中で1番アポ取ってます!」
(Web会社 20歳男性)

ごく一部ですが、テレアポの悩み解決させていただいた感想の声です。実際、テレアポが嫌で営業をやめてしまう人、プッシュ型のセールスがストレスで体調を崩してしまう人は多いです。であれば、その仕組みから見直していけば、もっと営業を楽しめると思っています。

なので、私がアドバイスをさせていただくときも、気合いと根性でとにかく数をこなせというアドバイスはしません。私はこれが嫌で営業フリーランスになったので。

アポ100のサポート形式

アポ100は100アポ獲得達成までコミットした成果コミット型マンツーマンコンサルティングです。

サポート方法は

基本教材”テレアポの教科書”+マンツーマンアドバイス

を軸に100アポ獲得を徹底サポートさせていただきます。

サポート1:アンケート回答

お申込み後は、扱っている商材やターゲット、現在のテレアポの悩みについて簡単なアンケートにお答えをお願いします。マンツーマンアドバイスを実施させていただくにあたっての基本情報に当たります。

サポート2:基本教材の提供

アンケートとともに、”テレアポの教科書”と動画URLをお送りしますので、こちらをご覧いただきます。

サポート3:LINEで自由にご相談

動画の内容を踏まえて、テレアポ・電話マーケティングを実施してきた中で出てきた疑問点や質問、ご相談に関しては専用のLINEで随時受け付けます。もちろん、テレアポ以外の営業に関することはいつでも自由にご質問、ご相談いただけます。

サポート4:マンツーマンアドバイス

ご連絡をいただいたら、翌営業日に動画を作成してご返信させていただきます。動画は5分~15分程度の内容で、ご質問や相談の内容に合わせて回答させていただきます。営業日は平日とさせていただいています。メールでご相談やご質問をいただいた翌営業日に、回答動画を収録して個別にご返信いたします。

質問回数は無制限です。100アポ獲得までは何度ご質問いただいてもOKです。これまでのコンサルティング形式の中で、1番笹田を使い倒せると思います。

実際の解答例はこちら

サポート5:月末には今月の進捗報告と方針決定

月末には簡単なアンケートシートにアポイントの獲得数と直近の課題を報告していただきます。内容をもとに笹田から翌月の電話マーケティングの方針を提案させていただきます。

もちろん、ザ・体育会系の営業会社のような数で全てを解決するようなアドバイスは行いません。笑

基本教材”テレアポの教科書”の内容はこちら

このテレアポの教科書では、下記内容をお伝えします。

テレアポの教科書内容一覧
  1. テレアポの今と昔
    テレアポという営業手法がマーケットでは今どうなっているか、どのように評価されているか
  2. テレアポ準備
    1. テレアポを成功させる2つの意識と改善方法
    2. テレアポを行う前に整えておくべき4つの環境
    3. テレアポを行うべき戦略整備(リスト準備や戦略企画など)
  3. テレアポ実践
    1. トップアポインターが持っているテレアポスタンス(電話の掛け方)
    2. 売れる営業は皆実践している話し方の絶対法則
    3. テレアポを成功させる基本トーク6ステップ
    4. もう断られない切り返しトーク事例付き対処法

内容は現時点で162ページの超大作です。1ヶ月かけて作り込んでいます。テレアポ関連、電話営業関連の本も改めて30冊以上読んでみました。テレアポ・電話マーケティングの全てがここにあると思っています。内容については日々アップデートをしていくので、参加者には常に最新版をお届けします。

テレアポの教科書の一部をご紹介します。

このテレアポの教科書は一般公開は行いません。コンサル生限定で公開させていただきます。

さらに、このテレアポの教科書は動画解説も行なっています。テレアポ、電話マーケティングという話すことを主としたアプローチのため、話し方や雰囲気をイメージしやすいように解説を行なっています。動画解説はトータル90分を超える教材です。私の持っているテレアポノウハウの全てをつぎ込みました。

▼テレアポの教科書の内容抜粋

  • テレアポは個人依存による高ストレス営業手法
  • テレアポは上司が楽な2つの理由
  • 戦略・マネジメントなき、テレアポの弊害は全て営業の現場に集中する
  • 戦略的テレアポに必要な2つの思考
  • 戦略なきテレアポはストレスを生む。マーケティングなきテレアポは非効率を生む
  • テレアポが生み出す3大マイナス顧客心理
  • 見込み客を定義する3つの基準
  • テレアポの欠陥は警戒心を助長するアプローチということ
  • ザイアンス効果を活用したテレアポアプローチ戦略
  • テレアポを成功に導く4つの環境
  • テレアポ改善3ステップ
  • 組織営業力の方程式
  • トップセールスが行うテレアポ改善の優先順位
  • 誰でも簡単すぐできるリストアップ6手法
  • 存在認知アプローチと期待値醸成アプローチ
  • テレアポトークの基本6ステップ など

コンサルティング価格

「アポ100」は基本教材”テレアポの教科書”を見ていただき、動画解説を見ていただき、その上でLINEで進捗報告や質問、相談を無制限で受け付け、質問内容についての回答動画でお答えする形式です。

テレアポの教科書は200ページ以上のスライドで、かつ動画解説もついています。実際に企業研修でも活用している内容の一部なので、これだけでも正直結構な金額をいただいております。実際、私が営業研修を実施させていただく際は、30万円〜です。

また通常のコンサルティングでは月額5万円、法人の場合は10万円がベースですが、本サービスは募集開始時点から20名限定で

9.800円(税込)

で提供させていただきます。

月額ではなく、9,800円のみです。この金額でアポイントが100件取れるまでサポートさせていただきます。何度でも何回でも質問してください。相談ください。

テレアポの教科書は随時アップデートを重ねていきます。市場やマーケットが代わり、私も実際に営業代行をする中での気づきや学びをお伝えしたいからです。ですが、追加で費用はかかりませんのでご安心ください。

残念なことに、私が1人しかいないので(笑)、対応できる人数に限りがあります。今回の募集は20名限定とさせていただき、今後の募集は未定となっております。参加希望の方は、募集があった際にはお早めにお申込みください。

※過去に実施させていただいた個別コンサル・グループコンサルティングの募集は1日で定員に達しております。また営業4.0実践ゼミのメンバーに先行案内させていたいだた企画はメンバー内でクローズしてしまったことも多々ありますので、お早めにお申し込みください。今回は完全先着順で受け付けさせていただきます。

ちなみに、他の営業教育コンテンツやセミナーとの違いはこのようになりました。

さらに!あの”営業4.0実践ゼミ”も無料でご招待させていただきます!

また、現在募集を停止させていただいておりました【営業4.0実践ゼミ】も、今回の「アポ100」に参加いただいた方限定で極秘招待させていただきます。

営業4.0実践ゼミは、営業パーソン限定のオンラインコミュニティで、クローズドなFacebookグループです。私の日々の学びや営業に関する気づき、会社の裏話などを毎日投稿させてもらっています。今まで月額1,980円で公開募集しておりましたが、2019年7月から新規募集はストップし、今後は「アポ100」の参加者限定で新規参加を受け付けさせていただきます。

もちろん参加後は永久会員です。

お申し込み方法について

1:下記ページより決済を行ってください。
https://hsasada.thebase.in/items/22691874
※お支払いは基本、クレジットカードでお願いします。
※次回募集は12月18日(水)19時からです。年内の募集はこちらが最後となります。

2: 当社(株式会社営業ハック)より「登録案内メール」送付(決済後2営業日以内※土日祝除く)

3:「登録案内メール」の説明に従ってLINE@登録

4:お申込者様より、運営へ必要事項のご提示(LINE経由)

5:運営より、ご返信(LINE経由)

6:ご入会手続き完了

よくあるご質問

Q:営業初心者なのですが、参加できますか?

A:もちろん参加可能です。アポ100では営業やテレアポ未経験の方でも参加可能です。ただ、現時点でテレアポを行なっている人が参加対象となります。現時点電話を使って営業活動をされていれば、参加可能です。

Q:サポート期間はいつまで?

A:アポ100ではサポート期間は決まっておりません。アポイントが100件取れるまで、何回でもご質問やご相談をいただければアドバイスさせていただきます。

Q:どこまで見てもらえますか?

A:営業に関することであればご質問内容は問いません。テレアポ・電話営業のご質問を中心に受け付けていますが、過去にはこのような質問もいただいています。

  • 社内の人間関係の悩み
  • 顧客とのクレーム対応
  • 新規事業のマネタイズ方法
  • セミナー・イベント集客
  • メール営業
  • SNSマーケティング
  • 転職先や転職のタイミング
  • 苦手なお客さんとのコミュニケーション
  • 営業資料の添削 など

これらの内容はごく一部ですが、うまく私を使ってもらえたらと思っております。

Q:トークスクリプトは作ってもらえますか?

A:トークスクリプトの作成代行は行なっておりません。現在あるもしくは現在話されている内容をお教えいただき、その内容をベースにアドバイスや添削をさせていただきます。(ただ、ほぼほぼ全てを見直すということは少なくありません)

Q:他の人の動画アドバイスは見れますか?

A:個人や参加者の会社が特定されない内容については公開させていただくことがあります。ご参加いただく際も、こちらはご了承ください。

利用規約/免責事項

利用規約

株式会社営業ハック(以下「当社」といいます。)は、「アポ100利用規約」(以下「本規約」といいます。)を定め、本規約に従い、「アポ100」(以下「本サービス」といいます。)を提供します。また、本規約の他、本サービスの利用ガイド、ヘルプ等の記載も、本規約の一部として適用されます。

1条(本サービスについて)
本サービスは、当社が運営するプラットフォーム及びアプリケーションを通じて、コンサルタントへの連絡、メディアの視聴を行うことができる会員制のコンサルティングサービスです。

2条(定義)
本規約において、用語の定義は、別途定義されている場合を除き、以下のとおりとします。
1)「申込者」とは、本サービスの入会申込みをする者をいいます。
2)「会員」とは、第4条に従って会員登録を行った者をいいます。
3)「有効期間」とは、会員が本サービスを利用することができる期間をいいます。
4)「配信コンテンツ」とは、当社が本サービスにおいて会員に対し配信する文章、画像及び動画等をいいます。なお、配信コンテンツの著作権については、当社に帰属します。
5)「会員投稿情報」とは、会員が本サービスに投稿する文章、画像及び動画等を含む一切の情報をいいます。なお、会員投稿情報の著作権その他一切の法的権利については、会員投稿情報を投稿した会員又は当該会員に利用を許諾した第三者に帰属します。

3条(会員資格)
本サービスを利用するには、会員になる必要があり、会員になるには、以下の要件を全て満たすことによって会員の資格が付与されます。
1)本規約に同意し、サービス申し込みを完了すること
2)会員となる者が未成年者の場合、法定代理人の同意を得ること

4条(会員登録)
1
.申込者は当社に対し、当社が定める方法により本サービスの入会申込みを行うものとします。
2
.本サービスの会員登録(以下「会員登録」といいます。)は、申込者が利用料金を支払った時点で完了します。
3
.申込者は、当社が申込者からの入会申込みについて、承諾しない場合があることを予め同意するものとします。なお、当社は申込者に対し、不承諾の理由を説明する義務を負わないものとします。

5条(利用料金等)
1
.本サービスを利用するには、本条第7項に定める方法により、当社に対して、利用料金(以下「利用料金」といいます。)を前払いで支払う必要があります。会員は利用料金を支払うことにより、有効期間中本サービスを利用することができます。
2
.会員登録は、会員が、自主退会、又は会員資格が失効しない限り原則自動的に更新(以下「自動更新」といいます。)されるものとします。
3
.利用料金の支払い方法は、BASEを利用した決済に限るものとします。
4
.当社は、利用料金を変更する場合、やむを得ない場合を除き、変更日の1か月前までに会員に告知するものとします。

6条(返金)
1
.当社は、会員が支払った利用料金について、返金を行わないものとします。
2
.会員が本サービスを有効期間内に自主退会、又は会員資格が失効した場合であっても、前項と同様とします。

7条(禁止事項等)
1
.当社は、会員による本サービスの利用に際して、本規約に別途定める事項及びその他規則等に記載する事項の他、以下の行為を禁止します。なお、以下の各号に定める禁止事項は、会員投稿情報にも適用されるものとします。
1)他の会員、当社又は第三者の著作権、商標権、特許権、実用新案権、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
2)他の会員、当社又は第三者を誹謗中傷し、又は名誉もしくは信用を傷つける行為
3)差別に繋がる民族、宗教、人種、性別又は年齢等に関する表現行為
4)自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用又は脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長するような行為
5)会員資格の売買、その他類似行為
6)他の会員、当社又は第三者に不利益を与える行為
7)公序良俗、その他法令に違反する行為又は犯罪に結びつく行為及び当該行為を勧誘・幇助・強制・助長する行為
8)当社の事前の承諾なく、本サービスにより得た情報を転載又は引用及び他メディアへの掲載等をする行為
9)反社会的勢力に利益を提供し、又は便宜を供与する行為
10)他の会員の情報収集目的、宗教や政治活動への勧誘目的で本サービスを利用する行為
11)他の会員による本サービスの利用を妨害する行為
12)他の会員又は第三者になりすまして、本サービスを利用する行為
13各種SNSの定める規約等に反する行為
14)配信コンテンツの著作権、商標権等の知的財産権その他の権利を侵害し、又は侵害するおそれのある行為(配信コンテンツを複製、改変、公衆送信、送信可能化、アップロード、レンタル、上映又は放送する行為がこれに該当しますが、これに限られるものではありません。)
15配信コンテンツに施された技術的保護手段を回避する行為
16本サービスを通じて取得した個人情報を本人の同意なく第三者に提供する行為
17)本サービスにより提供される情報を改ざん・消去する行為
18)当社のサーバーに過度の負担を及ぼす行為
19)本サービスに接続されている他のコンピューター・システム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為
20)コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用し、もしくは提供する行為、又はこれらの行為を推奨する行為
21)本サービス又は本サービス上で使用されているソフトウエアをリバース・エンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブルする行為
22)本サービスの他、当社の運営するサービスを妨害する行為
23)前各号に定める行為を助長する行為
24)前各号に定める行為と疑われる行為
25)その他、当社が不適切と判断した行為
2
.前項各号の禁止事項に該当するか否かについては、当社の裁量により判断することができるものとします。

8条(自主退会)
1
.会員は、本サービスの退会ページでの手続きを行うことで、退会することができるものとします。ただし、この場合、第6条第2項の規定が適用されるものとします。
2
.会員が本サービスを退会した時点で、本サービスの視聴、投稿、本サービスを通じて提供されていた動画の閲覧を含めて利用できなくなります。会員は、更新までの残日数に対しての分割返金の要求は一切行わないことを了承するものとします。

9条(会員資格の失効)
会員において、以下の事由が生じた場合、会員資格は失効するものとし、当該会員は本サービスの全部又は一部が利用できなくなります。
1)第10条に定める場合

10条(規約違反行為等に対する措置)
当社は、本サービスを適正に運営するため、会員が以下に定める事項に該当する場合には、あらかじめ会員に通知することなく、会員投稿情報の削除、本サービスの利用停止、会員資格の失効等、必要な措置を講じることができるものとします。
1)会員が本規約に定められている事項もしくはその他規則等に記載する事項に違反した場合、又はそのおそれがあると当社が判断した場合
2)会員と当社との間の信頼関係が失われた場合もしくは当社が会員による本サービスの利用を不適当であると判断した場合

11条(本サービスの停止、変更、終了)
1
.当社は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部の提供をいつでも停止することができるものとします。
1)本サービスに係るシステムの点検又は保守作業等を行う場合
2)システム、通信回線等が停止した場合
3)地震、落雷、火災、風水害、停電等の天災事変その他非常事態の発生した場合
4)各種SNSのサービスが停止した場合
5その他、当社が本サービスを停止することが必要であると判断した場合
2
.当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、又は本サービスの提供を終了することができるものとします。なお、当社が本サービスを停止、変更又は終了(以下「停止等」といいます。)する場合、会員に対して可能な限り事前に通知するよう努めますが、緊急な場合等、事前に通知ができないこともありますので予めご了承ください。
3
.当社は、本サービスの停止等によって会員が被った損害を賠償する責任を負わないものとします。

12条(免責事項)
1
.当社は、以下に掲げる事項について、一切保証しないものとします。会員は、本サービスの利用及び本サービスにより提供される情報の有用性等を自己の判断、かつ責任で利用するものとします。
1)本サービスで提供される全ての情報(本サービスから提供される情報及び本サービス上に表示される第三者が管理又は運営するリンク先に含まれる一切の情報等を含みます。以下、本項において同様とします。)に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、信頼性、安全性、合法性、道徳性、最新性
2)会員間のやりとりに関する一切の事項
3)各種SNS上に掲載されている事項
4)本サービスの提供に不具合、エラーや障害が生じないこと
5)本サービス上における情報及び配信コンテンツが第三者の権利を侵害しないこと
6)本サービスの存続又は同一性が維持されること
2
.会員は、オーナー又は他の会員との間で紛争が生じた場合には、当事者間においてこれを解決するものとします。
3
.会員による本サービスの利用に伴い、当社の債務不履行又は不法行為に基づき会員に損害が発生した場合、当社は会員に対し、当該債務不履行又は不法行為が生じた月において、当該会員に生じる利用料金の額を上限として、損害賠償責任を負います。ただし、当社に故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。

13条(損害賠償)
会員の行為(会員の行為が原因で生じたクレーム等を含みます。)に起因して当社に損害が発生した場合、当社は会員に対し、当該損害の全額(当社が支払った弁護士費用を含みます。)を賠償請求できるものとします。

14条(個人情報の取扱い)
1
.当社は、申込者及び会員が本サービスを利用する際に当社に対して提供する個人情報を、当社の「個人情報保護に関して」の規定に則り、取扱うものとします。なお、本条において個人情報とは、「個人情報保護に関する法律」に定められる個人情報をいいます。
2
.当社は、個人情報を、以下の各号に定める目的で利用することができるものとします。
1)本サービスの提供を行う目的
2)申込者の入会審査に関する手続に協力する目的

15条(規約の変更)
1
.当社は、当社が必要と判断した場合には、本規約及びその他規則等を、申込者及び会員に対する事前の通知なく変更することができるものとします。
2
.変更後の本規約については、本サービス上に表示した時点で効力を生じるものとし、本規約変更後に、申込者及び会員が本サービスを利用した場合には、会員は変更後の本規約の内容を承諾したものとみなします。

16条(当社からの通知)
1
.当社から申込者、会員への連絡事項については、会員がサービス申し込みの際に登録したメールアドレス又は各種SNSを通じて連絡又は通知を行います。
2
.申込者及び会員は、前項のメールアドレス等連絡先に変更がある場合、直ちに当社に連絡をして変更手続きをするものとします。
3
.申込者及び会員が前項に定める変更手続きを怠ったことにより、申込者及び会員に損害が生じたとしても、当社は何らの責任を負わないものとします。

17条(権利義務の譲渡禁止)
会員は、本規約に基づく全ての契約について、その契約上の地位及びこれにより生じる権利義務の全部又は一部を、当社の書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

18条(分離可能性)
本規約のいずれかの規定が会員との本規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該会員との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本規約の他の規定の効力には影響しないものとします。

19条(準拠法、裁判所)
1
.本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。
2
.当社、申込者及び会員は、本規約に関し、当社と申込者及び会員との間で生じた紛争の解決について、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることをあらかじめ合意するものとします。

以上

 

追伸

テレアポは今尚、日本の営業手法の中で飛び込み営業と並ぶメインの営業手法です。

つまり、それだけ多くの人がテレアポをまだ行なっているということでもあります。そして、私のところにLINEやメールで相談をいただく方の多くもテレアポで悩んでいることが多いです。

今の営業環境、営業市場を考えた時に、私はずっといかにテレアポをしなくても良い環境を作るかをテーマに取り組んできました。実際、営業代行ではテレアポは最小化、飛び込み営業は0で回すことができるまでの仕組み構築に成功しています。

しかし、これは私が個人で営業代行を行なっているからで組織で営業をしている人たちから見れば、まだまだテレアポを”しなければならない”環境で頑張っている人が圧倒的に多いです。

であれば、私がこれまでやってきた経験をもっと伝えたい、もっと発信すれば営業をやっている人の一助になると思い、今回の”アポ100”をスタートさせました。最初は教材の販売という形で考えていましたが、どうせ一緒にやるなら、サポートさせてもらうなら、とことん一緒にやりたいと思い、アポ100にしました。

アポコミット件数も悩みました。10件にするか、50件にするか、100件にするか。

100件だと、1ヶ月30アポで約3ヶ月の期間です。10アポだと下手したら(というより逆でうまくいけば)1週間で終わりです。それだけのコンテンツに”テレアポの教科書”はなっていると自負していますが、営業は再現性を高めて初めて”営業力がついた”と言えるというのが持論です。

一時的にできるようになったではなく、それが当たり前になった状態までサポートしたいと思い、アポ100件私もコミットして支援させていただくことを決めました。

そして、もう1つ。今回のこの【アポ100】には裏目的があります。それは私笹田が”日本一のテレアポアドバイザー”になるという目的です。今、私は営業関連の動画に関してはすでに500本以上の動画をアップし、日本一です。ただ量・質ともにあと3段階ぐらい進化したいと思っているので、そのためにこのアポ100は私にとっても必要で、コミットして取り組みたいと思っています。

現時点でもテレアポや営業研修は100%リピートいただいており、質は高いと自負しています。(コンサルタントを名乗るのであれば、質が高いのは当然で、自負できなきゃやってはいけないのですが)そのスピードをもっと上げるべく、そしてもっと多くの人のテレアポ・営業の悩みを解決すべく、アポ100に私もチャレンジします。

テレアポをもう1人で悩まないでください。私は過去にずっと1人で悩み、もがき、電話をかけまくって今があります。同じことをさせるのは上司として、テレアポの先輩として、営業コンサルタントとして恥ずべきことだと思っているので、是非私に手伝わせてください。一緒にアポ100件、”すぐに”達成しましょう!

