fbpx

成果コミット型営業代行の営業ハック

成果コミット型営業代行で営業をハックする

営業ハックオンライングループ案内ページ

営業ハックオンライングループ案内ページ

このページまでたどり着いていただいて、本当にありがとうございます。

先にお伝えしておきます。このページは今、私が力を入れている営業コミュニティ「営業ハックオンライングループ」の勧誘案内です。笹田からの勧誘は怪しいからお断りします、という方は何も言わず、そっとこのページを閉じてください。ちょっと話を聞いてやっても良いよ、という方はこのままお願いします。また、ページの雰囲気で申し込みました、というよりも文章を読んで検討いただきたいので、このページは味気なく、なんの画像もない、文章のみのページです。サボってません。わざとです。

これまで私がやってきたこと

さて、それでは本題に入っていく前に、ちょっと私の自己紹介とこれまでやってきたことをお話しさせてください。

営業ハックは元々営業代行のみを行う会社でした。私は会社員を辞めてからフリーランスとして独立し、最初は複数の会社の営業マンとして活動をしていました。ピークの時は1ヶ月で20商材以上、営業をしていました。1日6アポあると、全ての商談で名刺が違うということも日常茶飯事で、自分でも何をやっているのかわからなくなったものです笑

また私は20歳の時からずっと営業をしています。10年以上営業をしてきて思うことは、営業力は今なおどこの会社・組織でも求められていること、また個人としても営業力を持っていることは武器になるということです。もっといえば、いくらでも潰しが効く万能スキルであるということです。

私は長年”営業”というテーマで企業や営業パーソンの支援をしてきた中で、個人でできることの限界にぶつかったのは2019年です。営業代行、研修講師、コンサルタント、スタートアップのCOOを兼務していると、何が起こるか想像がつきますか?

パンクした

シンプルですね。自分1人でできることには限界があることを知りました。私は元々なんでもかんでも1人でやろうとしてしまう傾向があるのですが、限界でした。さらに息子も生まれたばかり、そして2人目の妊娠(しかも嫁はつわりがきついタイプ)となると、いい加減1人でやることは諦めようと思いました。

そこでまず最初に着手したことは採用です。事務メンバーはいましたが、営業としての採用を初めて行ったのが、2019年12月です。この時2人採用し、1人は妊娠をしてお休みしていますが、もう1人は今も弊社の中核を担ってくれています。ただ採用をして全てがうまくいたかったといえば、決してそうではありません。売上規模は伸びましたが、次に行った課題がサービス品質の低下です。

価値観や考え方がズレた人を採用してしまい、結果としてお客様に迷惑をかけてしまったこともありました。ここで感じたことは、価値観や考え方のマッチング・カルチャーフィットは非常に重要であり、逆にここがマッチしてくれた人は長く結果を出し続けてくれるということです。

実際の好例が、弊社初めての新卒の男の子です。実際には1社目を別の会社に入社したものの、半年で退職し迷い込んできました。入社当時は本当に怒られてばかりでした。スキルも経験も何もない中で、半年間頑張ってくれたおかげで、今では私の右腕として、なくてはならない存在になってくれています。今何を持っているか、何ができるか以上に、同じ価値観や未来を描けるかどうかが大事ということを改めて感じています。

営業ハックが実現したいこと

営業ハックは社名の通り、営業を通じて企業の課題を解決する会社です。ただ「営業を通じて」というのにはいくつのかの方法があります。

  • 営業代行
  • コンサルティング
  • 教育・研修

これは今営業ハックで行っている事業です。ただもう1つあります。それが営業パーソンの紹介です。私はこれまで代行・コンサルティング・研修という形でリソースやナレッジを提供してきました。そしてこれからもこういった支援を続けていきます。一方で、今企業に求められているのが”営業ができる人材”です。それも自分で売上を上げられる、事業を確立できる営業パーソンです。

営業ハックではこういった 自走した営業人材 の輩出を今後行っていきたいと考えています。

これらの取り組みを通して、営業ハックでは

営業の悩みを0にする

というミッションを実現し

世の中にとって本当に必要な商材が必要な人の元に届き、そしてそのプロダクト・商品がさらに成長する。そんな社会の実現を目指していきます。

というミッションに共感してくれる人を探しています

けど、いきなり転職してください、うちで働いてくださいというわけではありません

営業ハックではお伝えした通り、営業代行事業・コンサルティング事業、そして人材紹介事業の3つの柱で会社を経営しています。将来的に何かの形でご一緒できる人と繋がりたいというのが、今回のグループを作った背景です。

