アドビ、電子サインの導入・利活用の現状分析と今後の展望についての調査結果を発表

アドビは、IDC Japanとの共同調査「電子サインの導入効果とさらなる活用に向けた今後の課題とは?」を実施し、企業における電子サインの導入・利活用の現状分析と今後の展望についての調査結果を発表しました。

同調査は、2022年5月、国内に事業所を置く従業員規模1,000人以上の民間企業および政府・自治体に勤める電子サインシステムの利用者を対象にIDC Japanが実施しました。

すでに電子サインを導入している企業へ、将来的な利用方針

すでに電子サインを導入している企業へ、将来的な利用方針についてたずねました。28.2%が「今後1年以内に利用拡大」、36.2%が「今後2、3年以内に利用拡大」と回答しました。計64.4%が、今後3年以内での電子サインの利用拡大を検討していました。「利用度合いの変更はない」(30.4%)と合わせると、計94.8%が将来的に電子サインの利用を継続もしくは拡大する方針であることが明らかになりました。

電子サイン未導入の企業へ、電子サインを利用しないいちばんの理由

電子サイン未導入の企業へ、電子サインを利用しないいちばんの理由をたずねました。その結果、「自社に適した電子サインのツールがわからない」(32.9%)がもっとも多くなりました。また、「導入のための社内調整が煩雑」が9.8%、「関連ワークフローの電子化が進んでいない」が9.2%を占めており、情報不足や社内調整の課題が電子サイン未導入の要因のひとつとなっていることが明らかになりました。

電子サインの導入効果を感じている要素は?

電子サインの導入効果を感じている要素をたずねました。その結果、「文書保管スペースの削減によるスペースやコスト削減」(78.3%)、「契約期間の短縮による取引の迅速化」(73.9%)、「印刷代など契約業務に関わるコスト削減」(75.0%)、「ドキュメントの一覧性、検索性の向上による効率化」(68.5%)、「社内意思決定の迅速化」(63.0%)が上位に挙がりました。これらの要素において、電子サインを導入して3年以上経過している企業のほうが、調査対象全体と比べて導入効果を感じている割合が高くなりました。

今回の記事内容及び画像の出展は下記サイトのものを引用しております。

SalesZine

 

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加