営業部長をしているとこんな悩みをお持ちではありませんか?

目標未達の社員が多数で、部署全体の目標達成も怪しい
今期、来期の目標までの道のりがまだ遠く、日々胃がキリキリしている
売上の大半をトップセールスがあげていて、売れる人と売れない人の差が大きい。万が一、トップの子がやめたら、うちの営業は壊滅的になる
最近、若手が入ってもすぐ辞める
ベテラン社員がお荷物になっている。。時代の変化に対応できず、結果は出ていないけどポジションは上になっていることが悩み
採用に力を入れているけど、戦力化まで時間がかかりすぎている。自主性がないから、言われたことしかやらない。。。
ちょっと残業が続くと、会社から残業のチェックが入って、なかなか仕事をやりきれない

全部、私も経験があります

私は営業部長時代、ストレスが胃にきました

私ごとですが、私はストレスがたまると胃にくるタイプです。笑

キリキリするんですよね。私が社会人になって、この胃の痛みに悩まされるようになったのは、まさにこの営業部長のポジションについてからです。当時は社内ベンチャーの立ち上げで、本社のある渋谷から離れた品川の一室が私が働いていた場所でした。

当時は40人のメンバーを抱える営業部の責任者でした。全員が正社員ではなく、長期のアルバイトで営業をしている学生がいたり、会社の新卒内定者がいたりと、営業に集中できる環境とは言い切れず、学生のキャリア支援的な部分も任されるという環境で営業部長をやっていました。

社会人だけでなく、学生、しかもアルバイトなので、2週間に1人ぐらい「辞めたいです」と相談にきます。理由を聞くと「お客さんに怒られた」「アポが自分だけ取れない」という理由だったり、「彼女に振られてやる気が出ない」「○○さんが怖いんです」という理由になっていない理由だったりと、人間関係に悩まされたことは今も記憶に新しいです。

そのような中ではなかなか売上が伸びて来ず、当時は半年連続で目標未達。目標達成率20%という散々な結果でした。

そして、この状況にさらに追い討ちをかけるのが本社のプレッシャーでした。毎朝が月曜日は社長がいる長野に報告会という形で出社し、色々とダメ出しを受けたり、アドバイスをもらったりするのですが、当時私は25歳だったこともあり、社長だけでなく、様々な責任者から色々と言われまくっておりました。

ただ結果が全ての営業の世界。何も言い返すこともできず、日曜日の最終の新幹線に乗って1年間月曜日の長野の会議に向かっていたのですが、サザエさんシンドロームではなく、新幹線シンドロームでした。もし5年前に東京駅の日曜日の最終の長野行きの新幹線で精気を失い、車両に乗ったらずっと外を見ていた人がいたら、それは私です。笑

今は営業の考え方や前提が違う

大学生にきけば約9割がやりたくないと答えるのが営業職です。昔のように稼ぐことや出世することにモチベーションが湧かない世代も増えている昨今で、営業マネジメントが難しくなっているのは間違いありません。

私は独立してから現場の悩みや状況に触れるべく、メルマガやLINEで営業マン・営業ウーマンの相談を受け付けています。これまで3,000人以上の方に登録をしていただき、様々な相談を受けてきました。また、「営業として成長したい」「営業をしていて将来独立したい」というような積極的な子の個別相談やコンサルティングも行なっています。

そこで感じることは本当に価値観が多様化したということです。一昔前は、会社専業が当たり前。副業・複業に目を向けず、とにかく目の前の仕事を頑張ることが当たり前でした。私が新卒で入った会社、時代もまだその流れはありました。しかし、今時の働き方は「ライフワークバランス」でプライベートを大事にし、副業やボランティアなど会社以外の活動にも精を出し、会社はほどほどでという人も一定数いる状況です。

過去の働き方を知っている人、経験している人からすれば物足りなく映るかもしれません。しかし、今は組織最優先の時代から個人、自分自身を大事にする時代になってきているということです。

つまり、前提そのものが変わってきている中で営業マネジメントの方法も変えなければいけない時代に突入しているということです。

令和時代の営業マネジメントを

お伝えした通り、時代は変わりました。営業に対する考え方だけでなく、働き方そのものの前提・考え方も変化した今、営業マネジメントは変革期にきています。

実際、ここ最近はCRMツールやマーケティングオートメーション、顧客管理システムなど、営業の管理手法やマネジメントのためのツールが多々生まれています。こういったツールの多数生まれているのは、時代背景を映していると言っても過言ではありません。

しかし、今本当に営業組織・営業部門に必要なことはツールよりも前に「考え方の醸成」「営業手法の確立」「マーケティングとの連動」を踏まえた営業設計および戦略遂行の体制づくりだと私は考えています。

売れない・続かない営業組織・営業部の問題点は「戦略」「教育」「マーケティング」の3大不足にあります。この問題を解決するために「営業部コンサルティング」をスタートいたします。

お伝えしたように、これまで私は3,000人を超える営業相談を受けてきました。また営業に特化したオンラインコミュニティの立ち上げも行い、2年間で100人以上のメンバーが参加し、個別相談を受けてきました。そこで耳にする現場の声は疲弊しきっており、最初はモチベーション高く入社したにも関わらず、最後は組織や商材を嫌になってやめるという人も多くいました。一方で相談に乗る中で楽しく営業をしているメンバーもいました。そういった営業パーソンの共通点は、個人的な特性というよりも自分が所属している営業組織への満足感と納得感、信頼感が非常に強いということです。

また、私は独立してもう5年経ちます。さらに営業のキャリアだけを見れば、20歳の頃から営業を始めているので10年以上、営業の最前線で活動をしています。100社以上の営業代行をさせていただき、実際にクライアントの営業マンの代わりとして、営業をさせてもらい、時には営業組織・マネジメントについてアドバイスをさせていただいてきた経験の中で、成果が出ている営業組織には共通点があります。

それが

コミュニケーション戦略

の存在です。

コミュニケーションとは簡単に言ってしまえば、「いつ」「どこで」「誰に」「誰が」「何を」「どうやって」伝えるかです。そして、この伝える手段に目的「なぜ」を持っていることが大切です。

営業コミュニケーション戦略
  • Why:なぜ
  • When:いつ
  • Where:どこで(どのツールで)
  • Who:誰に/誰が
  • How:どうやって
  • What:何を

伝えるかを戦略的に設計できている

つまり、営業組織・営業部として売上を上げるためのコミュニケーション戦略の有無が、営業部全体の売上・業績に大きく影響しているということです。大事なことは「営業組織・営業部として」のコミュニケーションの設計です。営業個々人に依存するのではなく、組織として顧客・見込み客とのコミュニケーションを作っていくことができるか否か、その上で営業個々人がしっかりと伝えるべきことを伝えられているか否か、ここが最重要になります。

営業部コンサルティングは
営業コミュニケーションを再設計し
貴社の売上を3ヶ月以内に1.2倍に

営業部コンサルティングは、営業コンサルティングではありません。

営業”部”のコンサルティングです。組織としての営業力を上げるためには、個々人のレベルアップももちろん重要ですが、組織として営業の仕組みを整える=営業環境を整えることが最優先です。トップセールスのような特定社員に売上を依存している組織の大半が、個々人のスキルやモチベーションアップに時間を費やし、営業の仕組みを改善することに着手できていないケースがほとんどです。

個人の育成は営業の場・環境が整うことで自然とボトムアップします。営業教育や育成はどうしてもトップセールスがさらに技術やスキルを身につけられるものの、営業慣れしていなかったり、自身の問題や課題に気づけていない営業に知識やスキルを詰め込んでも使い方がわからず、結局成果が出ないまま終わってしまうことがほとんどです。

大事なことは誰でもできる仕組み、誰でも成長できる仕組みを作ることが大切です。

その方法がコミュニケーション戦略の組織的な設計と運用にあります。

営業が何を話すかの前に、組織・商材がどう思われているか?
営業がクロージングをかける前に、組織・商材への期待値は高められているかどうか?
営業がテレアポをするときに、相手はそもそも知っているのか否か?

こういったことを事前に解決し、営業が営業をしやすい環境を作り、そしてその環境をしっかりと活かせる営業に育てることが、組織で営業をするということであり、成果を出せる営業組織です。

これが実現できれば、営業部の売上は3ヶ月、つまり一四半期で劇的に改善します。売上1.2倍は簡単にできます。これまで何も取り組んでいない組織であれば、トップセールスの売上を抜いても、売上2倍を達成した事例もあります。

実際に取り組んだことは、「戦略」「マーケティング」「教育」の再設計です。

戦略なきテレアポはストレスを生む
マーケティングなきテレアポは非効率を生む
教育なき営業は離職を生む

私がこれまで100社以上、3000人以上の営業を見てきて感じたことは、営業改善を営業のやり方改善だけにしていては、いつまで経っても改善は起きず、最終的には人が離れて終わるという結果になります。そして、その人が辞めた分を採用し、また人が離れ補填する、という組織として営業力が身につかない、個人の成長が組織に残らない体質になってしまいます。

そうならないためにも、「戦略」「マーケティング」施策を行なった上での、連動させた形での「教育」が必須ということです。

私はありがたいことにITスタートアップにジョインし、マーケティングプラットフォームの構築に3年間COOとしてコミットした経験があります。また過去には社内ベンチャー時代や人生で1回だけして転職活動では大手広告代理店などから内定をいただき、最終的にベンチャーでマーケティングサービスの営業を行った経験があるため、この営業におけるマーケティングの重要性をより強く感じるようになったのだと思います。

またスタートアップ経営時には、最終的には資金調達を一切行わず自己資本のみで行うことを役員間で決めたため(なぜそうしたか、興味があれば聞いてください笑)、時間もコストも切り詰めて経営をせざる得ない状況でした。スタートアップ=キラキラ輝いているイメージが強いですが、もっとドロドロとひぃひぃ言いながらやってきた経験が、戦略の大切さを強く感じさせてくれるようになったと思っています。戦略とは「戦いを略す」と書きますよね。つまり、戦いを省略して、勝てる試合・状況を作ることです。営業において、この戦わずして勝つことはとても重要です。

営業部コンサルティングの”戦略”改善

営業部コンサルティングで実施する戦略改善は下記取り組みを行なっていきます。もちろん組織の状況・状態によって内容は臨機応変に変えていきますが、まずは戦略ありきです。何を実現したいのか、現状はどうなっているのか。ここがスタートです。その上でのアプローチ戦略を組み立てていきます。

営業部コンサルティングの戦略
  • 目標設定(年度・四半期・月間)
  • 目標と現状の差分分析
  • ターゲット顧客分析
    • LTV(顧客生涯価値分析)
    • リード獲得単価・受注獲得単価の分析
  • 組織図整理および改革
  • 既存顧客分析
  • 受注経路分析
  • 失注顧客分析
  • 回答・アプローチ保留顧客分析
  • 営業メンバーの適性検査および現状把握(任意)

営業部コンサルティングの”マーケティング”改善

お伝えした通り、マーケティングなき営業は現場の非効率を生みます。そして、その非効率に身も心も耐えられなくなったメンバーがどんどん組織を離れてしまうわけです。

ただ、前もってお伝えをしておきますが、私はプッシュ型のセールスを悪いとは思っていません。テレアポや飛び込み営業が効果的・効率的な営業手法になるケース・状況も多々あるからです。ただ、全ての顧客にテレアポ・飛び込みを強制することが本当にベストなのか否かを真剣に考えるべきということです。

マーケティングと一言に言っても方法・やり方はたくさんあります。マーケティングというと多くの人が、Webマーケティングをイメージし、広告の出稿を想像しがちです。そのため、マーケティングには予算・お金がかかり、そこにお金を費やすぐらいなら現場に頑張らせるという組織が多いのも事実です。

繰り返しますが、マーケティング手法は多種多様です。無料でできることもあります。既存顧客や見込み客に向けてのマーケティング施策もあります。集客だけがマーケティングではないのです。営業・マーケティングのゴールは売上・利益の創出です。そこに繋がる手法を考えることがマーケティングです。

営業部コンサルティングのマーケティング
  • 優良顧客のインタビューおよび事例収集
  • 商材再分析
  • キャッチコピー企画
  • 現在のマーケティング・広報チャネル整備
  • 顧客・商談相手の自社およびサービスの印象分析
  • SNS運用の見直し・改善
  • 既存顧客へのアップセル施策確立
  • 見込み客および失注客へのフォロー施策確立

営業部コンサルティングの”営業”改善

営業部のメンバーが成長できない一番の要因は”ロールモデル”の不在があります。つまり、どういう営業を目指せば良いかがわからないということです。基本的には社内のトップセールスを目指せ、目標にしろというのが通説ですが、トップセールスは得てして”その人にしかできない方法”で営業をしているというケースが少なくありません。

組織として営業力を高めていくのであれば、誰でもできる営業手法もしくは営業パターンを複数準備し、その人にあった目指すべき営業のロールモデルを作ることが大切です。

営業部コンサルティングのマーケティング
  • セールスモデルの設定
  • 提案資料分析改善
  • トークスクリプト分析改善
  • 日報コンサルティング
  • ルーティン改善
  • 業界知識インプット
  • テレアポ研修
  • 飛び込み営業研修
  • 営業ロープレ研修
  • 身だしなみチェック
  • 営業スキルチェック(レベル分け)
  • NG営業行動設定

一部ですが、実際に使っている教材の一部をご紹介します

「テレアポの教科書」はページ数が200を超え、「紹介営業の教科書」は60ページ以上です。内容は常にアップデートを重ねております。さらに、この内容を企業の営業ターゲットや商材の特性に合わせてカスタマイズしてお伝えさせていただいています。

 

また内容の一部はメール講座という形で提供しています。実際の読者の方々の感想はこちらです。

私が営業部コンサルティングを行うにあたって大事にしていることは、”現場でできるか”です。理想を掲げて、ToDoを出しても実際にできなければ、運用が回らなければ意味がありません。だからこそ、私のコンサルティングのスタートはいつも現場で実験をしてもらってからというスタンスを取っています。

営業部コンサルティングが目指すものは
トップセールスづくりではなく
売上・利益を永続させる仕組みづくり

ざっくり言ってしまえば、単月1ヶ月だけ売上を増やすことはそう難しいことではありません。

今の行動量の2倍、3倍と社員に働かせれば売上・利益は伸びます。しかし、この成果は続きません。

あなたの会社には月末だけ、四半期末だけ、年度末だけと数字の締めのタイミングでめちゃくちゃ頑張っていたり、成果をババっと出す人はいませんか?私がいた会社では3割ぐらいが、月末になると行動量が増える社員がいました。人間追い込まれればやれるんです。しかし、追い込まれ続けたい人は少ないので(0ではないんですよね笑)、このようなマネジメントや組織運営をしていたら、社員は離れていきます。

他にも決起会を開いたり、飲み会で声をかけたりアドバイスをしたりして、社員のやる気を上げようとするマネージャー・上司もいます。これも悪いことではありません。しかし、モチベーションという一過性のものに依存して売上を伸ばそうとするのは危険です。モチベーション低下=売上低下では、安定して事業を運営することはできないからです。事業は再現性をもった仕組み・形を作らなければ投資ができません。一時的な施策に依存していては、いつまで経っても投資ができないからです。

さらに飲み会や決起会などのモチベーションマネジメントが危険なのは、若手の働くことへの考え方・価値観が変わってきていることもあります。元気付けようと思ったら、逆にモチベーションが下がったり、最悪の場合「飲み会が嫌なので辞めます」と言われる始末です。

だからこそ、今営業部、営業組織に求められていることは一時的なモチベーションアップ施策や取り組みではなく、組織として営業が回る、営業個々人が成長し成果を上げるための仕組みの提供と場づくりが大事ということです。

私の営業部コンサルティングでは、昨年同月比で1.2倍の達成を1つの目安にしています。そして、この昨年同月比1.2倍の状況を3ヶ月連続で達成することが目標です。

営業部コンサルティングのスケジュールは?

具体的なコンサルティング内容については、各企業の商材や営業状況によってカスタマイズして実施させていただきますが、大枠のスケジュールは下記をベースに行なってまいります。

1ヶ月目:既存顧客・失注顧客分析および掘り起こしアプローチ

私からすれば営業リスト、名刺、顧客情報は宝の山です。

この宝を回収できていない営業組織が圧倒的に多いことが、売上の伸び悩みを作っている最大の理由であり、1番最初に改善すべき重要箇所となります。また、ここで顧客情報やアプローチ進捗を把握することで、今後の動き方や営業手法改善を行なっていく事前情報の確認も並行して行なっていきます。

2ヶ月目:営業戦略およびマーケティング設計

組織営業でまず改善すべきは営業個々のスキルやモチベーションではなく、組織としての営業の方向性および戦略、そして後方支援となるマーケティングの設計です。

個々人のスキル・モチベーションアップは同時に行うことが難しいですが、組織力を高めることで営業に関わる全員が営業しやすくなる環境を作ることができます。売れる人はもっと多く高く、売れていない人も売れるようになる、そんな環境・状況作りを行うことが2ヶ月目のフェーズです。

3ヶ月目:営業スタッフ育成

営業環境が整ったら次に行うべきは営業スタッフの能力アップです。いきなり研修で同じやり方を強制するのではなく、ここでまず行うべきはロールモデルの確立です。ポイントは1つのモデルではなく、複数の営業パターンを作ることで、個々人が目指すべき方向性を明確にしていきます。その上で必要なスキルや不足している能力アップに向けた研修を実施いたします。

4ヶ月目・5ヶ月目:ルーティン改善およびテキストマーケティング施策

営業だけでなくビジネス全般に言えることですが、成果が出ている組織・ビジネスパーソンは良質なルーティンを持っています。このルーティン改善こそが、営業が安定して成果を出すために最も重要な要素となります。ルーティン改善には”日報”を活用いたします。日報を毎日提出してもらい、笹田が添削することで日々の動きの振り返理を徹底し、時間の使い方を改善していきます。

またこのタイミングでは並行して、テキストコミュニケーション能力の向上に着手いたします。私が営業代行を始め、同時に20社以上の営業が実施できているのは、メールおよびSNS等を活用し対面や電話に依存しない営業アプローチを確立できていることが大きな要因です。このアプローチは営業個人でも取り組むことができる内容であり、戦略や方法を理解すれば、これまでの訪問数や架電数の半分で同等以上の成果を出すことが可能です。

6ヶ月目:営業効率化改革

ここまでくれば営業として日々何をすべきか、組織として何をすべきかは明確になっています。

次のステップで取り組むべきことは、営業がやるべきことの整理です。今は無料の営業ツールも多数揃っており、営業が個人の努力だけで改善を進めたり、残業をして終わらない仕事を処理したりする時代ではありません。働き方改革の推進もあり、限られた時間で大きな成果を出す仕組みが求められています。

成果が出る営業活動が確立されているこのタイミングで、ツール等を活用した営業効率化の仕組みづくりを行なっていきます。

前半で組織営業としての環境整備、中盤に営業スタッフの能力およびモチベーションアップ、後半でテキストマーケティングや営業効率化改革を行うことで、最小限の工数で最大の効果・成果を出す仕組み・環境を整えることが営業部コンサルティングの狙いであり、これが経営者や営業部長、さらには現場の願いであると考えています。

気になるコンサルティングフィーはいくら?