正直な話、「転職したい」「独立したい」と思った時に奇跡的にドンピシャで出会えることって少ないと思います。私もスタートアップのCOOでジョインした時は前々からの知り合いの会社の社長でした。フリーランスになった時、1番最初のクライアントも副業でお手伝いをしていた会社でした。そもそもの関係性があったから、私もジョインできたし、独立できた当時を振り返ると感じています。

だからこそ、将来繋がれる可能性がある人、ご一緒したいと思える人、また私や営業ハックに対してそう感じてくれる人とご一緒したいと思い、グループを作ることにしました。

営業ハックはこれから「この会社の営業を手伝いたい」「この事業はもっと伸ばしたい」という会社とだけお付き合いをしていきます。その時に、もしタイミングがあえば手伝ってください。それまでの間に、私が何を日々考えているのか、具体的に何をやっているのかを知ってもらえたらと思っています。

で、実際何をやるの?

正直なところ、TwitterやYoutubeやブログで営業について発信しまくっているので、特別なコンテンツがあるかといえばありません。というのが、私のポリシーです。ノウハウやナレッジはやがて廃れます。もっと良い方法が生まれ陳腐化していくので、私はどんどん今使えるノウハウやネタは、無料で公開したいと思っています。

なので、私のノウハウやナレッジだけをみたいという方は、ここまで読んでもらってすいません。TwitterとYoutubeとブログを見てもらえれば十分です。ここで私がやりたいことは「営業ハックの価値観や世界観の共有」です。

そのために下記の取り組みをグループ内ではやりたいと思っています。

  • グループメンバー限定のオンラインセミナー
  • 個別の相談会
  • 営業ロープレ実践・フィードバック会
  • 営業の成功事例・失敗事例の共有
  • Youtubeやブログのアイデア出し
  • その他グループメンバーからの要望いただいた内容

と並べてみましたが、特別なことは決まっていません。ただグループメンバー限定で色々とコンテンツや情報発信、イベントをやっていきたいと思っているので、是非付き合ってください!

またもう1つあります。

それは「共同プロジェクト」を一緒にやることです。カッコよく言っていますが、難しいことをやるつもりはないです。

  • 1〜2週間毎日3ツイート投稿
  • 1週間Linkedinに毎日投稿
  • テレアポ1日1改善プロジェクト
  • 営業キラートーク創出部屋

などなど、私と一緒に日々の営業や自分自身を研鑽する、そんな良い習慣を作るプロジェクトをやりたいと思っています。毎月、何かしらの企画を走らせたいと思っているので、やりたいものにエントリーいただければと思っています。

営業として良い成果を出すためには、良い習慣が不可欠です。以前私はこんなツイートもしています。

ただ、習慣形成するまでが大変なので、それを一緒にできる仲間を作って欲しいと思っています。

で、いくらなの?

大事なことをお伝えし忘れていました。

巷のオンラインサロンは大体1000円から、高いもので10,000円ぐらいしますよね。また個別に相談に乗ったりもしたいと思っているので、そういったサービスは数万円するものもあります。そこで私も色々と市場調査して考えました。

無料

です。

誤解を与えるとお金のことはまずいので、もう一度お伝えしますね。

無料です

タダから入ってください、というつもりはありません。せっかく入っていただいたのであれば、このグループに時間を投資してもらうので、見合った場にしたいと思っています。ただ、ここでやりたいことは、将来何か一緒にできる可能性がある人を見つけること、そのための先行投資として私は捉えています。

なので、無料でやります。

少しでも面白そう、何か一緒にやれたら楽しそう、個別に相談したいと思っていただけたら、下記のボタンをクリックして参加申請してください。グループはFacebookを使ってやっています!

新規事業を成功させる事業立ち上げセールスセミナー

新規事業を成功させる事業立ち上げセールスセミナー

新規事業を立ち上げるとき、営業は全ての悩みを一身に背負い込まなければいけません。

  • 誰に営業をしたら良いかわからないという”ターゲット問題”
  • 売れるか売れないか、まだ顧客の反応がわからない”営業アプローチ問題”
  • まだ実績も皆無の状況で商品を伝えていく”商談確保の問題”
  • 「実績が出たら」「他の会社がやってみたら」と逃げられる”クロージング問題”
  • 売上がまだ立っていないため予算が限られる”営業リソース問題”

