営業パーソン100人に聞いた夏季休暇・夏休みの過ごし方

もうすぐ夏休み、という方も多いこの時期。

心待ちにしていた夏季休暇、どう過ごしますか?

営業職は昔から「休みもなく働くのが当たり前」的な雰囲気があります。特に個人営業をしている方や人材業界で仕事をされている、個人と向き合うお仕事をされている方は、休日も平日も関係なく、お客様から連絡や問い合わせが来てしまうというのも一定数あるのも事実です。

とはいえ、営業パーソンだって1人の人間。休む時は休みたい、じゃあその休みをどうするのか?をちょっとTwitterのアンケートで聞いてみました。

営業パーソン100人に聞いた夏季休暇・夏休みの過ごし方

結果はこちらです。

夏休みの営業パーソンはプライベート充実が4割超

圧倒的多数で「プライベートの充実」が回答として返ってきました。実際に営業パーソンにインタビューをしたところ、下記のような日々を過ごす予定とのことです。

  • 実家に帰省する(けどコロナでどうなるかわからない)
  • 海やプールに行く
  • 子供と遊園地や動物園に行く予定
  • 彼女・彼氏と旅行に行く
  • 友達とキャンプ
  • 1人旅行に行ってきます
  • 家でのんびりDVD三昧
  • 読みたい本が溜まっているので など

人によって「充実」の定義は違います。しかし、各々が普段できないことや時間があるからこそできることをする予定という回答でした。一方で「まだ未定だけど何かしたい」という方も一定数いました。また、夏休みに何をしますか?という質問をしたとき回答内容に関係なく、営業パーソンの方々が笑顔になっていたのは印象的でした。

スキル取得を目指す夏休みの営業パーソンは31%

一方で主体的に勉強したい、スキルや資格取得に勤しみたいという考えている営業パーソンは、全体で3割もいました。

下記の結果は社会人の日々の勉強や自己啓発をしている人の割合です。

普段の就業状態について「主に仕事」と回答した人のうち、「学習・自己啓発・訓練(学業以外)」の行動者率は4.5%

出典:「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)

結果は4.5%。100人の社会人がいたら、5人は勉強していないという結果です。なかなか衝撃的ですよね。もちろん気持ちもわかります。日々の業務・仕事が忙しく、体力的にも毎日をやりきっていたら、朝早く起きたり、家に帰ってから勉強する気力もないというのもわかります。

ただこの積み重ねの差が大きいのも事実です。実際、営業研修でとある上場企業の部課長40人超の研修もやってきた中で、「毎日新聞を読んでいますか?」という質問に手が挙がったのはたったの2人。さらに「新聞の代わりに日々情報収集をしていますか?」という質問には誰も手が挙がりませんでした。

日々勉強することは確かに大変です。ただこういった時間のコントロールがつきやすいタイミングに、勉強時間を確保するのも有意義な時間の使い方ですよね。

夏休みに寝溜めする営業パーソンは2割

「もっと寝たい」

こう思っている営業、ひいては社会人はたくさんいるはずです。しかし、意外と寝溜めをする人は5分の1という結果になりました。以前、睡眠負債がトレンドワードになっていましたが、せっかくの休日は活動したい、何かをしたいという人が多い回答になりました(もちろん、休みは1日ではないので、そのうちの1日は寝るという方もいると思いますが)

昨年、株式会社ライフアカデミアが、社会人の男女593名に対し、平均睡眠時間についての調査では下記のような結果も出ていました。

理想と現実にギャップがあることがよく分かる結果ですね。

残務処理に追われている営業はごくわずか

昔の私の夏季休暇の過ごし方は7割残務処理でした。

  • 記入が終わっていない日報の山
  • 経費精算
  • 提出書類の作成
  • 顧客への提案・企画書の作成
  • (人材会社時代)求職者・候補者探しの電話

などをやっていたら、あっという間に1日が終わり、10人のチームの中で3~4人は誰かがいたので、その誰かと飲みに行って、また翌日10時ぐらいに出社するという夏休みでした。私服出社で出社時間が遅いというのは、会社員時代の私の夏休みの記憶です。笑

ただ現代は働き方改革やそもそも働くことへの価値観・考え方も多様化し変わっています。

営業パーソンの夏休みの過ごし方

営業パーソンの夏休みの過ごし方で大事なことは1つです。

自分が有意義と思える時間を過ごすこと

意識高く過ごすことだけが価値ではありません。ただコロナ禍でもあり、また異様な暑さが続く夏となっており、くれぐれも体調管理だけはお気をつけいただき、素敵な夏をお過ごしください。

【営業ノウハウ集】たった1週間で 常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法

営業マンとして成長する最も効果的な方法は 「できる営業マンの真似をする」ことです。

しかし、自分の周りを見たときに 素晴らしい営業マンがいなかったり他社の営業マンの良いところを 学んだりできないので営業マンとしての成長が遅れてしまうのです。

あなたが営業としてもっと成果を出したければ

  • 実際に成果を出した営業マンのやり方やコツを学ぶ
  • 今の営業の現場を知る
  • 営業マン同士で情報交換をする
ことが重要です。

自分だけでやろうとすれば 成果を出すのに、時間が掛かります。

だからこそ、先人の営業を真似ることで 2倍も3倍も成果を早く出すことができます。

成長することもできるのです。

そうなりたいという想いを持っていただいたあなたに大学の頃から営業を始め 今では、営業代行として独立し

100以上の商材を営業してきたノウハウを全てまとめた

「たった1週間で常に3ヶ月先の売上を確保する営業方法」

こちらを是非受講してみてください!

実際に営業コンサルでお伝えたところ

最短3日間で受注を獲得した人

売上目標が未達がなくなった人

等など…多くの人が成果を出してくれている営業メソッドです。

下の登録フォームに

「今すぐ受け取れるメールアドレス」

を入力し 受講してください。

メール講座ももちろん無料ですが 受講いただいた方には合わせて

ノウハウ&事例集を 無料プレゼントさせていただきます。

LINEでの受講を希望される方は↓こちらから

LINEでも受講できます。 LINEならではの特典もあります。

友だち追加