今、私がコンサルティングを行わせていただく際、通常のコンサルティングフィーは10万円/時とさせていただいています。研修実施の際も基本的にはこの時給をベースで実施させていただいています。

そのため、今回の営業部コンサルティングは時間に換算すると、1ヶ月で10~20時間のコミット(実際のMTGや研修時間だけでなく、営業数値の分析などを含めて)が最低でも必要となるため、100〜200万円でのコンサルティングフィーを考えておりました。

実際にこの金額でも、営業のプロを営業部長として招き入れる、元COOであり現CEOを営業部のコンサルタントとしてま抜き入れると考えれば、決して高い費用ではないと思っています。ただ実際に成果が出るか否かわからないタイミングで数百万円かかるとなれば、二の足を踏んでしまう会社・経営者の方も多いのではと考えました。

ただ私がこの営業部コンサルティングを行いたい、サービス提供したいと思ったのは、営業部が変わらなければ営業の世界は変わらないと肌で感じたからです。私は過去に個人の営業パーソンのコンサルティングを行なってきました。個人で数十万円のコンサルティングを受けるメンバーなので、非常に優秀でモチベーションも高い人たちばかりです。

しかし、現職に引っ張られて個人の取り組みが進まなかったり、結局途中で頓挫してしまう人たちを数人見てきて、大切なことは現職、本業でいかに成果が出せるか、成長できるかだと強く感じています。本業での成果・成長があって、初めて副業・複業にも取り組めるということです。

だからこそ、私は”営業部・営業組織を変えたい”と強く思い、この取り組みをスタートさせます。多くの営業組織・営業部が変わる一助になりたいと考え、今回この金額で提供を開始したいと思います。

初期費用:30万円(税抜)
成果報酬:売上高増加分の10%

初期費用や月額の固定でかかるコンサルティング費用は一円もいただきません。売上が伸びた分の一部を私にくださいという、完全成果報酬型・成果連動型のコンサルティングメニューとしました。

それだけ売上を伸ばす自信もありますし、悩んでいる企業の力になりたいと思っています。

具体的には、前年同月比との比較でご請求をいたします。例えば、前年8月の売上が1億円だった企業が、コンサルティングを行い売上が今年の8月1.2億円になった場合、2,000万円の売上アップです。この1割がご請求対象になります。

上記料金体系は今後変更の可能性がございますので、お早めにお申し込みください。

返金保証

また今回の営業部コンサルティングではコンサルティング期間半年の間に一度も、前年同月比1.2倍の売上を達成できなかった際は、初期費用30万円を全額ご返金させていただきます。

限定10社のみに行います

現在、私は20社以上の営業代行を行なっています。これを辞めるつもりはありません。なぜなら、現場の一営業としてのスキルや経験、さらに現場の課題や温度感を感じられる場を無くしたくないからです。

コンサルティングを行うから現場に出なくなったでは、時間が経つにつれて現場のことがわからなくなる可能性があります。そうならないために、営業代行事業は引き続き行なっていきます。

そのため、一度にコンサルティングが実施できる社数は10社が限界と考えています。営業部コンサルティングでは先ほどお伝えしたように「戦略」「マーケティング」「教育」の施策を全て実施し、営業部自体を抜本的に改革していきます。過去にテスト実施した時には、KPIから営業資料、トークスクリプト まで全てを変えました。そのため、一度にサポートできる社数には限界があることを身を以て体感済みです。笑

なので、サポートさせていただく会社数は10社までです。

まずはスポットコンサルティングを無料で受け付けます!

そもそもコンサルティングが必要なのか。私がサポートできるのかどうか。

いきなりスタートするのではなく、まずはこの点を相談をさせていただいた上でコンサルティングをはスタートさせていただいています。そこで最初は無料で1時間、無料コンサルティングを実施させていただいています。貴社の営業課題や目標、現場の取り組みなどを伺わせていただき、営業診断チェックシートをお渡しさせていただきます。

営業診断チェックシートは100の項目から構成しており、アドバイスさせていただきます。※こちらはシートのイメージです。過去にランディングページ添削を実施した際のシートです。項目は異なりますが、詳細をチェックし、各項目ごとに評価をつけさせていただきます。

営業部コンサルティング スポットコンサル申し込みフォーム

無料スポットコンサルティングは下記よりご登録をお願いいたします。なお、今回はサービスの特性上、営業部長以上の方のみが対象となりますので、あらかじめご容赦ください。

会社名(必須)*
お名前(必須)*
メールアドレス(必須)*
電話番号(必須)*
役職*

よくあるご質問

Q:業種について制約はありますか?

A:業種については制約はございません。これまで多くの営業に携わってきた経験があり、個人コンサルティングでも多方面の商材の相談を受けてきておりますので、どのような業種でもコンサルティング可能です。

Q:営業スタッフの入れ替わりが激しいのですが、大丈夫でしょうか?

離職が多いのは何かしら営業部・営業組織の運営に問題がある可能性が高いため、状況を伺わせていただき、対策をご提案・ご相談させていただきます。元々人材業界に長く籍を置いていたため、採用から定着までのサポートもご提案させていただきます。

Q:営業社員が1人もいません。

営業を行う社員が1人もいない場合はコンサルティングをお受けすることはできかねます。営業を行う社員が最低3人以上いる組織が今回の対象とさせていただきます。

Q:エリアに制限はありますか?

全国対応可能です。ただし、弊社が都内を拠点としているため、関東近郊以外の場合は交通費・宿泊費をご負担いただく可能性がございます。

Q:新規事業の相談は可能ですか?

可能です。ただし目標設定や費用面についてはご相談させていただきますので、あらかじめご容赦ください。

追伸

営業部コンサルティングは、私個人的にこれまで営業支援をやってきた集大成だと思っています。

これまで様々な形で営業支援を行なってきました。「営業代行」「営業代理店」「テレアポ代行」「問い合わせ獲得代行」「営業職個々のコンサルティング」「営業特化型オンラインサロン」「営業職特化型グループコンサルティング」「紹介営業プラットフォーム」「営業フリーランス向けコンサルティング」「メール配信ツール開発」「営業事務代行サービス」などなど、様々な形で営業をもっと豊かに、楽しいものに変えるべく取り組んできました。

しかし、改めて今年振り返ってみたときに、営業はやはり営業部が強くなければ個人も活きなければ、組織としても成長できないということを強く感じています。これからの時代、営業に限らずフリーランスは増えます。これは間違いありません。しかし、一定数は本業として特定の会社の営業パーソンとして活躍するはずです。こういった組織の土台を支える人たちがいるからこそ、フリーランスも活躍できると感じています。

また営業環境を変えるために、これまでは営業代行を行なってきました。しかし、営業代行ではどうしても私一人分のインパクトしか出すことができず、月間で数億円規模の成果を提供することが難しいことも、これまで私が抱えていた課題でした。そこで取り組みたいと思ったことが、今回の営業部コンサルティングです。今いる営業リソースをもっと最大化させることができれば、私1人が営業をするよりもより多くのサービス・商材を求めている人に、適切な価格で価値提供できるということです。

営業環境を変えるために、営業部を変えます。これが私の今のミッションです。現場のためにも、顧客のためにも、そして貴社のこれからの成長のためにも、是非営業部を私に預けてください。

ブラック営業に苦しむ人のためのブラック営業駆け込み寺

ブラック営業に苦しむ人のためのブラック営業駆け込み寺

営業を頑張れば頑張るほど、自分の時間と心とお金を奪われていませんか?

もしあなたが今このような営業活動を行なっていたり、こんな営業を強いられているのであれば、組織として営業力を伸ばす意識は現在の会社には欠けているかもしれません。当然、この弊害は営業を行う個人、つまりあなたに負担が掛かることになります。

ブラック営業の9つのチェックポイント □新卒・中途社員の2年以内の離職率が3割以上 □過労死・過労自殺を出している □大量採用を行なっている・求人が数ヶ月継続してで続けている □求人票の内容が実際の就業条件と異なる □短期間で管理職になることを求めてくる □残業代が年俸制や裁量労働制などで働く前から支給額決まっている □求人広告や説明会の情報がコロコロ変わる □22時以降の残業or持ち帰り仕事が常態化している □営業のやり方が5年前と変わっていない □営業で必要な備品や書籍、研修を自費で払わせる

上記について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
ブラック営業診断。9つのポイントから見るブラック営業の基準

ブラック営業が引き起こす3つのデメリット

ブラック営業が引き起こすデメリットは営業の「時間と心とお金」を奪います。さらに、こういった環境から生まれる弊害や営業自身だけでなく、お客様にも飛び火してしまうのです。

営業に対して、世の中一般が抱えるネガティブなイメージはこのブラック営業の弊害から生まれる押し売りなどの強引な営業をされたという経験から来ています。

営業に頑張れっておかしくないのか?

「とにかく頑張れ/とにかく頑張る」って、自己犠牲の気持ちが強すぎるんです。

  • 成果を出すために”とにかく頑張って”、徹夜で資料を作ったことがある
  • 毎日毎日、足が棒になるまで飛び込み営業を頑張っている
  • 毎日、100件以上の電話をかけまくっている
  • そもそもテレアポや飛び込みをしたくて営業をしているんじゃない
  • 怒られるのはわかっているけど、契約のために嘘をついている(その後のクレーム処理の大変さ。。)

頑張れって言われなくても、世の中の営業は頑張っていると思うんです。そして、もっと言えば、「営業を頑張るってそもそもなんだ」ということです。

営業を頑張る=テレアポや飛び込みの件数を増やすことなんでしょうか?
けど、そもそもテレアポや飛び込みをするために、この世界に入ったのでしょうか?

営業を頑張る=売り上げや受注をあげるために、頭を下げまくることなんでしょうか?
そもそもお願いをするために営業をしているんでしょうか?

本当の意味で営業を頑張るとは、お客様のために色々考えたり、話を聞いたり、アドバイスをしたりすることです。数をたくさんこなしている=営業を頑張っていると勘違いしても、勘違いさせてもいけないんです。

営業が嘘をつくのは、環境に問題がある

人が嘘をつくのは、環境に問題があります。つまり、環境に嘘をつかされているということです。

その嘘をつかざるを得ない環境とは何か?それは「安心と安全が確保されていない環境」です。

そして、これは営業においても全く同じことが言えます。

安心とは不安や心配がないことです。人間関係や今後の営業方法、会社の将来性などに不安や心配がない状態です。

これは過去にリクナビが行なった退職理由の本音を調査した結果です。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

1位、3位、6位が「人間関係」の問題です。特に1位となっているのが「仕事の仕方が気に入らなかった」で全体の約4分の1にあたります。気分屋の上司に振り回せれる、過度なノルマを課せられる、などがここに当てはまります。

安全とは危害や損失を受ける危険がない状況です。営業における安全とは、やるべきことをやっているにも関わらず、売上が未達だったり、ノルマが達成できなくても、給与が保証されている状態などがここにあたります。目標・ノルマが未達だから、給与がなくなる・減額させられるといった状況では、当然安心して働くことはできません。また、そもそもの基本給が少ない状態も決して安全と言える状態ではないですよね。

こういった「安心と安全が欠如」した職場では、自分を守るために、営業が嘘をつかなければいけなくなってしまうのです。嘘をつく相手はお客様だけではありません。自分に対してもです。

「とにかく頑張れ」「とりあえず頑張れ」から卒業しよう

あなたはもう頑張っている

営業職について、今営業活動をやっている人。そしてこのページを見て、自分の会社ってブラック営業だよなと思っている人のほとんどが、今営業を頑張っていると思います。

しかし、そんな中でも「ノルマや目標が未達だから頑張らなきゃいけない」「上司や他の同僚よりも早く帰れる雰囲気がない」「残業しないと給与が少ない」などの事情で、夜な夜な仕事をしていたり、持ち帰りで仕事をしたり、土日出社したり、そんな働き方をしていませんか?

ブラック営業からの抜け出し方を相談する「ブラック営業駆け込み寺」

 ブラック営業駆け込み寺はブラック営業診断に1つでも該当する組織、営業手法を行なっている会社に所属する人限定で、営業の相談をお受けする相談場所です。 

求人紹介はこの相談のタイミングでは一切いたしません。転職をご希望であれば、優秀なエージェントが知り合いにいるのでご紹介します。

私がブラック営業で悩んでいるあなたにできることは主に3つです。

最近自分が抱えている違和感やモヤモヤを解消できる
ブラック営業・ブラック企業が怖いのは、その会社で働いている人が長時間労働や洗脳によって、本人自身が気づきにくい環境に身を置いていることです。もし少しでも疑問や不安を感じている人は相談してください。
転職・退職するための動き方がわかる
転職活動をしたくても、本業のプレッシャーや働く時間が多く動けない。また、私も経験がありますが、ブラック営業・ブラック企業は転職・退職の引き止めが非常にうまいです。その問題の解決策を一緒に考えます。
転職エージェントの使い方がわかる
正直、転職エージェントはピンキリです。求人票を大量に送りつけて仕事をした気になっているエージェントも多いです。そんなエージェントに引っかからない方法や正しいエージェントの使い方、またオススメのエージェントをご紹介します。

「ブラック営業から抜け出したい」そんな悩み・思いを抱えている方は、是非ご相談ください。

ブラック営業駆け込み寺のご利用方法

ブラック営業駆け込み寺のご利用方法は下記をご覧ください。

相談の流れ

Step1 相談内容をフォームから登録
本ページ内の「相談する」ボタンをクリックいただき、登録フォームに必要情報をご登録ください。

Step2 日程調整
フォーム登録後、2営業日以内に担当者からメールで候補日をお送りいたします。

Step3 オンライン通話ツールで相談
オンラインMTGツール「Zoom」を使用いたします。当日、時間になりましたら事前にメールでお送りさせていただくZoomのURLをクリックいただき、接続してください。入室に必要な「ミーティングID」は申込み確定後にメールにてご連絡を差し上げます。相談終了後、事務局より「アドバイス」と「料金の支払いに関するご案内」をメールにてご連絡いたします。

Step4 アドバイスメールと料金の支払いに関するご案内
相談終了後、翌営業日に「アドバイス」と料金のお支払いに関するメールを事務局からお送りします。お支払い方法は【クレジットカード支払い】【コンビニ払い】のどちらかをご選択頂けます。

 

相談料金表

キャンセルポリシー

弊社より【確定】のメールを差し上げた後、相談のキャンセルをご希望の場合は、以下の事項についてご同意の上で、キャンセルを行っていただきますようお願いします。

相談変更に関するご注意

  • 申込後のそうだんプランの変更は承りかねます。
  • 当初お申込み頂いた時間で面談を設定しておりますので、時間の変更が必要な場合は別日程でお申込みください。

キャンセル料について

※無連絡のままご利用がなかった場合又は開始から15分経過してもご連絡がない、もしくはZoomの接続ができない場合については、当日キャンセルとして取り扱います。

支払方法

キャンセルされた場合、又は弊社がキャンセルと判断した場合は、お申込み時のメールアドレスにキャンセル料金のご請求をさせていただきます。​

よくあるご質問

営業時間はいつですか?

月曜日~金曜日 10:00~18:00
※土日祝日に頂いたお申込み/メールは、確認次第順次対応させて頂きます

平日は何時まで相談実施可能ですか?

原則、AM09:00開始~PM21:00開始でご調整が可能です。
それ以外のお時間も、アドバイザーによってはご対応出来る場合も御座いますのでお問い合わせください。

土日祝日は相談可能ですか?

可能です。候補日をお送りさせていただきます。ご希望の希望日がない際は、別希望日をお教えください。

キャンセルはできますか?

キャンセルは可能です。キャンセルポリシーをご確認いただいた上で、ご対応ください。

お支払い方法について教えてください。

クレジットカード払いとコンビニ払いの2パターンがあります。決済システムはpaymoを利用しています。 

相談はどこで行いますか?

ご相談はオンラインで実施いたします。利用するツールは『Zoom』という無料のオンラインサービスを利用します。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

Zoom利用時に必要なものはありますか?

通信環境の良い場所で、スマホかPCをご準備ください。お手持ちのイヤホンをご利用頂くことを推奨いたします。また、マイク等は新しくご購入頂く必要はございません。

 

今、本音で営業の相談ができる相手はいますか?

相談できる相手がいる場合は、以降のページは見なくて大丈夫です。笑

営業グループ相談室「メシノタネ」は、営業代行会社 株式会社ウレルの社長であり、営業コンサルタントとしてこれまで100以上の商材の営業に携わり、今でも5社の営業部長を兼任する笹田が、あなたの営業パートナーとして、いつでも営業やキャリアの相談に乗るコミュニティです。

現在営業をしている人、100人に独自アンケートをとった結果、自身の営業について相談できる相手が欲しい人は実に93%います。

 

sales-Consultation

この100人の中で、最も営業相談をしている相手を聞くと

1位:同期・同僚
2位:上司・先輩
3位:社外の友人・知人

という結果になりました。

一方で、営業の相談を本音でできる相手がいるか、との問いに対しては、約半数の人が相談できる相手がいないという回答でした。さらに相談できる相手はいるが本音では相談できないという人は4割を超える結果となりました。

sale-Consultation-2

 

部下は上司を選べない

自分の営業を相談をしたい人はどんな人か、同じアンケートで質問をしたところ、ダントツの1位が「自分のことをちゃんと理解てしてくれる人」という結果になりました。

どんな人に営業の相談したいか

1位:自分のことをちゃんと理解してくれる人
2位:自分よりも実績がある人
3位:優しくフォローしてくれる人
4位:厳しく指導してくれる人
5位:その他

しかし、営業の相談役がいない、相談できる人がいないという悩みを持っている人は、この「自分のことをちゃんとわかってくれる」かつ「適切なアドバイスをくれる」人に出会えていないのだと思います。

入った会社で自分から上司を指名することはできません。そして、上司を変えて欲しいと直談判することも難しいでしょう。つまり、営業で配属され、会社から決められた上司に従うしか現状は術がないのです。

笹田があなたの営業の相談役を務めます

私は人生初めての営業でついてくれた上司は、大学3年生の時の飛び込み営業の上司です。

入社初日ビデオを見せられて、午後から同行。翌日からは1人で「やってみて」、以上でした。その後も、毎朝出社したら東京の新橋や銀座など大きな駅へ送ってもらい、「夕方迎えに来るから、この辺のビル片っ端からよろしく」とう感じでした。またテレアポのインターンの時は、リストを渡され、誰もいないオフィスで1人黙々と電話をかけ、2ヶ月間でアポが全く取れず、「来週から来なくて良いよ」という話をされました。

私が初めて営業をしっかりと教わったのは、大学最後のインターンシップで参加したITベンチャーの斉藤さんでした。斉藤さんから営業を科学的にアプローチする考え方、フォーマット、動き方を学び、ここでようやく営業としての基本が身についたように感じます。そして、新卒で入った会社の山口さん・小栗さんには、顧客とのコミュニケーションの取り方、社内営業のやり方、社会人としてのマナーや振る舞いを教えてもらいました。

私は早いタイミングで素晴らしい上司・相談できる相手に出会えたおかげで今があります。だからこそ、今営業で相談できる人がいない、そんなあなたのための力になりたいと考えています。

笹田の営業のスタートと歴史

「営業力をあげて、もっと稼ぎたい」

私が営業を始めたのは、大学3年生20歳の時です。

当時はインターンシップで、ダスキンの空気清浄機を法人に

飛び込みで売り込むことが私の営業キャリアのスタートでした。

(日給1000円だったのは、良い思い出です。笑)

 

この営業を始めたきっかけは、就活のネタにもなるし、営業力が身につけば就活でも有利だから、でした。

 

ただ、学生が想像するには難しいほど、過酷でした。炎天下、しかも東京ど真ん中で、コンクリートの照り返し。

 

汗だくの私は、スーツに潮を吹かせながら

10時から17時までとにかく目の前に現れるビルを上から下までチャイムを鳴らしていました。

 

そんな営業キャリアのスタートでも、営業が嫌いにならず続けられた自分を褒めてあげたいです。笑

 

そして、営業を続けてきたからこそ、新卒で入社した会社では入社半月で社内トップになり

最年少事業部長になりました。転職活動も、大手広告代理店やメガベンチャーから内定をもらい

最終的にはメガベンチャーにジョイン。

その後独立して、独立した年から何千万円稼げるようになりました。

そして、今ではスタートアップ・ベンチャー企業を2社経営し、5社の営業部長を兼任しています。

 

20歳の頃、営業を始めたあのときの自分が考えていたよりももっと大きなことをやれています。

 