様々な問題を乗り越えて、最終的に成果を出さなければいけないのが、新規事業の立ち上げ期です。そして、その負担を背負って、事業を成長させるのが営業の役割といえます。

私も過去にこのようなサービスの立ち上げを会社員時代を含む8年間で経験してきました。

  • ワードシェアリング(Web集客支援)
  • テンイチ(採用媒体)
  • 採用革命(新卒採用イベント)
  • インキュベーションビレッジ(副業支援)
  • 採用の教科書(採用コンサルティングサービス)
  • PVモンスター(Web集客支援)
  • エントリーモンスター(人材会社向け集客支援)
  • 第三営業部(営業コミュニティ)
  • 営業4.0実践ゼミ(営業オンラインサロン)
  • メシノタネ(セールスコンサルティングコミュニティ)
  • 営業代行
  • メール営業代行
  • テレアポ代行
  • 営業目標コミット型人材紹介

これらの事業をやってきました。正直、うまくいったものもあれば、うまくいかなかったものもあります。ただ事業を成長させることはできました。その理由は”営業力”があったからです。

営業力があれば事業は立ち上げられる

そして、この考えに共感をいただいたのが新規事業を売上0円から3億円までスケールさせた中村さんです。

新規事業・会社の立ち上げとして「不満買取センター」の営業責任者として、売上0から3億円まで成長させた中村さんと話をしていて事業成長・事業確立のために営業に必要な要素は

勝ち筋の発見

勝ち筋を発見するために「短期間で高速回転」のPDCAが最重要というお話や、営業改善のための3要素

①リスト(誰に):営業ターゲット
②スクリプト(何を):メッセージ
③手法(どうやって):どんな手法

の具体的な考え方について、セミナーでお話を伺いたいと思います。

登壇者

中村 紘彦 氏
株式会社アイドマ・ホールディングス
BIZMAPS事業部長

2006年、エン・ジャパン株式会社入社。企業の中途採用を支援する部署の法人営業を担当。50名以上のメンバーを束ねるディビジョンマネージャーとして2013年度の社長賞年間MVPを受賞。2015年から新規事業開発室へ異動し、M&Aした株式会社不満買取センター(現社名:株式会社Insight tech)の執行役員営業部長として、売上0→3億円の事業推進を牽引。2020年、BIZMAPS事業部長として株式会社アイドマ・ホールディングス入社。

笹田 裕嗣(ささだ ひろし)
株式会社営業ハック 代表取締役社長
@sasada_36

2011年武蔵大学経済学部卒業、株式会社綜合キャリアオプションへ入社。派遣・紹介事業にて法人営業・コーディネーターを担当し、入社1年目から社内トップとなる。その後、社内ベンチャー立ち上げ、ネオキャリアへの転職を経て、独立。2018年営業ハックを創業。「営業の悩みを0にする」をミッションに営業課題解決を図っている。

開催概要

◆開催日時
2021年6月15日(火)15:00~16:00

◆参加費
無料

◆テーマ
新規事業を成功させる事業立ち上げセールスセミナー

◆参加方法
ZOOMウェビナー
インタラクティブにオンラインセミナーを運営するために、投票機能、チャット、Q&Aチャットなどを活用しながらご質問や他視聴者のアンケート投票の結果などを共有していく予定です。

◆申し込み方法
下記フォームよりお申し込みください。

マネジャーに嫌われないコミュニケーションTipsウェビナー

マネジャーに嫌われないコミュニケーションTipsウェビナー

「あれ、私上司に嫌われてる?」
「なんかあの人、私のことだけ避けてない。。。」
「もっと評価されても良いと思うんだけど…」

この気持ち、めちゃくちゃわかります。私も会社員時代、同じことで悩んだ経験があります。また、キャリアや転職に特化した匿名相談サービス『JobQ』が行った「退職および転職理由」でもこのような結果が出ていました。

4割以上が上司や経営者の仕事の仕方が気に入らなかったと回答しています。続いて、「キャリアアップ」「給与」「仕事内容」「労働時間」「社風」と続いていきます。

ここで1つ、心理学のアドラーの言葉を借用させてください。

すべての悩みは

対人関係の課題である。

そうです。これらの転職や仕事の悩みは全て人間関係に起因するのではないでしょうか。社風やキャリアアップ、成長ももっと上司やマネジャーがコミュニケーションを図ってくれたり、声をかけてくれたりしたら変わらなかったでしょうか?

給与や評価ももっと上司やマネジャーに認めてもらえていたら、もしかしたら違う結果になっていませんでしたか?