笹田の営業代行・コンサルティング実績はこちら

これまで扱ってきた商材は計100以上。その一部をご紹介します。

新卒採用マッチングイベント

設立3年目の人材ベンチャー。年間の会社全体の売上のうち、約6割を私が売り上げる。営業の仕組みや方法もまだ出来上がっておらず、営業の仕組み作りも同時に実施。メール営業、セミナー営業を活用し、アプローチ数を増やし、少ない工数で受注獲得ができるアプローチをつくり、セミナーからの受注率は最高52%という数値を達成。

不動産系Webサービス

顧客獲得施策に悩みを抱えており、相談をいただきました。これまでの顧客獲得単価が1万円を超えていたところ、6,000円で獲得できる施策を作り上げ、現在も営業活動を継続している。

法人向け福利厚生サービス

自社でメールを活用した営業を行なっていたが、なかなか大きな成果に繋がらないということで、営業代行を開始。過去最多の月間30件を超える受注獲得を達成する。

法人向けコンサルティングサービス

月の売上が安定しない、というご相談を受け、営業部長に就任。営業の仕組み化・安定化に向けた取り組みをおこなました。これまではスポット的な売上しか作れていなかった企業が、メール営業だけで毎月50万円前後の売れる商材作りに成功

マッチングプラットフォーム

ベンチャーの新規事業に営業・カスタマーサクセスの事業責任者としてジョイン。効率的な依頼者獲得に向けて、メール営業を活用した営業スキームを行い、これまでテレアポ代行会社に依頼し1社獲得に5万円近くかかっていた営業を3,000円以下のコストで企業・案件獲得できる体制を構築。さらに、クリエイター集客に関しては、ライティング・掲載媒体の見直しなどを実施することで、合計1,500人を超えるユーザー獲得を実現。

最終的に300社、2,000人を超えるクライアント・ユーザー獲得に成功。さらに、CS(カスタマーサクセス)業務では、アクティベーション率を毎月5%改善し、売上も毎月1.2倍増。前年比で10倍を達成する

Web制作・開発企業

メンバー全員がエンジニアで新規案件獲得に苦心しているところからお問い合わせをいただき、営業代行をスタート。クラウドソーシングサービスや見積もりサイトを効率的に活用し、案件獲得を実現。1ヶ月にこれまで0件だった新規受注が安定して2~5件の受注獲得スキームを構築する

 

ここでは良い成果が出た商材をいくつかピックアップしてご紹介していますが、個人のコンサルティング案件やWebツールなど成果が出せなかった商材も正直あります。その時はクライアントだった企業にも丁寧にお詫びするとともに、なぜ成果が出なかったのか、せめて理由をお伝えし、自社で次に繋げていただけるようにしています。

営業で酸いも甘いも色々見てきたからこそ、個々に合わせた具体的なアドバイスができます。

営業力があれば自由を得られるは正しくもあり、間違いでもある

私が営業を様々な形で営業を教える機会を作っているのは、多くの人に営業力を身につけて欲しいと思っているからです。

 

これまで営業力を磨いてきて改めて思うことは

何でもできるという自信と安心感を持てている

ということです。

 

私は常々、ビジネスの根幹は全てコミュニケーションと伝えています。

そして、営業をずっとやってきてわかったことは

求められる営業はお客様を勝たせることができる営業です。

 

そのためには人を動かすことができなければなりません。

ただ、「人を動かす技術」が身につけば、なんでもできます。

営業は人を動かす技術なのです。

 

また、モノを売ることはいかなる商材であっても

世界どこであっても商売の原動力です。

この商売・ビジネスの原動力となる営業ができる人材になれば

自信を持って、何にでもチャレンジできるのは当たり前です。

 

会社員時代、こんなことを思っていました。

「ここで成果を出し続けて、本当に良い人生になるのかな」

「今と同じことを何年も続けたくないな」

私のいた会社は、終電当たり前の昔ながら体育会気質な会社でした。

 

ここで成果を出して、出世した時に「あの上司みたいになるのか」と思ったら

ゾッとした蒲田の帰り道、今でも鮮明に覚えています。

帰りも遅く、土日も出社で子供にも会えない、毎年毎月毎日同じことの繰り返し

これでスキルや経験が磨かれるわけがないと思ってしまったのです。

 

営業力=売り込み力と捉え、ただただたくさん売れるようになっただけでは自分の市場価値は高まりません。

 

本当の営業力とは売り込む力ではなく、自分を含めた関わる人全員が幸せになれる正しい目標を立て、しっかりと目標を達成するスキルです。

 

大切なことは、自分が目標を達成することで、みんなが幸せになるということです。

お客さんの目線で考えてみてください。

 

「何かを売りつけに来る人間」よりも、

「自社の課題を一緒に考え、解決してくれる人間」と関わりたいと思いませんか?

 

会社に課せられた目標であっても、正しく変換し正しく動けば、人を幸せにする営業ができます。

本当の営業力が身につけば、転職でも起業でもやりたいことができます。

 

しかし、その会社の中でしか使えない営業力では、やりたいことはできません。

市場価値の高い営業力を身につけることが大切なのです。

 

どこでも通用する営業力さえ身につけてしまえば、あとはプラスのサイクルがぐるぐる回り出します。

 

今、不安定なベンチャー経営や独立をしていても、一切不安はありません。

失敗するとも思えていないことはもちろんですが、万が一の万が一失敗したとしても、今の自分のスキルや経験があれば、転職も簡単にできることがわかっているからです。

(実際に転職エージェントの知人に聞いてみたら、めちゃくちゃ待遇の良い案件がたくさん出てきました。笑)

 

自分にはできるという自信と何かあっても大丈夫という安心感が揃って

人は自由にチャレンジできるようになります。

逆にどちらかが欠けてしまえば、リスクばかりを気にして

本当に自分がやりたいことにチャレンジできない人生になってしまうのです。

 

営業で1000万円稼ぐ

1,000万円プレイヤーが、仕事をしている人の1つのわかりやすい目標になっていると思います。

 

私も社会人3年目ぐらいまでは、「年収1000万円」を”とりあえず”目指していた記憶があります。

ただ、会社員の時、年収1000万円の壁は大きく、会社だけではそこまで行くのに何年もかかる

それで副業を始めました。

 

正直、副業も最初は全然うまくいかず、ボロボロでした。

色々やってみては、失敗していましたが

営業に絞り、一気に軌道に乗りました。

 

営業で1,000万円を稼げるようになれば、選択肢が一気に広がります。

さらに、営業のやり方、稼ぎ方も、結果として身についています。

最も大きいのが、自分に自信が持てていることです。

 

今回の営業コミュニティ「メシノタネ」では、「自力で1000万円プレイヤーになる」ために

営業力を引き上げていきます。これまでの私自身がやってきた営業のノウハウや経験

アドバイスをしてきたたくさんの成功事例に基づいて、一緒に成果を出していきましょう。

 

私もまだまだ現役営業マンです。

一緒に目標達成して、今以上に大きな成果を出します。

参加者の声

メシノタネでは現在も10人近くのメンバーが日々私に営業の相談をしてくれています。

 営業フリーランス 佐々木さん

メシノタネに入って、目標達成が普通に!150%達成も実現!

▼佐々木さんのインタビュー記事はこちらから
https://sales-meeting.hiroshi-sasada.com/?p=995

 新卒1年目 青木さん

やめようと思うほど悩んでいたどん底の時期から見事に復活。その後、転職も成功し新たなキャリアをスタート。

▼青木さんのインタビュー記事はこちら
https://sales-meeting.hiroshi-sasada.com/?p=998

 

 26歳男性 BtoC営業からBtoB営業に転職した伊藤さん

半年で目標達成率150%を実現し、岡山から東京に進出!

▼伊藤さんのインタビュー記事はこちら
https://sales-meeting.hiroshi-sasada.com/?p=991

参加にあたっての注意点

他人を不幸にして、自分だけ稼ごうとする人は、その場その時は稼げても、絶対にしっぺ返しがきます。

長く稼ぎ続けるビジネスパーソンにはなれません。

短期的な売上作り、稼ごうとする人は、ここには参加しないでください。

 

あなたが稼ぐことで、多くの人が豊かになる

そして、その結果自分の周りファンが増える

そんな営業を目指せる方のみ、ご参加ください。

 

どこでも通用する本当の営業力を身につけるためにやるべきこと

多くの人を幸せにし、かつ自分も豊かになる営業になるために

これからあなたがやるべきことはこれです。

  • 必要な人に決め(ターゲティング)
  • 必要なものを理解し(サービス・商材分析)
  • 必要と感じてもらえる伝え方を固め(営業トーク・ツール)
  • 目標を決め、行動し続ける(目標設定・実践)

会社経営、独立、会社員、様々な形で営業を行ってきて、改めて感じることは、成果が出ない営業はないということです。やるべきことを正しくやりきれば、間違いなく成果を出せます。

しかし、その「正しい」を見つけること、気づくことが1人では難しいことも、これまで営業をやってきて学んだことでもあります。さらに、共に想いを持った仲間がいなければ、継続もできません。

営業で成果を出し続けるためには、モチベーションや小手先のテクニックではなく「習慣」と「仕組み」を作ること、持つことが大切なのです。

そこで、一緒に営業を学び、自分の営業を振り返り、行動を続けることを
このコミュニティでは取り組んでいきます。

営業コミュニティ「メシノタネ」取り組み内容

メシノタネでは、下記取り組みを通して、営業力を引き上げ、1000万円プレイヤーになっていただきます。

・目標設定個別コンサルティング(1時間)
※初回のみ。場所は渋谷もしくはオンラインで実施
・月2グループコンサルティング
  - 目標進捗共有会(月中開催)
  - 月末振り返りMTG・目標設定会(最終週開催)
※グループコンサルティングの実施は、平日夜(20時以降スタート予定)にメンバーの日程を調整し開催いたします。
・個別相談回数無制限(Facebookメッセンジャーorメール)
・個別電話相談回数無制限
・個別ロープレ・個人コンサル割引
(通常20000円/hを50%引き)
・(対象者のみ)営業代行案件の紹介・サポート
・(対象者のみ)営業副業案件の紹介・サポート
※営業代行や副業の紹介・サポートは、私の持っている仕事の手伝いやサポートなども含みます

参加費

私が営業をコンサルティングをして、やりきったメンバーは全員が成果を出しています。

 

これまで受注を1件も取れなかった人が、初回のMTGを行った1週間後に受注をいただいたり

これまで営業目標を1回も達成していなかった人が、コンサルティング開始翌月から3ヶ月連続で目標150%達成したり

大手上場企業の新卒営業マンが、入社1年目から同期トップ、社内でも10%しかいない営業目標達成者になったり

 

あくまで一例ですが、全員が成果を出してくれています。

 

なので、今回のこのコミュニティの金額は正直悩みました。今回、私もここに集まったメンバーとガッツリ関わっていきます。

これまでやってきた研修講師の費用やコンサルティングをしてきた金額から考えれば、数十万ぐらいいただきたいぐらいですが、今回は私が営業仲間をもっと増やしたいという想いで始めた取り組みなので。

27,000円/月(税込)

で、ご提供させていただくことにしました。

 

ただ、より多くの営業に関わる人たちの相談に乗りたいという想いから、金額を一律

10,800円/月(税込)

にさせていただきました。でご参加ください。仲間になりましょう。

※半年間こちらの金額でご参加いただけます。(半年以降は料金改定の可能性もございますので、その際はあらかじめアナウンスさせていただきます)

※メシノタネは月額課金制のコンサルティングコミュニティです。退会・再開はいつでも可能です。

 

会社員やこれから独立する人にとっては、正直月1万円は。。と思う人もいると思います。

営業を本気でやっていて、個人事業主だったり、インセンティブが出たりするなら、月1万円はすぐに回収できるので、この価格は非常に安い投資です。その上、意識の高い営業仲間もできるので、手前味噌ですが、入らない理由はないと思うぐらい、今回私も意気込んでいます。

 

個人事業やインセンティブでもっと稼ぎたいと思っている方 → 営業のノウハウや考え方、また個人で営業を進めて行く方法など、私が経験したこと全てが参考になると思います。また、私を含め営業仲間ができることで、モチベーションの維持もできるので、1万円稼げないことはないです。

会社員としてもっと成果を出したい方 → 自分が営業を通して何をしたいのか、どうなりたいのか、初回の個別コサンルティングMTGで棚卸しをします。また、社内の人をどう巻き込むかも相談しながら進めて行くので、是非成果を出して、出世してください。

 

私がこれまで10年近くやってきた営業の実践と経験と知見を全てお伝えしていきます。

是非一緒に営業力をあげ、稼ぎましょう!

さらに今だけの特別特典

通常、個別のコンサルティング面談は5万円/時間以上いただいています。

私のこれまでの経験やノウハウ、情報をお打ち合わせさせていただいたら、目の前の人に全てお伝えするためです。

いただいた1時間で、もしかしらテレアポでアポが取れていたかもしれません。飛び込みをしていたら1件受注になっていたかもしれません。資料を1枚作り終えて、今日は早く帰れたかも知れません。

そんな貴重な時間を私に使ってもらっているということを自負しているからこそ、良い時間にしたいと思っています。そのため、疲れるんです。笑

なので、本気の方としかお話しないため、このような金額設定にさせていただいています。

 

ただ、今回はこれから一緒に営業の仕組みを作っていく、営業の考え方・マインドを学び高めていく同志となるメンバーなので、メシノタネにご参加いただく方限定で1時間の個別MTGを無料で実施させていただきたいと思います。

メシノタネは最大15名(2018年10月1日現在8名)のコミュニティです。人数には制限があるため、お早めにご参加ください。

お申し込み方法

お申し込みは下記ボタンをクリックいただき、必要情報をご登録ください。

営業を通して、自分を磨き、社会に貢献し、より稼いでくれる人が増えたらと思っています。

”まずは”1000万円プレイヤーになりましょう!”まずは”です!

よくあるご質問

実際にいただいたご質問に回答させていただきます。

私なんかが参加しても大丈夫でしょうか?

営業として結果を出したい、成長したいという気持ちがある人であれば、どなたでも大歓迎です。

ただ、誰かのせいにしたり、手を抜いて成果を出そうと考えているのであれば、メシノタネの参加はお控えください。

結果を出してもらうために、私も全力でサポートします。

一緒に成長していきたいと思える方でなければ、成果は出ませんからね。

どんな方が参加しているのですか?

現在参加が決まっている方は、下記となっています。(お伺いできている範囲です)

  • BtoCの個人営業を行なっている20代男性
  • 保険の電話営業を行なっている20代男性
  • 保険の訪問営業を行なっている30代女性
  • ITベンチャーで1人で営業を頑張っている新卒1年目
  • ITベンチャーで営業を行い、現在転職を考えている40代男性
  • 人材会社で営業を行う20代男性 他、現在2名が参加予定(詳細確認中)

業種や地域は問いません。一緒に成長したい、成果を出したい方であれば、ご参加ください!

グループコンサルティングに日程的に出られるかが不安です。。

グループコンサルティングは、メンバーの予定に合わせて開催いたします。

参加ができない場合も、録画しておきますので、内容は動画で確認いただけるようにしております。

また、質問は随時Facebookメッセンジャー等でお受けしているので、安心してご参加ください。

グループコンサルティングは人数は何人までですか?

グループコンサルティングの人数は、最大10人までとしております。

10人以上の参加者がいる際は、日程を分けて開催いたします。

オンラインサロンやセミナーをやってきた中で

しっかりとアドバイスできるのが10人と感じているため

こちらの人数設定とさせていただいております。

お支払いはカード払いのみでしょうか?

基本的にはカード払いのみとなります。

カード以外のお支払いをご希望の際は、笹田までご連絡ください。

参加すると、どのような流れで進みますか?

グループコンサルティング参加前に個別に初回MTGを実施させていただき

現在行なっている営業活動や状況、今後の目標をお伺いし

まずは直近3ヶ月の動き方を決めていきます。

追伸

営業で成果を出すために、これまで私も色々なセミナーや勉強会にも参加してきました。

上司にも色々とアドバイスをもらったり、時にはお叱りをもらってきました。笑

(お叱りの方が圧倒的に多いですが。。。)

 

ただ、色々と話をもらってきて、スキルやテクニックも必要ですが

本当に営業で成果を出し、お客様に貢献するためには

どれだけたくさんの施策を出し、実行できたか

これに尽きます。

 

私がこのメシノタネでやっていきたいことは

一緒に成長し、成果を出すために

より実践的な、明日から実践できるような施策をとにかく出しまくり

とにかく実行して、成果を出すことです。

 

一緒に精進しましょう!成果を出しましょう!!

補足動画:メシノタネでお伝えしたいこと
〜営業で成果を出すために必要な6つのこと〜

メシノタネで学んでいくことを簡単に動画でまとめてみましたので、ご覧ください。

営業の悩みを0にするために、私は株式会社ウレルを立てました。

ウレル=売れるです。気持ちよく成果を出せる営業を1人でも増やしたいと思います。

営業職専門のオンラインアシスタントサポート

営業職専門のオンラインアシスタントサポート

日々こんなことを思ってはいませんか?

土日出社して、リストづくりは辛い
問い合わせフォームのアプローチ、単調で飽きるし、何よりも面倒
もう少し企画を考えたり、提案書づくりに時間を割きたい
毎日同じことの繰り返しで嫌になってきた

この気持ち、全部わかります。

今では偉そうに営業のコンサルティングや代行をしていますが、新卒で入った会社でこの悩みを考え始めたがために、「ずっとこれを繰り返すならやめようかな」と新卒半年で思ったのが私だからです。

私は自慢ではないですが、新卒で入った社員数1000人を超える人材会社で入社半年で成績トップになりました。第三四半期の営業成績はダントツのトップで表彰もされ、その後社内ベンチャーの立ち上げチームに異動なるまで、ずっと営業成績はトップでした。

ただトップになるために、毎日朝7時前には出社。日中は打ち合わせをしているので、メールの返信や営業リストの作成は夜にやらざるをえないため、日々終電帰り。それでも終わらず、毎週土曜日は必ず出社して、営業リストを作ったり、メールを作ったり、問い合わせフォームに営業アプローチしてみたりしていました。

自分の時間を削って、とにかく働いていたのがこの頃でした。

自分を犠牲にすることで成果を出す、このやり方が本当に正しいのか。

私はこの考え方ややり方に疑問を感じたことが、営業フリーランスとして独立するきっかけでした。

営業が疲弊する最大の原因は『新規開拓』

実際に現場の営業スタッフが、新規営業でどれだけ苦戦しているかをご存知でしょうか。

弊社独自に営業経験者100人にアンケートを行なった結果、営業における「リスト作り」や「アポイント獲得」は負担が大きいと感じますか?」という問いに、90%を超える人が「負担が大きい」という回答をしました。

ales-person-report3

実際、営業パーソンは何に一番時間を費やしているのか、同じくアンケートをしたところ、 「リスト作り」「新規アポイント獲得」に最も時間を費やしているという回答が50%を超え、実際に新規営業に関連する業務全体では7割を超えました。 

sales-person-report1

さらに営業をしていて負担に感じている業務は何かとのアンケートでは、新規開拓営業関連業務が73%という結果になり、特に新規アポイントの獲得と新規営業は共に3割を超える営業パーソンが負担を感じていることがわかりました。
sales-person-report2

私はこれまで営業パーソンのコンサルティングや勉強会などを行なってきましたが、一様に話すのが新規営業に対する負担と不安の大きさです。負担はアンケート結果から見ても分かる通りです。自分でインターネットや本を買いあさり、アプローチ先を探し、そこからまた電話や飛び込みをかけ、なんとか商談にこぎつけても名刺交換や資料私だけで終わってしまうということは多々あります。

また新規営業でも「リストの作り方がわからない」「テレアポや飛び込みで断られるのが怖い」などの不安が営業を億劫にさせ、モチベーションを奪っているのです。

さらにこういった状況は新規営業ばかりに時間と意識がいってしまい、既存顧客のフォロー・提案済み企業の後追い提案がどんどん後回しになってしまうのです。物理的・心理的な負担を現場の営業パーソンが抱えている中で、なかなか既存顧客へのアプローチには時間を割くことができない状況に陥っているということです。

1ヶ月1万円で新規営業の一部をお願いしたら早く帰れませんか?