マネジャーとの少しの認識ズレが
働きづらさを引き出す

ちょっとの差が働きづらさやストレスを生みます。しかし、逆にいうとちょっとの工夫・意識で働きやすさはもちろん、評価や成果につながるということでもあります。

そこで今回は、Twitterで日々ビジネスコミュニケーションネタを中心とした #熟練工Tips を配信している相川さんにマネジャーとの認識ずれや”もったいない”をなくすためのコミュニケーションのコツを伺います。

相川さんが考える

コミュニケーション3要素

「想像力」

「コミュニケーション力」

「伝える力<伝わる力」

引用:【社会人向け】コミュニケーションTips2020_総集編

登壇者

相川 雄輔 氏
@YUSUKE19800613

2002年、零細中小企業入社。延べ5万社以上の飛込訪問で足腰精神強化。2007年からトランスコスモスに転職し、デジタルマーケ部門でエンプラセールス担当。その後、2018年からはアライドアーキテクツでソリューション営業経験を活かして、大手企業を続々と新規開拓し、アカウントプランニング部⾧に就任。2021年に独立し、セールスプロ人材として活躍中。

笹田 裕嗣(ささだ ひろし)
株式会社営業ハック 代表取締役社長
@sasada_36

2011年武蔵大学経済学部卒業、株式会社綜合キャリアオプションへ入社。派遣・紹介事業にて法人営業・コーディネーターを担当し、入社1年目から社内トップとなる。その後、社内ベンチャー立ち上げ、ネオキャリアへの転職を経て、独立。2018年営業ハックを創業。「営業の悩みを0にする」をミッションに営業課題解決を図っている。

開催概要

◆開催日時
2021年3月24日(水)19:00~20:00

◆参加費
無料

◆テーマ
マネジャーに嫌われない若手ビジネスパーソンのコミュニケーションTips

◆参加方法
ZOOMウェビナーを使用して開催予定です。
インタラクティブにオンラインセミナーを運営するために、投票機能、チャット、Q&Aチャットなどを活用しながらご質問や他視聴者のアンケート投票の結果などを共有していく予定です。

◆申し込み方法
下記フォームよりお申し込みください。

令和の求人開拓PUSH型営業 成功ノウハウ習得ウェビナーアンケート

令和の求人開拓PUSH型営業 成功ノウハウ習得ウェビナーにご参加いただき、ありがとうございました!

今年、私は頑張って色々登壇やウェビナーをどんどんやろうと思っています、なので、是非参加のご感想・ご意見いただけたら嬉しいです!また私はLINEで営業相談や転職相談を行っております。個別にお返事させていただいているので、ご質問やご相談あればこちらのLINEからメールからご連絡ください。

▼営業相談はこちら
http://bit.ly/3p58ENj

▼営業のやり方やトークで悩んでいるという方はこちら
http://bit.ly/3tJeJTg

▼ウェビナーアンケートはこちらからお願いいたします!

※ページ内で正しく表示されない際はこちらからご登録をお願いいたします。
https://forms.gle/qz99RJbodpg8Tef89

オンライン商談マニュアル

オンライン商談マニュアル

いまだに終息が見えない新型コロナウイルスの影響で、オンライン商談の必要性が高まっています。

ソーシャルディスタンスで”人に会わない”ことが推奨される時代で、営業の難易度は高まっています。またコロナ不況と言われるように、人の動き=お金の動きでもあり、この流れ・動きが止まってしまうことで、経済の動きも鈍化している今、営業として新しい一手や取り組みが求められています。

そこで今回コロナ禍におけるオンライン商談の必要性・ニーズの高まり、そして多くのオンライン営業のご相談をいただく中で、弊社がこれまで行ってきたオンライン商談のノウハウを無料で公開させていただきます。お伝えさせていただいている内容は下記となります。