私は営業のあらゆる悩みを解決したいと考え、日々いろいろなことに取り組んでいます。

営業に特化したオンラインサロンで日々営業に関する情報発信をしたり、営業のキャリアや転職を考えるきっかけを作るためのLINE配信を毎日行なったり、毎週火曜日は営業職の人のグループコンサルをしたり、今では20社を超える企業の営業代行をしたり、いろいろな形で営業の支援をしています。

そして、現場の営業職の方々と話す中で多くの人が抱えている問題が

時間がない

ということです。

  • やりたいことはあるけど、時間がなくてできない
  • もっと○○をやりたいけど、時間がなくてできない
  • プライベートな時間を増やしたいけど、結局土日も出社している
  • 子供の顔を見るのはいつも寝顔だけ

これって辛すぎませんか?私は今1歳の息子がいます。正直、めちゃくちゃ可愛いです。日々の成長にいつも感激しています。なので、子供との時間は大事にしたいと思っています。毎日お風呂に入れるのと、夕ご飯を食べさせるのは私の役割です。これも新卒で入った会社で当時の働き方をしていたら、きっと息子に「久しぶり」とか「今度はいつ遊びに来るの?」と言われることになっていたと思います。(実際こういうパパさん多いんです)

そこで営業に特化した個別営業事務サービスを始めました。サービス名は「オンライン営業事務 田町さん」です。

そうだ!田町さんお願いしよう

なぜ田町さんかというと、私がこれまでみてきた事務の人の中で一番仕事ができた人が田町さんだったからです。そして、社内ベンチャーの立ち上げ時代、どれだけ頑張っても成果が出ずに、社会人になってから唯一号泣した場所が田町だったからです。

この号泣したころもやることが多すぎで、頭を使ったり、やってきたことを振り返る時間が取れず、目の前の仕事をとにかくこなすことに追われていました。結果、社内ベンチャーは1年半で潰れました(親会社に統合)。そんな苦い思いをする人を増やしたくないという想いが、この「田町さん」というオンライン営業事務サービスには込めさせていただきました。

オンライン営業事務 田町さんでお願いできることはこちらです。

田町さんにお願いできること一覧
●営業リスト作成
●問い合わせフォームへのアプローチ

 

営業をしていて、自分に専属のアシスタントや事務がいたら、お願いしたいことはたくさんあると思います。ただ対応業務を増やすことで、時給が上がってしまうのであれば、調査してわかった営業が負担を感じているものの、実は誰でもできる作業、つまりリスト作成と問い合わせフォームのアプローチを外に切り出してお願いする方が効率が良いと考え、現時点ではこの2つの業務をオンラインサポートで作業できるようにしました。

「オンライン営業事務 田町さん」の時給は1,700円(税別)です。

自分でスタッフさんを採用する必要もなく、かつ営業代行で20社以上の企業のサポートやバックヤードを支えてくれているメンバーがあなたの営業のサポートをさせていただきます。

田町さんへの依頼方法はこちら

オンライン営業事務 田町さんへの依頼方法と今後の流れは下記となります。

田町さんへの依頼方法

1.本ページよりお申し込み
2.業務内容の決定(業務内容・納期等を確認)
3.業務開始・ご納品

※田町さんへのご依頼は5時間分の稼働(8,500円(税別)〜)となります。
※業務の有無に関わらず、月初のタイミングで稼働量を決定いただきます。
※業務のやり取りはチャットワークもしくはFacebookメッセンジャーでのやり取りとなります。
※1時間の業務目安は、リスト作成(企業名・住所・電話番号・URL情報のExcel登録)25件・問い合わせフォーム(営業リストあり)送信15件です。

お問い合わせはこちら

業務のご依頼、内容のご相談は下記にご登録ください。

*マークは必ずご記入ください

会社名(必須)*
お名前(必須)*
メールアドレス(必須)*

リファラルマーケティング.com

営業・マーケティングの見込みづくり・リード獲得に限界を感じていませんか?

SEO対策を行なっているが、PVも問い合わせも伸び悩んでいる(置き菓子サービス社長)
自社サイトのテコ入れをSEO会社に依頼したが、全然アクセスが伸びず、しかも後発の他社に掲載順位も負けている
リスティング広告が高騰しすぎて、追加で予算を組めない(メディア運営会社マーケティング部長)
リスティング広告で数年前までは問い合わせをバンバン集めていたが、競合が増えて、広告単価も上がってしまい、CPAが跳ね上がってしまい、採算が合わない
問い合わせはあるものの、資料請求サイトからの問い合わせはアポにつながらない(採用支援サービス 営業部長)
成果報酬だからと、いくつか資料請求サイトに掲載をしたが、一括問い合わせばかりで、結局アポイントにつながらず、現在は掲載を辞めた
テレアポもメルアポも社員任せで効率が悪い(コンサルティング会社社長)
アポ取り・見込み開拓はこれまで営業個々に任せていたが、アポが取りづらくなってきており、現状の遣り方に限界を感じている

1件の見込み客開拓に現在はコストがかかりすぎている

1件の見込み客獲得に平均して下記費用がかかっていると言われています。

  • 資料請求サイト:1件の資料ダウンロードで1万円
    一括ダウンロードも含めてこの金額で ユーザーのモチベーションが低いケースが多い 
  • PPC広告:1件の問い合わせで数千円から数万円
    同業他社からの問い合わせや資料請求でも課金。さらに クリック単価がベースのため、運用スキルがないとさらに費用が高騰するケースも多数 
  • テレアポ代行:1件のアポイント獲得で1.5万円
    アポイントの質が低いケースも多く、さらに デポジットや前入金が必要な案件が多い 

営業や社内スタッフが集中すべきは既存顧客のフォロー

マーケティングの3つの法則をご存知でしょうか?

「1:5の法則」「5:25の法則」「2:8の法則」、この3つの法則をご存知の方であれば、既存顧客のフォローに力を入れているはずです。

1:5の法則とは、「新規のお客様を獲得するため」には、「既存のお客様の5倍のコストがかかる」という法則
5:25の法則とは、顧客離れを5%改善すれば、25%の利益率が改善されるという法則
2:8の法則とは、顧客全体の2割である優良顧客が売上の8割をあげているという法則

どれも既存のお客様を大事にする、具体的には下記などが挙げられます。

  • ロイヤリティ(商品の忠誠度)を高める
  • チャーンレートを引き下げる
  • リピート購入や追加発注を増やす

しかし、多くの営業パーソンが既存顧客のフォローやサポートに力を入れたいと思ってはいるものの、なかなか時間を割くことができず、結局後回しになってしまっています。

営業が疲弊する最大の原因は『新規開拓』

実際に現場の営業スタッフが、新規営業でどれだけ苦戦しているかをご存知でしょうか。

弊社独自に営業経験者100人にアンケートを行なった結果、営業における「リスト作り」や「アポイント獲得」は負担が大きいと感じますか?」という問いに、90%を超える人が「負担が大きい」という回答をしました。

ales-person-report3

実際、営業パーソンは何に一番時間を費やしているのか、同じくアンケートをしたところ、 「リスト作り」「新規アポイント獲得」に最も時間を費やしているという回答が50%を超え、実際に新規営業に関連する業務全体では7割を超えました。 

sales-person-report1

さらに営業をしていて負担に感じている業務は何かとのアンケートでは、新規開拓営業関連業務が73%という結果になり、特に新規アポイントの獲得と新規営業は共に3割を超える営業パーソンが負担を感じていることがわかりました。
sales-person-report2

私はこれまで営業パーソンのコンサルティングや勉強会などを行なってきましたが、一様に話すのが新規営業に対する負担と不安の大きさです。負担はアンケート結果から見ても分かる通りです。自分でインターネットや本を買いあさり、アプローチ先を探し、そこからまた電話や飛び込みをかけ、なんとか商談にこぎつけても名刺交換や資料私だけで終わってしまうということは多々あります。

また新規営業でも「リストの作り方がわからない」「テレアポや飛び込みで断られるのが怖い」などの不安が営業を億劫にさせ、モチベーションを奪っているのです。

さらにこういった状況は新規営業ばかりに時間と意識がいってしまい、既存顧客のフォロー・提案済み企業の後追い提案がどんどん後回しになってしまうのです。物理的・心理的な負担を現場の営業パーソンが抱えている中で、なかなか既存顧客へのアプローチには時間を割くことができない状況に陥っているということです。

新規開拓のコストと手間がなくなれば、三方良しが実現できる

一方で、ほぼ全員の営業パーソンが受注をいただいたお客様のフォローやサポートにもっと力を入れたいとも話してくれています。実際にこれまで100人以上のメンバーが参加した営業コミュニティ「営業4.0実践ゼミ」でも、メンバーはこのような話をしていました。

man

正直、今起きているトラブルの原因って、ほぼ顧客フォロー不足が原因なんです。どうしても一回受注いただくと、そこから先がおざなりになってしまうというか。。フォローしなきゃとは思いつつも、受注後はもう売上には計上されないので、乗り気になれないんですよね。

man2

もっとフォローを徹底して、リピート受注や紹介営業とかやりたいんですけど、今月の目標がギリギリだと、結局すぐ受注がもらえる可能性が少しでも高い新規営業に時間を割かざるを得ないんですよね。

既存顧客のフォローに時間を割きたい、割かなければいけないということは理解しているものの、リストづくりから新規開拓、見込み客づくりまでをやらざる得ない今の状況では、結局は新規営業に時間を奪われてしまっているとのことです。

たださきほどのマーケティングの法則でもご紹介したように、既存客のフォローに時間を割くことができれば、会社全体の利益率向上や営業パーソンの負担軽減、そして受注をいただいたお客様の満足度向上にも繋がる状態が作れます。

営業代行会社として、様々な会社の営業や営業スタッフを見てきたからわかること

営業が一番欲しているものは『興味を持ってくれている顧客リスト』です。

電話帳やインターネットで調べた電話番号に代表電話から担当者に繋いでもらう0からの営業は本当に大変です。私はテレアポを大学生の頃からやっていますが、どんなに頑張ってもアポ率は5%でした。100回電話をかけたら、95回は不在かNGです。なかなか成果が出ず、学生時代のアルバイトは2ヶ月でクビになったこともあります。

それだけテレアポや飛び込みのような開拓営業は負担が大きいのです。

  • 少しでも商材に理解があるお客様だったら
  • 少しでも商材に興味があるお客様だったら
  • 少しでも課題や悩みが事前にわかっていたら

それだけでも営業のしやすさ・会話の入りやすさは大きく変わります。

そこで営業ハックでは、弊社オススメの商材としてこれまでに蓄積してきた30,000件を超える営業リストに貴社商材・サービスのご紹介をさせていただき、少しでも興味があるお客様を集めさせていただきます。貴社の営業スタッフの悩みを解決するために。

リファラルマーケティング.comでできること

リファラルマーケティング.comが提供することは

貴社商材・サービスに興味を持った
お客様のアプローチ先情報を
3,000円で獲得する

ということです

貴社商材・サービスに興味を持っているという定義は、貴社営業資料やホワイトペーパーのダウンロード・トライアル申し込みや問い合わせ依頼といった、お客様から主体的にアクションを起こした状態です。

お客様のアプローチ情報としては、下記情報をクライアントから同意の上取得後、貴社にご報告させていただきます。

貴社優良見込み客アプローチ情報
  • 企業名
  • 担当者名
  • 個人メールアドレス ※info等は対象外
  • 電話番号

上記ご連絡先取得後は、貴社から自由に営業をかけていただくことが可能です。

リファラルマーケティング.comの進め方

Step1 アンケートご回答

こちらのページよりお申し込みをいただきましたら、弊社担当者からアンケートフォームをお送りさせていただきます。所要時間5分ほどの簡単なアンケートにご回答をお願いいたします。アンケートフォームには貴社商材のURL・ターゲットなどをご回答いただき、弊社でアプローチを行う上での必要情報をご回答いただきます。弊社アプローチリストと商材が合わない場合はお断りさせていただく場合がございます。(所要時間:5分程度)

Step2 商材ヒアリング

オンラインでのお打ち合わせの機会をいただき、より詳細なヒアリングを行わせていただきます。また、その際に資料ダウンロードを行う対象者の決定や契約の取り交わしについての説明も行わせていただきます。(所要時間:30分)

Step3 契約書取り交わし

弊社所定の契約書をご確認いただき、問題がなければ契約書の取り交わしをさせていただきます。

Step4 貴社専用営業ページのご確認

アンケート・ヒアリング内容を基に貴社専用の営業ページを作成させていただきます。完成したものは一度貴社にご確認いただき、フィードバックをいただくことが可能です。貴社から同意いただきましたら公開し、営業を開始いたします。(所要時間:平均30分(平均確認回数2回))

Step5 営業開始

お問い合わせが入りましたら、貴社にご報告させていただきます。電話番号・メールアドレスをいただいておりますので、貴社からアプローチいただき、受注獲得に繋げてください。

お申し込みはこちら

*マークは必ずご記入ください

会社名(必須)*
お名前(必須)*
メールアドレス(必須)*

リスク0で収入1000万を稼ぐ営業フリーランス講座

リスク0で収入1000万を稼ぐ営業フリーランス講座

なぜ私は3年前、営業フリーランスになったのか?

私は新卒で社員数1,000名を超える大手人材会社に入社しました。入社当時は、「この会社でトップに駆け上がってやる」と心に決め、実際に入社半年でトップセールスになりました。最初トップになってからは一度もその座を譲ることなく、社会人3年目で社内ベンチャーの立ち上げ・本社への異動という完全出世コースに入っていました。

しかし、私は今営業フリーランスとして活動し、今年の4月フリーランスの活動が大きく拡充してきたことで、『株式会社ウレル』という法人を立ち上げました。

 

私が出世街道を捨て、営業フリーランスになることを決めた理由は「罪悪感」「時間」「収入」の3つです。

もうこんな商材売りたくない。。

私は自分で言うのも何ですが、どんな商材でも売れる自信があります。社内ベンチャーを立ち上げた時、まだサービスも出来上がっていない段階で、会社からは売上を求められました。本社の取締役に言われたことは「嘘ついてでもとにかく売ってこい」

最初は私も結果を求めるあまり頑張って売ろうとしていました。しかし、売れば売るほどクレームになり、自分が何のためにやっているのかがわからなくなりました。一度この気持ちを抱えたら、どんなに自分を奮い立たせようとしても、罪悪感ばかりが募り、営業をすること自体が嫌いになってしまったのです。

このMTG、意味ないでしょ。。

私は会社員時代は、毎日7時出社の終電帰りでした。土日出社も当たり前で、めちゃくちゃ働いていました。元々野球部だった私は、とにかく長く働くことが美徳に思っていたことも事実です。しかし、結婚し、子供も生まれて、自分の時間を会社にだけ費やしていて良いのかと思うようになりました。

「意見を出すことのない、ただただ座っているだけのMTG」「先輩よりも早く帰ることがNGの風土」「直行直帰NGで会社に5分もいないのに、満員電車で疲弊する毎朝」「社内資料にも関わらず、デザイン含めて作り込まなければいけない資料の数々」などなど、こんなことを続けていても、会社では評価されても、会社を辞めたら何の意味もないと感じた時、私は周りの白い目を無視して、家に帰ったり、セミナーや副業にチャレンジしたり、会社以外にも時間を使うようになりました。

えっ、部長の年収600万円なんですか?

私は社会人1年目の時の上司に、すごく可愛がってもらいました。その時の上司には「早くうちの会社をやめろ」と入社半年の時からずっと言われていました。そのときに、「うちの会社は新卒の時から給料が伸びない。俺の年収は600万円、役員でも700万円ぐらい」と教えてくれました。

当時、年収1,000万円を1つの目標にしていた私は大きく落胆したことを覚えています。組織に属す限り、どうしても限界があることを学んだのです。

営業フリーランスが享受できる6つのメリット

営業フリーランスのメリット
  1. 成果に応じて、収入は青天井
  2. 営業方法に制約がなく、自分のスタイルで営業ができる
  3. 自分の売りたい商品を選ぶことができる(売りたくないものを売らなくて良い)
  4. 時間を自由に使うことができる
  5. 人脈やスキルが相乗効果を生む
  6. 営業は誰もが求めている

営業フリーランスの一番のメリットは、リスクと引き換えに、会社という制約から外れることができます。「収入」「時間」「商材」「営業方法」など、会社に属している限りは、自分やお客様のことではなく、会社のルールを優先しなければならなくなってしまうことが多々あります。

また、私は独立したのは、結婚式の1ヶ月前です。嫁ブロックはなかったものの、周囲からの心配の声は多くありました。しかし、副業ですでに地盤を作っていたことと合わせて、営業であれば絶対になくならない仕事であり、万が一失敗したとしてもフリーでやりきった経験があれば、会社員にすぐ戻れる地震があったからです。

実際に、営業の求人倍率は求人サイトDODAの調査では、2015年3月以降、求人倍率を2を下回ったことがありません。また、求人倍率以上に、営業は売上に直結する仕事のため、成果が出せる・マネジメントができる営業パーソンはどこも重宝しています。

さらに営業フリーランスは、他の起業・独立分野と違い、在庫を抱えたり、初期投資を行なったりなどのリスクを回避した形でスタートできるのも大きな特徴です。コストが少ない分利益率も高く、売上がそのまま自身の収入に直結します。

営業フリーランス講座で描く将来の姿

冒頭でも書きましたが、営業フリーランス講座では3つの時間軸で考えています。「スタート当初」「3ヶ月後」「1年後」です。

  • スタート当初:本業以外の収入が0でも固定報酬を獲得する
  • スタート3ヶ月後:会社員時代の年収を超える
  • スタート1年後:年収1,000万円を超える

ステップごとに、1つずつ見ていきましょう。

収入0でも当月から固定報酬を稼ぐができる理由

笹田から仕事を準備いたします。先日、日本最大級のクラウドソーシングサービス運営会社「ランサーズ」が”ベーシックワーク制度”を発表しました。この制度を営業フリーランス講座でも導入しています。

その理由は、フリーランスは収入面で2つの難しさがあります。

・実績0の中で最初のクライアントを獲得することが難しい
・安定・継続の固定報酬を獲得することが難しい

営業をしている人であれば、実績0・実績が乏しい商材を営業することの難しさはご存知だと思います。始めたばかりの商材・サービスで、お客様から「それで実績は?」と言われると困りますよね。しかし、ほとんどのお客様は失敗したくないので、この質問をしてきます。そして、最初のお客さんになることを避けるのです。

私が営業フリーランスとして独立した時は、最初は知り合いのベンチャー企業のメール営業がスタートでした。知り合いということで、自分のことを知ってもらっていたこと・関係ができていたことで、最初のお客様になってもらえたのです。そこから半年で売上を倍にしたり、新商材を作ったりしたことで、お客様の紹介に次ぐ紹介で案件がどんどん増えていきました。

このスパイラルを作るために、”最初のお客さん”をどう作るのかが非常に重要です。かつ、そこで実績を積めれば、どんどん仕事が入ってくる状態を作れるのです。特に、”最初に実績の作りやすいお客さん”をつかむことができれば、その後の営業活動は非常に楽になります。マーケティングコストも、紹介が紹介を生むのでどんどんコストを落とすことができます。

その最初のお客さんを私がならせていただきます。

営業フリーランス講座に参加していただいた方には、私の営業のお仕事をサポートいただきます。もちろん、毎月固定で報酬をお支払いさせていただくと同時に、仕事の進め方・成果の出し方をお伝えさせていただき、実績・経験・報酬を手に入れてください。

3ヶ月後に会社員時代の収入を超えられる理由

正直なところ、1ヶ月だけ稼ぐことは簡単です。1ヶ月で100万円ぐらいの収入を稼ぐことは誰でもできます。その方法は「寝る間を惜しんで頑張る」、以上です。つまり、気合いと根性で頑張る、とにかく量をこなすだけです。

ただこのやり方は続きません。今月稼いで、来月が収入0では収入面はもちろん、精神面も安定しません。実際、それまで会社員としてバリバリ成果を出していた友人が、独立してからうつ病になってしまった。その理由は、収入が安定せず、将来の不安に押しつぶされてしまったのです。

そうならないために、先ほどのようにフリーランスでも固定の安定した収入源を作ることが大事なのです。

また、営業フリーランスとして成果を継続させるために、”仕組み”を作ることが大事です。

仕組み作りは、営業のやり方や成果を出す方法だけでなく、契約の手続き、外注の活用、効率化のためのツールやシステムの利用など、組織ではなく個人だからできることがたくさんあります。

私は現在、20社の営業を同時に行い、そのうち営業部長の肩書きを6社いただいています。また、イノベーションハックでは取締役COOを務めながら、今年の4月に株式会社ウレルを創業しました。

「笹田さん、いつ寝ているんですか?」と言われますが、私は毎日7時頃には家に帰り、1歳の子供に晩御飯を食べさせて、お風呂にも入れています。毎日1時間は子供と遊ぶ時間も作っています。しっかりと仕組みを作れば、時間も収入も作ることができるのです。