オンライン商談マニュアルアジェンダ

  • これまでの営業
  • リモートセールスの準備
  • オンライン商談で使えるツール
  • アポイントをもらうためのコツ
  • 警戒心を乗り越えるアプローチ
  • アプローチの基本的な考え方
  • 資料送付活用アプローチ
    • 関係強化トーク
    • アポイント打診トーク
    • 相手から時間をもらうためのトーク
    • ベネフィット伝達トーク
    • 相手の行動を引き出すトーク
    • お断り切り返しトーク
  • 問い合わせ獲得アプローチ
    • 問い合わせ獲得の基本的な考え方
    • Imp(露出)を増やすための施策
    • 個人でできる露出アップ施策
    • CTRを増やすための施策
    • CVRを増やすための施策
  • いきなり電話アプローチ(新規テレアポ)
    • 新規テレアポの留意点
    • 良質アポ激増のスクリプト作り方
    • 良質アポ獲得のトークステップ
  • オンライン商談実践術
    • オンライン商談の基本フロー
    • オンライン商談成功のコツ
    • 商談前の事前ヒアリング方法
    • リモートセールス商談の第0印象
    • 自己紹介の基本フロー
    • 会社紹介の方法
    • 相手へのコミット
    • 商品サービス説明
    • 商品サービスのやりがちな失敗
    • ヒアリングの基本姿勢
    • 相手が質問に答えてくれない理由
    • 相手のやりたいことの裏側を探る
    • 課題整理
    • 解決策提示
  • 営業ターゲットの考え方

下記よりお申し込みください!

大型案件獲得の極意

大型案件獲得の極意

営業をやっていて嬉しい時は人それぞれだと思います。

  • 受注をいただけた時
  • 目標達成できた時
  • お客様から「ありがとう」を言われた時

どれも素晴らしいことです。ただもう1つ、私も長年営業をやっていて非常に達成感があったのは「大型案件の受注」です。

大型案件獲得に必要なこと

大型案件をいただくためには「戦略的なアプローチ」が必要です。思いつきや行き当たりばったりで突然振ってくるものではありません。これは考えてみれば当たり前で、大型案件=お客様は大きな金額を支払うということです。

大きな買い物をノリと勢いだけでお金を払ってくれる人、特に法人はいません。まして、規模が大きい案件になればなるほど、営業相手となる組織も大きくなり、意思決定に関わる人も増えます。

そこで今回は「戦略的アプローチ」を下記のように定義し、実際に数十億円の案件を受注し、担当してきた「あくえり氏」をお招きし、具体的な営業の仕方や流れ、成功・失敗事例を伺っていきたいと思います。

あくえりさんが考える

戦略的アプローチ6ステップ

① 受注に必要な条件の棚卸し
② 現状(既存情報含む)整理
③ 課題(不足情報含む)の明確化
④ 課題解決プロセスの策定
⑤ 役割分担と実行
⑥ (再度②へ…以降繰り返し)

引用:大規模案件を受注する戦略的提案活動のススメ

登壇者

あくえり|戦略的法人営業
@beh1st

大企業向けIT営業/人間力で誤魔化さない実務主義▼東大経済→国内大手SIer→外資SaaS|過去に戦略&企画&マーケ&PM&採用も経験,今はセールスにフルコミット,論理思考とシナリオメイクが得意▼発信→①法人営業の戦略と奥深さ②成果を出す仕事のコツ③本質的思考のヒント▼パパ2年/フットサル11年/趣味エンジニア16年

笹田 裕嗣(ささだ ひろし)
株式会社営業ハック 代表取締役社長
@sasada_36

2011年武蔵大学経済学部卒業、株式会社綜合キャリアオプションへ入社。派遣・紹介事業にて法人営業・コーディネーターを担当し、入社1年目から社内トップとなる。その後、社内ベンチャー立ち上げ、ネオキャリアへの転職を経て、独立。2018年営業ハックを創業。「営業の悩みを0にする」をミッションに営業課題解決を図っている。

開催概要

◆開催日時
2021年2月18日(木)12:00~12:55

◆参加費
無料

◆テーマ
大型案件獲得に向けて必要な戦略的アプローチ実践法

◆参加方法
ZOOMウェビナーを使用して開催予定です。
インタラクティブにオンラインセミナーを運営するために、投票機能、チャット、Q&Aチャットなどを活用しながらご質問や他視聴者のアンケート投票の結果などを共有していく予定です。

◆申し込み方法
下記フォームよりお申し込みください。

営業職採用再開のお願い

2回目の緊急事態宣言が発令され、コロナの終わりも未だに見えない中、先日の日経新聞でも大きなニュースが報じられました。

「20年の有効求人倍率、下げ幅45年ぶり大きさ 休業者最大」

現在、採用市場・転職市場は非常に厳しい状況にあると言えます。しかし、転職をしたい営業パーソンの話を伺うと

「コロナで営業や組織の体制が大きく変わり、現職に不満がある」
「テレワークで成長できる環境がなくなり、新しい職場でチャレンジしたい」
「もっとバリバリ仕事がしたい」

など、コロナで自分と向き合う時間が増えたからこそ、仕事や営業のやり方、そしてキャリアと向き合い、”転職をしたい”という想いを抱える人が増えたように感じています。

ただし、もう1つ相談をいただいた方々の本音を伺うと

「このタイミングで転職できるのかわからない」

という大きな不安の声も出てきます。実際、弊社もこれまでお付き合いのある企業様にご紹介の相談をさせていただいても、「今はエージェントにお金を払ってまで採用することは考えていない」「費用がかかるから、本当に優秀な人しか採用しない」「媒体に出す余裕はないから、紹介やハローワークなど費用がかからないなら採用したい」というお声が多数いただいています。

意外と多いのが「採用を辞めたい」ではなく、「採用にお金をかけたくないから・・・・・・・・・・・・・・採用を止めている」という会社が多いということです。

この状況は企業にとっても、営業パーソンにとっても不幸な状況だと我々は考えています。そこで「コロナに負けるなキャンペーン」という銘打ち、弊社では営業パーソンの転職機会の創出と企業成長の機会損失をなくすために、人材紹介手数料を弊社でできる限界基準まで引き下げて、ご紹介させていただきたく思っております。

紹介手数料

25万円

※返金規定を弊社では1ヶ月50%、3ヶ月25%と設定させていただいております。

コロナの収束が見えるまで、弊社からのご紹介は上記費用にてご紹介させていただければと思っております。

弊社に転職のご相談をいただく方々は下記のような方々です。

弊社に転職相談をいただく方々は私笹田が運営しているブログやYoutube、Twitterなどをご覧いただき、営業ノウハウ習得のために公式LINEアカウントに登録いただいた方のみをご紹介させていただいております。このような集客手法を取っているため

  • 営業への意欲・モチベーションが高い
  • 目標達成や成長意欲が高い
  • 営業の改善思考を持っている

このような特徴があります。もちろん逆の見方もできますし、事実そういった方も多数ご相談をいただいています。

  • 現職でなかなか成果が出ていない
  • 上司や先輩との人間関係で悩んでいる

ただこういった悩みは転職を考えている人の多くが抱えている悩みであり、弊社では転職相談だけでなく、営業相談にも乗らせていただきながら、一緒に次のキャリアを考えたり、現職の営業方法についてアドバイスを行ったりしています。

「求人媒体に掲載しても良い人が採用できるかわからないから採用活動は行っていない」
「エージェントにお願いすると、採用成功報酬が高いから採用を行っていない」

そんなお悩みや理由で採用を止めていたり、積極的に行えていないという状況であれば、是非弊社にモチベーションの高い営業人材をご紹介させてください。ご紹介させていただける際は、下記必要情報のご登録をお願いいたします。

尚、弊社からのご紹介の流れは下記にてお願いさせていただいております。

①簡易企業情報のご登録(貴社) ←こちら只今、完了いただきました。
②相談者情報のご連絡(弊社)
 随時相談者から登録がありましたら
 いただいたメールアドレスにご連絡させていただきます。
③面談・書類提出希望のご連絡(貴社)
 ご紹介差し上げた方にご興味を持っていただけた際
 メールにご返信をお願いいたします。
④簡易打ち合わせ(貴社・弊社)
 紹介者情報のご説明及び貴社採用条件のすり合わせ
⑤面談・面接等選考活動の実施(貴社)
⑥(内定時)契約書等取り交わし及び入社手続き
⑦入社

良いご縁が作れるよう、全力で取り組ませていただきますので、ご登録何卒よろしくお願いいたします。

令和の求人開拓PUSH型営業成功ノウハウ

令和の求人開拓PUSH型営業成功ノウハウ

最初に1つだけ質問させてください。

今アプローチしている営業リストは

売れる営業リストですか?

即答でYESが言えなかった方はもう少しお付き合いください。

私は昔、上司からこんな言葉をもらったことがあります。
「営業リスト以上の売上は増えない」

正直当時は言っている意味がわかりませんでした。ただ営業代行事業で独立し、多くの会社を営業支援してきた中で、やっとこの言葉の意味がわかりました。

昔の私は手当たり次第電話帳を上から電話する営業をしていました
飛び込み営業はそこにあるオフィスに全部訪問していました

当然ながら時間は足らず、目標のアプローチ数にも届きませんでした。
そこで何をしたのか。リストと向き合うことです。

良いリスト 3つの定義

良い営業リストか否か、その判断基準は3つです。

  • 受注率が高いか
  • 転換率が高いか
  • LTVが高いか

営業ハックではリストの「三高(さんこう)」と呼んでいます。笑

もちろん全てを満たしていることが理想ですが、まずは1つでも良いと考えています。

リストは「集める」×「育てる」で成果が激変する

営業リスト=リストアップという視点では足りません。

営業リストは効率よく良質なリストを集めること
そして、リストを育てていく姿勢を持つことが大切です。

今回、良質な営業リストを提供し続けるHrogと共催で「営業リストの悩みを解決する」ウェビナーを開催します!