その仕組みづくりは3ヶ月、しっかりと準備をし、テストを重ねていけば成果を出せます。会社員時代の収入を超えることも、仕組みさえ出来上がれば、すぐに実現できます。ちなみに、私は毎月10件ほど、全く営業せずに、営業代行やコンサルティングの相談をいただいています。これも仕組みを作り上げたからこそです。

1年後に年収1000万円を超えられる理由

年収1000万円は働く人の1つの目標ではないでしょうか。私は独立初年度で達成しました。

年収1000万円と聞くととても大きな数字に聞こえてしまいますが、これを12で割れば約83.3万円です。毎月84万円を稼ぐことができれば、毎日2.8万円、1日8時間働くとすれば、時給3,500円の仕事を作れば良いのです。

ポイントは2つです。

・自分を安売りしないこと
・シナジーが生まれる仕組みを作ること

この2つを守れば、自分の時間と心と体を削らなくても、しっかりと収入を稼ぐことができます。

ただ先ほどお伝えした通り、単月で稼ぐことは難しくありません。まして、営業フリーランスであれば簡単にできます。その1つの証明は保険のセールスです。保険の営業をしている人、特に外資保険会社であれば、インセンティブの額が大きい、個人向けの営業であれば、単発で稼ぐことは簡単にできるのです。

しかし、自分の人脈をあたり切ってしまったら、競合他社が圧倒的に良い商材を提供し始めたら、自分の底力がないため、一気に収入が激減してしまいます。

大事なことは、『仕組みを作りながら、地力を高め、稼ぎ続けられるようになること』が大事なのです。

これから営業フリーランスの働き方はどんどん広がる

最近は営業フリーランスという働き方はどんどん広がっています。実際、営業フリーランスや副業支援のサービスは増えており、セールスハブという営業副業支援サービスは資金調達額が1億円に迫る勢いです。

さらに、国家公務員の副業も解禁となり、エンジャパンが行なった正社員約3000人を対象にした今年の調査では「副業に興味がある人」が88%にのぼり、実際の経験者も32%に達しています。

これからのご時世、副業やフリーランスはどんどん広がります。また先ほどお話ししたように「時間」や「収入」などの制約をフリーランスになることで払拭できている人もどんどん増えています。

 

画像出典:会社員時代に比べて減ったのは「働く時間」 増えたのは「満足度」 | AERA.dot

働く時間を減らしながら、収入・人脈・スキル・経験を伸ばすことができれば、営業という職業柄、何でもできます。実際に私はこの結果が、2社の会社役員(代表取締役社長・取締役COO)を兼務できるようになったのです。

50社、100商材を超えるクライアントと取引してきた営業フリーランスとして成功する5つのステップ

私が営業フリーランスになって丸3年。営業フリーランスとして成果を出す、出し続けるためにはコツと手順があります。

営業フリーランスが成果を出すための5つのステップ

【手順1】まずは自分が扱いたい商材を決めます。営業で成果が出ない最大の理由は「商材の納得感がない」ということです。自分が興味を持っている分野をまずは決めること、これが最も重要な最初の作業です。

【手順2】次にやるべきことは、知り合いや知人に自分が扱っている商材を営業している人がいないかを探します。ここで実績と経験を積むことで、営業フリーランスとしてスケールできるかが決まります。また時間を搾取されないように、契約関連の整備も進めます。

【手順3】そして、いただいた案件の営業を開始します。まずはここで成果を出すことですが、自身の営業活動を複利的に成果を伸ばしていくために、リスト整備やアウトプットの仕組みづくりを行なっていきます。1件の訪問を1件の受注で終わらせるのではなく、クロスセルやリファラルセールスの仕組みを作って、一度のアクションで複数の成果が得られる仕組みを作ります。

【手順4】一定の成果が出たら、案件を増やしにいきます。実績の見せ方や自身の営業資料の作り方、また個人のアプローチ先開拓などを行い、3~5件ほどの営業フリーランスとしての動ける環境にします。

【手順5】営業を代理するだけでなく、これまでの経験を踏まえ、マネジメントや研修・育成側に入っていきます。こうすることで、自身の単価をあげることが可能になります。

上記の5つの手順をしっかり行っていけば、誰でも、どんなテーマでも営業フリーランスとして成果を出すことが可能です。

営業をしない営業戦略が収入と成果を安定させる

新規開拓営業は大変なんです。

これは私も経験しています。社会人2年目のときは、社内で20人だけの新規営業特化チームにいました。新規営業しかしてはいけないチームです。このときは、毎週30アポ+飛び込みをやっていました。新規訪問で、毎日毎日外に出突っ張り。外の公園でテレアポ。19時ごろ帰って来て、そこからMTGでした。この時、体重は5キロ痩せました。笑

体力的にももちろんですが、新規のゴリゴリ営業は成果を出すために、とにかくお願いをしまくらなければいけません。

「何とか受注をお願いします」
「5分だけで良いので、一度ご挨拶させてください」

とにかく頭を下げて、相手の顔色ばかりを伺っていました。正直、この時期から2年間営業が嫌いになりました。

それだけ新規営業は大変なのです。そして、これは経営学的にも証明されています。

 

1:5の法則とは、「新規のお客様を獲得するため」には、「既存のお客様の5倍のコストがかかる」という法則
5:25の法則とは、顧客離れを5%改善すれば、25%の利益率が改善されるという法則
2:8の法則とは、顧客全体の2割である優良顧客が売上の8割をあげているという法則

 

とにかく頭を下げて、行動量で成果が出ない分を補填しなければいけないやり方は営業を疲弊させていくだけです。今振り返っても、私が営業を嫌いになるのも当然だと思います。笑

そこで求められるのは【営業しない営業戦略】です。私が今メインで行っている営業代行・コンサルティング事業は、営業をしていません。毎月5件前後、多い時は10件超の問い合わせをいただくため、新規でゴリゴリテレアポしたり、飛び込みしたり、またお願いする必要もありません。

「一緒に頑張りましょう」
「もしかしたら、~~な要因で成果が出ない可能性もありますが、それでもよければやりますよ」

とちゃんとリスクも説明した上で理解してもらった形でスタートさせることができています。これは最初の関係性がお客様が上、営業が下という上下関係ではないところから、営業をスタートさせられているからこそです。

 

【営業しない営業戦略】を作るためには自分の分身をたくさん作っていくことです。

● ブログやメルマガ・[email protected]を駆使したWebマーケティング
● リファラルマーケティング
● Facebook等を活用したSNSマーケティング

自分の代わりに営業をしてくれる人やツールを各所に増やしていくことが成功の鍵です。

実際に営業フリーランスで成果を出している人を支援してきました

私はこれまで営業コミュニティ「メシノタネ」「営業4.0実践ゼミ」などを運営したり、個別に相談に乗ってきたりしてきた中で、たくさんのアドバイスを送ってきました。その結果、下記のようにたくさんの成果を出してくれたメンバーがいます。

コトノハマーケティング 眞鍋瑛様
大手食肉メーカーに就職し、一定の成果を出すも、今のままではダメだと副業からビジネスをスタート。メールを活用した営業手法を軸に、月間5万円を超える固定報酬を副業開始後すぐに確保する。現在は会社員を辞め、メール営業事業を軸に独立。クラウドファンディング、セミナー集客代行など、新しい事業に積極的にチャレンジしている。

フリーランス 古賀勇帆様
大手上場駐車場運営会社に新卒で入社するも、入社10ヶ月で退職。オンラインサロンを活用しながら、案件・仕事獲得を行い、実質社会人2年目ながら、現在は数社の営業代行やコミュニティの運営代行を行なっている。ホリエモンが運営するHIUでも、メンバー間で一目置かれる存在となり、堀江貴文氏とも共同で事業立ち上げを目指している。

フリーランス T様
これまでの営業やコールセンターでの経験を生かし独立するも、仕事が安定せず、報酬も不安定に。しかし、現在は外注の活用や仕組み作りに成功し、現在9社の営業代行を行なっている。独立当初は1人ブラック企業状態だったが、現在は会社員時代の半分の時間で、同額の報酬を獲得している。

会社員 I様
現在は会社員として、人材系会社で全国を飛び回っている。3年間フリーランスとして、クライアントの営業部長を務めるまでになるも、女性ということもあり、フリーランスから会社員に戻ることを決意。フリーランス時代の成果・経験が評価され、転職活動は希望の会社1社のみ面接に臨み、見事に内定を獲得。フリーランス前の会社員の頃から1.4倍の年収となる

このように多方面で様々なスタートラインから大きな成果を出しているメンバーが多数います。これまでのサポートを通して、営業フリーランスとして自分だけでなく、自分以外の人でも確実に成果を出してもらうための方法がわかったので、今回の講座を開講することにいたしました。

営業フリーランス養成講座で提供する8つのサポート

営業フリーランス講座で実際に活用する教材や資料、提供させていただくものはこちらです。

  基本教材

営業フリーランスとして、ゼロからでも着実に成果を出していく仕組み・環境を構築していくための工程を、基本教材としてPDF資料を配布いたします。実施すべき項目・内容とその目的が記載されており、ゲーム形式で進めていくだけでビジネスが出来上がります。

 営業の教科書

営業として成果を出すためのノウハウ集をプレゼントいたします。テキストは毎月更新を行なっており、常に最新版を確認できます。半永久的なスキルや考え方はもちろんのこと、時代のトレンドに合わせたやり方などをお伝えしていきます。

 事業計画表・事業管理シート

私が役員を務めるイノベーションハックでは資金調達を行うため、20回以上事業計画書を作成・修正し、資金調達を行いました。事業を運営していくためには、ある程度の計画が必要不可欠です。また計画があることで、いつまでに何をすべきか、今の進捗がどうなっているかもわかります。未来と今がわかることで、正しい施策を打つことができます。

 月2回のMTG

月に2回、ビデオチャットによる30分の面談をマンツーマンで実施します。進み具合の確認や、方向性の調整、具体的な企画や営業のアドバイスを行い、事業のスピードUPを図ります。

 いつでも電話・SNSで質問可能

事業を進めていく中で突発的な課題や問題、また相談したいことが出てくることがあると思います。不安な時間、悶々と悩む時間は、事業のスピードを落とすだけです。そういった悩みをいつでも解決できるよう、SNSと電話での質問はいつでも可能です。

 メンバー限定コミュニティへの招待

講座に在籍中は、専用のフェイスブックグループにご招待します。そこでいつでも質問や相談が可能です。他のメンバーとの交流も図ることができます。

 振り返りチェックシート

事業進捗・営業進捗をしっかりと把握し、成果を出すための施策を整備するためのチェックシートを準備しています。このシートを埋めるだけで、成果を出すための施策が整備されます。

 ベーシックワーク制度

営業フリーランス養成講座に参加いただく方は、フリーランスとしての安定を実現するための”固定収入”と”実績を作りやすい案件”を私が提供します。案件は多数あるので、1週間で5時間以上仕事ができれば、毎月3万円以上の報酬と成果に合わせたインセンティブをお支払いします。この案件だけでもやりきれば、年収1000万円を超えることは可能です。

営業フリーランス養成講座でアドバイスする具体的内容

営業フリーランス実践講座では、フリーランスとして稼ぐを増やすだけでなく、自身の人生を充実させるための方法やリスク回避の方法までトータルでアドバイスさせていただきます。

笹田から具体的にアドバイスをする内容
  • ビジネスプラン:成果の出る企画の考え方や作り方・添削を行い、アイデアを具体化していきます。
  • 事業計画:事業計画書を正確に立て、それを元に行動する習慣を付けていただきます。
  • クライアント獲得方法:自分のクライアントを確実に安定的に獲得するための方法を身につけていただきます。
  • 営業ノウハウ:営業フリーランスとして、再現性のある営業ノウハウを習得していただきます。
  • コピーライティング:商材・アイデアを魅力的に伝える術をマスターいただきます。
  • 営業資料作成:短時間で魅力と内容が伝わる提案書や営業資料の作成方法をマスターいただきます。
  • WEBマーケティング:Facebook、ブログ、メルマガなどのスキルをお伝えしながら実践していただきます。
  • 仕組み化:外注やシステムの活用を通して、自分が動かなくても稼げる環境を作っていただきます。
  • 契約書・請求書関連整備:笹田が実際に活用する手続き書類をベースに、自分用のバックオフィスの整備を行います。
  • クライアントコミュニケーション:継続的な取引実現とトラブル回避の方法をお伝えします。
  • ライフプラン設計:外部講師を招き、貯金や投資など、自分で自分の将来を守る戦略を考えていただきます。

さらに5個の特典

今回、特別に5つの特典をつけることを決めました。その理由は、私が営業フリーランスになって、試行錯誤してきた3年間。もっと早く知っていれば、もっと早く使っていれば、もっと早く持っていればという営業ツールや資料を、あなたにはフリーランスとして活躍する最初から知って、使って欲しいからです。その理由は単純です。

最短最速で成果を出して欲しいから

そのために、私が有料でサポートしているものや営業や経営で使ってきたものを、今回だけ特別に無料でサポートしたいと思います。

ランディングページ作成代行(30万円相当)
どんなに素晴らしい商材・アイデアがあっても、相手に正しく魅力的に理解をしてもらわなければ、その商材は存在していないことと同じです。Web上で見込み客を集めるために実務的に必要なものがランディングページです。弊社で文章からデザインまでフルサポートで作成代行いたします。このランディングページの質で、同じ工数でも数倍の差が出ます。効率よく成果を出すためには必要不可欠なため、業者に外注すれば相場は15万円~30万円程度しますが、講座の受講生には特典として無料でご提供します。
イベントや勉強会の告知・営業の実務支援(20万円相当)
集客を効果的に行うためには、最初から人がいるところにアプローチすることです。現在、私のメルマガとLINEの読者数は合計で2,000人を大きく超えています。また、私が運営しているメディアは月間5万PVを超えます。このメルマガやブログを活用し、笹田が集客をフルサポートいたします。通常、メルマガ広告などを出すと5万円~10万円程度かかりますが、営業フリーランスとして最初の見込み客を集めるために、講座の受講生には特典として無料でご提供します。
事業計画のサンプル提供&作成実務支援(10万円相当)
お伝えした通り、私は事業計画をこれまで20回以上作成・修正してきました。項目数300を超える事業計画書のサンプルを提供し、自身の正しい計画づくりに材料にしていただけます。さらに実際の作成作業を一緒に行うことで、より精度の高い計画を作り上げます。遠回りせず、最短最速で成果を出すために、こちらもサポートいたします。
営業ツールのアカウント・過去実績の共有(24万円相当)
私はこれまで30以上の営業関連ツールを使ってきました。そして今残っているツールは5つです。特に営業効率を上げているのが、「メール配信ソフト」と「簡易ランディングページ作成ツール」「リストアップツール」です。これまでに私が作ってきたメール文章やWebページを解放し、自身の営業の材料にしていただくとともに、私が現在利用している営業ツールを利用いただけます。ツールの使用料だけでも、月4万円を超える金額がかかります。何を使うかを迷っている時間が勿体無いので、すでに成果が出ている効率が良いものを使ってください。
各種専門家の紹介
ありがたいことに、私はこれまで様々な方面の専門家の方とのつながりをいただいております。営業や将来設計などで悩んだ際、専門家の方をご紹介いたします。
ベーシックワーク制度(最低18万円)
ご紹介させていただいた今回導入しているベーシックワーク制度で半年間で18万円の報酬は確定しています。あとは、案件によっては、インセンティブ・成果報酬のお支払いも対応させますので、弊社からの案件のみで本講座の元はすぐに回収可能です。

営業フリーランス講座にご参加いただくと、合計102万円相当(うち18万円は報酬が確定)の特典をおつけいたします。

営業フリーランス養成講座はこんな方にお勧め

フリーランスとして独立したが、収入が安定せずに将来に不安を抱えており、安定した収益基盤を作りたい方
自身の営業経験や人脈を生かし、年商1000万~5000万程度のスモールビジネスを立ち上げたい方
すでに営業フリーランスとして活動しているが、グロースハックやWEBマーケティングのスキルを磨いて大きく成長させたい方
現在所属している会社の方針に合わず、独立が考えているが、どこから手をつけたら良いかわからない方

半年後に”まずは”月収100万円の売り上げを目指すプログラム

予定スケジュール

営業フリーランス養成講座は、営業フリーランスとして半年後に「月収100万円」の収入を獲得することを目指していくカリキュラムです。

1ヶ月目:アプローチジャンルの選定と計画決定・ベーシックワーク制度での業務開始
2ヶ月目:クライアント獲得とベーシックワーク案件での受注獲得
3ヶ月目:自身のクライアントの営業活動開始
4ヶ月目:事業計画の再設定
5ヶ月目:グロースハック
6ヶ月目:営業の仕組み化(自分の工数を半分にする)

というスケジュールを軸に進行します。

ここで営業成果を出すことによって、スタートは代行業でも講師などの教育・コンサルティング事業や営業フリーランスでの収入を元手に新しいビジネスの立ち上げも可能になります。

※マンツーマンサポートのため、個人の進み具合に合わせて進行を調整します。

さらに無料で1年間のアフターサポート!

半年で成果が出せるか自信が無い。講座終了後も、サポートしてほしい。そういう声にお応えするために、1年間の無料サポートをお付けします。講座受講生専用の「フェイスブックグループ」には、講座終了後も1年間無料で在籍でき、質問や相談などをオンラインで受け付けます。

さ・ら・に、月額12,780円が講座受講期間内は無料!!

本講座にお申込みされた方は、私が運営するオンラインサロン「営業4.0実践ゼミ」とグループコンサルティングコミュニティ「メシノタネ」に、特別枠として無料でご招待します。自身の成長スピードを上げるためには、周りからの刺激は必要不可欠です。そこで意識の高いメンバーが集まる、このコミュニティにご参加いただくことが可能です。
※ただし、オンラインMTGや個別の相談会の参加は不可とさせていただきます。こちらはあくまで、コミュニティメンバーのための枠となりますので、ご了承ください。

もう一度お伝えしますが、本講座参加で18万円の報酬は確定です!

今回のこの「営業フリーランス講座」は、営業の新しい働き方を実現するという裏ミッションがあります。

そのため、「ベーシックワーク制度」を設け、講座に参加することで営業フリーランスの仕事を、私から必ず発注させていただきます。これは成果報酬のみの案件ではなく、フリーランスとして重要な”固定報酬”のお支払いを確定したお仕事です。

具体的には3万円×6ヶ月=18万円は最低保証するお仕事をすでに準備しています。複数のお仕事を準備しているので、面談時に得意分野をお伺いし、あなたにあったお仕事でフリーランスとしての固定報酬と成果が出れば当然成果報酬でのお支払いもいたします。

私からの紹介させていただく仕事のみで、講座の参加費はすぐにでも回収可能です。

というよりも回収してもらわないと困ります!!

営業フリーランス養成講座詳細はこちら

今回のこの講座は私が3年間フリーランスとして活動してきた集大成であり、コミュニティを運営していく中で「フリーランス」や「副業」にチャレンジしたい、もっとスケールさせたいという人の支援をしてきた集大成です。

なので、いくらでこの講座を提供するか、非常に悩みました。

 

サポートさせてもらってきたメンバーは、全員成果を出せており

社会人1年目で独立し、すでに5社以上のクライアントを獲得したり
独立初月から数十万円の固定報酬を獲得したり

しているメンバーがすでにいます。

 

かつ、企業研修では1回2時間の研修で数十万円いただき、個別のコンサルティングでも今は1時間3万円以上いただいているので、正直100万円以上いただきたいところですが、今回は私が営業仲間をもっと増やしたいという想いで始めた取り組みなので

72万円(税抜)

こちらの金額で、ご提供させていただくことにしました。

営業フリーランス講座内容一覧
  • 月2回のMTG
  • 基本教材
  • 営業の教科書
  • 事業計画表・事業管理シートプレゼント・添削
  • いつでも電話・SNSで質問可能
  • メンバー限定コミュニティへの招待
  • ベーシックワーク制度
  • ビジネスプラン・営業資料添削
  • ランディングページ作成代行・添削
  • 契約書・請求書関連テンプレートプレゼント
  • イベント・勉強会の集客支援
  • 営業ツールのアカウント共有
  • 各種専門家紹介

これだけのコンテンツとサポート体制を整えて、月額12万円で実施できる環境を整えました。去年からずっとやりたいと思っていたことがようやく形にできました。正直なところ、破格だと思います。しかし、営業フリーランスを増やさないことには、「営業の働き方改革」「営業職の地位向上」が実現できないのでやります!