登壇者

菊池 健生(きくち たけお)
株式会社フロッグ代表取締役
HRog編集長

2009年大阪府立大学工学部卒業、株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職メディア事業にて法人営業、営業企画、プロダクトマネジャー、編集長を経験し、新卒メディア事業のマーケティングを経て、退職。2017年、ゴーリストへジョイン。人材業界の一歩先を照らすメディア「HRog」の編集長を務める。

笹田 裕嗣(ささだ ひろし)
株式会社営業ハック 代表取締役社長


2011年武蔵大学経済学部卒業、株式会社綜合キャリアオプションへ入社。派遣・紹介事業にて法人営業・コーディネーターを担当し、入社1年目から社内トップとなる。その後、社内ベンチャー立ち上げ、ネオキャリアへの転職を経て、独立。2018年営業ハックを創業。「営業の悩みを0にする」をミッションに営業課題解決を図っている。

開催概要

◆開催日時
2021年2月9日(火)19:30~21:00

◆参加費
無料

◆テーマ
①営業リストの重要性
受注はリスト以上には増えない。営業効率を上げるためには、営業リストの効率的な作成とナーチャリングが必要

②営業リストの作成方法
現場営業マンが今実際に行っている営業リストアップ手法の調査結果を紹介。効率的なリストアップとリスト運用方法について

③コロナ禍におけるオンラインセールス

◆参加方法
ZOOMウェビナーを使用して開催予定です。
インタラクティブにオンラインセミナーを運営するために、投票機能、チャット、Q&Aチャットなどを活用しながらご質問や他視聴者のアンケート投票の結果などを共有していく予定です。

◆申し込み方法
下記フォームよりお申し込みください。

セールスキャリアMTG


今だからこそ

自分と

向き合おう

緊急事態宣言で在宅勤務・テレワークの方が増えました。この1ヶ月、これから自分がどんな営業をするか、向き合う時間にしませんか?

今、この時間を無駄にしないためのキャリア・転職の壁打ち相談を行うのが、戦略的営業キャリアコーチング「Sales Career MTG(セールスキャリアミーティング)」です。

これから営業と

どう向き合うか

決まってますか?

2回目の緊急事態宣言が発令されました。営業としても、一社会人としても、正直不安も大きいのではないかと思います。「リモートワークだから」「今、お客さんも動かないから」とやらない理由はいくらでも挙げられます。自分が動かない理由も作れます。さらに結果が出なかった時の”言い訳の材料”にも事欠かない状況かと思います。

ただ、時間は待ってくれません。今この時も歳を重ねています。

今、この時を無駄にすれば、そのしっぺ返しは必ず将来の自分に返ってきます。今できない理由を探すより、これからの自分のために今デキることはないか、どんな取り組みやアクションをすれば良いか・しておくべきか、そんな視点で営業とキャリアに向き合ってみませんか?

「営業として生きる」もしくは「次のキャリアのために今営業をやっている」どちらも良いと思います。ただ大事なことは”今を無駄にしない”ということです。


サポート内容

転職
支援

転職先の選定や自分が行きたい会社から内定をいただくための戦略・アプローチを一緒に考えます。

営業力
向上支援

今の職場でしっかりと成果を出すこと・取り組むことが、転職や次のキャリアを良いものにするための1stステップです。

コーチング
サポート

LINE・Zoomで「過去」「今」「未来」の棚卸し及び将来設計を一緒に行います。

Sales Career MTGの特徴

1.営業としての市場価値向上

営業はこれからも市場価値の高い人材の職種と捉えています。しかし、会社や営業手法、商材を見誤ると、自分の市場価値を落とします。

2.転職ではなく、目標達成を

営業の幸福度は目標達成できたか否かで決まります。営業ハックの転職支援は「入社後の目標達成まで」支援します。

テレマーケティング代行

テレマーケティング代行

「誰が御社の商材ではテレアポは向かない」
と思い込んでいませんか?