 

ただ、今回「ベーシックワーク制度」など、新しい取り組みにチャレンジし、営業の働き方を一緒に作っていくという趣旨も多分に含んだ企画でもあるので、5名限定にしたいと思います。

 

また今回のこのプログラムは私の念願のコンテンツです。絶対に成功させたいと思っているので、特別に今回だけ

60万円(税抜)

こちらはどんなに応募が殺到しても、5名限定とさせていただきます。私がマンツーマンでサポートさせていただくため、同じタイミングでスタートするメンバーが5人以上になると、1人1人のフォローやサポートがおろそかになってしまうためです。絶対に成果に繋げて欲しいと思っているので、今回は申し訳ないですが5名限定です。

お申し込みは先着順となります。メルマガで簡単なご紹介をしたところ、「詳細はいつ出ますか?」「募集開始の日はいつですか?」とご連絡をいただいているので、お早めにお申し込みください。

これだけガッツリやるのでこのような方にお勧めしません

今回のこの講座は私がマンツーマンでサポートをしていくプログラムなので、下記に当てはまってしまう方はおすすめしていません。

嘘をついてでもとにかく収入を増やしたい方
嘘をついたり、人を騙したりするような営業は必ず自分に返ってきます。こんな人を騙すような営業を増やしたいわけではないので、自身のお金だけを目的の方は参加をお受けできません。
1週間で3時間の時間を確保できない方
現在会社員という方やすでにフリーで動いている人も参加されることになると思いますが、今回は私の方からもフリーランスとして成果を出すための方法を学ぶための”仕事”を準備しています。最低3時間/週で確保いただかないと、事業自体・営業自体が進まないので、まずは3時間/週の確保をしてください。
全部やってもらえると思っている人
あくまで成果を出し、大きな収入・自由な時間を得るのはあなたです。私も徹底的にサポートをしていきますが、自分で手を動かし、足を動かさなけば成果は出ません。このことをあらかじめご理解ください。

スタート前には必ず「戦略面談」を行います。現状のビジネスや仕事の状況、これから何をしたいのかなどを、面談で伺わせていただきます。その上で双方が納得いった形でスタートさせていただきますので、こちらからお断りをさせていただくこともありますので、ご容赦ください。

よくあるご質問

詳細についてお話を伺ってから参加したいのですが可能でしょうか?

  • 自分でも成功できるか、実際に話して相談してみたい!
  • 講座に興味があるけど、もう少し具体的に話を聞きたい!

という方のために、無料個別相談会を実施しております。

この場にご参加いただければ、過去の事例についての詳細の確認や、具体的なノウハウについてもご質問いただいて構いません。営業フリーランスに興味がある方は、まずは是非、無料相談会にお越しください。しかし、今回は先着5名までとなりますので、枠が埋まり次第終了となりますので、あらかじめご容赦ください。

お支払いはカード払いのみでしょうか?

基本的にはカード払いのみとなります。カード以外のお支払いをご希望の際は、笹田までご連絡ください。

分割での支払いは可能ですか?

分割でのお支払いも対応させていただいております。今回参加しやすい形を取るために、一括でのお支払いではなく、月64,800万円の10回払いでのお支払いをベースとさせていただきました。

追伸:私が営業フリーランス講座をやる理由

私は営業フリーランスをもっと増やしたいと思っています。これは副業ブームとなっている今よりもずっと前から思っていたことです。その理由は、『良いプラダクト・商品・サービスだけで溢れる社会にする』という私のミッション実現のためです。

世の中には利益追及のためだけに作られたユーザーを無視した商材がたくさんあります。過去に私もそういった商材を扱い、罪悪感を覚え、営業が嫌いになった時期がありました。

「売りたくないものを売る」

これほど営業をしていて辛いこと、また不毛なことはありません。

当時の私を振り返った時に、会社に頼らずに生きることができていれば、もっと強くNoと言えた自分がいたと今でも思っています。そして、Noと言える営業が増えれば、経営者やサービス・商材を作る人は、より良いものを作ろう・作らなければいけないという気持ちにならざるをえません。

営業は会社や組織を支える仕事です。だからこそ、しっかりと発言権のある、強い営業をもっと世に増やしたいと思っています。

利用料金

0円

紹介料、仲介手数料などは一切かかりません。セールスコネクトでは、良いプロダクト・サービスが社会に広がること、さらに営業職を始め営業人材が自分のクライアントの課題を解決できるツールを増やすことを目指しています。

参加条件

  • フォームへの登録に不備なく、全てご記入いただいている
  • 自社サービス・プロダクトに自信がある
  • 紹介を受けた際、しっかりと責任を持って対応をしてくれる

紹介依頼はこちら

セールスコネクトに所属する経営者・営業職に向けて自社商材・サービスの紹介を依頼したい方はこちらのフォームにご記入ください。

フォームに記入していただいた依頼はFacebookグループやウレルが運営しているメルマガ、Webページに投稿されます。掲載内容を見て興味を持った方から直接Facebookメッセンジャー等でご連絡がいきますのでご対応ください。(別ウィンドウでの記入はこちらから)

営業で悩んでいる人は2つのタイプしかいません。商材・サービスを「作った人」と「売る人」です。

作った人は、自分の商品をもっと世の中に広めたい
売る人は、もっとお客様の役に立ちたい、稼ぎたい

と思いながら、なかなか理想のお客様に双方会えないことが一番の課題です。

商品を作った人はもっと商品作り・改善に、営業はもっと今担当しているお客様とのコミュニケーション・フォローに集中できるよう、新規営業のコスト・負担をもっと減らしたいと思っています。

その1つの方法が紹介営業です。紹介営業の和がもっと広がる仕組みを作りたいと思っています。

いますぐ依頼したい方はこちら

紹介営業を依頼する

 

『営業4.0実践ゼミ』参加申し込みはこちら

 

営業がしたたかにしれっと成果を出すためのコミュニティ

このコミュニティは「トップセールスになる」「営業目標を3倍で達成する」といった意識の高い目標というよりも、営業を始めてやったり、営業がちょっと苦手だなと思っていたり、もう少しうまく営業をしたいと思ったりしている普通の人が、気合いや根性論ではなく、戦略と仕組みを作って、しれっと目標を達成するためのコミュニティです。

営業目標を毎月105%で達成し続けているそんなイメージです。(上司からすれば、「意識が低い」「もっと上を目指せ」と言われるかもですが。。笑)

というのも、トップセールスや営業目標の3倍達成は、仕組みや戦略というよりも圧倒的に行動量が必要になります。「とにかく動け」が正義になってしまうということです。また、こんなことができるのは一部の特殊な人だけです。

「営業は仕事に時間と心を奪われる」そんな営業で苦しむ人を救うためのアイデアや私の日々の実験結果を共有しているのが営業4.0実践ゼミです。

一言で言えば、普通の人でも営業が楽しくて労力も少なくなる方法を徹底的に考えていく営業コミュニティがここです。そのために「セールスコピー」「マーケティング」「ITツール」をどんどん駆使してきた私の経験をどんどん発信していきます。長時間働くことや24時間営業することで成果を出すのは思考が止まっている証拠。それを求めてくる会社や上司も思考停止状態です。

これだけツールや情報が溢れるこのご時世で、5年前10年前と同じ営業をやっているというのは思考が止まっている完全な証拠です。営業がもっと楽をして、楽しく仕事ができる。けどちゃっかり目標は達成している状態を目指すのが、営業4.0実践ゼミです。

こんな悩みをお持ちではないですか?

毎日遅くまで頑張って仕事をしているのに、成果が出ない
電話をかけまくっているのに、テレアポの成果が出ない
飛び込み営業をしているけど断られすぎて、もう怖くなってきている
見積もりの提出まではいけるけど、クロージングが決めきれない
もっと相手の真を突くようなヒアリング力を身に付けたい
唯一無二の営業力を身に付けたい
 楽をすることは悪じゃない。むしろこれからの営業では正義です。ブラック営業も経験し、育児をしながら営業フリーランスとして20社以上の営業を兼務する方法やノウハウをどんどん公開していく場所が「営業4.0実践ゼミ」です。 
【営業4.0実践ゼミ】で得られるもの

営業4.0実践ゼミでは、誰にも聞けない営業のやり方やコツを、私の経験を踏まえて包み隠さずお伝えします。

  • テレアポのコツや実際に成果が出たトークスクリプトを学べる
  • 1週間で1万件を超える効率的なリスト作り方法が学べる
  • メール営業の文面やその成果を共有することで、文面を真似できる
  • セミナー営業やランディングページを活用した営業方法を学べる
  • ZoomやAppearなど、オンラインツールを活用した個人でできるインサイドセールス方法を学べる
  • ブログやWebサイトを活用したコンテンツマーケティング手法を学べる
  • 社長や上司を巻き込める社内営業の方法を学べる
  • 笹田が使って効果があった/なかった営業ツールを知れる
  • 経営者の頭の中がわかる
  • 1時間10万円以上のコンサルティングを行なっている専門家の具体的かつ実践的なアドバイスが聞ける

※随時追加していっています。これからもどんどん増えます。増やします。

参加料金について

参加料金は一律で月額1,980円です。私は法人向けの営業職研修でも、1日数十万円いただいているので、金額設定も悩んだんですが、営業の悩みは1つ解決できても、結局次の悩みがまた出てきます。なので、私は長いお付き合いがしたいと思い、この金額にさせてもらいました。

実は元々は毎月2万円からスタートしていました。ただ成果が出ても、インセンティブの反映・支給が遅い会社が多く、継続できない人も過去に数人いたので、今回この金額にさせていただきました。

今退職をして独立したての人や借金が100万円を超える人も参加してくれているので、「お金がなくても」という人も大丈夫な金額にしました。1回飲み会を抜くか、少し安いランチを続けてもらえればという金額なので。

むしろ、私がこれまで営業研修で伝えて来たことや営業コンサルして来た内容を見られるだけでなく、個別にトークスクリプトやメールの添削、ロープレの実施などのオプションももれなくついてきます。ゼミにいるだけで十二分に元が取れる内容だと自負しています。あとは使い切ってください。笑

現代に合わせた営業をもっと真剣に考えるべき

「毎日のようにたくさん電話をかけまくる」
「足が棒になるまで飛び込み営業を頑張る」
「何回断られても、とにかくアプローチをし続ける」

正直ベースで話をしましょう。こう言ったことを「やらなくても良いよ」と言われたらやりますか?やり続けますか?

私だったら

速攻でやめます

そりゃそうですよね。テレアポも飛び込みもプッシュ型の新規開拓は断られることを前提に、確率論で営業のアプローチをしています。断られる、怒られるけど、そのうちの何人かが受注やアポをくれるから、電話や訪問をしているわけです。これって現代のやり方にあっているんでしょうか?

私はそうは思っていません。こう言ったやり方は数をこなせば一定の成果が出るのは事実です。今すぐやめるのは難しいかもしれません。しかし、仕組みやツールを使って徐々に減らしていく努力をすべきです。

また、「売る気満々の営業」がきたら顧客の目線でどう思いますか?ほぼ100%嫌われます。というより私が嫌いです。

ブラック営業と育児を経験して。。

営業職はとかく意識高い系の情報が社内外問わず多いです。

「営業は足で稼げ」「俺は毎日数百件電話をしていた」「片っ端から飛び込んで営業してみろ」

さらに

「こんな営業トークを考えてみたから、今日から実践しろ」「KPIでこの項目も追加する」

やることばかりが増えていく営業指示がとにかく多いんです。いかに楽をするか、やることを減らすか、作業時間を減らすか、というアイデアや情報が出ていないのが、今の営業現場だと思います。

上司になった人、マネージャーに出世した人、営業の本を書くような人たちは、昔ながらの営業方法でとにかく営業を頑張ってきた人たちなので、やった方が良いことをどんどん教えてくれますが、やらないこと・やらなくて良いことを教えてくれないのです。なぜなら、やらないことを考える思考を持っていないからです。

私は会社員を2社経験しています。大手人材会社とメガベンチャーです。どちらも正直、ブラック企業でした。

「日中はとにかく顧客にアプローチしろ。だから、MTGは19時以降にやれ」
「毎週テレアポの獲得20件が目標。達成できなかったら、達成できるまで電話をかけろ」
「目標が達成できないのは、お前のやる気が足りないからだ」

こんなことを言われ続け、毎日20時間近く働きました。土日も出社してとにかく働きました。結果、トップセールスになれたのは事実です。しかし、こんな営業だけの生活をしていたので、営業スキルは上がったものの、それは気合いと根性で窮地を乗り切れるだけのスキルだったのかも今は思います(これはこれで大事ですが。。)なので、社内ベンチャーにジョインして外部の人と話すようになってから、自分がどれだけ情報に遅れていたかびっくりしたことを覚えています。冗談抜きで、浦島太郎状態でした。

そこから外部の人と話す機会を増やしたり、会社の働く時間を効率化して副業にチャレンジしたり、色々なことに挑戦しました。そして営業フリーランスとして独立し、今は子育てをしながらベンチャー企業2社の経営をしています。これもITツールを使い、戦略を立て動いているからできることです。ITツールは自分の分身、つまり自分の代わりに営業をしてくれる”モノ”を作ること、戦略はやらないことを決め、成果が出ることだけに集中することです。

営業の課題解決・目標達成を長時間労働で解決する、気合いと根性で乗り越えるという方法を今は取っていません。これをしてしまえば家族との時間が奪われ、子供との時間もなくなるからです。自分の生活を犠牲にして、営業をしていても、営業は楽しく無くなります。心にも余裕がなくなります。

自分が楽しくないと、営業には限界がくる

私がこのコミュニティの中でよく言っているのは

自分を安売りするな

自分を安売りするとは何か?

  • 売りたくないものを売っている
  • 安い給料で嫌々働くこと
  • やりたくない残業や仕事の持ち帰り
  • 手当も何も出ないのに、サービス残業・土日出社をする などなど

これらをやりたいなら良いんです。成長のためとか、今後起業するためとか、長時間働くことを厭わない。今はとにかくガンガン働きたいと自分が思っているなら、それは良いんです。

問題は「やりたくないけどやっている」という状態です。やりたくないことに時間を使う、これは自分に嘘をついている状態です。さらに売りたくないものを売るというのは、お客様に嘘をついている状態です。自分にも他人にも嘘をついて営業をしていれば罪悪感が募り、不毛感が感じ、営業そのものが嫌いになります。

あえて言いますが、たかが営業目標や仕事のために自分を犠牲にするのはやめてください。我慢の対価が報酬という時代はもう終わりにしましょう。

普通の人でも営業が楽しくて労力も少なくなる方法

営業をするために生まれてきたような人がいます。口がうまく話し上手。目標達成思考も圧倒的に強く、体力もあって、何事にもポジティブ。こういう人は放っておいても、圧倒的な成果で営業目標を達成し、トップセールスになると思います。

けど、大半の人がこうではないはずです。昔の私は実はこんな人間で「営業サイボーグ」と呼ばれていました。ただ今営業サイボーグに戻りたいかといえば、NOと答えます。それは家族や時間を犠牲にすることになるからです。あと、お伝えしておきますが、私は人見知り(信じてもらえませんが、私と仲が良い人はわかります笑)です。電話も嫌いですし、異業種交流会も苦手でできません。できたら家で黙々と作業をしている方が好きな人間だったりします。

そんな営業に特化した人間(笑)ではない普通の人が、営業が楽しくて、かつ少ない労力で成果を出すためのポイントはこれです。

「商材」×「仕組み」×「発信」

自分が好きなものを、売れる仕組みを作って営業を行う。そして、そのやり方や経験を発信していくことで、営業として楽ができる、かつ食いっぱぐれない営業ライフが歩めるようになります。

「嫌い」かつ「売れない」ものを売るから売れない

これはみんな心の中ではわかっていると思います。

実際に私は営業フリーランスとして独立してから、50社100商材以上の営業をやってきました。しかも営業代行なので、その会社の社員として営業を行なっています。つまり、営業職として会社員で働いている状況と同じ形で営業をしているということです。

その中で売れるものと売れないものには明確な差がありました。それは「嫌いなもので売れないもの」はどんなに頑張っても売れないということです。嫌いなものというと過去のクライアントに失礼ですが、独立したばかりの当時はとにかく売り上げを作らなきゃと、いただいた問い合わせは全部受けていました。なので、「この商材胡散臭いな」と思ったり、「この商材誰も喜ばないだろうな」という商材も営業をしていました。こう思ってしまっている商材はやっぱり売れませんでした。

また「売れないだろうな」と感じた商材も、当然ですが売れません。社長が自分の感性だけで作った商材や、マーケットのリサーチもせずに作った商材、昔は売れたけどここ数年売れなくなった商材は、どんな手を駆使しても売れません。

嫌いで、そもそも売れないものは、どう頑張っても売れないわけです。営業が楽に成果を出すためには、「自分が好き」かつ「すでに売れている、売れそうな予感がする」商材を選ばなければ、同じ時間をかけても売れない営業になってしまうわけです。

「仕組み」の代替は気合と根性。そして疲弊してしまう

「お前はやる気がないから、成果を出せないんだ」

この言葉、社内ベンチャーを立ち上げた時、親会社の社長から何度も言われたセリフです。以来、この言葉は大嫌いです。

 

どんなに頑張っても成果が出ない商材はあります。
どんなに頑張っても会社の不祥事でアポが取れないこともあります。

気合いと根性だけでは乗り切れない壁が現実に存在するわけです。その壁を乗り越える方法は、さらなる気合いと根性ではなく、仕組みを作ることです。

 

仕組みは、商材×マーケティング×営業の掛け合わせで作ります。

 

どれかが0なら、他が良くても0です。気合いと根性で改善できるのは営業の一部だけです。

 

つまり、仕組み作りは営業の売り方だけではなく、営業戦略をしっかりと考え、効率的なアプローチ戦略を組み立て、いかに楽して大きな成果を出すかということなのです。

営業の仕組み=たくさんアポが取れる方法
営業の仕組み=リストがたくさん作れる方法

というように、勝手に限定的な考え方をしないでください。もしかしたら、仕組みを考えていくと、リストアップやテレアポが不要な場合も多々あります。実際、私のコンサルティング先では、テレアポを廃止したことで、売上が倍になったケースもあるぐらいです。

 

「何をやるか」と合わせて、「何をやらないか」も真剣に考えましょう。

「これまでのやり方だから」「先輩はこれでやっているから」という発想は捨てましょう。自分にあった営業のやり方は、自分で見つけるしかありません。

「発信力」は営業の効率化と将来の自分への投資

これからの時代は、「誰から買うか」が重要とお伝えをしました。

どんなに知識やスキルや経験を持っていても、発信できなければ意味がありません。もっと言ってしまえば、発信できる場所や方法を知らずに、実施していないのであれば、これまでに得たものの半分を使えていないと言っても過言ではありません。

 

発信力をしっかりと持っていれば、それは今後の営業やビジネスに活用できる資産です。

 

自分の営業を目の前のお客様に売るだけに活用するのはもうやめましょう。経験を積めば積むほど、商談を重ねれば重ねるほど、あなたは発信するための情報・コンテンツを手に入れているということを覚えておいてください。活用方法さえ間違わなければ、近い将来メールを送るだけでアポ取りはもちろん、販売もできるようになります。

営業成果=リストといっても言い過ぎではないぐらい、リストは大切なものです。このリストを効率的に集め、効率的に活用する力が発信力なのです。

 

「もっと楽に営業したい」「リストアップやアポ取りはやりたくない」と思っている人は、是非発信力を身につけてください。続ければ誰でも簡単に発信力は身につきます。「続ければ」です。これは一緒に続けましょう。

Webツールをうまく使えば、営業効率は格段に上がる

私は独立してから、いろいろなWebツールを活用しています。

  • ペライチ
  • アイメール
  • 配配メール
  • ソーシャル企業
  • リスタ
  • ウリゾウ
  • チャットワーク
  • Slack
  • 調整さん
  • Canva
  • クラウドワークス・ランサーズ
  • Zoom
  • Appear
  • Peatix  などなど

まだまだありますが、こういったツールを活用することで、営業の効率が格段に上がりました。

 

サラリーマンだった頃は、会社の経費やルールの縛りがあって、100件以上のメールを送るにも、全部人力。毎週土曜日の朝から晩までメールを送る日々を過ごしていました。

しかし、探せば無料で使えるものはたくさんあります。ちょっとお金を使えば、毎日22時まで残業していたのが、定時で帰れたり、土日出社をしなくて良くなったりします。

 

営業職でITリテラシーが高い人は、もっと楽に簡単に成果を出しています。なぜなら、自分がやらなくても良い仕事をWebやシステムに任せたりしているからです。もっと楽に成果を出すために、自分がやるべきこと=顧客との会話と自分の時間の確保について、真剣に考えてみませんか?

営業ができれば、人生の選択肢が増える

営業は今でも多くの求人が出ている採用難の職種です。営業で成果を出せる人は、いつの時代も引く手数多です。営業で成果を出せるようになれば、どこからでも求められる人になれるわけです。しかし、成果を出すために、寝る間を惜しんで、家族や自分との時間を削るのでは、成果は出せても幸せになれない、そんな不幸な状態になってしまいます。

 

自分に余裕があって、しかも食いっぱぐれることもない。そんな営業職をもっと増やしたいと思っています。会社にも上司にも顧客にも振り回されることもなく、自分らしく楽しく営業ができる。そんな営業を一緒に目指して、しっかりと成果も出しませんか?

 

【営業4.0実践ゼミ】では、オンライン、オフラインで実施する勉強会等を通して、営業職で幸せになりたい人が実際に幸せになれる環境を提供していきます。

『営業4.0実践ゼミ』のサービス内容

【営業4.0実践ゼミ】では以下のようなサービスを提供します。飽くまで一例です。日々コンテンツは増えており、どんどんこれからも増やしていきます。

オンラインコンテンツ

●営業さんいらっしゃーい!営業はどんな悩みを抱えてる?
○質問に答えるだけで気づきが生まれる営業ノウハウ
●営業女子あるある・転職ドキュメンタリー
○笹田が利用した営業ツール活用講座の閲覧権限
●笹田が利用して失敗した営業ツールの事例紹介
○20,000円/回で提供している営業ツール添削
●15,000円/回で提供しているトークスクリプト添削
○15,000円/回で提供しているメール文面添削
●22,000円/回で提供しているランディングページ・Webサイト添削
○営業ロープレ実演・フィードバック

オフラインコンテンツ

●営業セミナー各種
●転職・キャリア相談会
●バーベキュー大会
●営業ロープレ大会
●初心者向け営業スキルアップ講座
●新入社員向け営業スキルアップ講座
※不定期に開催いたします。

さらに営業4.0実践ゼミのメンバーであれば、笹田にFacebook上で質問し放題です。また営業相談コーナーや営業実践ゼミでは、メンバーが有志で集まり、特定のテーマについて一緒に考えたり実践したり励まし合いながらが頑張るコンテンツもあります。

このように色々書きましたが(笑)、メインコンテンツは

毎日お届けしてしている笹田が考えている営業について

四六時中営業について考え、とにかく営業をやっている人が少しでも楽ができる環境を作るための気づきを与える投稿がメインコンテンツです。巷のオンラインサロンのように誰かと交流しなきゃいけないとかそう言ったものはありません。ROM専でOKです。

    営業を楽にするためのツールも提供中

    営業をとにかく楽にしたい一心で、メール営業専用ツール「Uメール」も開発しました。

    営業4.0実践ゼミで「営業メール文面」や「ランディングページ」の共有を行なっています。是非、その学びを実践で活用してください。営業4.0実践ゼミ参加者は、Uメールの初期費用2,000円は無料です。

    ▼Uメールの詳細はこちら
    https://lp.hiroshi-sasada.com/u-mail

    実は今も営業のためのツールやリスト作成代行も検討中で、営業ゼミにいるだけで営業が楽になるという環境をつくろうと色々模索しています。

    飲み会や交流会も不定期に開催中

    あと、これは不定期開催ですが、飲み会や交流会も開催しています。

    過去にはバーベキューをしたり、餃子パーティーをしたり、居酒屋を貸切にしての勉強会兼飲み会も開催しています。

    飲み会兼勉強会
    餃子パーティー

    コミュニケーションツールについて

    営業4.0実践ゼミで利用するコミュニケーションツールは、Facebookとなります。

    Facebookではリアルタイムで情報配信、イベントや限定コンテンツの募集を行なってまいります。参加者はまず全員Facebookグループに参加して頂き、グループ内のコンテンツは全て閲覧・コメントできる状態となります。

     

    Facebookを利用していない、あまり活用できていないという人もおりますが、ビジネスパーソンのコミュニケーションツールとしては、まだまだ活用の余地は大きいととも、情報収拾としても活用できるので、まだ利用していない人は、これを機に是非活用してください。

     

    一方で、情報が多すぎて追いきれないという方に向けては、参加者限定のPDF資料を配布しております。Facebookで配信している内容を書き起こし、情報をまとめたものとなりますので、「忙しくて情報をキャッチアップできない」「情報が多すぎて混乱する」という人は、こちらを活用いただき、自身のタイミングで情報を確認いただければと思います。

     

    Facebookはリアルタイムに情報を確認したり、コメントや相談ができる場所、PDF資料は情報のキャッチアップや整理をする場所と考えていただければと思います。

     


    こういう人にオススメです


    以下にあげるような人なら、当ゼミを満足して頂けると思っています。ぜひご参加ください。

    ■ 営業職で成果を出したい人

    私が社会人1年目から半年で社員1,000人の会社でトップになった営業ノウハウを全公開しています。学生の頃から営業をやっていたので残せた成果ですが、学生の頃はテレアポのアルバイトを2ヶ月でクビになるような、ダメダメ営業でした。そんな営業でも成果が出せるようになったノウハウや考え方、営業術を学んでいただけます。

    ■ 未経験だけ営業にチャレンジする人/したい人

    本ゼミには、新卒1年目の人や転職して営業に初めてチャレンジしますという人もいます。営業の基本からお伝えしていきますし、わからないことはどんどん質問してください。「こんなこと聞いても平気?」と上司に質問できないことは多々あると思いますが、私は1つ1つしっかりとお答えするので、遠慮なく質問してください。

    ■ キャリア迷子になりたくない人orすでに迷宮に入ってしまっている人

    営業職は仕事が単調な部分もあり、また人と接する仕事のため、気持ちの上下が激しい仕事でもあると思っています。私も新卒で入った会社を入社1年で辞めたいと思ったことがあります。

    簡単に私のキャリアをまとめると、新卒で人材会社に入社→営業特化チームに異動→社内ベンチャー立ち上げ→親会社に吸収合併(新卒で入った会社は1年後に環境が変わりました)→転職→転職後半年で独立・個人事業主→ITベンチャー役員(個人事業は継続)→個人事業を法人化。こんな感じです。現在はベンチャー企業2社の経営をしています。子供も去年生まれました。毎日ハイハイ競争をしています。

    楽しく働くために、自分がどんな働き方・キャリアを歩みたいのか。私の経験を包み隠さずお伝えします。また知り合いのキャリアアドバイザーも多くいるので、無料でご紹介も可能です。

    ■ 新しいことにチャレンジしたい人

    新しいことにチャレンジしたい人も大歓迎です。全力で応援します。これまで運営してきた営業コミュニティでは、独立し営業フリーランスになった人、キャンピングカー事業を始めた人、転職して岡山から東京に出てきた人、家族のために沖縄に帰って仕事を作った人など、新しいことにチャレンジがたくさんいます。

    ■ マイペースにやりたい人

    営業コミュニティや営業塾で多いのが、大量の宿題を課せられ、やらないと怒られるスクール形式です。実は私も20代前半の頃、「営業スクール」「コミュニケーションスクール」「ビジネススクール」など、計4つのスクールに通ったことがあります。ただ本業が忙しくなると、どうしても授業にいけなかったり、宿題ができなかったりで足が遠のいてしまったんです。

    そこで、このゼミではオンラインでの受講をメインにするととも、当日参加できなくても情報がいつでもチェックできるようにFacebookを活用しています。また情報をまとめてチェックしたいという方に向けて、Evernoteを活用しています。忙しくても隙間時間や異動時間で学べる、成長できる環境を整えています。

    ■ 何よりもまず自分を大事にしたい人

    「お客様は神様だ」

    営業をしている人だけでなく、仕事をしている人であれば一度は耳にしたことがあるセリフではないかと思います。お客様は大切な存在であることは事実です。しかし、自分を大事にできない環境にまで追い込んでやるべきことなのでしょうか。これは「社長」や「上司」の力が強い会社も同じです。

    私はワンマンオーナーの会社にもいたことがあります。このとき、何が正しいかは全て社長でした。最初はそれに違和感なく受け入れられていたのですが、徐々に嫌悪感に変わっていきました。

    仕事とは人を助ける、楽にすることです。まずは自分に余裕がなければ、そんなことはできません。自分を大事にしたい、そう思える人と一緒員学んでいきたいと思っています。そして、自分を大事にできる人が集まる場所だからこそ、刺激的な良い環境ができると思っています。

    ■ とにかく成果を出して見返したい人

    「お前は何で成果が出せないんだ」「やる気があるのか」などなど、罵倒された経験が私はあります。こういう人たちを見返すためには、結局成果を出すしかないんですよね。営業職として成果を出すやり方・生き方・会社の過ごし方など、営業職としての総合情報がこの「営業4.0実践ゼミ」です。


    こういう人にはオススメしません


    逆に下記に当てはまる方は、このゼミを活用しきれないと思うのでオススメしません。

    ■ 嘘をついたり、人を騙したりしてでも成果を出したい人

    営業4.0は「貢献営業」です。人の役に立って、正々堂々気持ちよく営業をしてほしいと思っています。嘘をついたり、騙したりして営業をしても、成果は一過性。かつ、罪悪感から営業が嫌いになります。それでもやりたければ、ここには参加しない方が良いです。私がそういう営業は大嫌いなので。

    ■ 「何かやってくれる」のを待っているだけの人

    もちろん、私から定期的に営業ノウハウや情報をどんどんお伝えしていきます。ただ待っているだけの人は、このゼミには向いていません。自分で考えることを放棄してしまう人は、営業で成果が出せることはないと思います。

    ■ 情報を見て満足してしまう人

    営業でも何でも、行動を変えなければ成果は変わりません。

    ■ 人のせいにしてしまう人

    私のいた会社では「他責」という言葉が流行語になっていた時期があります。流行るほどの言葉ではないのですが、営業で成果を出すためには、原因を自分に向けられる人でないとやはり厳しいです。

    ■ 1,980円/月を払うのが難しい人

    本当に厳しいですか?お金の使い方を見直すか、働き方を見直してください。

    ■ 笹田の意見・考え方に共感できない人

    お互いに不幸なので、参加はお控えください。

    現在募集は停止中です

    毎朝8時半に営業に役立つ情報や成長に繋がる情報が見てください!

    色々と話してきましたが、営業4.0実践ゼミを使いこなすコツは、毎朝私笹田が投稿している営業で役に立つ情報やアドバイス、またメンバーからもらった質問への回答を見れることです。

    クローズドコミュニティだからこそ話せる内容をコソコソお伝えしています。

    知りたいことが話されていなければ、笹田に直接メッセージをもらえれば、私が直接お答えします。

    営業が成長するためには、情報と環境が必要不可欠です。この情報と環境を整備した場所が営業4.0実践ゼミです。

    参加者の声

     30代 医療機器営業


    あるひとつの製品に注力して売ろうと思っていたことと、会社でも開発メンバーに選ばれてこうやっていこうという会議があったことと、笹田さんにご相談したという3つが重なったんです。その機械が、デモンストレーションしたいですっていう話が1カ月で6件ぐらい一気に来ました。全部新規のお客さんだったので、初めましてで、10分後にデモンストレーションしますという。

     20代前半 ハウスメーカー営業→人材営業


    ハウスメーカーで営業をしているときでした。自分自身も営業活動をしていく中で、孤立感というか、ハウスメーカーはチームというより個人成績みたいなところがあり、頼れる人もなかなかいない中でやっていたんです。やはり、他業界を含めて営業というところで仲間が出来たら良いなということで、入りました。

    そこからすぐハウスメーカーを辞めたのですが、人材紹介のITの会社に入りまして、ここもまた、架電から始まるような、とりあえず電話をかけろという感じだったのですが、指標を作って、何件成約のためには何件の打ち合わせが要って、何件の見積もりが要って、そのためには何件のアポを取らなければならないのかを逆算する事を心がけたところ、6ヵ月で出さなければいけないノルマを、3ヵ月という半分で達成できたので、非常に結果に結びついたなと思っています。

     20代半ば Webマーケ営業


    私は今営業をしているのですが、営業をやる中で、悩みや相談事ができるメンバーが社内にいなくて、同じぐらいの歳で、同じような悩みを抱えている方とコミュニケーションを取って、交流できる場が欲しいなと思って、入りました。また、笹田さんのサイト、ブログを読んで、自分が悩んでいることに対して、記載されている内容がすごく心に残って、惹かれたので入りました。

    新規開拓をメインにやっているので、アポの取り方や、実際のトークスクリプトや話す内容を参考にしています。サロンで、皆さんが話されていることや、皆さんのやり方を参考にさせてもらって、取り入れて、うまくいったという経験はありました。

     新卒1年目 保険営業


    ゼミに入って、自社商品の見方が変わりました。サロンに入るまでは自分の価値観で、自分が良いと思えるものしか売れないと思っていましたが、サロンに入ることで、いろいろな見方があることが分かり、自分が良いと思えなくても、それを必要としている人がいるということを知って、気が楽になりました。

     40代 営業未経験→システム営業


    一番は、問題を整理しろという風に笹田さんから言われて、自分では意識しなかったのですが、いろいろなことが、頭にぐちゃぐちゃとあったので、まずは営業のトークスクリプトを作ってみようとか、一個一個やっていって、あとは、ぶれるなと言われたんですよ。何回かやって、検証して変えるんだったら良いというので。気付いたら上手く行かないことをずっとやっていたので、変えたら、アポイントをとれました。そうだ、それで、アポイントを2日前にとりました。

     30代後半 映像制作営業


    まだそんなにはっきりと結果が出たか分からないのですが、ただ、営業をするという営業の意識を持って、お客様のところに行ったり、活動をするようになりました。ただ、行って、仕事ありませんかということだけではなく、いろいろあると思いますが、お客様が何をやりたいのか聞いたり、そこに自分は何ができるかというところを冷静にアプローチするような会話になってきたのでないかと、これがだいぶ変わったのかなと思います。

     

    「営業4.0実践ゼミ」サービスまとめ

    ■ 参加費用
    月額1,980円

    ■ 参加方法
    ページ内にあるお申し込みボタンで決済後、2営業日以内にFacebookグループのURLが記載された招待メールを差し上げます。そちらから参加申請をお送りいただきましたら、本人確認後事務局より、参加承認させて頂きます。

    ※招待メールが2営業日以上経っても届かない場合、お手数ですがこちらに直接ご連絡ください。
    ※Facebookアカウント名が入金者情報と異なる場合は必ず事前にご連絡ください。

    ■ 参加特典

    ○ 入社半年で新卒が1,000人超の営業会社でトップになった有料営業コンテンツが全て閲覧可能
    ○ 営業フリーランスとして独立し、これまで50を超える商材を売りさばいた有料営業ノウハウが全て閲覧可能
    ○ 1回2万円超のトークスクリプトやメール文面、営業資料の添削依頼が可能

    ■ その他質問、相談

    運営事務局にご連絡ください。2営業日以内に回答させていただきます。

    営業4.0実践ゼミ運営事務局
    運営:株式会社営業ハック
    連絡先:[email protected]

    入会条件・注意事項

    ■ 特定の会員への誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

    ■ Facebookアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブなものでないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。

    ■ オンラインゼミ入会申込完了後、FacebookグループのURLが記載されたメールを返信させて頂きますが、もし何らかの理由でこちらからのメールが届かない場合、告知なく返金させて頂く場合があります。決済完了したにもかかわらず、2営業日以内に私からのメールが届かない場合、お手数ですが指定のメールアドレスにご連絡ください。

    ■ FacebookグループのURLが記載されたメールが届いたら、そちらから参加申請を行ってください。なお、当該Facebookグループの承認には1営業日以内に承認させて頂きます。

    ■ ゼミ内の内容について、ゼミ外(口外、SNSなど)へ転記することを禁止致します。

    ■その他、お問い合わせ・ご相談は下記事務局宛にご連絡ください。

    営業4.0実践ゼミ運営事務局
    運営:株式会社営業ハック
    連絡先:[email protected]

    よくあるご質問

    ■ 毎月のお支払いはどのようなルールや仕組みで実施されますか?

    初回に購入者が購入した時点で1回目の決済が行われ、第2回目の決済は1カ月後の同じ暦日の0時に自動で行われます。

    ■ 退会はいつでもできますか?

    退会はいつでも可能です。休学という形を取り、過去に復帰された方もいますので、自身のペースに合わせてご活用ください。

    ■ 退会方法を教えてください。

    いつでもpaymoからキャンセルすることができます。詳しくはこちらのヘルプページを御覧ください。Facebookグループを退会するだけでは、退会とならないため、その点はご注意ください。

    利用規約/免責事項

    利用規約

    この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,株式会社営業ハック(以下,「サロン運営者」といいます。)がオンラインサロンで提供するサービス「第三営業部」(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザー(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

    第1条(適用) 本規約は,ユーザーとサロン運営者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

    第2条(利用登録) 登録希望者がサロン運営者の定める方法によって利用登録を申請し,サロン運営者がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。 サロン運営者は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。 (1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合 (2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合 (3)その他,サロン運営者が利用登録を相当でないと判断した場合

    第3条(利用料金および支払方法) ユーザーは,本サービス利用の対価として,サロン運営者が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,サロン運営者が指定する方法により支払うものとします。 利用料は日割計算をしませんので、月途中に本サービスの利用契約が成立または終了した場合でも、1ヶ月分の利用料をお支払いいただききます。 会員からの申し出がない限り、会員資格の有効期間が終了した翌日になった時点で、自動更新が続きます。更新は1ヶ月スパンです。 例えば、6/1に月額決済の申し込みした場合、ちょうど一ヶ月後の7/1に自動更新されます。6/2に決済した場合、7/2に自動更新されます。これは翌月以降も同じです。 6/19に初めての決済をした場合、7/18までにキャンセルすれば7/19以降のサロン費用は決済されません。翌月以降の自動更新もなされません。自動更新がその月の1日でないことにご注意ください。 自動決済をキャンセルした場合は、キャンセルした月の当日から退会していただきます。例えば、9/10に自動決済をキャンセルした場合は、9/10以降サロン内に存在できなくなります。その際は、ユーザー自身によって、anypayの課金停止などの退会処理をお願いします。 ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。またいかなる理由でも利用料金の返金は不可となります。

    第4条(解約方法) 本サービスの解約の際は、ユーザー自身のanypayアカウントから解約手続きを行ってください。但し、解約は1ヶ月前申告を前提とします。当月中の退会の場合は、その日よりすべての権利を失効します。また、第3条の退会処理を忘れたことにより支払いが継続されていたとしても返金はされません。

    第5条(禁止事項) ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
    (1)法令または公序良俗に違反する行為
    (2)犯罪行為に関連する行為
    (3)サロン運営者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
    (4)サロン運営者のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
    (5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
    (6)他のユーザーに成りすます行為
    (7)サロン運営者のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為 (8)宗教活動または宗教団体への勧誘行為
    (9)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(サロン運営者の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。
    (10)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。
    (11)その他,サロン運営者が不適切と判断する行為

    第6条(本サービスの提供の停止等) サロン運営者は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
    (1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
    (2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
    (3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
    (4)その他,サロン運営者が本サービスの提供が困難と判断した場合 サロン運営者は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

    第7条(利用制限および登録抹消) サロン運営者は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
    (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
    (2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    (3)その他,サロン運営者が本サービスの利用を適当でないと判断した場合 サロン運営者は,本条に基づきサロン運営者が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

    第8条(コンテンツに関する権利) 本サービスを利用してコンテンツを投稿するユーザーは、サロン運営者に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。 本サービスを利用して投稿されたコンテンツの著作権その他一切の権利は、当該コンテンツを創作したユーザーに帰属します。 サロン運営者は、ユーザーが投稿するコンテンツを、本サービスの円滑な提供、サロン運営者システムの構築、保守、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとします。 サロン運営者が提供する継続課金型のサービスについて登録ユーザーが退会ないし継続課金の解除を行った場合、当該登録ユーザーが当該サービスを利用する権利は、既にダウンロードされたコンテンツの利用に関するものを除き退会時に即時喪失するものとします。 本サービスによって提供されるコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為は、サロン運営者の明示的な許諾がある場合を除いて、サービスの特性上強く禁止させていただきます。

    第9条(免責事項) サロン運営者の債務不履行責任は,サロン運営者の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。サロン運営者は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。 サロン運営者は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

    第10条(サービス内容の変更等) サロン運営者は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

    第11条(利用規約の変更) サロン運営者は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

    第12条(通知または連絡) ユーザーとサロン運営者との間の通知または連絡は,サロン運営者の定める方法によって行うものとします。

    第13条(権利義務の譲渡の禁止) ユーザーは,サロン運営者の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

    第14条(準拠法・裁判管轄) 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には,サロン運営者の在住地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

    以上