SNSやWeb広告で他社と同じ施策で疲弊するのであれば
御社の営業マンが毎日の架電に疲弊しているのであれば

辞める前に、一度電話営業のプロに
電話でのPUSH型セールス・テレアポを実験させてみませんか?

正しくやれば

アポは増えます

テレアポ・電話営業は従来型の「PUSH型セールス」です。
Web・SNSの発達により、営業パーソンが敬遠していることも多く
また顧客側も”求めている電話”ではないため
お断り・NGが多いのも事実です。

しかし、テレアポ・電話営業などのPUSH型セールスが
今なお続けられている背景には
PUSH型セールスのメリットがあるからです。

PUSH型セールスのメリット

  • 一定の行動量をこなすことで、アポイント・商談獲得ができる
  • NGであっても顧客の声を聞くことで、商材や営業手法に対するフィードバックを獲得でき、商品・営業改善に繋げられる
  • 即効性が高く、早期にマネタイズをしたい時に効果的
  • 検証・改善スピードが早く、営業の初期段階では効果が高い
  • 潜在顧客へのアプローチが可能で、独占・高額受注の可能性がある

もちろんデメリットもあります。そのデメリットはこちらです。

PUSH型セールスのデメリット

  • 営業パーソンの確保が難しい
  • 属人化かつ成果が個人の営業に依存化しやすい
  • アポイントが増えると、アプローチの時間が確保できない

こういった背景から、ここ最近はWebマーケティングやコロナ禍におけるウェビナーなどの施策が増え、リードの確保は非常に進んだのが2020年の状況下と思います。

しかし、案件化・商談化まで進めることができず、結局ウェビナーや資料ダウンロードいただいた相手に電話でアポイントを取るという、コールドリストよりは”質の高い”リストというだけで、テレアポをするという状況は今なお残っているのが、現代のインサイドセールスの実態です。

つまり、

電話営業の効果は今なお一定の効果があり
正しい運用の電話営業の成果はまだ出せる

というのが、弊社の営業アプローチの結論です。

弊社が考える正しい電話営業運用

正しいKPIを設定し
、検証改善を高速で繰り返す

優良見込客発見の基準を明確にし、トーク・ヒアリング項目の決定

単発アプローチではなく、複数手段のコミュニケーションによるテレマーケティング施策

特に弊社が力を入れている
リスト選定・運用

・特定の求人媒体掲載企業
・前週求人系媒体掲載企業
・イベントや展示会出展企業
・メディア保有企業 等

営業ハックではリストは売上・受注の原資と捉え、運用やリストアップを提携・パートナー企業の協力を得ながら、貴社に最短・最速でアポイントが供給できるリストアップ及び見込み客の育成を行なっています。

電話営業でできること

  • コールドリストへの商品・サービス反応調査及びアポイント獲得
  • Webやメールアプローチ後のフォローアップ及びアポイント獲得
  • 過去問い合わせ企業及び商談済み未受注企業への掘り起こしアプローチ
  • 情報提供コール及びヒアリング実施によるリードナーチャリング
  • 電話リサーチによるホットリスト作り

実は電話でできることはたくさんあります。

弊社実績

■人材紹介会社 K社様
(営業先:都内中小企業)

アポ数:12件/月 アポ率:2.4%

元々社内の営業がテレアポをしているが、忙しさ・繁忙の波でアプローチにばらつきがあったので、毎月安定して新規の商談を増やしたいと考え、営業ハックに依頼しました。今は毎月安定して10件前後のアポイントを取得してもらっていて助かっています。

■SaaS商材立ち上げ期のテレマーケティング B社様
営業先:全国採用実施企業)

アポ数:24件/月 アポ率:3.1%

社内にアウトバウンド営業の経験者がおらず、外注先を探していた際に営業ハックにお願いをしました。営業ハックの方から弊社もテレアポを受けたのですが、非常に印象の良い話し方で、テレアポを受けた時点でお願いすることを決断していました。笑

■フリーランスマッチングサービス A社様
営業先:過去問い合わせいただいた企業)

アポ数:31件/月 アポ率:6.1%

過去のリードを全く生かすことができておらず、営業ハックさんからご提案いただき、取り組みをスタートいたしました。新規のテレアポは他のアポ代行会社にお願いをしていたのですが、比較してアポ単価が10分の1になりました。

 

料金・費用形態

300円/リスト
+
リスト製作費用

※その他費用は掛かりません。
※1リストへの追跡コールは最大3コールまで行います。